Movie Movie

Return Page
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆ストーリー

2007年(現在)――
着実に回復していると思われていた日本の景気。だがその実態は、さらに深刻な、未曾有の危機にさらされていた。バブル崩壊後の景気対策のために雪だるま式に増えた国の借金は800兆円!しかも金利で毎日900億円ずつ膨らんでいる。その一方で少子高齢化は益々進み、人口はついに減り始めたのだ。この先2年のうちに大手銀行・大企業の連鎖的倒産が始まり、貧富の差は更に拡大。多数の失業者と治安の悪化......日本経済の破綻、国家の崩壊は目前に迫っている。

この国家崩壊のシナリオにピリオドを打つべく、財務省大臣官房経済政策課に勤める下川路功(阿部寛)はある計画を極秘に進めていた......。

そのころ、元カレの作った借金返済に追われるフリーター・田中真弓(広末涼子)の元に、疎遠であった母・真理子(薬師丸ひろ子)の訃報が届く。葬儀中にも関わらず、サラ金の取立屋・田島(劇団ひとり)は容赦なく返済を真弓に迫る。

葬儀の後、下川路が真弓の元を訪れ、母親・真理子は死んでおらず、自作のタイムマシンで1990年にタイムスリップしたという真実を打ち明ける。実は、下川路と真理子は危機に瀕した日本経済を救うべく、バブル崩壊を食い止め、歴史を変えるプロジェクトを一緒に進めていた。
しかし、真理子はタイムスリップ後、バブル時代の東京で行方不明になってしまったという。一度は計画を諦めた下川路だったが、真理子の娘・真弓の存在を知り、計画続行を決意した。

最初は信じていなかった真弓も、下川路と研究チームの話を聞いているうちに、話が本当だということに気が付く。真弓は、借金取立てから逃れるために、そして、母親を救うためにタイムマシンに乗り込むことを決意する。

が、しかし。真弓の目の前に登場したタイムマシンは......洗濯機!?
最先端の科学技術の粋が集められたとは到底思えない、単なる古ぼけたドラム式の洗濯機に、半信半疑のまま体を納める真弓。洗剤が降り注がれ、ドラムがゆっくりと回り始めると、洗濯機型のタイムマシンはまばゆい光に包まれた......。

1990年3月――
タイムスリップした真弓が初めて目にしたのは、建造途中の巨大なレインボーブリッジの姿だった。そう、真弓を待ち受けていたのは、まさしくバブル絶頂期の東京。ユーロビートが街に流れ、ワンレン・ボディコン、DCブランドで着飾った若者が浮かれるにぎやかな街。明け方になっても盛り場には人が溢れ、万札を振りかざした男女がタクシーを奪い合っている。普通の学生がクルーザーでパーティを開き、ドンペリを惜しげもなく抜いている。そして、カワイイ女の子なら何もしなくてもお金が舞い込むという、真弓にとっては、まさしく不思議の国だった。

やがて、この計画を何も知らない17年前の若き日の下川路と出会う真弓。下川路は2007年の初老を迎えたお堅い彼とはまるで別人だった。遊び人の風体で女たらしの軽薄なイケイケ男だったのだ。そのギャップに戸惑いながらも真弓は下川路の協力を仰いだ。自分が2007年の下川路から依頼を受けタイムスリップして来て、バブル崩壊を止めなければならない任務を負っていること。同時に過去へタイムスリップした母親を探していること。真剣に説得する真弓に、下心まる出しで相槌をうつ下川路は、真弓への興味から計画をサポートすることに......。

果たして、下川路と真弓は真理子を無事救出することができるのか!?
下川路と真弓が繰り広げる恋のゲームの行方は!?
バブル崩壊は食い止められるのか!?
そして、ニッポンの未来は!?
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright