Movie Movie

Return Page
ホーム > 映画 > ALWAYS 三丁目の夕日'64

LINE UP

ALWAYS 三丁目の夕日'64

公開終了

劇場一覧

ストーリー

(前作までのあらすじ)

東京タワーが完成する昭和33年──。東京下町の夕日町三丁目では、個性豊かな住民たちが暮らしていました。売れない小説家の茶川竜之介(吉岡秀隆)は、一杯飲み屋のおかみ・石崎ヒロミ(小雪)から、引き取り手のない少年・古行淳之介(須賀健太)を預かることになり、共に生活し始めます。しかし、淳之介の実の父親・川渕(小日向文世)が茶川のもとにやってきて、淳之介を連れ戻そうとするのでした。茶川は淳之介を養っていけると証明するため、そして親の借金を背負い、黙って夕日町を離れたヒロミを迎えに行くために、“芥川賞受賞”の夢に向かって執筆を開始します。茶川の渾身の一作は、賞の候補に選ばれるものの、受賞ならず。けれど、その小説を読み、茶川の想いを受け取ったヒロミは、お金持ちとの結婚を取りやめて夕日町に戻ってきました。こうして、茶川とヒロミ、淳之介の3人の生活が始まります。

茶川商店のお向かいさんは、鈴木則文(堤 真一)とその妻・トモエ(薬師丸ひろ子)、一人息子の一平(小清水一揮)が暮らす自動車修理工場・鈴木オート。昭和33年、青森から集団就職でやってきた星野六子(堀北真希)が鈴木家の家族の一員として加わりました。たばこ屋のキン(もたいまさこ)や小児科医の宅間先生(三浦友和)も、六子を温かく三丁目に迎え入れます。翌年には、則文の親戚の娘・美加(小池彩夢)を鈴木家で預かることに。お嬢様育ちの美加に、最初はちょっぴり反発していた一平ですが、徐々に仲良くなっていきます。六子は、幼なじみの中山武雄(浅利陽介)と再会。武雄は六子に想いを寄せているようですが、六子は武雄を友達としか考えていない様子で……。やがて、美加が夕日町を去る日がやってきます。寂しそうな一平を元気づけるため、則文、トモエ、六子は一平と東京タワーにのぼり、美しい夕日を眺めるのでした。

(あらすじ)

昭和39年(1964年)──東京オリンピックが開催されるこの年。オリンピックを控えた東京は、ビルや高速道路の建設ラッシュとなり、熱気に満ちあふれていました。そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、5年前と変わらず、個性豊かな住民たちが元気に暮らしています。

茶川は、ヒロミと結婚し、高校生になった淳之介と3人で仲良く生活していました。茶川商店の一角は改装され、ヒロミがおかみを務める居酒屋「新やまふじ」ができています。ヒロミは身重で、もうすぐ家族が一人増える様子。茶川は、「冒険少年ブック」の看板作家として、「銀河少年ミノル」の連載を続けていますが、新人小説家・緑沼アキラの「ヴィールス」に人気を奪われつつありました。編集者の富岡(大森南朋)から、「もっと新しい雰囲気で」と言われた茶川は、またまたスランプ気味……。

則文とトモエ、一平、六子が暮らす鈴木オートは、順調に事業を拡大。新たな従業員・ケンジ(染谷将太)も加わり、店構えも立派なものに変わりました。後輩を厳しく指導するまでに成長した六子は、毎朝おめかしをして出かけて行きます。それは、通勤途中の医者・菊池孝太郎(森山未來)を待ち伏せて、朝の挨拶をかわすためでした。ある日のこと、菊池の車を六子が修理したのをきっかけに、2人はデートすることに……。

そんな折、茶川が隠していた電報をヒロミが見つけてしまいます。そこには、茶川の父・林太郎(米倉斉加年)の危篤の知らせが書かれていました。小説家を目指すことを父に反対され、勘当されて以来、松本の実家に戻っていない茶川は帰省を渋りますが、ヒロミに説得されて父のもとへ。電報の送り主である叔母の奈津子(高畑淳子)は、茶川を歓迎するものの、林太郎は茶川を追いかえしてしまいます。やがて「銀河少年ミノル」の打ち切りが決まり、落ち込む茶川。ほどなくして、緑沼の意外な正体がわかり……。そんな茶川のもとに届いたのは、父の訃報。ヒロミを連れてお葬式に行った茶川は、奈津子から意外な事実を聞かされ……。

六子は菊池からバカンスに誘われます。キンに、菊池の悪い噂を聞かされた六子ですが、新宿の歓楽街で女性に囲まれる菊池の姿を目撃しても、まだ想いを断ち切れません。結局、仕事の休みをもらってバカンスへ出発しますが、二人で出かけるところを丸山(マギー)と吉田(温水洋一)に見られてしまいます。六子が女友達と旅行に行くと思っていた則文はイラつきながらも、内心は心配で心配でたまりません。翌日、菊池と六子が帰ってくるやいなや、菊池を殴り飛ばす則文。そのあまりの勢いに、則文をなだめにやって来たヒロミがお腹を押さえて倒れてしまい、菊池が診療をすることに。一平に呼ばれて飛んで来た宅間先生は、意外にも菊池と知り合いのようで……。

果たして、六子と菊池の恋の行方はどうなるのでしょう? 父親の思いを知った茶川の決意とは? そして、三丁目の人たちにはどんな未来が待っているのでしょうか?

 
プレスセンター

IDとパスワードが必要となります