Movie Movie

Return Page
ホーム > 映画 > SP 野望編

LINE UP

SP 野望編

公開終了

劇場一覧

プロフィール
井上 薫役岡田准一

1980年11月18日生まれ。大阪府出身。95年、「V6」のメンバーとして「MUSIC FOR THE PEOPLE」でデビュー。数々のヒット曲を生み出す一方、「学校へ行こう!」等のバラエティー番組などでも幅広く活躍する。俳優としては97年にドラマ「D×D」で初主演。TOKIOの長瀬智也と共演を果たし話題となる。そして02年、余命半年の草野球チームのリーダーを等身大に演じた「木更津キャッツアイ」がカルト的な人気を集め、後に『日本シリーズ』(03)、『ワールドシリーズ』(06)と2度映画化され大ヒットを記録。また、スタジオジブリのアニメ映画『ゲド戦記』(06)では、主人公の王子アレンの声を担当した。今、最も注目を受ける若手俳優として多くの実力派監督、脚本家より出演オファーを受ける。
主な作品はドラマ:「SP 警視庁警備部警護課第四係」「大化改新」「末っ子長男姉三人」「タイガー&ドラゴン」/映画:『東京タワー』『フライ,ダディ,フライ』(05)、『花よりもなほ』(06)、『陰日向に咲く』(08)、『おと・な・り』(09)がある。

尾形総一郎役堤 真一

1964年7月7日生まれ。兵庫県出身。舞台俳優としてデヴィッド・ルヴォー、野田秀樹、蜷川幸雄といった名演出家の作品や、劇団☆新感線の舞台など数多く舞台で着実な演技力を磨く。映画デビューは96年の『弾丸ランナー』。05年『ALWAYS 三丁目の夕日』では、弱小自動車修理工場の熱血社長を演じて主な映画賞の助演男優賞を総なめにするなど、日本を代表する演技派俳優として第一線で活躍を続ける。
最近の映画出演作は『フライ,ダディ,フライ』(05)、『舞妓Haaaan!!!』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』『魍魎の匣』(07)、『クライマーズ・ハイ』『容疑者Xの献身』(08)、『孤高のメス』(10)『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(10年12月公開予定)、『プリンセス トヨトミ』(11年公開予定)がある。

笹本絵里役真木よう子

1982年10月15日生まれ。千葉県出身。01年映画『DRUG』でデビュー。その後、数々の映画・舞台・ドラマに出演。『ベロニカは死ぬことにした』で映画初主演を飾り、続く『ゆれる』(06)では山路ふみ子映画賞新人女優賞に輝くなど評価を受ける。また12人の異なる監督・脚本家・共演者とのコラボによるオムニバスドラマ「週刊真木よう子」や、本年度の大河ドラマ「龍馬伝」では坂本龍馬の妻・お龍を演じ話題を集める。
映画出演作は『バトル・ロワイアルII鎮魂歌』(03)、『パッチギ!』『THE JUON/呪怨』『サマータイムマシン・ブルース』(05)、『鈍獣』(09)がある。

山本隆文役松尾 諭

1975年12月7日生まれ。兵庫県出身。ドラマ、映画等で活躍する。05年ドラマ「電車男」の個性的なキャラクターを演じ高い評価を得て、09年NHK大河ドラマ「天地人」にも出演を果たす。また『歌謡曲だよ、人生は』(07)の第2話では大工見習いの主人公に扮し特技のエアギターを披露した。
映画出演作は『亡国のイージス』(05)、『伝染歌』(07)、『イキガミ』(08)、『ホノカアボーイ』『のんちゃんのり弁』(09)がある。

石田光男役神尾 佑

1970年3月16日生まれ。福島県出身。94年「北区つかこうへい劇団」の第1期生となり数々の舞台を踏む。その後はドラマや映画に出演する一方、「ザ・ホワイトハウス」などの声優も手がける。07年の『黒帯 KURO-OBI』では得意の空手で迫力のアクションを見せた。
映画出演作は『バルトの楽園』(06)、『少林少女』(08)、『ハイキック・ガール!』(09)がある。

田中一郎役野間口 徹

1973年10月11日生まれ。福岡県出身。大学在学中の94年より演劇活動を始め、嶋村太一、竹井亮介と3人で99年にコントユニット「親族代表」を結成。近年はドラマや映画にも進出し、「サラリーマンNEO」のレギュラー出演で広く知られるようになる。
映画出演作は『容疑者 室井慎次』(05)、『それでもボクはやってない』(07)、『ゼロの焦点』(09)などがある。

麻田雄三役山本 圭

1940年7月1日生まれ。大阪府出身。叔父の山本薩夫監督作『乳房を抱く娘たち』(62) で映画デビュー。63年より俳優座に入団。66年の連続ドラマ「若者たち」の三郎役が好評を博し、同作の映画化3部作(68〜70)に出演。確かな存在感を放つバイプレーヤーとして定評がある。
主な映画出演作に『戦争と人間 第2部』(71)、『皇帝のいない八月』(78)、『鬼龍院花子の生涯』(82)、『春の雪』(05)、『アフタースクール』(08)などがある。

伊達國雄役香川照之

1965年12月7日生まれ。東京都出身。89年俳優デビュー。以後、数多くのドラマや映画に出演。国内外の受賞歴も数多く、多種様々な役柄を演じ分けられる実力派俳優として高い評価を受ける。
主な出演作はドラマ:「利家とまつ」「MR.BRAIN」「坂の上の雲」「龍馬伝」/映画:『独立少年合唱団』『鬼が来た!』(00)、『赤い月』(04)、『ゆれる』(06)、『キサラギ』(07)、『トウキョウソナタ』『20世紀少年』(08)、『劒岳 点の記』『カイジ 人生逆転ゲーム』(09)、『あしたのジョー』(11年2月公開予定)がある。

原案・脚本金城一紀

1968年生まれ。00年に発表した『GO』で第123回直木賞受賞、翌年には映画化され国内の映画賞を総なめにするなど大きな話題となる。07年、原案・脚本を手がけたドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」では斬新なストーリー展開、革新的なアクション描写により視聴者、製作関係者から絶大な評価を得る。映画脚本は『フライ,ダディ,フライ』に続き本作が2本目となる。

音楽菅野祐悟

1977年6月5日生まれ。在学中よりアーティストへの楽曲提供を始め、04年フジテレビドラマ「ラストクリスマス」で劇伴デビュー。繊細で美しいピアノや弦の旋律、テクノ、音響、オーケストレーションと、その創作の範囲は幅広い。テレビドラマでは「ガリレオ」「MR.BRAIN」「不毛地帯」「新参者」「ホタルノヒカリ2」、映画では『少林少女』『容疑者Xの献身』『アマルフィ 女神の報酬』『カイジ 人生逆転ゲーム』『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』などを手がける。

監督波多野貴文

1973年9月3日生まれ。熊本県出身。97年日本大学建築工学科卒業後、テレビドラマ制作の現場に演出助手として参加。数々のヒットドラマ、映画の制作現場でキャリアを積み重ね、05年ドラマ『逃亡者 木島丈一郎』(CX)で初監督。そして連続ドラマ『SP』(07年CX)の演出では深夜枠にもかかわらず高視聴率を記録。独特のアングルとスピード感あふれるカメラワークで高い評価を得る。映画初監督として『SP』2部作の大作を担う。
【テレビドラマ監督作品】
「逃亡者 木島丈一郎」(05年CX) 「SP」(07年CX) 「エジソンの母」(08年TBS)
「ブラッディ・マンデイ」(08年TBS) 「サマヨイザクラ」(09年CX)

toho-ipk.net

IDとパスワードが必要となります