Movie Movie

Return Page

Now showing

七つの会議

2019年2月1日公開

©2019映画「七つの会議」製作委員会

INTRODUCTION

全ての日本人に問う、
『働く事』の正義とは?

『陸王』、『下町ロケット』、『オレたちバブル入行組』などの半沢直樹シリーズほか代表作は数知れず。企業の矛盾、そして働く人々の葛藤や絆など身近な視点を題材に、痛快でありながら、エンターテインメントとミステリーが 絶妙に融合した小説を生み続ける作家・池井戸潤。その作品群の中でも“傑作”との呼び声が高いクライムノベル『七つの会議』(集英社文庫刊)がついに、スクリーンへ登場する。
「結果がすべて」そんな考え方が今なお続く会社が物語の舞台。きっかけは社内で起きたパワハラ騒動だったが、そこに隠されたある謎が、会社員たちの人生、そして会社の存在をも揺るがすことに……。
働くことの「正義」とは? そして、守るべき信念とは何か?
現代に生きる全ての日本人に捧ぐ、企業犯罪エンターテインメント
—— 映画『七つの会議』
主演は狂言界の至宝にして、俳優としても唯一無二の存在感を放つ、野村萬斎。捉えどころのない自由奔放な顔と、信念を貫く強い心を併せ持つ人物像、主人公・八角民夫(やすみたみお 通称「ハッカク」)に挑む。更には、今までの池井戸作品を支えた重厚かつ、超豪華な俳優陣が勢揃い。
メガホンをとるのは、『私は貝になりたい』(08)、『祈りの幕が下りる時』(18)を手掛け、その確かな演出力とエモーショナルな映像表現が高く評価された福澤克雄。池井戸作品のドラマ化を数多く成功に導いたその手腕で、複雑な心情の変化を緻密に、ストーリー展開をダイナミックに描き出す。
主題歌は、ロックの時代を作り、そして変革し、様々な人々の人生に影響を与え、自ら進化し続ける“ロック界最重要アーティスト”ボブ・ディランのバラード「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」。日本映画への楽曲提供はノーベル文学賞受賞後、初。愛そのものを唄い上げた名曲が闘いを終えた人々への鎮魂歌として響き渡る。

2019年、日本映画界の
歴史に新たな“伝説”が刻まれる。

STORY

都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角民夫(野村萬斎)はどこの会社にもいる、所謂“ぐうたら社員”。
トップセールスマンである課長の坂戸(片岡愛之助)からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ノルマも最低限しか果さず、定例の営業会議では傍観しているのみ。 絶対的な存在の営業部長・北川誠(香川照之)が進める結果主義の方針の元で部員が寝る間を惜しんで働く中、一人飄々と日々を送っていた。
ある日突然、社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。 そして、下された異動処分。訴えた当事者は年上の部下、八角だった。 北川の信頼も厚いエース・坂戸に対するパワハラ委員会の不可解な裁定に揺れる社員たち。
そんな中、万年二番手に甘んじてきた原島(及川光博)が新課長として着任する。 会社の“顔”である一課で、成績を上げられずに場違いすら感じる原島。
誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。
だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた……。

DATA
原作
池井戸潤『七つの会議』(集英社文庫刊)
監督
福澤克雄
脚本
丑尾健太郎 李正美
音楽
服部隆之
主題歌
ボブ・ディラン「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
キャスト
野村萬斎
香川照之 及川光博 片岡愛之助
音尾琢真 藤森慎吾 朝倉あき 岡田浩暉
木下ほうか 吉田 羊
土屋太鳳 小泉孝太郎 溝端淳平 春風亭昇太
立川談春 勝村政信
世良公則 鹿賀丈史 橋爪 功 北大路欣也
製作情報 クレジット
制作プロダクション:マックロータス
製作幹事:TBSテレビ
製作:「七つの会議」製作委員会
配給:東宝

©2019映画「七つの会議」製作委員会
公開日
2019年2月1日公開
CAST&STAFF
キャスト
野村萬斎
香川照之 及川光博 片岡愛之助
音尾琢真 藤森慎吾 朝倉あき 岡田浩暉
木下ほうか 吉田 羊
土屋太鳳 小泉孝太郎 溝端淳平 春風亭昇太
立川談春 勝村政信
世良公則 鹿賀丈史 橋爪 功 北大路欣也
原作
池井戸潤『七つの会議』(集英社文庫刊)
監督
福澤克雄
音楽
服部隆之
主題歌
ボブ・ディラン「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
脚本
丑尾健太郎 李正美
制作プロダクション
マックロータス
製作幹事
TBSテレビ
製作
「七つの会議」製作委員会
配給
東宝

©2019 映画「七つの会議」製作委員会

PROFILE
八角民夫役野村萬斎
1966年生まれ、東京都出身。
祖父・故六世野村万蔵と父・万作に師事し、3歳で初舞台。94年に曽祖父・五世野村万造の隠居名「萬斎」を襲名する。『乱』(85)で映画初出演。その後、NHK大河ドラマ「花の乱」(94)やNHK連続テレビ小説「あぐり」(97)、「にほんごであそぼ」(NHK Eテレ)に出演するなど、狂言・能にとどまらず幅広く活躍。映画主演作に、『陰陽師』シリーズ(01・03)、『のぼうの城』(12)、『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』(16)、『花戦さ』(17)がある。『シン・ゴジラ』(16)ではゴジラのモーションキャプチャーアクターも務めた。世田谷パブリックシアター芸術監督を務める他、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開閉会式のチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターに就任。
北川誠役香川照之
1965年生まれ、東京都出身。
89年、NHK大河ドラマ「春日局」で俳優デビュー。第53回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ『鬼が来た!』(02) 、第59回カンヌ国際映画祭監督週間正式出品作品『ゆれる』(06)、第61回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞『トウキョウソナタ』(08)などの話題作に出演して、『劔岳 点の記』(09)で第33回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。近年の主な映画出演作に、『劇場版 MOZU』(15)、『クリーピー 偽りの隣人』(16)、『祈りの幕が下りる時』(18)など。また、ボクシングや昆虫に造詣が深く、「香川照之の昆虫すごいぜ!」(NHK Eテレ)にも出演中。
原島万二役及川光博
1969年生まれ、東京都出身。
96年、シングル『モラリティー』でアーティストとしてデビュー。 “ミッチー”の愛称で親しまれて注目を集め、98年にドラマ「WITH LOVE」(CX)で俳優活動スタート。音楽活動と共に、ドラマ、映画、CMなど多岐にわたる活躍を見せる。近年の主な映画出演作に、『小野寺の弟・小野寺の姉』(14)、『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』(15)、『僕だけがいない街』(16)、『相棒-劇場版Ⅳ- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』『サクラダリセット 後篇』(17)、 『祈りの幕が下りる時』(18)など。
坂戸宣彦役片岡愛之助
1972年生まれ、大阪府出身。
81年、十三代目片岡仁左衛門の部屋子となり、南座『勧進帳』で初舞台。92年、片岡秀太郎の養子となり六代目として片岡愛之助を襲名する。13年のドラマ「半沢直樹」(TBS)で一躍注目を集め、近年はNHK大河ドラマ「真田丸」(16)やブロードウェイミュージカル「コメディ・トゥナイト!ローマで起こったおかしな出来事≪江戸版≫」、舞台『酒と涙とジキルとハイド』(14・18)など多ジャンルで活躍。主な映画出演作に、『私は貝になりたい』(08)、『小川の辺』(11)、『マザー』(14)、『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』(14/声の出演)、『レインツリーの国』(15)など。現在、NHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演。
三沢逸郎役音尾琢真
1976年生まれ、北海道出身。
96年より演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーとして活動をスタート。05年から全国に活動の幅を広げ、大河ドラマ「龍馬伝」(10/NHK)、「花燃ゆ」(15/NHK)や「陸王」(17/TBS)、舞台「死の舞踏」(17)など数々の作品に出演。近年の主な映画出演作に、『日本で一番悪い奴ら』『森山中教習所』『金メダル男』(16)、『牝猫たち』『無限の住人』『たたら侍』『関ヶ原』(17)、『祈りの幕が下りる時』『サニー/32』『孤狼の血』『検察側の罪人』『止められるか、俺たちを』(18)など。19年4月から放送の連続テレビ小説「なつぞら」(NHK)に出演する。
江木恒彦役立川談春
1966年生まれ、東京都出身。
84年、17歳で立川談志に入門して、97年に真打に昇進。古典落語の名手で「新世代の名人」と評され、00年に国立演芸場花形演芸会銀賞、03年には同金賞、04年には同大賞を受賞する。落語以外でも活躍を見せ、08年、師匠との思い出と前座時代を綴ったエッセイ「赤めだか」が講談社エッセイ賞を受賞。15年にはTVドラマ化もされた。13年、「黒い十人の黒木瞳Ⅲ/黒いカウンターの女」(NHK BSプレミアム)でドラマ初出演。以後、「ルーズヴェルト・ゲーム」(14/TBS)、「下町ロケット」(15/TBS)、「天才を育てた女房」(18/YTV)などに出演して話題を博す。17年には『忍びの国』で映画出演。他、映画出演作に『あいあい傘』(18)がある。
徳山郁夫役北大路欣也
1943年生まれ、京都府出身。
名優・市川右太衛門を父に持ち、13歳の時に右太衛門と親子役を演じた『父子鷹』(56)で映画デビュー。以後、『八甲田山』(77)や『火まつり』(85)など数多くの作品で活躍して、NHK大河ドラマには主演作「竜馬がゆく」(68)をはじめ計8作品に出演。ソフトバンクモバイル「白戸家シリーズ」のCMでお父さん役の犬の声を好演して、同シリーズは『白戸家の10年 the CMovie』(17)として劇場公開もされた。07年に紫綬褒章、15年には旭日小綬章を受章。近年の主な映画出演作に、『桜田門外ノ変』『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』(10)、『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』(16)がある。
新田雄介役藤森慎吾
1983年生まれ、長野県出身。
04年、お笑いコンビ・オリエンタルラジオを結成。近年の主な映画出演作に、『映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』(15/声の出演)、『闇金ウシジマくん Part3』(16)。日本語吹き替えに、『モンスター・ホテル2』(16)、『カーズ/クロスロード』(17)、『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』(18)など。
浜本優衣役朝倉あき
1991年生まれ、神奈川県出身。
近年の主な映画出演作に、『横道世之介』(13)、『かぐや姫の物語』(13/声の出演)、『白ゆき姫殺人事件』(14)、『4/猫 ねこぶんのよん「一円の神様」』(15)、『四月の永い夢』『BLOOD-CLUB DOLLS 1』(18)、『21世紀の女の子「Mirror」』(19)など。
佐野健一郎役岡田浩暉
1965年生まれ、群馬県出身。
近年の主な映画出演作に、『劇場版 SPEC~天・結(漸ノ篇/爻ノ篇)~』(12・13)、『からっぽ』(12)、『御手洗薫の愛と死』『少女は異世界で戦った』(14)、『お盆の弟』『天空の蜂』(15)、『きょうのキラ君』(17)、『たった一度の歌』(18)など。
田部役木下ほうか
1964年生まれ、大阪府出身。
近年の主な映画出演作に、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』『恋と嘘』『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(17)、『嘘八百』『空飛ぶタイヤ』『かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-』(18)など。
淑子役吉田 羊
福岡県出身。
近年の主な映画出演作に、『映画 ビリギャル』『HERO』(15)、『嫌な女』『ボクの妻と結婚してください。』(16)、『ラブ×ドック』『恋は雨上がりのように』『コーヒーが冷めないうちに』『ハナレイ・ベイ』『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(18)など。
三沢奈々子役土屋太鳳
1995年生まれ、東京都出身。
近年の主な映画出演作に、『るろうに剣心』シリーズ(14)、『orange-オレンジ-』(15)、『青空エール』(16)、『フェリシーと夢のトウシューズ』(17/日本語吹き替え)、『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』『トリガール!』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)、『となりの怪物くん』『累 -かさね-』『春待つ僕ら』(18)など。
奈倉翔平役小泉孝太郎
1978年生まれ、神奈川県出身。
近年の主な出演作に、『踊る大捜査線 THE MOVIE』シリーズ(03・10・12)、『交渉人 真下正義』『劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』(05)、『UDON』(06)、『瀬戸内海賊物語』(14)、『ベイマックス』(14/日本語吹き替え)、『スカブロ』(18)など。
星野役溝端淳平
1989年生まれ、和歌山県出身。
近年の主な映画出演作に、『君が踊る、夏』(10)、『高校デビュー』(11)、『麒麟の翼~劇場版・新参者~』『黄金を抱いて翔べ』(12)、『ボクは坊さん。』(15)、『珍遊記』(16)、『破裏拳ポリマー』(17)、『祈りの幕が下りる時』『輪違屋糸里 京女たちの幕末』(18)など。
飯山孝実役春風亭昇太
1959年生まれ、静岡県出身。
82年に5代目春風亭柳昇に入門、92年に真打昇進。主な映画出演作に、『免許がない!』(94)、『忘れられぬ人々』(01)、『エクレール・お菓子放浪記』(11)、『ふしぎな岬の物語』(14)、『ママ、ごはんまだ?』(17)、『祈りの幕が下りる時』(18)など。
加茂田久司役勝村政信
1963年生まれ、埼玉県出身。
近年の主な映画出演作に、『極道めし』(11)、『クロユリ団地』(13)、『龍三と七人の子分たち』(15)、『U-31』 『だれかの木琴』(16)、『無限の住人』(17)、『ラスト・ホールド!』『蝶の眠り』『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』(18)、『凛-りん-』(19年2月公開予定)など。
村西京助役世良公則
1955年生まれ、広島県出身。
主な映画出演作に、『Wの悲劇』(84)、『雪の断章-情熱-』(85)、『十手舞』(86)、『cfガール』(89)、『斬り込み』『鬼平犯科帳』(95)、『カンゾー先生』(98)など。
梨田元就役鹿賀丈史
1950年生まれ、石川県出身。
近年の主な映画出演作に、『DEATH NOTE デスノート the Last name』(06)、『映画 解きはディナーのあとで』『武士の献立』(13)、『想いのこし』(14)、『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(17)、『CINEMA FIGHTERS「色のない洋服店」』(18)など。
宮野和広役橋爪功
1941年生まれ、大阪府出身。
近年の主な映画出演作に、『家族はつらいよ』シリーズ(16・17・18)、『海よりもまだ深く』(16)、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』『三度目の殺人』『吹く風は秋』『DESTINY 鎌倉ものがたり』(17)、『ウスケボーイズ』(18)、『あの日のオルガン』(19年2月公開予定)など。
原作池井戸潤
1963年生まれ、岐阜県出身。
慶應義塾大学卒業。98年「果つる底なき」で第44回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。10年、「鉄の骨」で第31回吉川英治文学新人賞、11年、「下町ロケット」で第145回直木賞を受賞。「オレたちバブル入行組」(04)、「オレたち花のバブル組」(08)を原作とした「半沢直樹」(13/TBS)や、「不祥事」(14)ほかを原作とした「花咲舞が黙ってない」シリーズ(14・15/NTV)、「民王」(10)、「陸王」(16)、「アキラとあきら」(17)など、数多くの作品が映像化されている。映画化作品は『空飛ぶタイヤ』(18)に続いて今作が2作目となる。本作品は12年発表でドラマ化もされている(13/NHK)。
監督福澤克雄
1964年生まれ、東京都出身。
89年、東京放送(TBS)に入社。ドラマ部のディレクターとして、「3年B組金八先生(第4~7・SP10)」シリーズ(96~05)、平成15年度文化庁芸術祭大賞(テレビ部門)受賞「さとうきび畑の唄」(03)、「砂の器」(04)、「華麗なる一族」(07)など、数多くの話題作の演出を手掛ける。13年に手掛けた池井戸潤原作「半沢直樹」は平成ドラマ1位の視聴率を獲得して、社会現象となった。その他、池井戸作品では「ルーズヴェルト・ゲーム」(14)、「下町ロケット」(15)、「陸王」(17)、「下町ロケット(続編)」(18)のチーフ演出を務める。映画においては08年の『私は貝になりたい』で初監督。他作品に『祈りの幕が下りる時』(18)がある。
主題歌ボブ・ディラン
「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」
(ソニー・ミュージックレーベルズ)
作詞・作曲:ボブ・ディラン
ボブ・ディラン
1941年5月24日にミネソタ州で生まれる(現在77歳)。1962年デビュー。全世界でのアルバムの総売上枚数は1億2500万枚を超え、38作のオリジナル作、ライヴやコンピレーションを合わせて60作以上。600曲以上の自作曲、そして世界中で2千回以上のライヴを数え、今もステージに立つ。ロックの時代を作り、そして変革し、様々な人々の人生に影響を与え続け、自ら進化し続ける“ロック界最重要アーティスト”。ロックの殿堂、グラミー、アカデミー、ゴールデングローブ他様々な賞を受賞。2012年、オバマ元米大統領から大統領自由勲章を受賞。2016年10月、「米国の歌の伝統に、新たな詩的表現を創造した」という理由でミュージシャンとして初のノーベル文学賞が授与された。
TRAILER

映画『七つの会議』予告2

「七つの会議」予告

「七つの会議」特報

INFORMATION
MEDIA

TV・ラジオ

放送日3月5日
放送局NTV
番組名火曜サプライズ
内容ゲスト(野村萬斎)※未公開分
NEWS

NOW SHOWING

  • キングダム

    キングダム

  • 映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~

    映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~

  • 名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)

    名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)

  • PRINCE OF LEGEND

    PRINCE OF LEGEND

  • 君は月夜に光り輝く

    君は月夜に光り輝く

  • 映画しまじろう「しまじろうとうるるのヒーローランド」

    映画しまじろう「しまじろうとうるるのヒーローランド」

  • PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System<br>Case.3 恩讐の彼方に__

    PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System
    Case.3 恩讐の彼方に__

  • 映画ドラえもん のび太の月面探査記

    映画ドラえもん のび太の月面探査記

COMING SOON

  • 名探偵ピカチュウ

    名探偵ピカチュウ

    2019年5月3日公開

  • コンフィデンスマンJP

    コンフィデンスマンJP

    2019年5月17日公開

  • プロメア

    プロメア

    2019年5月24日公開

  • ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

    2019年5月31日公開

  • 海獣の子供

    海獣の子供

    2019年6月7日公開

  • きみと、波にのれたら

    きみと、波にのれたら

    2019年6月21日公開

  • ミュウツーの逆襲 EVOLUTION

    ミュウツーの逆襲 EVOLUTION

    2019年7月12日公開

  • 天気の子

    天気の子

    2019年7月19日公開