Movie Movie

Return Page
ローレライ
ローレライ 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆イントロダクション

 その潜水艦は、あてどない航海に出た。
 "太平洋の魔女"と恐れられた兵器"ローレライ"と共に。
 「生きること」「希望」を壮大なスケールで描くエンタテインメント超大作


 歴史上闇に葬られた海戦。幻と消えた三個目の原爆。
 想像を超えたストーリー展開と驚愕のビジュアル。
 ダイナミックな活劇と重厚な人間ドラマ、幾多の障害を乗り越え成就する純愛......。
 リアリズムを踏まえつつ、「生きること」「希望」をテーマにした空前のアクション・アドベンチャー・エンタテインメント超大作が誕生します。

 製作:亀山千広(「踊る大捜査線」全シリーズ)
 監督:樋口真嗣(「ガメラ」シリーズ特技監督)
 原作:福井晴敏(「亡国のイージス」)
 21世紀の映画界を担う夢のコラボレーションが実現。

 2000年、夏。「亡国のイージス」で絶賛された作家・福井晴敏と、平成「ガメラ」シリーズで実力を発揮した特技監督・樋口真嗣が、映画用のオリジナル・ストーリーを共同で考案、それぞれ小説と映画を発表するコラボレーション企画を立ち上げました。

 小説は、「終戦のローレライ」(講談社刊)として2002年12月に発表、吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。「04年版 このミステリーがすごい」でも第2位にランキングされるなど各方面から絶賛され、現在13.1万部突破(2004年4月現在)のベストセラーとなっています。

 映画は、フジテレビ・東宝の提携が決定し、フジテレビ映画事業局局長・亀山千広のもとで、中島かずき(劇団☆新感線)の企画協力を得て、鈴木智(「金融腐蝕列島〔呪縛〕」)が脚本を執筆、膨大な原作の魅力を損なうことなく脚本化しました。樋口真嗣監督のもとに、映画界を支える実力派スタッフが結集しました。
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright