Movie Movie

Return Page
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆イントロダクション

戦国よりも幕末よりもハイテンションなあの時代へ―――
ニッポンを救う!タイムスリップ・ラブコメディ!!


「メッセンジャー」(99)以来、8年ぶりになるホイチョイ・プロダクションズ新作はタイムスリップ・ラブコメディ!!
「私をスキーに連れてって」(87)、「彼女が水着にきがえたら」(89)、「波の数だけ抱きしめて」(91)のホイチョイ三部作といわれる作品は、いずれも大ヒットを記録。そんなホイチョイ・プロダクションズ&フジテレビが満を持してお贈りするのが「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」。

街中が浮かれ、踊っていたバブルの絶頂、狂乱の1990年3月の東京を舞台に、当時のファッション、文化、風俗を満載!人類史上最もハイテンションだった時代の男女が織りなす、底抜けに明るくノー天気で、恋愛あり、活劇あり、親子の絆ありの、グッとくる王道エンターテインメントを、壮大なスケールで、笑いいっぱいに描きます!!

そして、本作には素晴らしいスタッフ・キャストが集結しました。脚本には『踊る大捜査線』シリーズ、『容疑者・室井慎次』などで大ヒットを連発する君塚良一。主演は高視聴率をマークしたドラマ「結婚できない男」での好演が記憶に新しい阿部寛。タイムマシンを使ってバブル崩壊を阻止する極秘プロジェクトのリーダー、財務省官僚の下川路役をコミカルかつダンディに演じます。さらに、下川路によってバブル期へ送り込まれる現代の若者代表として描かれる田中真弓役に、久々の本格的映画出演となる広末涼子。キュートなコメディエンヌぶりでスクリーンを彩ります。

また、洗濯機型タイムマシンを発明する家電メーカー研究員で、真弓の母親でもある田中真理子役には実力派女優の薬師丸ひろ子があたり、新たな魅力を発揮します。共演陣にも吹石一恵、伊藤裕子、劇団ひとり、小木茂光、伊武雅刀といった個性的なメンバーを迎え、豪華キャスティングが実現しました。この冬、一流のスタッフ・キャストが贈る、バブル未体験世代もバブル体験世代も理屈抜きで楽しめる究極のエンターテインメントが誕生します!!
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright