Movie Movie

Return Page
ホーム > 映画 > かぐや姫の物語

LINE UP

かぐや姫の物語

公開終了

劇場一覧

プロフィール
原案・脚本・監督高畑 勲

1935年、三重県出身。7人兄弟の末っ子。
1954年、岡山県立朝日高校を、59年に東京大学文学部仏文科を卒業。在学中にフランスの長編アニメーション作品「やぶにらみの暴君」(52年、ポール・グリモー監督、79年「王と鳥」に改作)を観て、アニメーションという表現方法に可能性を見出し、59年、東映動画(現・東映アニメーション)に入社した。「わんぱく王子の大蛇退治」(63年、芹川有吾監督)などの演出助手を務めた後、テレビシリーズ「狼少年ケン」(63〜65年)で演出となる。68年、劇場用長編「太陽の王子 ホルスの大冒険」を初監督、この間、後輩の宮崎駿と仕事や労働組合の活動を通じて交流を深めた。 1971年、テレビシリーズ「長くつ下のピッピ」(実現せず)を制作するために小田部羊一、宮崎駿と共に東映動画を退社、Aプロダクション(現・シンエイ動画)へ移った。
同社では、テレビシリーズ「ルパン三世(第1シリーズ)」(71〜72年)や、劇場用中編アニメーション「パンダコパンダ」(72年)「パンダコパンダ雨ふりサーカスの巻」(73年)などを演出した。 1973年、テレビシリーズ「アルプスの少女ハイジ」(74年)制作のため、再び小田部・宮崎とズイヨー映像へ移籍、全話を演出。その後日本アニメーションで「母をたずねて三千里」(76年)「赤毛のアン」(79年)の演出を手がけた。同社を80年に退社、その後劇場用長編「じゃりン子チエ」(81年)「セロ弾きのゴーシュ」(82年、毎日映画コンクール大藤賞)を監督。宮崎監督の「風の谷のナウシカ」(84年)では、プロデューサーとして参画。1985年、宮崎とともにスタジオジブリ設立に参加。ふたたび宮崎とのコンビで「天空の城ラピュタ」(86年、プロデューサー)を送り出した後、自らの脚本・監督作品として野坂昭如原作の「火垂るの墓」(88年、第一回モスクワ児童映画祭グランプリ)「おもひでぽろぽろ」(91年、芸術選奨文部大臣賞、山路ふみ子賞特別賞)、「平成狸合戦ぽんぽこ」(94年、アヌシー国際アニメーション映画祭長編賞)「ホーホケキョ となりの山田くん」(99年、いしいひさいち原作、文化庁メディア芸術祭優秀賞)をジブリで制作した。また、1987年には長編の実写記録映画「柳川堀割物語」(毎日映画コンクール文化記録映画賞)を監督し発表している。そのほか、スタジオジブリの洋画アニメーション提供作品として「キリクと魔女」(ミッシェル・オスロ監督)の日本語版翻訳・演出(03年)、「王と鳥」(ポール・グリモー監督、ジャック・プレヴェール脚本)の日本語字幕翻訳(06年)、また、三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー提供作品「アズールとアスマール」(ミッシェル・オスロ監督)の日本語版翻訳・演出(07年)も手がける。 この間、日大芸術学部映画学科などで教鞭をとるかたわら、様々な執筆活動を行い、『「ホルス」の映像表現』、ユーリ・ノルシュテイン作品に関する『話の話』、ジャン・ジヨノの小説とそれに基づくフレデリック・バックのアニメーション作品に関する『木を植えた男を読む』(訳著)、自身の文章・対談・インタビュー等を収めた『映画を作りながら考えたこと』『同II』などを発表。また、『十二世紀のアニメーション』(以上、徳間書店刊)で平安時代末期の国宝絵巻群がいかに映画的アニメーション的であるかを論証したり、フランスの詩人ジャック・プレヴェールの『ことばたち』(ぴあ刊)を日本ではじめて全訳・注解、『ジャック・プレヴェール 鳥への挨拶』(ぴあ刊)の編・訳を手がけるなど、幅広い著作活動を行っている。近刊に『漫画映画(アニメーション)の志』『一枚の絵から 日本編』『一枚の絵から海外編』(いずれも岩波書店刊)がある。 1998年、紫綬褒章を受章。2009年にはロカルノ国際映画祭で名誉豹賞を受賞。2010年にはアニメアワード功労賞を受賞している。

音楽久石 譲

1950年、長野県出身。
国立音楽大学在学中よりミニマルミュージックに興味を持ち、 現代音楽の作曲家として出発。 84年の映画「風の谷のナウシカ」以降、 「風立ちぬ」(13)まで宮崎駿監督の10作品の音楽を担当。 その他、北野武監督「HANA-BI」(98)、滝田洋二郎監督「おくりびと」(08)、 李相日監督「悪人」(10)、山田洋次監督「東京家族」(13)、 高畑勲監督「かぐや姫の物語」(13)など国内外の数々の映画音楽を手掛ける。 2001年、映画監督として初メガホンをとり「Quartet カルテット」を製作、 音楽・共同脚本も手掛け、日本初の音楽映画としてモントリオール映画祭の ワールドシネマ部門正式招待作品に選ばれた。 演奏活動においては、ピアノソロやオーケストラなど様々なスタイルを披露。 近年は指揮者としても活動中。 「MKWAJU」(81)から「Melodyphony」(10)まで 多数のソロアルバムを発表するなど、活躍の場は多岐にわたる。 国立音楽大学招聘教授。09年紫綬褒章受賞。

主題歌二階堂和美

97年よりシンガーソングライターとして活動をはじめる。 優しくも力強い歌声と幅広い音楽性、絶妙なセンスと筋のある音楽スタンス、 そして、明るく人懐っこい性格が日本全国、世界各国から愛されている。 2011年発表のオリジナルアルバム「にじみ」は二階堂のこれまでの活動の集大成とも言える作品であり、 このアルバムが映画「かぐや姫の物語」起用のきっかけとなった。 近年はNHK「おかあさんといっしょ」への楽曲提供や、小泉今日子さんのアルバムへの楽曲提供、 地元の学園歌を手がける等、活動の幅を更に広げている。 広島県在住。浄土真宗の僧侶でもある。

プレスセンター

IDとパスワードが必要となります