Movie Movie

Return Page
マリと子犬の物語 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆イントロダクション

これは、実話から生まれた、いのちの物語。
大切なものを守る強さと、家族の絆を描く感動作。
マリからもらった勇気と希望を、この冬、日本中にお届けします。


2004年10月23日、午後5時56分。
新潟県中越地方を震源として、マグニチュード6.8の地震が起こりました。"新潟県中越地震"と名づけられたその地震により、闘牛や錦鯉の産地として名高い山古志村(現・長岡市)も非常に大きな被害を受けました。その山古志村で、失意の底にいた人々を勇気づけた奇跡のエピソードがあったのです。

地震の当日、3匹の子犬を出産したお母さん犬の"マリ"。地震が起こり、人々が全て避難した後、荒廃した自然の中たった1匹で我が子を守り、16日後に3匹の子犬とともに無事に戻ってきたマリの姿は大きな感動を呼びました。その"我が子と生き抜いた"姿は、地元の被災者を勇気付けただけでなく、中越地震復興の大きな励ましとなりました。
この実話を描いた絵本『山古志村のマリと三匹の子犬』(文藝春秋刊)は、小中学生を中心に話題となり、12.5万部(07年6月現在)のベストセラーとなります。この原作をもとに、新潟県及び新潟県長岡市・三条市の全面協力のもと、映画『マリと子犬の物語』は撮影されました。

監督は、『瑠璃の島』などの連続ドラマや、24時間テレビスペシャルドラマ『小さな運転士 最後の夢』など数々の感動的なドラマを生み出した猪股隆一。出演は、テレビドラマで圧倒的な存在感を誇る船越英一郎をはじめ、松本明子、高嶋政伸、そして、宇津井健と、実力派が揃いました。音楽は、スタジオジブリ作品をはじめ多くの国民映画を手がけた久石譲が担当。壮大なスケールの情感豊かな音楽が、作品を彩ります。観る人全てに"生きる元気"を贈る奇跡と感動の物語に、どうぞご期待下さい。
←作品情報トップへ

東宝トップページへ 東宝IPKへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright