Movie Movie

Return Page

ライアン・レイノルズ「愛情とリスペクトを込めた映画です」
「名探偵ピカチュウ」ワールドプレミア

2019年04月25日

「名探偵ピカチュウ」ワールドプレミア

<左から、ロブ・レターマン監督、飯豊まりえさん、キャスリン・ニュートンさん、ライアン・レイノルズさん、
ジャスティス・スミスさん、竹内涼真さん、渡辺謙さん>


日本で誕生し世界中で絶大な人気を誇る「ポケモン」をハリウッドが実写映画化する「名探偵ピカチュウ」(原題 Pokémon Detective Pikachu)は5月3日より日本先行で公開となります。主人公の青年ティムと名探偵ピカチュウはライムシティで、ティムの父親ハリーの事件を追ううちに、新米の事件記者ルーシーと出会います。果たして彼らが追う"事件の謎"とは?
本作が完成し、誕生の地である日本でのワールドプレミアを4月25日、東京・新宿にて開催しました。主演のライアン・レイノルズさん、ジャスティス・スミスさん、キャスリン・ニュートンさん、それにロブ・レターマン監督が来日し、イベント当日は渡辺謙さん、竹内涼真さん、飯豊まりえさんとともに、ピカチュウの尻尾を模した全長50メートルの"稲妻イエローカーペット"に登場し、沿道からの大歓声を浴びました。トークタイムは各自見どころやおすすめを語りました。こちらのイベントの様子をレポートします。


ゲストはリムジンで"稲妻イエローカーペット"に登場。最初に主演のライアン・レイノルズさんが降り立ちました。

"稲妻イエローカーペット"では、ファングリーティング、それに各国マスコミからの取材が行われました。

大歓声の中、ゲストの皆さんが特設会場に到着。

ライアン・レイノルズさん(名探偵ピカチュウ役)

ハロー! 皆さんこうしてお会いできて嬉しいです!(会場:大歓声) このように長いイエローカーペットですので、ブレイクダンスを披露できれば良かったのですが...僕はブレイクダンスが踊れません(笑)。東京に来られて嬉しいですし、本作を東京でお見せできることをとても光栄に思います。ポケモンの文化に対して、多くの愛情とリスペクトを込めて作り上げた映画です。みんなの努力の結晶ですので、ぜひぜひ楽しんでいただければと思います。そして、素晴らしい歓迎にも、感謝いたします。(ピカチュウの声で)ピカピカ!(会場:歓声)
ジャスティス・スミスさん(名探偵ピカチュウの相棒・ティム役)

(日本語で)ニホンニ コレテ、ウレシイデ~ス!(会場:大歓声)
実は、両親は日本で出会い、結婚しました。ですので、僕にとっても日本は特別な地です。それに、僕はポケモンの大ファンなので、その誕生の地に来られたことを嬉しく思っています。
竹内涼真さん(名探偵ピカチュウの相棒・ティム役の日本語吹替担当/ポケモントレーナー役)

(レイノルズさんたちに向かって)Hello everyone! Come on! Welcome to Tokyo!!...これだけしか(英語は)しゃべれないので、(英語は)もうやめておきます(笑)。「名探偵ピカチュウ」という大きなプロジェクトに参加できて、本当に嬉しく思います。ポケモンは日本で本当に愛されていますが、この作品はファンの期待を裏切らない最高の映画になりました。早く皆さんにご覧いただきたいです!
キャスリン・ニュートンさん(ルーシー役)

(日本語で)ミンナ、ミテネッ!
皆さん、こんにちは。映画を観てぜひ楽しんでもらいたいです。
飯豊まりえさん(ルーシー役日本語吹替担当)

素敵なキャストの皆さんと、このような場所に一緒に立ててすごく嬉しく思っています。一人のポケモンファンとして、ピカチュウが人間の言葉を話すことに衝撃を受けました。この映画は、感動するし泣けるし笑えるので、たくさんの方に観てもらいたいです。
渡辺 謙さん(ヨシダ警部補役)

(来場者に向かって)来てくれてありがとうございます。(会場:大歓声)ポケモン発祥の地、日本から映画を発信できることを嬉しく思っています。劇場で泣いたり笑ったりビックリしてほしいです。
ロブ・レターマン監督

この新宿は特別な場所ですので、この場に立てて嬉しく思っています。というのも、劇中のライムシティは、新宿にインスピレーションを受けてデザインした都市です。ですから、皆さんが今立っているこの場所は、映画にとって大切な場所で、ワールドプレミアを実施できたことは私にとって感慨深いです。

MC:この「名探偵ピカチュウ」ワールドプレミアの"稲妻イエローカーペット"の感想と、劇中のおすすめシーンや見どころについてお話しください。

レイノルズさん:
ワォ! 本当に素晴らしかったよ! (稲妻イエローカーペットが)僕の高校の卒業式にも同じものがあれば良かったのになと思いました。見どころは、最先端のテクノロジーを駆使したところですね。皆さんのよく知るポケモンが、手を伸ばせば触れられるかのようにリアルで、実際にこの世界にいるかのように描かれているのが素晴らしいです。

スミスさん:
"稲妻イエローカーペット"を歩きながら素敵な方々とお会いすることができました。僕は日本語が話せないので、何を話しているのかは分からなかったけれど、良いことを言ってくれたのだと思っています。皆さんのことが大好きなので、すごく嬉しいです。そして、カーペットの稲妻のデザインも素晴らしかったです。僕のお気に入りは、ポケモンとのシーンはもちろん、キャスリンや渡辺謙さんたちと実際に役者として演技ができたこともすごく良かったです。

レイノルズさん:
ワォ。

スミスさん:
それからポケモンの一人のファンとして、小さい頃からの夢と自分の仕事が一つになって、本当に夢のような時間でした。

竹内さん:
僕はこういうカーペットを歩くのが初めてで、それが"稲妻イエローカーペット"ですごく感動しました。僕も日本の方にいろいろと声をかけていただいたのですが、何を言われたのか覚えていないです。(会場:笑) すごく良いことを言ってくれているんだと思います。そして僕にとって、ポケモンの実写化は小さい頃からの夢で、アフレコをしながら感動していました。ライアンやジャスティスのお芝居が素晴らしかったので、日本語で声をあてるのはすごく難しかったのですが、字幕版でも日本語吹替版でも観た方がすごく楽しめる作品になっていると思います。楽しみにしていてください。

スミスさん:
僕は絶対に日本語版も観るよ!

竹内さん:
ありがとう!

ニュートンさん:
夢が叶いました。この場に来られて嬉しく思っています。ポケモン初の実写映画に関われてとても嬉しく思っています。それにこのイエローカーペットでファンのみんなに直接会えて嬉しかったです! 私のお気に入りは、コダック(英語名 Psyduck)よ!

飯豊さん:
私は、これまで世界規模のワールドプレミアに参加したこともなかったですし、貴重な時間になりました。実際にライアンさん、ジャスティスさん、キャスリンさんとこうしてお会いできたことも夢のようです。こうして皆さんにお会いできるのを光栄に思っています。それにポケモンも大好きです。初の吹き替えに挑戦でしたが、キャスリンさんのお芝居が繊細で、それに寄り添っていくのが楽しかったです。なかなか経験できないことですので喜びを噛みしめていました。
見どころは、ゲームに出てくるポケモンのタイプも忠実に実写化されていて、"実際にいたらこうなっているだろうな"というリアルな描かれ方をしているところです。大満足でした! ポケモンファンの皆さんにはたまらないと思います。


渡辺さん:
日本で黄色は"注意をして進め"という意味のある色です。今日は結構長いイエローカーペットでしたが、コケずに済みました(笑)。お気に入りは、僕のパートナー(ポケモン)のブルー(英語名 Snubbull )。すごくキュートなパートナーなので、パートナーにしてもらえて嬉しかったですし、家にいてほしいなと思っています。

海外キャストの皆さん:
(驚きの表情で)ワーオ! (渡辺さんは笑顔を見せる)

MC:ちなみに、渡辺さんは日本語の吹き替えはご自身でされたのですか?

渡辺さん:
はい、自分でやりました。

レターマン監督:
"稲妻イエローカーペット"は完璧でした! この色以外でしたら、これほどの感動はなかったと思います。皆さんに温かく迎えてもらえて嬉しかったです。ありがとうございます。思えば、この映画の企画が始まった二年前も、株式会社ポケモンの皆さんや原作者の方々にとても温かく迎えていただきました。夢が一つの形となって現実となりました。この作品は、ポケモンファンの皆さんや、ポケモンを愛してくれる方へのラブレターだと思っています。

フォトセッションでは、スミスさんが自撮りをしたりと、和気あいあいとした雰囲気。

東宝website