Movie Movie

Return Page
ハッピーフライト
ハッピーフライト 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト&スタッフ スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆ストーリー

舞台は毎日大勢の人々が出入りする巨大な空港。
上空には何百機という飛行機が行き交い、発着しています。
ある日のホノルル行きチャーター便・NH1980に関わるたくさんの人々。
パイロット、キャビンアテンダント。グランドスタッフ、管制官、ディスパッチャー、整備士
そしてありとあらゆる乗客たち、新婚カップル・修学旅行生・ビジネスマン・家族旅行の親子...が、
定刻の出発に向けてそれぞれ準備をしています。


<CO-PILOT>副操縦士(コー・パイロット) 鈴木和博(37)の場合
機長昇格をめざす副操縦士、鈴木和博【田辺誠一】。今日のホノルル行き1980便が機長昇格を目指すOJTの最終フライト! しかも試験教官は温厚と評判の望月教官【小日向文世】でウキウキ気分♪ しかし! フライト当日、望月教官が風邪気味で、いかにも威圧感バリバリの原田教官【時任三郎】と変更に...。
緊張しまくりで、空回りしまくりの鈴木によるブリーフィングが始まった...。
※OJT...(On the job trainingの略。実際の作業を通して行う訓練)

<CAPTAIN>機長(キャプテン) 原田典嘉(50)の場合
風邪をひいてしまった望月教官の代わりに、急遽鈴木の機長昇格訓練教官となった機長・原田典嘉【時任三郎】。操縦の腕はピカイチだが、ユーモアのセンスに欠ける。訓練教官になってから、副操縦士を見る目が厳しくなり、身だしなみから、言動まで細かくチェック。場を和ませようとする鈴木の冗談もほぼ無視。鈴木に一掃の緊張を強いる...。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆パイロットとは→安全運航を司ると同時に、緊急時等には絶対的な権限をもつ機内の指揮官。旅客機の操縦のほとんどが機長と副操縦士による2人体制である。(ヨーロッパやアメリカなどの長距離の場合は3人。)

<CABIN ATTENDANT>キャビンアテンダント 斉藤悦子(21)の場合
フライト経験10ヶ月の新人CA斉藤悦子【綾瀬はるか】。ホノルル行き1980便が国際線デビューとなる。初の長時間フライト、しかもチーフパーサーが厳しいことで有名な山崎麗子【寺島しのぶ】と判明し、戦々恐々。こなれた中堅CA田中真里【吹石一恵】の矢継ぎ早の指示と、一気に押し寄せる乗客のリクエストに早くもテンパリモード...。

<CHIEF PURSER>チーフ・パーサー 山崎麗子(38)の場合
同乗するCAは、沢山水を飲む。理由はめちゃくちゃ泣かされるから。という逸話で恐れられている鬼チーフ・パーサー・山崎麗子【寺島しのぶ】。その実は、誰にも毅然とした態度を貫くスーパーCA。若手CAの素質を見抜き、育てることを得意としているが、新人CAにとっては、こんなに恐い人はいない。悦子の命運やいかに...?
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆キャビンアテンダント(CA)とは→快適で温かいサービスを提供するのはもちろんだが、実はCAの最重要業務は、フライトの安全を支える「保安要員」としての仕事。CAのうち、各クラスの責任者をパーサーといい、チーフパーサーはその取りまとめ役であり、その便の客室における総責任者となる。

<GROUND STAFF>グランドスタッフ 木村菜採(26)の場合
チケット発券など、空港内で乗客と直に接するあらゆる業務をこなすグランドスタッフの木村菜採【田畑智子】。乗客のクレーム対応に明け暮れ、出会いもない毎日に限界を感じ、上司に辞表を出すが、後輩を育ててからと受け取ってもらえない。そして、今日もやっぱり問題発生。ホノルル行き1980便でオーバーブッキングだ...。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆グランドスタッフとは→空港内のあらゆる場所で、乗客と直に接し、チケット発券や案内、チェックインなど多岐にわたる仕事をこなす。

<ENGINEER>整備士 中村弘樹(25)の場合
若いが腕に自信のある整備士・中村弘樹【森岡龍】。ホノルル行き1980便の飛行前点検作業に駆け付けるが、エンジン部の部品交換に時間がかかり苦戦中。整備作業のせいで出発が遅れることになるぞと、先輩整備士・小泉賢吾【田中哲司】にせかされ、必死に作業を進めるが...。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆整備士とは→機体の飛行前・到着後・飛行間の点検を中心に行うライン整備、機体をドック(格納庫)に入れて定期点検を行うドック整備、エンジンや計器類、コンピューターなどを機体から取り外してより専門的な点検を行う各種専門工場整備の3つに大別される。

<OCC>オペレーション・ディレクター 高橋昌治(58)の場合
OCCのベテランオペレーションディレクター高橋昌治【岸辺一徳】。かつては、敏腕だったが、新システム導入に全くついて行けず、もはや窓際族...。今日もまたとりわけ何もすることも無く、平穏な一日が...。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆OCCとは→オペレーション・コントロール・センター。世界中全ての自社機を司る司令部。パイロット、整備士、ディスパッチャーらが常駐し、24時間体制で空の安全を監視している。

天気は良好、白く輝くジャンボジェット、それぞれの飛行前の準備はなんとか無事に完了!
定刻通りに離陸! このままホノルルまで快適な空の旅♪
のはず...だった...のに!??

←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright