Movie Movie

Return Page

竹内涼真✕浜辺美波がキュートなダンスを生披露!
「センセイ君主」大ヒット公開後イベント

2018年08月08日

「センセイ君主」大ヒット公開後イベント

<左から、竹内涼真さん、浜辺美波さん>

イケメンで頭脳明晰(めいせき)だけど冷徹でヒネクレ者の高校教師と、ちょっぴりおバカだけど、恋に恋するパワフルヒロインが繰り広げる、ちょっぴり"禁断の恋"をハイテンションでコミカルに描く"ポップアップラブコメディ"「センセイ君主」の公開後イベントが8月8日に原宿クエストホールで行われました。
今回のイベントには、TWICEが歌う主題歌「I WANT YOU BACK」に合わせてダンス動画を投稿する「ダンスキャンペーン」の優秀賞を獲得したおよそ150名(24グループ)のダンサーたちを招待。この日は台風13号が関東地方に接近中というあいにくの空模様でしたが、それでも会場内はものすごい熱気に包まれました。大盛り上がりとなった当日の模様をリポートします。

竹内涼真さん(高校教師・弘光由貴役)

こんにちは! (会場「こんにちは!」)。今日は台風なのに...聞いたら佐賀から来た人もいるらしく、ありがとうございます。いいですね。台風だけど楽しいですね。「センセイ君主」は"ニッポンの恋を明るくする"というテーマでやっております。今回、台風ですけれど、この原宿から日本中を盛り上げられるイベントにしましょう! (会場大歓声) 短い時間ですが、今日はよろしくお願いします。
浜辺美波さん(佐丸あゆは役)

台風の中、お集まりいただいてありがとうございます。たくさんイベントをやってきたんですが、今までで一番の悲鳴と盛り上がりじゃないでしょうか。

竹内さん:
確かに(笑)。(会場大歓声) 今日は親御さんもいるんですよね(奥からも歓声が)。(手でハートマークを作りながら)お母さんもあっちでハートをやっていたからね(笑)。すごいですね。

浜辺さん:
いいですね。このパワーを感じて、私たちもパワー全開で頑張りたいと思います。



MC:「センセイ君主」が公開されてから一週間くらい経ちましたが、今の時点で早くも30万人を突破するという大ヒットです。

浜辺さん:
ありがとうございます。

竹内さん:
早く観てもらいたかったですしね。

浜辺さん:
そうですね。

竹内さん:
もう出過ぎというくらい、二人で番宣もしたもんね。でも、こうやって皆さんのもとに「センセイ君主」が届いて、こうやって盛り上がってくれて僕らとしては嬉しいですね。

浜辺さん:
嬉しいですね。私も毎日のようにエゴサーチしていますけれど(会場笑い)、いい反応してくれますよね。

竹内さん:
僕もしているよ。(会場笑い) 

浜辺さん:
映画もたくさん観てくれているというのは感じています。毎日嬉しいです。

竹内さん:
(会場に)泣いちゃった人? (手をあげる人たちを見て)おお、意外といるんだね。

MC:すでに周りの人たちでも観ている人はいるのではないかと思いますが、反響は聞こえてきましたか?

竹内さん:
お母さんが、昨日二回目を観に行ったらしいですよ。一人で。(会場の「おお!」という声に)ありがたいですね。

浜辺さん:
私のお母さんも二回観てくれました。

竹内さん:
母親の世代にも響いています。

MC:どんな感想を言っていますか?

竹内さん:
泣いたそうです。(会場からは感心したような「へえ!」という声) 試写会に一番初めに来てくれて、そのあと一緒にご飯を食べに行きましたが、目が腫れていました。だから面白いなと思って。

浜辺さん:
そうですね。私も祖母が観てくれて、面白かったと言ってくれました。「竹内涼真、素敵やったね」と。

竹内さん:
ありがとう(笑)。(会場歓声) 

MC:幅広い世代に響いていると。嬉しいですね。ちなみにお二人は相当キャンペーン、プロモーション活動をやってきたわけですが。

竹内さん:
皆さん観ましたか? バラエティー(会場「観た!」)。

MC:相当出ていましたよね、お二人は。


竹内さん:
相当出ましたね。飽きられてしまうのではないかと思って、途中は心配でしたけれど(笑)。

MC:いえいえ。でもお二人が日々会っている中で、僕だけが知っている「浜辺美波」、私だけが知っている「竹内涼真」という姿にも気づいたのではないですか?

竹内さん:
そうですね。結構バラエティーでも話していますが、最初は目も合わなかったんですよね。

浜辺さん:
そうですね。

竹内さん:
(会場に)皆さん知っていますか? 目も合わなかったです、この二人。すごいでしょ。でもいろいろ撮影したり、番宣していく中で仲良くなっていきました。

浜辺さん:
竹内さんの秘密、私は知っています。さっき考えたら、あるなと思いました。竹内さんは苦手なものが本当になさそうですよね。トマトは苦手だけれど、でも他にもっと苦手なものを見つけました。

竹内さん:
何でしょう?

浜辺さん:
竹内さんは長い打ち合わせが苦手なのです。(竹内さん含め、会場全員が笑い) 長い打ち合わせになると、2、3分過ぎた辺りから飽きた風な感じを出してきて、真面目に聞いていますが肩を回したりするんです。「飽きたのかな、この人」と少し感じたことがありました。

竹内さん:
これは深刻な問題なのですが、ずっと座っていられないのです。長時間じっとしているのが苦手で。すごくじっとしていなきゃいけない役とかはできないかなと思っています。

浜辺さん:
そんなにですか?

竹内さん:
高校の時もずっと落ち着きがなかったから、それが出てしまっているのかな。

浜辺さん:
座っているのが苦手なだけで、打ち合わせが苦手なわけではないんでしょうか。

竹内さん:
苦手ではないです。ずっと同じ体勢でいるのが苦手です。

浜辺さん:
これからそう思ってみます。

竹内さん:
アカデミー賞の時もずっと動いていたでしょ。(会場笑い) 無理なのです。

MC:浜辺さん、ちゃんと見抜いていましたね。

竹内さん:
美波ちゃんの秘密は何だろうな...。

浜辺さん:
難しいですよね。

竹内さん:
「キミスイ」(「君の膵臓をたべたい」)のイメージだったり、いろいろとバラエティーに出ているイメージもありますが...テンションが高いです。でもそれは秘密ではないですし...何だろう。

浜辺さん:
言える範囲のものというのが難しいですね。

竹内さん:
そうですね。言えないこともありますから。(会場笑い) (思いついた様子で)あ、美波ちゃんのまつげは僕の第一関節くらいまであります。ものすごく長い。それは自分の...? 

浜辺さん:
地まつげではあります。

竹内さん:
自然に生産されたものでしょ。(会場笑い) 

浜辺さん:
そうですね。自然のものですね。

竹内さん:
それはなかなか知らないのではないですかね。

浜辺さん:
ありがとうございます。いい秘密を言っていただいて(笑)。

MC:さて、いろいろと宣伝をやってきた中で、いろんな面白い宣伝があったと思いますが、今回の「センセイ君主」で思い出になっているプロモーションやイベントはありましたか?

竹内さん:
美波ちゃんはいなかったのですが、僕はフラッシュモブですね。(会場も「あぁ」と納得の声)

浜辺さん:
ネットニュースで見ました。

竹内さん:
あれには、本当にビックリしました。少し泣きそうになりましたね。サプライズは嬉しいなと思いました。(事前に)本当に知らないと、ああいうリアクションになるのだなと思いました。

MC:また友情が素晴らしいなと思いました。

竹内さん:
大樹くんですか? 佐藤大樹はいいヤツですよ。最高です、大好きです。美波ちゃんはどう?

浜辺さん:
やっぱりTWICEさんとのダンス、ミュージックビデオ撮影です。あの衝撃、最初に参考DVDをもらって、私はあまり人にLINEはしないのですが、川栄さんと佐藤さんと竹内さんに、「これ皆さん本当に踊るんですか?」と確認を入れました。

竹内さん:
すごく不安になっていたよね。

浜辺さん:
はい。「誰か止めてくれ」と思い送りました(笑)。

竹内さん:
僕たちは本当にダンスをやったことがなかったので、ちゃんと覚えられるのかどうかすら分からなかったんです。そしてTWICEさんのダンスの先生が厳しくて...。美波ちゃんもビシビシ言われていました。

浜辺さん:
言われましたね。韓国語だから分からなかったけれど。

竹内さん:
韓国語が分からなかったから、気持ちが折れずに頑張れたのかもしれません。

浜辺さん:
強い気持ちで頑張れましたが、恐らく相当言われていたと思います(笑)。

竹内さん:
それくらい、彼女たちのミュージックビデオにかけるストイックさというのがすごいですよね。その彼女たちとやれたというのは誇りに思います。

浜辺さん:
そうですね。すごい思い出になりましたね。

MC:ありがとうございました。今日ここに集まってくださっている皆さんはもうご存じかと思いますが、この映画の公式サイトでダンスキャンペーンというのをやっております。ここにいるのは選ばれし優秀なダンサーの皆さんです。(会場拍手)

竹内さん:
観たぞ! (会場歓声) 観た瞬間からもう僕たちを超えているなと...。最初は悔しい気持ちもありましたが、皆さんの個性が本当に素晴らしかったです。可愛い格好をしているし、よく頑張ってくれたと思います。ありがとうございます。

MC:ここで今日は最優秀ダンサーを発表します。

竹内さん:
さあ誰でしょうか。

MC:皆さん緊張していますか? (会場「はい!」)

竹内さん:
(先生のように)ちょっと全員の顔を見させてください。美波ちゃん、どこにいるか分かった?

浜辺さん:
ああ、確かに。

竹内さん:
(歩き回りながら、一人一人の顔を確認しながら、納得したように)はいはいはい、分かりました。

MC:ここから「センセイ君主」公式ダンサーの任命をお二人からしていただきます。

騒然となる会場内

MC:では竹内涼真さんからお願いします。

竹内さん:
僕もドキドキしてきた。今回の「センセイ君主」ダンスキャンペーンの最優秀賞はこちらの皆さんです。

スクリーンに最優秀賞を獲得したチームのダンス映像が映し出される。受賞者は悲鳴をあげて大喜び。

竹内さん:
皆さんすごかったです。皆さんすごかったのですが、DWICEのみなさんおめでとう。

MC:最優秀ダンサーはDWICE(ドゥワイス)の皆さんです。(会場拍手) 皆さんステージにあがってください。おめでとうございます。総勢13名来てくださいました。主演の竹内涼真さんから代表の方に賞状の贈呈をお願いします。

竹内さん:
(賞状を手に持ち)賞状! 最優秀賞。DWICE殿、あなた方はこの度、映画「センセイ君主」主催のダンスキャンペーンに応募され、優秀な成績を収められたので、「センセイ君主」公式ダンサーとなったことをここに証明いたします。平成30年8月8日。「センセイ君主」竹内涼真(浜辺さんも横から「浜辺美波」と付け加える)。イエーイ。おめでとう! (会場拍手)

浜辺さん、たすきをかけてあげる。

MC:竹内さん、浜辺さん。DWICEのメンバーの踊りを見て、どんなところが決め手でしたか?

竹内さん:
本当に皆さん素晴らしくて。どうしようかなと思った時に、このコスチュームを見ました。弘光先生も、あゆはもみんないたのです。制服もちゃんと作ってくれました。それで TWICEの皆さんもいて、弘光もいるでしょ。でもね、弘光先生はこんなにダンスは上手くないから(会場笑い)。もう少し硬いです。そこのこだわりというかダンスが、僕らのミュージックビデオにより近いと思いました。

浜辺さん:
フォーメーションですね。

竹内さん:
そう、フォーメーション。そこは完璧でしたので。DWICEの皆さんに最優秀賞をあげたいと思いました。(会場拍手)。

MC:皆さん笑顔でファッションも素敵でしたね。


浜辺さん:
本当に素敵でした。私はアオちん(の衣装を着たメンバー)のサイズ感が似ているなと思いました。それがすごく可愛らしくて、選ばせていただきました。

MC:ありがとうございました。今日は素晴らしいダンサーの皆さんが全国から来てくださっているので、ここの全員で「I WANT YOU BACK」を踊って「センセイ君主」最後のイベントを締めくくりたいと思います。最後のダンスなんで皆さん思いっきり踊って盛り上げてください! それでは参りましょう!

竹内さん:
うわぁ、緊張してきた!

MC:それではいきます、ミュージックスタート!


音楽が鳴り始め、竹内さん、浜辺さん、そして参加者全員でダンス。そしてダンスを踊り終えたみんなは大歓声!

MC:皆さんありがとうございます! チームワークもバッチリで、素晴らしいダンスをありがとうございました。ではダンスを終えた二人から、来てくださった人たちに、そして映画を楽しみにしてくださる方にメッセージをお願いします。

浜辺さん:
さっきギリギリまで練習していたかいがあって、良かったです。本当に楽しく踊れました。最後のイベントになるのですが、一番楽しいイベントになった気がして本当に嬉しいです。これからも「センセイ君主」よろしくお願いします! 

竹内さん:
今年で一番緊張しました(笑)。本当に台風の中で集まっていただき嬉しいです。「センセイ君主」で皆さんが盛り上がってくれているので僕自身、この作品に関わって良かったなと思います。皆さん最高です! (会場拍手と大歓声) こうやって皆さんと一緒に踊れたことを一生の宝物にします。ありがとうございます。せっかく遠いところから来てくれた方もいらっしゃるので、皆さんが帰る時にお見送りでハイタッチします。

会場悲鳴のような大歓声が起こり、いつまでも鳴り止みません。そんな中、竹内さんと浜辺さんは一人一人とハイタッチ。中には竹内さんから頭ポンポンとしてもらった人もいるなど、最後まで大盛り上がりとなりました。


東宝website