Movie Movie

Return Page
花より男子ファイナル
花より男子ファイナル 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト&スタッフ プロフィール 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆ストーリー


超セレブばかりが集まる英徳学園に入学してしまった超貧乏なヒロイン・牧野つくし(井上真央)は、学園を牛耳る伝説の御曹司4人組、通称"F4"【花の4人組・FLOWER4の略】と出会う。自己チューで乱暴者な大財閥の御曹司・道明寺司(松本 潤)、世界のトップを争う商社の御曹司でつくしの初恋の人・花沢類(小栗 旬)、日本一大きい茶道の家元の跡取である西門総二郎(松田翔太)、父親が日本の裏社会を取り仕切っているという美作あきら(阿部 力)。"F4"のリーダー・道明寺司は、財力とルックスに物をいわせ「金で買えないものはない!」と豪語。オレ様街道まっしぐらだったが、つくしとの出会いでその性格は一変し、運命を強く感じて彼女を愛するように。最初は穏やかで優しい類が気になっていたつくしだったが、自分の思いを真っ直ぐに伝えてくる司の姿に、いつしか強くひかれていく。度重なるトラブルがあっても、みんなに助けられながら乗り越えてきた2人。つくしの高校卒業のプロムでは、「このオレ様と結婚しろ!」と司からつくしへ、感動的なプロポーズが!

あれから4年――。「私、道明寺司は、来年の春、正式に結婚することにしました!
相手は、オレの心を捉えて離さない運命の女、牧野つくしです!!」日本のホテルでは、全世界に向け、盛大な記者会見が行なわれていた。現代のプリンセスとして、テレビ番組でも注目されるつくし。その後行なわれた道明寺家、牧野家がそろった結納の席では、2人の交際にあらゆる手段を使って猛反対し、かつてはつくしの天敵であった司の母・楓(加賀まりこ)から、道明寺家へ嫁ぐ者に代々受け継がれてきた、推定100億円ともいわれるティアラ"ビーナスの微笑"を婚約の証として贈られる。

その夜。ホテルの部屋で光輝くティアラを見つめながら、つくしは、大財閥の跡を継いだ司との結婚で、質素ながらも穏やかな生活が一変してしまうことに不安を抱き始めていた。つくしの心境を察した司は「オレがお前を一生賭けて守りぬく。心配しないでついてこい!」と、つくしに誓う。そんな2人の前に、突然、窓ガラスを破り黒尽くめの男が現れ、ティアラを奪って逃げて行った。何が起こったのか分からないまま、慌てて男の後を追うつくしと司。だが男はあっという間に、都会の闇へと消えてしまう。あまりに突然のことに呆然とする2人。いったん部屋へと戻った2人は、またしても目の前の光景に愕然とする。ついさっき割れたはずの窓ガラスも、司と男がもみ合って荒れたはずの部屋も、まるで何事もなかったかのようにすべて元通りになっていたのだ!

このままでは、ティアラは奪われたのではなく、つくしが失くしたことになってしまう。何としても取り戻さなければ取り戻さなければ、結婚どころではない。これはホテルのオーナーまでがグルになった犯行なのか? 目的は推定100億円ともいわれるティアラ? それとも、2人の結婚の阻止?  そして犯人は一体誰なのか......?

つくしと司はその後、「永遠の愛を手にする」という伝説を持つティアラ"ビーナスの微笑"を取り戻すため、ラスベガス、香港、そして無人島と世界中を駆け巡る。そして、それぞれの道を歩み始めた"F4"は一体、どこで何をしているのか......

"花男"ファイナルに向けて、史上最大の大波乱が今、幕を開ける!
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright