Movie Movie

Return Page

平野&橋本は誘導したい!!
映画さながらに繰り広げられる頭脳戦!
「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」公開直前イベント

2019年08月26日

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」公開直前イベント

<左から、平野紫耀さん、橋本環奈さん>


映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の公開を控え8月26日、東京・東銀座の時事通信ホールにて公開直前イベントを開催! 主演の平野紫耀さんとヒロイン役の橋本環奈さんが69組138名の男女を前に、彼らを誘導すべく頭脳戦を展開! 勝負は意外な結果に...? こちらのイベントの模様をレポートいたします。


MC:何か会場がアットホームな感じで良いですね。

平野さん:
そうですね。何か気が落ち着いていますね。

MC:「気が落ち着いている」...? 「気」というのは空気?

平野さん:
いや、僕自身が、落ち着いています。

MC:平野さんの気持ちですか(笑)?

平野さん:
自分自身です(笑)。すごく(お客さんとの距離が)近いですよね。

MC:それではご挨拶をお願いいたします。

平野紫耀さん(白銀御行役)

短い時間になると思いますが、素敵な時間になれば良いなと思います。よろしくお願いいたします。
橋本環奈さん(四宮かぐや役)

今日は男女ペアのお客さまということで、普段とは違う感じがします。舞台挨拶にはないラフな感じで楽しみにしております。皆さんも最後まで楽しんでいってください。

MC:本作では相手から告らせるために、頭脳を駆使して相手を誘導しようとしますが、お二人は取材時や撮影時に、互いに「こんな行動を誘導された」という経験はありますか?

平野さん:
誘導かぁ...? (皆さんは)まだ映画は観ていないんですよね? 観ましたか? これからですよね? じゃあやめよ(笑)。

橋本さん:
やめます(笑)?

平野さん:
「石上どうした?」っていうセリフがあるんですが、それを言うたびに(橋本さんが)絶対に笑うんですよ。

橋本さん:
あれは言い方がちょっと...(笑)。

平野さん:
(橋本さんが)笑っているので、僕はわけがわからず、つられて笑っちゃって、NGを出すという笑いの誘導はありましたね。

橋本さん:
いや、笑っちゃいますよね。全体を通して笑いのシーンが多くて、生徒会室のシーンは平野くんもそうですが、佐野(勇斗)くんとか(浅川)梨奈とか、四人の関係性の影響もあって笑っちゃうことはたくさんありました。でも、このセリフは、全然段取りと本番が違っていて...。段取りは「石上、どうした?」って軽い感じで言っていたんですが、本番だけ(平野さんの真似をして)「石上どした?」みたいな感じで言うんですよ(笑)。全然盛っているわけじゃないんですよ。「これは本当に本編でも使われているのかな?」と思っていたら本当に使われていました。「どした?」って言っているんですよ!

平野さん:
いや、言っていないですよ。

橋本さん:
言ってます!

平野さん:
俳優さんや女優さんって、僕からしたら憧れなんですよ。本番の雰囲気で、相手が違うことをしたら芝居を変えるみたいな...そういうのに憧れて、本番では違うことをしてみました(笑)。「石上どしたー?」って。僕が悪いんですけどね。本番で「あ、女優さんでも笑うんだな」って思いました。

橋本さん:
笑ってはダメだったんだろうなって思います。本番の緊張感って特殊な空気なので、「笑っちゃいけない」と思えば思うほど笑っちゃうんですよね。

MC:逆に橋本さんは平野さんに誘導されたことは?

橋本さん:
難しいですね...。取材でもそうですが、撮影中とかも基本的に、奇想天外な、人と違う反応をするんです。リアクションで飛び跳ねたりするんですよね。いきなりというか、びっくりすることに弱いんですかね?

平野さん:
弱い!

橋本さん:
いきなりびっくりするんですよ。いきなりびっくりしている平野くんにこっちも驚いちゃうんですよ。そういうのは結構ありましたね。

MC:平野さんは、驚いちゃう自覚は?

平野さん:
自覚は...あります、あります、あります! お化けとか嫌なんですよ。いや、扉からシレッと現れてくれれば、お化け自体は大丈夫なんですよ。でも、突如現れるじゃないですか? お化け屋敷とか脅かそうとしてくるので...。あれはダメなんですよね。それから、街角が苦手です。ビルとかで急に人と鉢合わせるのが苦手ですね。あれは百発百中で尻もちをつきますね。飛んじゃいますね。怖くて...。

橋本さん:
撮影現場じゃなくて良いなら、まだ放送はされていないんですが、「モニタリング」(「ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」TBS系列で放送)で学校でのドッキリをしたんです。撮影していて平野さんの反応にびっくりしちゃいました。「人ってこんなに驚くんだ?」「人ってこんなに座ったところから飛べるんだ?」って思いました。身体能力の化け物なんで、消えるんですよ、目の前から。

平野さん:
走り高跳びとか、バーの手前で驚かされたらいけそうですね。たぶん、跳べますね(笑)。

MC:本日は、映画同様、誘導にトライしていただきます。題して「かぐや様は誘導したい。真夏の夜の誘導合戦」です。果たして誘導力に優れているのはどちらなのか? 平野さんは「誘導力」に自信がありますか?

平野さん:
好きですねぇ。

橋本さん:
好き? 誘導が好きってあまり聞いたことない(笑)。

平野さん:
あれ? 好きとかそういうことではない? プライベートでは誘導することはないですが、やってみますね。

橋本さん:
私は得意ではないですかね...? 難しいだろうなと思います。

一つ目のゲームは「かぐや様は近づけたい」
69組138名のお客さんにテーマに沿った質問を3回して、目指すべき人数に、なるべく近づけていくゲーム。お客さんはトータライザーを持っているので、質問に対して「そうだ」と思った方にはボタンを押します。


【テーマ:「夏休み」/目指すべき人数:100名】

平野さん:
結構多い!

橋本さん:
何人いるんですっけ? 138人! なるほど...これって、「年齢層」とか、「どういう関係性のペア」とか知った方が良いかなと思いますが、聞かない方が良いですか?

MC:「様々な関係性」ということでお願いします。

平野さん:
カップルとか関係なしに人々に聞く感覚ですね。100人か...。僕からですよね? はい。 いきますね「この夏、蚊に刺された人?」いや、相当多いと思うけれど...。

MC:なぜこの質問に?

平野さん:
夏と言えば「蚊」しか出てこなかったです。僕は先日、くるぶしを初めて刺されました。

橋本さん:
結構みんな刺されているんじゃないかと思うので、100を超える気がしますけどね。

Q:この夏、蚊に刺された人【結果:112人】

平野さん:
めっちゃ近いじゃん! いい線ですよね。これ、良いな。まあまあの人が刺されているってことですね。結構、みんな、刺されていますね。

MC:では続いて橋本さんです。100人を目指す質問をお願いします。

橋本さん:
えー難しい! 100って難しいですね、意外に。では、作品の中でも花火のシーンが出てくるんですが「この夏、花火を見た人?」夏祭りに行って見たとかだけでなく、マンションの中から見た人でも良いですし、この夏、ふと花火を見た人。

平野さん:
手持ち花火はいいんですか?

橋本さん:
それもアリです。

MC:TVはいかがですか?

橋本さん:
TVかぁ...。

平野さん:
TVはなしじゃないですか?

橋本さん:
中継とかやっていますもんね。じゃあTVはなしで...いやアリでいきましょう。今年、花火を目で見た人!

平野さん:
いや、これメッチャ多いでしょ? ニュースとかでも花火大会の様子とかやっているし。

橋本さん:
そっか。多すぎたかな?

Q:今年、花火を目で見た人【結果:115人】

平野さん:
おぉっ! 惜しい!

橋本さん:
惜しい!

MC:勝者は平野紫耀!

平野さん:
意外といい戦いでしたね、三人違い!

橋本さん:
惜しかったですね。

MC:ということで、今のは練習で、次が本番です! 

【テーマ:「告白」/目指すべき人数:1名】

平野さん:
えー? 1? この中で一人だけ? オンリーワンってことですよね?

橋本さん:
ほぼ「ありえない」ってことを言った方が良いですよね。これはないだろうな、でも一人だけはいるかもしれないっていう...。

平野さん:
これって、僕が十数人で、橋本さんが0人だった場合は、0の方が近いじゃないですか? その場合は?

MC:それは0合わせになってしまうので...。

平野さん:
0はダメってことですね。

MC:では平野さんからお願いします!

平野さん:
はい、分かりました。じゃあ「ずっと前からあなたのことがトゥキ(好き)でした」とか告白のタイミングで噛んじゃった人? これいるでしょ?

橋本さん:
これは「した側」ですよね? されて噛まれた側じゃなく?

平野さん:
これは、告白された人も含めていいんですか?

MC:もちろんです。平野さんが質問を設定して大丈夫です。

平野さん:
でも、告白する側だと男が多くなっちゃいますよね...? じゃあ「告白する時に思わず噛んでしまった人」。それでお願いします!

橋本さん:
いるかな?

平野さん:
いそうでいないかな?

MC:平野さん、自信はありますか?

平野さん:
5人くらい?

橋本さん:
まあそれくらいはいるかな? どうなんだろうな、難しいですよね。ひとケタくらいはいると思います

Q:告白する時に思わず噛んでしまった人【結果:5人】

平野さん:
これ、僕合わせでやっていますか(笑)? 噛んだ人、誰ですか? いらっしゃいます?

橋本さん:
手を挙げさせないで! 言える人いますか?

平野さん:
さすがに言えないですよね? でも、いるってことですよね。結構近づいていますよね? 

MC:平野さんは噛まずに告白できますか?

平野さん:
僕は中学生の頃に噛んだことがあります。僕がさっき例えでやったのはノンフィクションです。「あなたのことがトゥキだから」とCMのようにやってしまいました(笑)。同じ仲間が「もしかして全国にもいるかも?」って願いも込めて聞いてみました。仲間がほしかったんですよ、寂しくて。いましたねぇ。(噛んだ人に向かって)あとで連絡先を教えてください。嬉しいです!

MC:続いて橋本さんの質問です。

橋本さん:
「今年、プロポーズされた人?」

平野さん:
いいね! ちょっと僕のパロディみたいなね。

橋本さん:
パロディみたいでした(笑)?

平野さん:
あ、プロポーズって結婚か? いいね。

橋本さん:
「好き」って言われるならもうちょっといるかもですが、プロポーズとなると「もしかしたら」かなって思ったんですよね。でも今年...? いやここ二年。2018年の始まりから2019年の今現在まで、「この一年半くらいでプロポーズされた人!」いてほしいな。

平野さん:
二年かぁ...。

橋本さん:
ここ一年半ですね。

MC:四人以下なら橋本さんの勝利です!

Q:この一年半くらいでプロポーズされた人【結果:7人】

平野さん:
すげぇ!

橋本さん:
え? 一瞬「一人」かと思ったよ(笑)。七人? じゃあ、今年で言うと? もう一回やっていいですか?

MC:では今年、プロポーズされた人、スイッチオン!

橋本さん:
幸せになってほしいですね。

Q:今年プロポーズされた人【結果:3人】

橋本さん:
うわ、そっかぁ、今年だけで良かったんだ。みんな幸せですね。そんなに幸せが溢れていたんだ。すごい! そんなにいるとは思っていなかったです。

MC:勝敗を越えて幸せな気持ちになりましたね。

橋本さん:
本当にそう! なんか嬉しくなりました。結果オーライです。

MC:勝負は5対7で平野さんの勝利です! 続いての勝負はこちらです!

二つ目のゲームは「かぐや様は映画館に行かせたい」 30秒でハートの風船を銃で割り、中に仕込まれたワードを相手に使わせて、映画のアピールをするゲーム。ただし、赤い風船は映画に関するワードが入っていますが白い風船には映画とは関係ない面白ワードが入っています。

MC:平野さんから意気込みをお願いします。

平野さん:
意気込みですか? どんなワードが入っているのか分からないので...でも、これを聞いたら「映画を観に行きたいな」と思ってもらえるように撃ちまくりたいと思います!

気合十分で挑んだ平野さんですが、風船がなかなか割れません。しかも1本のダーツが太ももに跳ね返り、思わずしゃがみこんでしまいました。

【平野さんの結果:赤い風船1つ。白い風船3つ。】

平野さん:
うわあ、難しい。意外と割れなかったですね。でもちょうどいいワード数があるんじゃないかと思います。

橋本さん:
さっき試し打ちをしたんですが、ほぼ割れないんですよ(笑)。まずは割りたいです。とにかくワードを出したいなと思います。

MC:平野さんも意外と割れなかったですね。

平野さん:
全然割れなかったです。

MC:しかも1本、跳ね返ってきて太ももに当たりましたが、大丈夫ですか?

平野さん:
全然大丈夫です!

橋本さん:
(的に近づきながら)これくらいの距離で良いですか? 

平野さん:
え? 近づいて良いの?

MC:かぐや様ですからね。

平野さん:
逆らえないですよね(笑)。

橋本さんも風船の射撃に挑戦するも、なかなか割れない。なぜか平野さんが橋本さんの銃の装弾を手伝い始めます。見事なコンビネーションで白い風船を次々と割っていきました。

【橋本さんの結果:白い風船4つ。】

平野さん:
なんで、僕は協力しているんですか?

橋本さん:
ありがとうございます。

平野さん:
全部白い風船じゃん! 僕、協力しているのに!

橋本さん:
ありがとうございました(笑)。近づいて撃てば良かったんですね!

それぞれが映画のPRに使うワードが判明!
平野:「十二単」「ASAP」「わかりみが深い」「やばみざわ」
橋本:「大ヒット原作」「佐藤二朗」「チル」「BFF」


平野さん:
「じゅうにたん」って何ですか? 

橋本さん:
それは、「じゅうにひとえ」です!

平野さん:
「じゅうにひとえ」? 着物ですよね。次が「ASAP」? 3枚目が「わかりみが深い」。急に現代っ子の言葉ですね。4枚目が「やばみざわ」です。

橋本さん:
まず「大ヒット原作」! メチャメチャ使いやすいですね。次が「佐藤二朗」。二朗さんの名前は、出演者なので赤い風船で良いんじゃないかと(笑)。次は「チル」? これ分かんないです。 

平野さん:
タイ料理とかのやつ? チリ? チルって何ですか?

MC:「まったり」とか「のんびり」みたいな意味ですね。

平野さん:
あ、そうだ「公園でチルる?」みたいな?

橋本さん:
なるほど。

MC:ちなみに「ASAP」は「As soon as possible」の略で「できるだけ早く」です。

平野さん:
あ、絶対に分かんないわ! 「できるだけ早く」? アズ・スーン・アズ・ポッチブル?

橋本さん:
次も分かんないですけど「BFF」?

平野さん:
BFF? ビーフファースト?

橋本さん:
ビーフファースト? ボーイフレンド? 

MC:惜しいですね。「ベスト・フレンド...」。

橋本さん:
ベスト・フレンド・フレンド?

平野さん:
友達二人おった(笑)。

MC:ベスト・フレンド・フォーエヴァー「永遠の親友」ですね。

橋本さん:
難しい! この全部のワードを交えて言うってことですよね?

MC:では平野さん、いきましょう!

平野さん:
うわ、これどう使えばいいんだろう?  改めましてこんにちは。白銀御行役を演じました平野と申します。よろしくお願いいたします。今回、コミックの原作ということもあり、漫画調も含まれているんですが、そこにCGっていうのも入っていまして、その中で「十二単」がオープニングの方に出てくるんですけれど、これが本当に「やばみざわ」。コスプレと言うんですかね、かぐや様が「十二単」を着て出てくるんですが、心にグサッとくるというか「わかりみが深い」んですよね。"恋愛頭脳戦"ということで終盤にかけてポンポンとストーリーが進んでいくんです。観終わった方がSNSなどで拡散だったりをしてくださるので、なるべく早く観てほしいな「ASAP」してほしいなと思います。

MC:ありがとうございました。がんばりましたね。

平野さん:
「わかりみが深い」ってどういう意味なんですか? 「分かっているよ」ってこと? 意味が分からないまま使っちゃいました。

MC:「共感できる」といった意味ですね。「十二単」のCGが「やばみざわ」ってスムーズでしたね?

橋本さん:
スムーズでした? でしたかね...?

MC:続いて橋本さん、お願いします。

橋本さん:
はい、この映画「かぐや様は告らせたい」は、もともと「大ヒット原作」が主軸で、原作の中でもとっても人気のエピソードが入っていて、全編を通して「佐藤二朗」さんのナレーション付きなので、すごく面白いんですよね。佐藤さんが白銀とかぐやの気持ちを延々とナレーションでしゃべっていて。さらに、田沼教授としても出演されています。この作品、コメディ満載なので、誰とでも観に来られます。ゆったりまったりと映画で「チルれる」感じで、「チルる」気持ちで観られるので、ぜひとも「BFF」の人と映画館に観に行ってほしいなと思います。劇場でご覧ください。

MC:ありがとうございました。

平野さん:
ホント、「わかりみが深い」ですね。

橋本さん:
「チルる」むずかしいな。映画って「チルり」ながら観ることないじゃないですか(笑)?

MC:最後にお二人から締めのご挨拶をお願いいたします!

橋本さん:
今日のイベントは、いつもと違ってゲーム感覚ですごく楽しかったです。この作品は誰と観ても楽しめる映画だと思います。出てくる人たちはキャラクター性の強い人ばかりです。私はもともと原作が大好きなんですが、原作の人気のエピソードがたくさん詰まっています。思わず笑っちゃうシーンとか、会長とかぐやの距離感だったり、応援したくなるような恋になっているかなと思いますのでぜひ劇場でご覧ください。

平野さん:
今日は短い時間でしたが集まってくださった皆さん、ありがとうございました。スタッフの皆さん、キャスト一同みんなで頑張って作った作品なのでぜひ観ていただきたいです。「恋愛頭脳戦」ということで、固い映画なのかな? と思う人がいるかもしれませんが、本当にチルるくらいの気持ちで、リラックスして観ていただければと思います。笑い、感動、もちろんキュンとかキュンとかキュンも詰まっていますので、キュンが欠けている人、欠けていない人も観ていただければと思います。今日はありがとうございました。

東宝website