Movie Movie

Return Page

長澤まさみ、劇場版第二弾製作を発表!「ウソじゃないよ」
「コンフィデンスマンJP」大ヒット御礼舞台挨拶

2019年06月06日

「コンフィデンスマンJP」大ヒット御礼舞台挨拶

<左から、小手伸也さん、小日向文世さん、長澤まさみさん、東出昌大さん、田中亮監督>


コンフィデンスマン(信用詐欺師)の華麗なる活躍を描く、脚本家・古沢良太さんによるオリジナルのテレビドラマ「コンフィデンスマンJP」が、映画となり「ロマンス編」として5月17日より全国で公開となりました。
そして映画の興行ランキングで初登場一位、翌週も一位をキープする大ヒットとなり、6月6日にはTOHO シネマズ 日比谷にて大ヒット御礼の舞台挨拶を行いました。主人公ダー子を演じた長澤まさみさんはスケジュールの都合で欠席と発表され、東出昌大さん、小日向文世さん、小手伸也さん、そして田中亮監督の四名で登壇。男性陣でワイワイとトークで盛り上げました。しかし実は長澤さんは急遽登壇することとなり、登壇者の皆さんに対してビデオレター、次に生電話という仕掛けで、ダー子の「サプライズ来場作戦」を決行し、見事に成功しました。そして、長澤さんは「子猫ちゃん=作品ファンでありダー子の協力者」に向けて、劇場版第二弾の製作が決定したことを発表しました。今回のこの発表も「ウソじゃないよ」とのこと。サプライズづくしとなった、こちらのイベントの様子を詳しくレポートします。


■東出さんが、イベントに参加できなかった長澤さんの等身大パネルを抱えて登壇し、ステージの中央に置きました。

東出昌大さん(ボクちゃん役)

今日の僕は、奇しくもボクちゃんが着ている衣装と同じブランドの服を着ているので、若干ボクちゃん風です。いきなりこんな話をしてしまいましたが、今日は皆さんよろしくお願いします。
小日向文世さん(リチャード役)

皆さんのおかげで大ヒットしました。本当にありがとうございます。リピーターの方もいらっしゃると思いますけれど、ぜひお友だちにも宣伝してください。そして今日はゆっくり楽しんでいってください。
小手伸也さん(五十嵐役)

じゃあ、いつものやつやりましょうか。いいですか?「いたのか?」

会場の皆さん:
五十嵐ー!

小手さん:
ありがとうございます。二度観ても何度観ても楽しい作品です。ぜひリピーターの方は新たな子猫ちゃんを増やしてください。

田中 亮監督

公開から三週間ほど経ちまして、たくさんの皆さまに観ていただき、応援してもらい、とても嬉しく思っています。

MC:上映前ですのでいつものようにネタバレトークはNGでお願いします。

東出さん:
最初に、この(長澤さんのパネル)話をしておきましょう!

MC:そうなんです。本日は長澤さんが欠席ということで、こういうこともあるのですね。

小日向さん:
本当に忙しいみたいですね!

小手さん:
僕は、長澤さんにちょっと言いたいことがあったんです。

東出さん:
(パネルを示して)長澤さんがいると思って、話してよ!

小手さん:
映画の番宣でバラエティ番組などに出たのですが、長澤さんから「僕の距離感が近過ぎて気持ち悪い」とコメントをもらいまして(笑)。

小日向さん&東出さん:
ああ。

小手さん:
それがネットニュースでブワーッと拡散して、ガチでお叱りのツイートも見ました(と苦笑い)。

田中監督:
ああ! だから今日(長澤さんは)来ていないんですね(笑)。

小手さん:
それを言い出したら本当にまずい!

小日向さん:
本当に近かったらしいね。

小手さん:
いやいや、その顔! もう(小日向さんは)芝居が上手いんだから...!

MC: 今日はですね、長澤さんからビデオメッセージをいただいておりますのでご覧ください。

長澤まさみさんのビデオメッセージ

皆さま、本日はお越しいただき誠にありがとうございます。皆さまのおかげで映画「コンフィデンスマンJP」は大ヒットすることができました。ありがとうございます。そして、すみません。今日は会場にお伺いしたかったのですが、残念ながら、どうしても抜けられない撮影がありまして、お伺いすることができません。皆さんに直接お礼が言いたかったのですが...すみません! 会場にはボクちゃん、リチャード、五十嵐がお伺いしていますので、みんなしっかり、私の分まで会場の皆さんにお礼をお願いしますね。長澤まさみでした。ばいばーい!

MC:長澤さん、ありがとうございました。

東出さん:
では、映画の撮影期間中のエピソード、ありますか? まったく進行台本にないことを聞いています(笑)!

小手さん:
何を言い出すのかと思ったら!

小日向さん:
また話すの? 小手くんの汗っかきの話は?

小手さん:
なんですか、それは。

小日向さん:
その汗っかきなところが色っぽい!

小手さん:
香港は暑かったので、五十嵐の衣装は汗染みが目立たない紺色のワイシャツでした......これネタバレか?

東出さん&小日向さん:
大丈夫!

東出さん:
今回の映画は、新しいメンバーが加わって、織田梨沙ちゃんが演じるモナコが出るんです。今日、映画を初めてご覧になる方はいますか? ありがとうございます。

小日向さん:
あ、結構観てる!

小手さん:
二回目以上の方は? 

一同:
おお!!

小手さん:
半分ぐらいいらっしゃる。

東出さん:
織田梨沙ちゃんはシンデレラガールなんですね。

田中監督:
そうですね。

小手さん:
おやおや、何だい?

東出さん:
シンデレラおじさん(吹き出して笑う)...ちょっと黙っていてください!

田中監督:
シンデレラおじさんって、おかしいですからね。シンデレラはガールであるはずなんです。

東出さん:
すごいオーディションだったんですよね?

田中監督:
すごい数の方に来ていただいて、織田梨沙ちゃんも何回も(選考に)残って、次(の選考)を受けてもらっていました。いろいろなところを掘り下げて、「彼女しかいない!」と思いました。本当に僕としては五十嵐よりもモナコに羽ばたいてほしいです。

MC:モナコ役の織田梨沙さんのお芝居に注目していただきたいですね。本日は、大ヒット御礼のイベントですので、どれぐらい大ヒットしているのか発表いたします。公開から21日目にして観客動員数150万人、興行収入は19億円を突破しました! (会場:拍手)

東出さん&小手さん:
150万人!

小日向さん:
今は十億円を超えたらヒットと言われているからね。もうすぐ二十億でしょう。これからまだまだ伸びそうですね。

MC:リピーターの方もいらっしゃるのでどんどん伸びていくのではないでしょうか。

小手さん:
そうなんですか! 「ゴッドファーザー編」で(江口洋介さん演じる)赤星がダマされた額ぐらいはいけますかね。

小日向さん:
いきたいよね。

東出さん:
あれはいくらでしたっけ?

田中監督:
スーツケース二十個なので二十億円ですね。

小日向さん:
もちろん大ヒットしているということは、きっと"何か"あるんですよね?

東出さん:
どうかなー。

MC:そこはお客様次第かと思います

小手さん:
大ヒットしているということは「ご祝儀」的なものがもらえるんですかね?

田中監督:
ギャラをたくさんいただいているじゃないですか!

小手さん:
そんなことない! (と必死で否定)

MC:興行ランキングでは二週連続の一位となりました。何か周りの反応はありましたか?

東出さん:
買い物の帰りに街を歩いていたら、自転車に乗った中学生の女の子から「今日、観てきました」と声をかけられました。初日にですよ! 「ありがとう」と返事して。...それだけです(笑)。

小日向さん:
僕も行きつけの居酒屋の大将の娘さん。まだ小学一年生ぐらいなんですけれど、ファンレターをもらいました。「リチャード大好き」って。(小手さんに)ごめんね! 五十嵐(笑)!

小手さん:
自分が出演していないお芝居を客として観に行ったら、若い子たちが、ぶわーって集まってきて「(映画を)観ました。写真お願いします」って。

東出さん:
距離感は大丈夫でしたか?

小手さん:
距離感、大丈夫だと思います。

小日向さん:
ちょっとー!

小手さん:
(その舞台の)出演者でもないのに人だかりができちゃいました!

小日向さん:
いよっ! 芸能人!

小手さん:
うははっは! 「五十嵐、大好き」って言ってくださって、嬉しかったです。

東出さん:
芸名を五十嵐に変えるのいつでしたっけ?

小手さん:
そうなると「五十嵐役の五十嵐」って分かりにくいでしょう。

MC:お話の途中ですみませんが、今お電話がかかって来ているそうです。

長澤さん、生電話でイベントに飛び入り参加!

一同:
え、誰からだろう?

小手さん:
ジャッキー・チェンですか?

長澤さん:
(電話の音声をマイクに通して)もしもし~! 長澤まさみです!

東出さん:
もしもし。ダー子?

小日向さん:
ちょっとー! なんでこっちにいないの?

長澤さん:
(笑)だから、仕事です! 別の作品の撮影現場にいます。

小日向さん:
本当は焼肉屋にいるんじゃないの(笑)?

長澤さん:
どうして焼肉屋なんですか(笑)!

小手さん:
長澤さん、肉を焼くのが好きだから。

長澤さん:
(笑)ま、好きだけれど(笑)。

MC:長澤さん、撮影中なのに電話大丈夫なんですか?

長澤さん:
そうなんです。でも、今休憩なので、電話してみました!

小日向さん:
どこで撮影しているの? 都内? だったらこっちに来ちゃいなよ!

小手さん:
扮装もあるでしょうしね。

東出さん:
お元気ですか?

長澤さん:
よく聞こえないので、一人ずつ話してもらえますか(笑)?

東出さん:
確かに(笑)。それじゃあ、一問一答にしましょうか。

長澤さん、会場前方の扉から来場!(会場:歓声!)(そしてカメラマンの撮影で登壇者が気づく)

小手さん:
ウソ! 何それー。

小日向さん:
何だよ。マジでダマされたよ~。(と天を仰ぐ)

東出さん:
本当に撮影だと思ったよ!

長澤まさみさん(ダー子役)

すみません! 遅れました。(等身大パネルの)ダー子ちゃんありがとう。これ(等身大パネル)はぽ~いっ! (とスタッフに渡す)
小日向さん:
最初から、マジ?

長澤さん:
本当に来られなかったんですけれど、急遽来られるようになったので。だったら、みんなを「ダマそう」って! うふふ。

田中監督:
本当にビックリした!

長澤さん:
少しだけ裏で声を聞いていました。そしたらまた小手さんが自分の自慢話していました。

小日向さん:
でしょう! 囲まれたとか、ね。

長澤さん:
ね!

小手さん:
自慢話じゃ...。

長澤さん:
いいのですよ、いいのですよ! しっかし、その衣装どんだけ着ているんですか!

MC:このサプライズが本気過ぎて、私も今、新しい台本を手渡されました。

東出さん:
本当に知らなかったのですか?

MC:知らなかったです!

小手さん:
(来場されて)嬉しい!

長澤さん:
ありがとうございます。

MC:では、新しい台本に沿って進行します。長澤さんから何か発表があるそうです。

長澤さん:
そうそう、言わなきゃいけないことがあって来たんです。

小日向さん:
まさか! 結婚するんじゃないよね!? (とボケる)(会場:笑)

小手さん:
マジで! 満を持してその情報!

東出さん:
それってここで言うべきことかな(笑)?

長澤さん:
(笑)では発表します。なんと「コンフィデンスマンJP」劇場版第二弾の製作が決定しました!(会場:大きな拍手!)

一同:
(驚いて動きが固まり、一呼吸置いて)おお!

小日向さん:
えー!

長澤さん:
まあ、良いじゃないの!

小日向さん:
すごく太っ腹だ、フジテレビ!

MC:大ヒットですからね。

小日向さん:
ああ、すごい!

小手さん:
(本作の脚本家の)古沢良太さん、大変だぁ!

東出さん:
(小手さんに)まだ当分、その衣装を着ますね。

小手さん:
年間でお世話になりますね。

MC:長澤さん、第二弾の製作を告げられた時のお気持ちはいかがでしょう。

長澤さん:
この作品に満足してくれた方がたくさんいるんだなと実感していたので、とっても嬉しかったです。ですので、頑張ってまたみんなで撮影したいと思います。

MC:今日はサプライズづくしですけど、東出さん今のお気持ちは?

東出さん:
スケジュール、どうなっているんだろう(笑)。まずは、そこ。どこでやるんですか? (監督に)シナリオの中身知っていますか?

田中監督:
(口ごもりながら)そこは、まだ作っている最中です。

東出さん:
五十嵐(小手さん)は出ないんでしたっけ? (会場:笑)

田中監督:
(微笑む)五十嵐って誰...。

小手さん:
(絶妙なイジリに)いい加減にしろ! 僕のことをそうやって。(監督に)出してください!

長澤さん:
何役で?(会場:笑)

小手さん:
え、何役って、五十嵐でしょう! (会場:笑)

東出さん:
小日向さんは?

小日向さん:
初日の舞台挨拶で「ヒットすれば続編も」といった話をしたので、現実になってすごく嬉しいです。これっきりでお終いかなと思っていたのに、また! このメンバーで会える。嬉しい!

長澤さん:
小手さんは?

小手さん:
僕も嬉しいですよ! 最近どこに行っても「五十嵐が潜入している」と言われるんです。

長澤さん:
嫌なの?

小手さん:
嫌ではない。末永くこのキャラクターと生きていきたいと思っていたので本領発揮をしたいと思います。

MC:監督によると「準備中」とのことですけど、次にしたい扮装はありますか?

長澤さん:
うーん(としばらく考えて)男装はまだしていないですよね。ボクちゃんも「女装してみたい」って言っていましたよね?

東出さん:
だいぶ(身長が)でっかいですけれど、女装してみたいですね。五十嵐と。

小手さん:
僕の女装結構イケると思いますよ。

小日向さん:
それは嫌だな。見たくないなぁ~。

小日向さん:
僕はね、宇宙人の役! といっても見た目は人間のままで、こうやって(手を動かして)物を浮かせるのとかしてみたい(笑)。

東出さん:
それを詐欺で!

小日向さん:
うん、詐欺で!

田中監督:
それは「コンフィデンスマンJP」ではなく別の作品でなさればいいと思います!(笑)

MC:東出さんは?

東出さん:
女装かな。

小日向さん:
ずーっと言っているよね。

小手さん:
僕も女装したいです!

小日向さん:
嫌だなー。

小手さん:
いつか見たくなるかもしれないですよ! すぐ再現します!

長澤さん:
どういう感じかちょっとやってみせて!

小手さん:
無茶ぶりもいいところです。いきますよ。(身体をくねらせてポージング)

小日向さん:
(声のトーンをあげて)可愛い! 小手くんは意外とまつげが長くて可愛いんですよ。

長澤さん:
うーん。

小手さん:
(顔を手で覆い、目だけを見せて)ほら、こうすれば大丈夫でしょう?

小手さん以外の一同:
うーん。

小手さん:
無理して肯定しなくていいです! (めげずに、小日向さんに顔を近づけていく)

MC:最後にダー子役の長澤さんからご挨拶をいただきたいと思います。

長澤さん:
本当に今日はありがとうございます。たくさんの方に楽しんでいただけてとっても嬉しいです。まさか「コンフィデンスマンJP」が映画の興行ランキングで一位になるなんて。驚きと、ここにいるコンフィデンスマンのみんなでここまで頑張ってきた思いが実った感じがしました。本当に嬉しかったです。このような作品に出会える機会も、それほど多くはないと思います。この出会いを大切にして、また皆さんに満足してもらえる作品が作れるよう"2"も頑張っていきたいなと思います。"ウソ"じゃないよ。本日はありがとうございました。

東宝website