個人情報保護について

個人情報保護ポリシー

2005年3月18日 制定
2015年6月10日 改定
2016年1月12日 改定
2017年5月30日 改定
2019年12月1日 改定
2021年4月1日 改定

東宝株式会社(以下「当社」といいます。)は、お客様、株主様、お取引先、採用応募者および従業員の個人情報を、次の方針の下で適正に取り扱います。

1. 関係法令などを遵守します
  • (1)当社は、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)その他の関係する法令および条例(個人情報保護委員会のガイドライン等を含みます。以下「法令等」といいます。)ならびに当社の社内規程、お取引先との契約などを遵守し、個人情報を適法かつ適正に取り扱います。
  • (2)将来における法律の制定もしくは改廃または日本国内外における社会慣行の変化等に応じて、適宜本保護ポリシーを改定します。
2. 個人情報は適正な方法で取得し、限られた目的にのみ利用します
  • (1)当社は、以下に掲げる目的の範囲内で個人情報を利用します。
    お客様の個人情報の利用目的
    映画・演劇のチケットその他商品のご購入の確認、お届け、アフターサービスのため。
    試写会等のイベントのご案内および実施のため。
    新作・新商品・新サービスのご案内のため。
    不動産の賃貸借、保守および維持管理等のため。
    建物・施設等の運営、防犯および安全確保等のため。
    登録制・会員制サービスへのご登録の確認およびその提供のため。
    電子メール配信サービスへのお申込みの確認およびその提供のため。
    各種商品・サービスに関するお問合せに回答するため。
    各種商品・サービスの分析、検討、改善および開発のため。
    その他各種商品・サービスに伴う業務を実施するため。
    株主様の個人情報の利用目的
    株主様の会社法等に基づく権利の行使および義務の履行のため。
    当社および当社グループの事業運営に関する情報を提供するため。
    株主優待等のサービスを提供するため。
    法令に基づく所定の基準によるデータの作成および統計処理等のため。
    その他株主様からのお問合せに回答するため。
     
    お取引先の個人情報の利用目的
    当社の主な事業活動(https://www.toho.co.jp/company/info/profile.html)を実施するため。
    主な事業活動に関連する事業活動を実施するため。
    日本国内外における新規事業もしくはM&A取引を検討し、または実施するため。
    採用応募者の個人情報の利用目的
    採用活動、選考および採用応募者への諸連絡等のため。
    従業員(退職者を含みます。)の個人情報の利用目的
    雇用管理(その家族および在籍出向・転籍を含みます。)に関する業務のため。
    給与等の支払いに関する業務のため。
    福利厚生等に関する業務のため。
    健康管理等に関する業務のため。
    退職後の諸手続のため。
    その他法令等上および業務上必要な諸手続および諸連絡等のため。
    上記①から⑤までに共通する個人情報の利用目的
    映画・演劇・不動産その他当社および当社グループの事業にかかる経営分析・市場調査等のため。
    個人を特定することができない形態に加工した統計データ(個人情報保護法第2条第9項の匿名加工情報にも該当しないもの)を作成し、分析等を行うため。
    企業の社会的責任(CSR)にかかる活動のため。
  • (2)上記に掲げられていない目的で個人情報を利用する場合は、別途その目的を公表し、またはご本人に通知するものとし、その目的の範囲内で当該個人情報を取り扱うものとします。
  • (3)上記(1)(2)の範囲を超えて個人情報を利用する場合は、あらかじめご本人の同意を得るものとします。ご本人は、当社が別途指定する方法により、いつでも同意を撤回することができます。ただし、ご本人による同意の撤回は、撤回前になされた個人情報の利用の適法性に影響を及ぼさないものとします。
3. 個人情報の安全管理を徹底します
  • (1)当社は、個人情報の紛失、き損、社外への不正な持出し、流出、改ざん等を防止するために社内規程等を整備し、安全管理のための必要かつ適切な措置を講じます。
  • (2)当社は、個人情報の安全管理のため、役員および従業員に対して、日頃から適切な監督を行うことはもとより、継続的に社内教育を実施します。
  • (3)当社は、社内への立入制限および情報セキュリティ施策等によって、個人情報の安全管理措置を講じ、もって漏えい等の防止に努めます。
  • (4)保有を継続する必要がなくなった個人情報は、個人データが記載された書類の適切な方法による廃棄または情報が記録された媒体から容易に復元できない方法による削除等により消去します。
4. 個人情報を提供する業務委託先を適切に監督します
  • 当社は、必要に応じて、個人情報の取扱いを伴う業務の全部または一部を第三者に委託する場合があります。
    この場合、当社は、当該第三者との間で個人情報の適切な取扱いに関する契約を締結したうえで、委託業務の遂行に必要と認められる範囲内で当該第三者に個人情報を提供します。また、提供後においても、適切な取扱いが行われるよう当該第三者を監督するものとします。
 
5. 個人情報を共同利用する場合があります
  • (1)当社は、上記2.記載の利用目的の範囲内で、氏名、性別、生年月日、住所、電話・FAX番号、Eメールアドレス、購入履歴および契約に関する情報、写真情報、アクセス情報等の個人データの項目を、当社を共同利用の管理責任者として、当社グループ(https://www.toho.co.jp/company/group/about.html)各社と共同で利用する場合があります。
  • (2)当社は、当社グループ各社以外に、共同事業体または業務提携先(映画の製作委員会などを含みますが、これに限定されません。)と共同で実施する事業において、個人情報を当該共同事業体または業務提携先と共同で利用する場合があります。この場合、あらかじめ共同利用する個人データの項目、利用目的、共同利用者の範囲、管理責任者を通知し、または容易に知り得る状況に置くほか、当社が管理責任者となったときは、本保護ポリシーの規定を準用して個人情報の安全管理に努めます。
6. 個人情報は原則として第三者には提供しません
  • 当社は、次に掲げる場合を除き、ご本人が特定され得る状態で個人情報を第三者に開示し、または提供しません。
    • 上記4.の業務委託先に提供する場合。
    • ご本人の同意がある場合。
    • 裁判所その他の公的機関から開示命令を受けた場合。
    • その他法令等で定められる場合。
7. 個人情報の正確性を確保するために
  • (1)当社は、個人情報を正確かつ最新の状態で管理するよう努めます。
  • (2)ご本人の個人情報の内容に変更があった場合は、必要に応じて所定の方法により変更手続をしていただきますようお願いいたします。
  • (3)ご本人による変更手続がなされなかったために当社からの連絡またはサービスの提供に支障が生じた場合は、当社は、一切その責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
8. 保有個人データの開示・訂正等などのお申し出にお応えします
  • (1)ご本人からご自身の保有個人データの開示を求められたときは、当社は、お申し出いただいた方がご本人であることを運転免許証等の本人確認書類により確認したうえで、お申し出に対応いたします。ただし、次のいずれかに該当する場合には、開示いたしません。
    • ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利を害するおそれがある場合。
    • 当社および当社グループ各社の業務に著しく支障を来たすおそれがある場合。
    • 法令に違反することとなる場合。
  • (2)ご本人の代理人(法定代理人または任意代理人)から、ご本人の保有個人データの開示を求められたときは、当社は、お申し出いただいた方について(1)と同様の方法により本人確認をさせていただき、その方がご本人の代理人として正当な権限を有することを委任状等の書類により確認したうえで、お申し出に対応いたします。
  • (3)ご本人またはその代理人から、ご本人の保有個人データの訂正・追加・削除(以下「訂正等」といいます。)または利用停止・消去(以下「利用停止等」といいます。)を求められたときも、(1)または(2)と同様の確認を行ったうえで、合理的な期間内に、法令等の定める範囲で当該保有個人データの訂正等または利用停止等を行うものとします。なお、これによりご本人のご要望に沿ったサービスを提供することができなくなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
9. お問合せ
  • (1)当社は、保有個人データの開示、訂正等、利用停止等のお申し出など個人情報の取扱いに関するお問合せを、トップページの「お問合せ」窓口にてお受けいたします。
  • (2)当社では、提供するサービスや販売する商品の種別ごとに、個別の規約や取扱方針(以下「規約等」といいます。)を定めております。以下、主なものをご紹介いたします。
    • ゴジラブランドサイト
    • 当社演劇部(演劇チケットのご購入)
    • シャンテカード(東京日比谷のショッピングモール「日比谷シャンテ」の会員カードご利用によるサービスのご提供)
  • また、当社グループ各社におきましても、お客様から取得する個人情報の利用目的により、別に規約等を制定している場合があります。お客様におかれましては、ご利用になるサービス等に応じて、これらの規約等の内容もご確認くださいますようお願いいたします。
  • (3)本保護ポリシーと規約等との間において、内容的に重複し、または齟齬のある部分については、規約等の規定が本保護ポリシーに優先して適用されるものとします。
10. その他
  • (1)本保護ポリシーは、日本語と英語の両言語で制定されます。日本語版と英語版との間に内容の不一致があるときは、日本語版の内容が優先するものとします。
  • (2)本保護ポリシーは日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。
  • (3)本保護ポリシー、規約等または本サイトに関する一切の紛争については、東京地方裁判所(本庁)を第一審の専属的合意管轄裁判所とし、当該裁判所においてこれを解決するものとします。

カリフォルニア州に在住の皆様へ

本個人情報保護ポリシーは、東宝株式会社(以下「当社」といいます。)とカリフォルニア州に居住する方(以下「お客様」または「消費者」といいます。)との間のすべての通信および取引に適用されます。当社は、2018年施行のカリフォルニア州消費者プライバシー法(以下「CCPA」といいます。)に準拠するために本個人情報保護ポリシーを作成しており、CCPAで定義された用語が本個人情報保護ポリシーで使われる場合には、同じ意味として扱っています。

当社が収集する個人情報
  • 当社は、直接的または間接的に特定の消費者、世帯もしくは端末を識別、関連、説明、参照または合理的に関係づけることが可能な情報(以下「個人情報」といいます。)を収集しています。なお、下記は個人情報に含まれません。
    • (1)政府によって公開されている情報
    • (2)匿名化または集計・統合された消費者情報
    • (3)下記のようなCCPAの適用範囲から除外されている情報
      • 1996年施行の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)、カリフォルニア医療情報秘匿法(CMIA)または臨床試験データの対象となる健康情報または医療情報。
      • 公正信用報告法(FCRA)、グラムリーチブライリー法(GLBA)、カリフォルニア財務情報プライバシー法(FIPA)または1994年施行の運転者のプライバシー保護法等の特定分野固有の個人情報保護法の対象となっている個人情報。
  • 当社は、過去12か月以内に、下記のうち「あり」と記載した種類の個人情報をお客様から収集しました。
  • 種類 収集の有無
    識別子 (a)本名、別名、住所、一意個人識別子、オンライン識別子、IPアドレスまたはその他の類似の識別子、メールアドレス あり
    (b)アカウント名、社会保障番号、運転免許証番号、パスポート番号 なし
    カリフォルニア州民法1798.80(e)に規定される個人情報

    名前、署名、社会保障番号、身体的特徴もしくは記述、住所、電話番号、パスポート番号、運転免許証番号または州の身分証明書番号、保険証券番号、教育、雇用、雇用履歴、銀行口座番号、クレジットカード番号、デビットカード番号もしくはその他の財務情報、医療情報または健康保険情報

    上記の個人情報は、他の種類の個人情報群と重複する場合があります。

    なし
    カリフォルニア州法または連邦法の下での保護された分類の特性 年齢(40歳以上)、人種、肌の色、祖先、出身国、市民権、宗教または信条、婚姻状況、病状、身体的または精神的障害、性別(ジェンダー、性同一性、性表現、妊娠または出産の有無などを含む)、性的指向、兵役経験または軍事的地位、遺伝情報(家族の遺伝情報を含む) なし
    商業的情報 個人の財産の記録、購入、取得もしくは検討した製品やサービス、またはその他の購入もしくは消費に関わる履歴とその傾向についての記録 なし
    バイオメトリック情報 遺伝情報、指紋やフェイスプリント、声紋、虹彩、網膜スキャン、キーストローク、歩き方などその他の物理的パターンおよび睡眠、健康、運動データなど識別子もしくは識別情報を抽出するために使用される遺伝的、生理学的、行動的、生物学的な特性または活動パターン情報 なし
    インターネットまたはその他の電子的なネットワーク活動の情報 閲覧履歴、検索履歴、消費者とWebサイト、アプリケーション、広告とのやり取りに関する情報 あり
    地理的位置データ 物理的な場所または動き あり
    感覚情報 音声、電子、視覚、温度、嗅覚または類似の情報 なし
    職業または雇用に関する情報 現在または過去の職歴または業績評価 なし
    家族教育権とプライバシー法(20 U.S.C. Section 1232g、34 C.F.R. Part 99))において、公に利用可能ではない個人識別情報として定義される教育上の情報 成績、成績証明書、クラスリスト、学生のスケジュール、ID、経済情報または懲戒記録など、教育機関またはその代理として機能する団体によって保持されている学生に直接関連する教育記録 なし
    他の個人情報から導き出された推論 趣向、特徴、心理的傾向、性質、行動、態度、知性、能力、および素質を反映する消費者についてのプロファイル情報 なし
  • 上記に分類された個人情報は、フォームや文書への記入、製品やサービスの利用・購入またはウェブサイトの閲覧を通して、消費者から直接収集しています。
個人情報の利用
  • 当社は、以下の目的で、収集した個人情報を使用または開示する場合があります。
    • お客様が情報を提供した目的を達成するため
      例えば、氏名と連絡先を記載しての見積依頼や当社の製品やサービスについての質問に対しては、その個人情報を使用して対応します。また、製品やサービスを利用・購入するために個人情報を提供された場合、当社はその情報を使用してサービスの提供や支払いの処理、配達を行います。また、新製品の注文や返品の処理を容易にするために、お客様の情報を保存する場合もあります。
    • Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用し、サイトに訪れたユーザー像を可視化し、ユーザー行動を把握するため
      当社はGoogleアナリティクスを利用しており、識別子、インターネットまたはその他の電子的なネットワーク活動の情報、地理的位置データの収集のためにクッキー(Cookie)を使用しております。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はクッキーを無効にすることで収集を拒否することができますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関しての詳細はGoogleアナリティクスサービス利用規約Googleポリシーと規約をご覧ください。
    • 法執行機関の要求に対応する場合または法律、裁判所命令もしくは政府の規制によって要求される場合
    • 個人情報を収集する際に通知するためまたはCCPAに記載されている目的のため
    • 合併、売却、リストラ、組織変更または解散を精査・実施するため。また、継続企業としてまたは破産、清算などの手続きの一環として、個人情報が含まれる一部またはすべての資産を売却・譲渡するため。
個人情報の共有
  • 当社は、事業のために、お客様の個人情報を第三者に開示する場合があります。ただし、その場合には、当該第三者との間で、利用目的、個人情報の機密保持及び個人情報の目的外使用の禁止を内容とする契約を締結します。
  • 当社は、お客様の個人情報を以下の者と共有します。
    • サービスプロバイダー
事業目的での個人情報の開示
  • 当社は、過去12か月間に、事業目的で下記の種類の個人情報を開示しました。
    • 種類A:識別子
    • 種類F:インターネットまたはその他の電子的なネットワーク活動の情報
    • 種類G:物理的な場所または動き
  • 当社は、事業目的でお客様の個人情報を以下の者に開示します。
    • サービスプロバイダー
個人情報の売却
  • 当社は、過去12か月間に、個人情報を売却していません。
お客様の権利と選択
  • CCPAは、消費者(カリフォルニア州の居住者)に、個人情報に関する特定の権利を保障しています。この章では、CCPAの権利及び権利を行使する方法について説明します。
開示要求権および開示要求に伴うデータポータビリティ権
  • お客様には、当社が過去12か月間に収集および使用したお客様の特定の個人情報の開示を要求する権利があります。当社は、検証可能な要求を受け取り、確認でき次第(「開示要求権、開示要求に伴うポータビリティ権、および削除権の行使」を参照)、以下を開示します。
    • 収集したお客様の個人情報の種類
    • 収集したお客様の個人情報の収集源の種類
    • その個人情報を収集または販売した際の当社の事業または商業目的
    • 当社がその個人情報を共有する第三者の種類
    • 事業目的でお客様の個人情報を販売または開示した場合、それぞれ次のリストを開示します。
      • 販売の場合:販売した個人情報の種類のリストを購入した団体の種類別に開示します。
      • 開示の場合:開示された個人情報の種類のリストを取得した団体の種類別に開示します。
削除権
  • お客様には、特定の例外を除き、当社がお客様から収集して保持した個人情報の削除を要求する権利があります。ご本人確認が可能な形でご連絡をいただき、確認でき次第(「開示要求権の行使、開示要求に伴うポータビリティ権、および削除権」を参照)、例外が適用されない限り、お客様の個人情報を記録から削除します(また、サービスプロバイダーに削除を指示します)。
    ただし、当社または当社のサービスプロバイダーが、以下の目的で情報を保持する必要がある場合は、当社はお客様の削除要求を拒否することがあります。
    • 取引の完了、お客様の要求した商品またはサービスの提供、お客様との取引の範囲内で合理的に予想される状況への対応、連邦法に準拠した書面による保証または製品のリコールへの対応、その他お客様との契約を履行する目的
    • セキュリティに関わる事象を検出し、悪意、欺瞞的、詐欺的または違法な活動から保護し、そのような活動の責任者を起訴する目的
    • 製品をデバッグして、所定の機能を損なうエラーを特定し、修復する目的
    • 言論の自由その他の権利を行使するためまたは他の消費者が言論の自由その他の権利を行使するのを保障するため
    • カリフォルニア電子通信プライバシー法(Cal. Penal Code§1546 et. seq.)に準拠するため
    • プライバシー法その他の法令及び倫理を遵守した公益目的の公的または査読済みの科学的、歴史的または統計的な研究に用いるため。ただし、お客様が情報提供をした際に同意が得られており、かつ、その個人情報の削除が上記研究の成果を著しく損なう可能性がある場合に限ります。
    • 当社との関係に基づいて、消費者の期待に合理的に一致すると考えられる範囲で内部利用するため
    • 法的義務を遵守するため
    • 消費者が個人情報を提供した際の背景と関連する範囲で、内部的かつ合法的に利用するため
開示要求権、開示要求に伴うデータポータビリティ権、および削除権の行使
  • 上記の開示要求権、開示要求に伴うデータポータビリティ権および削除権を行使するには、次のいずれかにご連絡ください。いずれも米国カリフォルニア州法人で当社グループの国際東宝株式会社がサービスプロバイダーとして窓口となります。
    • 電話:855-611-0426
    • メール:privacy@tohointl.com
    • 手紙:Toho International, Inc.
      Attn: Ms. Masako Takahashi
      2029 Century Park East, Suite 1140
      Los Angeles, California 90067
  • 上記の権利は、ご本人または法的に許可された代理人のみが行使できます。未成年の子供に代わって権利を行使することは可能です。メールまたは書面にてご本人確認が可能な形でご連絡いただくことで、代理人を指定することができます。
  • 開示要求または開示要求に伴うポータビリティ権について、ご本人確認のためのご連絡は、12か月以内に2回まで行うことができます。また、ご本人確認のご連絡については、次の条件を満たしている必要があります。
    • お客様が個人情報を収集した人物であることまたは権限のある代表者であることを合理的に確認できる次のような情報を提供していただくこと。
      • 氏名以外に住所、電話番号、電子メールアドレスなどお客様に関する2つの情報。
    • 権利の行使内容について、当社が適切に対応できるよう十分に詳細な情報をご説明ください。
  • お客様の身元または権利の有効性を確認できない場合や、個人情報がお客様に関連していることを確認できない場合には、お客様の要求に対応することはできません。
  • ご本人確認を行うために、当社サービスのアカウントを作成する必要はありません。
  • ご本人確認時に提供されたお客様の個人情報は、お客様の身元または権利の有効性を確認するためだけに利用します。
  • 販売オプトアウト権の行使手順については、下記「個人情報販売オプトアウトおよびオプトイン権」を参照してください。
応答のタイミングと形式
  • 当社は、要求の受領後45日以内に対応するよう努めています。それ以上の時間(最大追加で45日)が必要な場合は、理由と延長期間を書面でお知らせします。
  • 当社サービスのアカウントをお持ちの場合は、そのアカウント宛に回答します。アカウントをお持ちでない場合は、郵便または電子メールでお送りします。
  • 当社が提供する開示情報は、お客様のご本人確認ができ、要求があった時点から12ヶ月前までのものを対象としています。もし、当社がお客様の要求に応じることができない場合、その理由を回答の中でご説明させていただきます。開示要求に伴うポータビリティ権につきまして、当社は開示される情報をすぐに利用可能かつ持ち運び可能なものとするため、技術的に可能な範囲で、お客様がその情報を容易に第三者に移転できる形式を選択いたします。
  • 過度、反復的または明らかに根拠のないものでない限り、当社がお客様の要求を処理または応答する際に、料金を請求することはありません。料金の請求が必要であると判断した場合は、その決定を行った理由をお知らせし、要求の対応前に費用のお見積もりを提供します。
個人情報販売のオプトアウトおよびオプトイン権
  • 16歳以上のお客様には、いつでも個人情報を販売しないよう要求する法的権利(「オプトアウトする権利」)がありますが、このポリシーで前述したように、当社は個人情報を第三者に販売しないため、オプトアウトする法的権利は適用されません。
差別されない権利
  • CCPAの許可がない限り、当社は、お客様が前述の権利を行使したことを理由に、下記に掲げる差別行為をすることはございません。
    • 商品やサービスの提供・利用の拒否
    • 割引や特典の付与、罰則の適用など、商品やサービスにさまざまな価格や料金の違いを設ける行為
    • 商品やサービスのレベルまたは品質に違いを設ける行為
    • 商品やサービスにさまざまな価格や料金の違いを設ける可能性があることまたは商品やサービスのレベルや品質に違いを設ける可能性があることを申し出る行為
個人情報保護ポリシー変更時のお知らせ
  • 当社は、当社の裁量でいつでもこの個人情報保護ポリシーを修正する権利を留保します。変更の際には、更新された個人情報保護ポリシーを公表し、発効日を更新します。
連絡先
  • 本個人情報保護ポリシーに関するご質問もしくは本個人情報保護ポリシーに記載されている個人情報の収集、使用方法および利用における権利に関するご質問がある場合、またはカリフォルニア州法に基づく権利を行使する場合は、下記の連絡先までお問い合わせください。いずれも米国カリフォルニア州法人で当社グループの国際東宝株式会社がサービスプロバイダーとして窓口となります。
    • 電話:855-611-0426
    • メール:privacy@tohointl.com
    • 手紙:Toho International, Inc.
      Attn: Ms. Masako Takahashi
      2029 Century Park East, Suite 1140
      Los Angeles, California 90067

特定個人情報保護ポリシー

2016年1月12日制定

2018年6月6日改定

東宝株式会社(以下「東宝」とします。)は、お取引先、株主様および従業員等(以下総称して「お取引先等」とします。)から取得する特定個人情報(マイナンバーをその内容に含む個人情報をいいます。以下「特定個人情報」とします。)に関して、以下の方針の下で適正に取り扱います。

1. 関係法令・ガイドラインなどを遵守します
  • 東宝は、特定個人情報の取扱いに際し、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」その他関係する法令、関係省庁のガイドライン等(以下総称して「関係法令等」とします。)および東宝が定める社内規程を遵守し、適正に特定個人情報を取り扱います。
2. マイナンバーは限られた利用目的にのみ取得し、利用します
  • (1)東宝は、次に掲げる利用目的の範囲に限り、お取引先等に関する特定個人情報の取得・利用・提供を行います。
    お取引先および株主様:
    報酬、料金、契約金および賞金等の支払調書作成事務
    不動産の使用料等の支払調書作成事務
    不動産等の譲受けの対価の支払調書作成事務
    不動産の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書作成事務
    配当、剰余金の分配及び基金利息の支払調書作成事務
    その他、関係法令等に定められる個人番号関係事務の実施
    従業員等およびその扶養家族:
    税務署に提出する源泉徴収票の作成事務
    健康保険、年金などの社会保障分野における各種手続き
    その他、関係法令等に定められる個人番号関係事務の実施
  • (2)上記に掲げる利用目的以外でお取引先等にマイナンバーの提供を求めません。
3. 特定個人情報の安全管理を徹底します
  • (1)東宝は、特定個人情報の紛失、き損、社外への不正な持出し、流出、改ざん等を防止するために社内規程等を整備し、安全管理のための必要かつ適切な組織的安全管理措置を講じます。
  • (2)東宝は、特定個人情報の安全管理のため、役員および従業員に対して、日頃から適切な監督を行うことはもとより、継続的に社内教育および訓練を実施します。
  • (3)東宝は、社内への立入制限および情報セキュリティ施策等によって、特定個人情報の物理的・技術的安全管理措置を講じ、もって漏えい等の防止に努めます。
  • (4)東宝は、関係法令等の規定に則り、お取引先等のマイナンバーを保管し、廃棄します。
4. お問合せ
  • 東宝は、特定個人情報の取扱いに関するお取引先等からのお問合せ(開示、訂正、利用停止または削除の要請を含みます。)を、トップページの「お問合せ」窓口にてお受けします。
5. その他
  • (1)特定個人情報の取扱いに関し、本保護ポリシーと個人情報保護ポリシーとの間で、内容的に重複し、または齟齬のある部分については、本保護ポリシーの規定が優先するものとします。
  • (2)特定個人情報の取扱いに関し、本保護ポリシーに定めのない事項については、個人情報保護ポリシーの定めに従うものとします。
  • (3)東宝は、お取引先に対する特定個人情報の取得等にかかる事務を株式会社オートマティゴに委託しています。
    https://www.automatigo.co.jp/