Movie Movie

Return Page
あずみ2 Death or Love
あずみ2 Death or Love 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆スタッフ

監督------金子修介
1955年6月8日生まれ。東京都出身
78年、東京学芸大学を卒業後、助監督として日活入社。88年『1999年の夏休み』でヨコハマ映画祭監督賞を受賞。94年、佐伯日菜子・佐野史郎出演の大島弓子原作『毎日が夏休み』が話題に。95年から『ガメラ 大怪獣空中決戦』、『ガメラ2 レギオン襲来』、『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』の新生ガメラ3部作を発表、97年『学校の怪談3』、00年『クロスファイア』、01年『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』、02年『恋に唄えば』などコンスタントに作品を発表。最近では日本初の特撮ドラマで38年ぶりによみがえった「ウルトラQ dark fantasy」(テレビ東京系)に参加するなど、常に話題を提供する監督の一人である。

原作------小山ゆう
1948年2月20日生まれ。静岡県出身
73年、「週刊少年サンデー」に時代劇漫画「おれは直角」でデビュー。76年にはボクシング漫画「がんばれ元気」を連載、第22回小学館漫画賞を受賞。86年には武田鉄矢原作で坂本竜馬を主人公にした「おーい!竜馬」を発表。これらの作品はいずれもテレビアニメ化されている。94年から「ビッグコミックスペリオール」に「あずみ」の連載を開始、この作品で98年に第1回文化庁メディア芸術祭漫画優秀賞と第43回小学館漫画賞のダブル受賞を果たす。99年に初のシルクスクリーン版画「花剣乱舞」(あずみ)を発表。代表作は他に「ももたろう」「スプリンター」などがある。

プロデューサー------山本又一朗
1947年10月25日生まれ。鹿児島県出身
74年の『鬼輪番』(坪島孝監督)以来、気鋭のプロデューサーとして数々の作品に携わる。79年ベルサイユ宮殿に初めて劇映画のカメラを持ち込み話題を集めた『ベルサイユのばら』、79年〜80年大ヒットアニメ「がんばれ!!タブチくん!!」シリーズ、83年『小説吉田学校』(森谷司郎監督)、85年中森明菜・近藤真彦主演『愛・旅立ち』(舛田利雄監督)など多くの作品に携わる。中でも79年の沢田研二・菅原文太主演の『太陽を盗んだ男』(長谷川和彦監督)は伝説的な作品として、今なお圧倒的な評価を受けている。近年は、海外市場を視野に入れる映画創りにこだわり、92年にはフランシス・F・コッポラを総指揮に迎え、『ウインズ』を製作。そのジャンルは多岐に渡る。

その他スタッフ・キャスト一覧はこちら
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright