Movie Movie

Return Page
ホーム > 映画 > ALWAYS 三丁目の夕日'64

LINE UP

ALWAYS 三丁目の夕日'64

公開終了

劇場一覧

イントロダクション

もう一度、三丁目のみんなに会いに来ませんか?

昭和39年──日本にオリンピックがやってきた!
三丁目のみんなは今日も元気です。

2005年11月に公開され、異例のロングランヒットを記録。日本アカデミー賞をはじめ、数多くの賞を獲得した「ALWAYS 三丁目の夕日」。その2年後には、続編を望む多くの声に応え、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(07)が公開。前作を上回る大ヒットとなり、日本中を感動の渦に巻き込みました。

あれから5年──。三丁目の住民たちが、「ALWAYS 三丁目の夕日’64」でもう一度スクリーンに帰ってきます! しかも、3D映画となって!

物語の舞台は前作のラストから約5年後の昭和39年、東京オリンピック開催の年です。戦後19年目にして見事な復興を遂げ、オリンピックの開催国となった日本は、高度経済成長の真っただ中にあり、活気にあふれていました。開会式の日、航空自衛隊のブルーインパルスがアクロバット飛行をすると、真っ青に晴れ渡った空に浮かび上がったのは、五輪マークの飛行機雲! その素晴らしい光景は人々の心を躍らせ、日本がもっともっと良くなっていくことを確信させました。

そんな昭和39年。夕日町三丁目では、以前と同じように人情味あふれるやり取りが繰り広げられています。もうすぐ家族が一人増える予定の茶川家、事業も快調で“日本一の会社にする”夢にまっしぐらの鈴木オート。三丁目の住民たちは、それぞれに賑やかな日常を過ごしていますが、中には人生の転機を迎える人もいて……。笑いあり、涙ありの心温まる物語が、オリンピックの熱気に包まれた三丁目の街でつづられていきます。

最先端のVFX技術で、記憶の中の“昭和”を完全再現。
シリーズ初の3D映像を体感してください。

原作は西岸良平氏による国民的コミック「三丁目の夕日」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載中)。単行本59巻分を含め、関連本の総発行部数が1800万部を超える大ベストセラーです。メガホンを取るのは、日本が誇るVFXの第一人者で、前2作を大ヒットに導いた山崎 貴監督。「アバター」と同じリアル3Dでの撮影を敢行し、人々の記憶にある時代、しかもたくさんの人が目にしているはずの光景を、3Dで再現するという難プロジェクトに挑みます。今回は、三丁目の街並みや大通り、そして東京タワーに加え、オリンピック開会式の飛行機雲のほか、当時開通したばかりの「東海道新幹線」も登場。これまでも「映画館で昭和の世界にタイムトラベルしていただくこと」をひとつのテーマとして製作されてきた「ALWAYS」シリーズですが、3D技術の革新により、今回ついに、より自然な形で、昭和39年の日本、そして夕日町三丁目を訪れる感覚を味わっていただくことが可能となります。

日本映画界を代表する演技派俳優たちが豪華共演。
壮大なスケールで贈る国民エンターテインメント!

おなじみの“三丁目の人々”を演じるのは、吉岡秀隆、堤 真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、そして薬師丸ひろ子ら豪華キャストたち。さらに森山未來、大森南朋など、個性豊かな新キャストも加わり、新たなキャラクターを演じます。そして、第1作で日本アカデミー賞を総ナメにしたスタッフが本作でも結集。シリーズ最高傑作を目指し、さらにスケールアップした“三丁目”ワールドを作りだしました。前作に引き続き、主題歌を担当するのはBUMP OF CHICKEN。切なく、やさしい歌声が、物語を彩ります。

劇場でかける3Dメガネは、昭和39年の夕日町三丁目へのご招待キップ。文字通り当時に“タイムトラベル”して、あの懐かしい町を訪れてください。そして、もう一度、三丁目の住民たちと一緒に、泣いて、笑ってみませんか。

 
プレスセンター

IDとパスワードが必要となります