Movie Movie

Return Page
涙そうそう 公開中
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

いつも見守り、「がんばれ」と励ましてくれる。
そんな、あなたの"一番星"は誰ですか?
――名曲「涙そうそう」から生まれた、恋より切ない愛の物語――


◆イントロダクション


誰からも親しまれ、愛されている名曲「涙そうそう」をモチーフに、切なくも美しい、愛の物語が誕生しました。沖縄に生まれ育った、"血のつながらないふたりの兄妹"、洋太郎とカオルの小さな歴史の物語。ともに暮らす時間は永遠ではなかったけれど、それは笑顔に溢れ、何よりもお互いを思いやった、かけがえのない日々。"兄ィニィ"がカオルにくれた、大きな人間の愛を、『いま、会いにゆきます』の土井裕泰監督が、繊細なタッチで真摯に描き出します。

いつも笑顔を絶やさない、素朴で心優しい兄・洋太郎役に、日本映画界の若手トップスター・妻夫木聡。持ち前のナチュラルな魅力とさわやかな存在感を生かし、頑張り屋で誰からも好かれる青年を演じます。妹・カオル役には『タッチ』『ラフ』と、主演作が続く逸材・長澤まさみ。兄のまっすぐな愛情を一身に受けて、すくすくと育ち、明るくけなげに生きる妹の姿を、透明感たっぷりに演じています。また、そんな兄妹を取り巻く人々を小泉今日子をはじめ、麻生久美子、塚本高史、森下愛子、中村達也、平良とみ、船越英一郎、橋爪功など、豪華俳優陣が演じるのも話題です。舞台となる沖縄の雄大な自然を背景に、涙と笑顔のかけがえのない人間ドラマが、すべての人の心へ感動を届けてくれます。

主題歌は、「涙そうそう」。BEGINが作曲した心に残るメロディに、森山良子が情感を込めた詞をのせ、98年に誕生したこの曲は、01年に夏川りみによってカバーされ、累計100万枚を超える大ヒットを記録しています。また、「涙そうそう」に寄り添うように、BEGINの「三線の花」が挿入歌として使われています。

「涙そうそう」とは、沖縄の方言で、「涙がとめどなく流れる、ポロポロ止まらない」という意味。泣きたいときは、我慢しないで、思いっきり泣けばいい。泣くだけ泣いたら、もう一度明日に向かって歩き出そう・・・。涙に洗い流された素直な心には、希望が浮かび上がり、きっと温かく優しさに溢れる感動が沁み渡るはずです。この秋、永遠に心に残り続ける新しい涙と感動が日本中を包み込みます。
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright