Movie Movie

Return Page

Archives

春を背負って

全国東宝系(2014年6月14日公開)

(C)2014「春を背負って」製作委員会

INTRODUCTION

日本映画史に残る数々の名作を手掛けてきた名キャメラマン・木村大作。
その彼が初めて監督した09年公開の『劔岳 点の記』は、木村監督にしか撮れない雄大な自然と、それに翻弄されながらも自分たちの仕事をやり遂げる人間たちの姿を余すところなく描き、大ヒットを記録した。

あれから5年――木村監督の最新作『春を背負って』は、笹本稜平の同名小説を原作に、父から子へと受け継がれる想い、仲間を想う人間たちにスポットを当て、山に生きる人々の“家族”の物語が描かれる。

木村監督にとって撮影する場所の選定は作品を左右する重要なポイント。
今回は原作の舞台・奥秩父を、立山連峰の3000mを超える大汝山に建つ山小屋へと変更。その山頂から見える360度の大自然を背景に、美しい四季の移ろいを映し出している。また「人は皆、何かを背負って生きていくしかない」という木村監督の人生哲学に、高地の山小屋は様々な想いを背負った人がたどりつく場所としても相応しい舞台と言えるだろう。

出演者は、多額の金を動かすトレーダーの仕事に虚しさを覚え、父親・勇夫の死をきっかけに山小屋“菫小屋”を継ぐ決心をする主人公・長嶺亨に松山ケンイチ。その彼と菫小屋で働く従業員・高澤愛に蒼井優。勇夫の大学の後輩で、菫小屋で働きながら亨の成長を見守る多田悟郎に豊川悦司。さらには亨の母親・菫に檀ふみ、多くの人間に慕われた亨の亡き父・勇夫に小林薫が扮するほか、新井浩文、吉田栄作、安藤サクラ、池松壮亮、仲村トオル、市毛良枝、井川比佐志、石橋蓮司など個性的な実力派の俳優たちが揃っている。
撮影は東京・新宿の高層ビルや、富山県の内山邸のほか、立山連峰でも延べ60日間の山岳ロケを敢行。『劔岳 点の記』と同様、スタッフとキャストが自分たちで山へ登って見た自然の映像と、その場でキャストに湧き上がった感情を捉えるという、本当の場所と芝居にこだわった木村監督独特の演出法が、見事な効果を上げている。
音楽は、黒澤明作品をはじめ数多くの映画音楽を手掛ける池辺晋一郎を『劔岳 点の記』に引き続き音楽監督に迎え、大自然の中で育まれる人間賛歌をより一層盛り上げている。
主題歌は、亡き父への息子の想いを綴った「心の手紙」を、山崎まさよしが歌い上げる。
美しくも厳しい自然の中で育まれる、人間の優しさと心の成長を描く、”本物の日本映画“の魅力が詰まった作品が、ここに誕生した。

STORY

立山連峰で山小屋〝菫小屋〟を営む厳格な父(小林薫)に育てられた長嶺亨(松山ケンイチ)。
社会人になった亨はそんな父から遠ざかるように金融の世界で、会社の歯車として毎日を過ごしていた。
そんなある日、父の訃報が突然届く。帰郷した亨の前には気丈 に振る舞う母(檀ふみ)、その姿を沈痛な想いで見守る山の仲間たち、そして見慣れぬ一人の女性・高澤愛(蒼井優)の姿が。彼女は心に深い傷を負い、山中で遭難しかけたところを亨の父に助けられた過去があった。
父が遺した菫小屋と、父の想いに触れた亨は、都会での生活を捨 て小屋を継ぐことを決意する。 山での生活に悪戦苦闘する亨の前に、父の友人と名乗るゴロさん(豊川悦司)が現れる。世界を放浪してきたゴロさんの自然に対する姿勢や愛の天真爛漫な笑顔に接しながら、亨は新しい自分の人生に向き合い始める。

DATA
監督・撮影 木村大作
製作 石原 隆 市川 南
原作 笹本稜平「春を背負って」(文藝春秋刊)
脚本 木村大作 瀧本智行 宮村敏正
スタッフ 音楽:池辺晋一郎
主題歌:山崎まさよし「心の手紙」(ユニバーサルミュージック)
キャスト 松山ケンイチ  蒼井 優
檀 ふみ 小林 薫 豊川悦司
新井浩文 吉田栄作 安藤サクラ 池松壮亮 仲村トオル
市毛良枝 井川比佐志 石橋蓮司
製作情報
クレジット
上映時間 1時間56分・ビスタビジョン

製作:フジテレビジョン 東宝 ホリプロ 北日本新聞社
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
助成:文化庁藝術振興費補助金

(C)2014「春を背負って」製作委員会
関連記事
  • 2014年6月14日 初日舞台挨拶
  • 2014年3月13日 記者会見・完成披露試写会
劇場 全国東宝系(2014年6月14日公開)
CAST&STAFF

〔出演〕
松山ケンイチ  蒼井 優
檀 ふみ 小林 薫 豊川悦司
新井浩文 吉田栄作 安藤サクラ 池松壮亮 仲村トオル
市毛良枝 井川比佐志 石橋蓮司

監督・撮影:木村大作

製作:石原隆 市川南

原作:笹本稜平「春を背負って」(文藝春秋刊)
脚本:木村大作 瀧本智行 宮村敏正
音楽:池辺晋一郎
主題歌:山崎まさよし「心の手紙」(ユニバーサル・ミュージック)

プロデューサー:松崎薫 上田太地
制作担当:金澤清美
監督補:宮村敏正
撮影補:坂上宗義
山岳監修:多賀谷治
美術:佐原敦史
録音:石寺健一
照明:鈴木秀幸
編集:板垣恵一

制作プロダクション:東宝映画
製作:フジテレビジョン 東宝 ホリプロ 北日本新聞社
配給:東宝

助成:文化芸術振興費補助金

(C)2014「春を背負って」製作委員会 

PROFILE
長嶺 亨役松山ケンイチ

1985年3月5日、青森県生まれ。
主な出演作は「男たちの大和/YAMATO」(05)、「デスノート」(06)、「デトロイト・メタル・シティ」(08)、「ノルウェイの森」(10)、「GANTZ」(11)、「家路」(14)など。

高澤 愛役蒼井 優

1985年8月17日、福岡県生まれ。
主な出演作に「リリイ・シュシュのすべて」(01)、「花とアリス」(04)、「フラガール」(06)、「おとうと」(10)、「雷桜」(10)、「東京家族」(13)などがある。

多田悟郎役豊川悦司

1962年3月18日、大阪府生まれ。
主な出演作は「NIGHT HEAD」(94)、「Love Letter」(95)、「愛の流刑地」(07)、「必死剣鳥刺し」(10)、「プラチナデータ」(13)、「ジャッジ ! 」(14)など。

長嶺 菫役檀 ふみ

東京都生まれ。
主な出演作に「青春の蹉跌」(74)、「男はつらいよ・寅次郎純情詩集」(76)、「夜叉」(85)、「火宅の人」(86)、「わが愛の譜 滝廉太郎物語」(93)などがある。

長嶺勇夫役小林 薫

1951年9月4日、京都府生まれ。
主な出演作は「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(07)、「海炭市叙景」(10)、「旅立ちの島唄~十五の春~」(13)、「夏の終り」(13)など。

中川聡史役新井浩文

1979年1月18日、青森県生まれ。
主な出演作に「青い春」(02)、「ゲルマニウムの夜」(05)、「松ヶ根乱射事件」(07)、「アウトレイジ ビヨンド」(12)、「赤い季節」(12)、「永遠の0」(13) 、「愛の渦」(14)などがある。

工藤 肇役吉田栄作

1969年1月3日、神奈川県生まれ。
主な出演作に「国会へ行こう!」(93)、「亡国のイージス」(05)、「ミッドナイト イーグル」(07)、「聯合艦隊司令長官 山本五十六」(11)などがある。

中川ユリ役安藤サクラ

1986年2月18日、東京都生まれ。
主な出演作に「愛のむきだし」(09)、「愛と誠」(12)、「かぞくのくに」(12)、「ペタル ダンス」(13)、「今日子と修一の場合」(13)、「家路」(14)、「0.5ミリ」(14)などがある。

須永幸一役池松壮亮

1990年7月9日、福岡県生まれ。
主な出演作は「ラスト サムライ」(03)、「半分の月がのぼる空」(10)、「横道世之介」(13)、「愛の渦」(14)、「大人ドロップ」(14)、「ぼくたちの家族」(14)など。

朝倉隆史役仲村トオル

1965年9月5日、東京都生まれ。
主な出演作に「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズ(85~88)、「K-20 怪人二十面相・伝」(08)、「劔岳 点の記」(09)、「行きずりの街」(10)、「北のカナリアたち」(12)などがある。

高野かね役市毛良枝

1950年9月6日、静岡県生まれ。
主な出演作に「椿山課長の七日間」(06)、「ぼくとママの黄色い自転車」(09)、「おっぱいバレー」(09)、「岳-ガク-」(11)、「神様のカルテ2」(14)、「六月燈の三姉妹」(14)などがある。

文治役井川比佐志

1936年11月17日、旧満州国生まれ。
主な出演作に「おとし穴」(62)、「家族」(70)、「どですかでん」(70)、「故郷」(72)、「乱」(85)、「劔岳 点の記」(09)、「悪人」(10)、「蜩ノ記」(14)などがある。

野沢久雄役石橋蓮司

1941年8月9日、東京都生まれ。
主な出演作に「竜馬暗殺」(74)、「赫い髪の女」(79)、「出張」(89)、「浪人街 RONINGAI」(90)、「今度は愛妻家」(10)、「アウトレイジ」(10)、「大鹿村騒動記」(11)などがある。

監督木村大作

1939年7月13日生まれ。東京都出身。
1958年 東宝に入社。撮影部に配属され『隠し砦の三悪人』『用心棒』といった黒澤明の作品にキャメラマン助手として参加。1973年 撮影監督デビュー。代表作に『八甲田山』『復活の日』『駅 STATION』『火宅の人』『鉄道員(ぽっぽや)』『北のカナリアたち』など。2009年には監督・脚本・撮影を担当した『劔岳 点の記』が大ヒットを記録。 過去、日本アカデミー賞優秀撮影賞21回受賞、そのうち最優秀撮影賞5回受賞。『劔岳 点の記』では最優秀監督賞を受賞。2003年 紫綬褒章を受章、2010年 旭日小綬章を受章。

原作笹本稜平

1951年千葉県生まれ。
立教大学卒業後、出版社勤務、フリーライターを経て01年『時の渚』で第18回サントリーミステリー大賞と読者賞を同時受賞。04年『太平洋の薔薇』で第6回大藪春彦賞を受賞。警察小説、冒険小説など作風は幅広く、『春を背負って』は11年に刊行。他著に『越境捜査』『未踏峰』『還るべき場所』『所轄魂』『遺産 The Legacy』『尾根を渡る風 駐在刑事』等多数。最新刊はマッキンリーを舞台にした『その峰の彼方』。

音楽池辺晋一郎

1943年生まれ。
作曲家。東京藝術大学大学院修了。オペラ、オーケストラ作品等の他、映画、テレビ、演劇のための音楽も手がけるなどその活躍の幅は広く、日本作曲界の第一人者。映画音楽では、黒澤明監督の「影武者」(80)、「夢」(90)、「八月の狂詩曲」(91)、「まあだだよ」(93)、今村昌平監督の「うなぎ」(97)、篠田正浩監督の「少年時代」(90)、木村大作監督の「劔岳 点の記」などを担当し、TVではNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」(87)をはじめ多数のドラマ音楽を作曲。

主題歌山崎まさよし

1971年滋賀県草津市生まれ
1995年に「月明かりに照らされて」でデビュー。1996年公開の主演映画『月とキャベツ』の主題歌「One more time, One more chance」がロングヒットし、ブレイク。精力的な全国ツアーを行ってきたほか、全国各地のフェス・イベントへの出演、ミュージシャンとしてのセッション参加なども数多く、 音楽ファンのみならず多方面から支持を得ている。2013年12月から始まった、「種を蒔く人」を意味する"TOUR SEED FOLKS"。これまで訪れたことのない町にも足を運び、全国各地で音楽の種を届けてきた山崎まさよし。お客さんと共に育んできた花の数々をまとめたアルバム「FLOWERS」(2013年9月18日リリース)を連れて、この先も音楽の種を蒔く旅は続いていく。

NEWS

NOW SHOWING

  • GODZILLA 怪獣惑星

    GODZILLA 怪獣惑星

  • ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~

    ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~

  • ミックス。

    ミックス。

  • ナラタージュ

    ナラタージュ

  • 亜人

    亜人

  • 映画 あさひなぐ

    映画 あさひなぐ

  • 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

    奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

  • 三度目の殺人

    三度目の殺人

COMING SOON

  • 火花

    火花

    2017年11月23日公開

  • 劇場版総集編アニメ『刀剣乱舞-花丸-』~幕間回想録~

    劇場版総集編アニメ『刀剣乱舞-花丸-』~幕間回想録~

    2017年12月1日公開

  • DESTINY 鎌倉ものがたり

    DESTINY 鎌倉ものがたり

    2017年12月9日公開

  • 映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

    映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

    2017年12月16日公開

  • 未成年だけどコドモじゃない

    未成年だけどコドモじゃない

    2017年12月23日公開

  • 嘘を愛する女

    嘘を愛する女

    2018年1月20日公開

  • 祈りの幕が下りる時

    祈りの幕が下りる時

    2018年1月27日公開

  • 空海―KU-KAI―

    空海―KU-KAI―

    2018年2月24日公開