Movie Movie

Return Page

芦田愛菜、川栄李奈、中川翔子、三人に
野沢雅子「お世辞抜きでうまい!」
「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」公開アフレコイベント

2018年06月22日

「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」公開アフレコイベント

<左から、中川翔子さん、川栄李奈さん、ピカチュウ、芦田愛菜さん、野沢雅子さん>


昨年に大ヒットを記録した「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」から始まったサトシとピカチュウの新しい冒険を描き出した「劇場版ポケットモンスター」。第21作「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」は、人々が風と共に暮らす街・フウラシティを舞台に、年齢も性別もバラバラな五人の新しい仲間たちと冒険を繰り広げる壮大な物語となっています。そして6月22日には都内スタジオで公開アフレコイベントが行われ、ゲスト声優を務める芦田愛菜さん、川栄李奈さん、野沢雅子さん、中川翔子さんが来場。世代や芸歴を超えたポケ女たちが勢ぞろいしました。そんな大盛り上がりとなった当日の模様をリポートします。



芦田愛菜さん(謎の少女、ラルゴ役)

小さい時からすごく身近だった「ポケモン」の世界に参加することができて、今日は嬉しく思っています。
川栄李奈さん(「ポケモン」初心者の女子高生、リサ役)

この「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」を早速観たのですが、めちゃくちゃ感動しました。早く皆さんに観ていただきたいなと思っております。
野沢雅子さん(「ポケモン」を毛嫌いする変わり者のお婆さん、ヒスイ役)

ヒスイっていい名前だなと思って、「美女なのかな?」と思ったら、おばあちゃんでした(笑)。でも、とてもかわいらしいおばあちゃんです。最初は怖い人かな、意地悪なのかなと思っていたのですが、映画を観ていただければ、「なんていいおばあちゃんだろう」と分かっていただけると思います。ぜひぜひ、一人でも多くの人に観ていただきたいですね。このお話にはいろんな教えがあって、分かりやすいですよね。私としてはすごくおすすめです。ぜひ三世代で観てください。おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんと、お子さんという感じでね。お願いします。
中川翔子さん(リサの弟、リク役)

なんと今年で12年連続、「ポケモン映画」にゲスト声優で出演できることになりました。12年前、心の中に生まれたエア子どもが思春期を迎えてしまう事態になりました。とてもしあわせです。今、野沢雅子さんの発せられた声で空間がビリビリ揺れるような感じになり、すでに涙が出てしまいました。すぐにでも野沢さんには国民栄誉賞、人間国宝になっていただきたいと心から願っております。海外の方からも、「野沢さんが出演される」とざわついているといううわさを聞いております。「ポケモン」は今や世代を超えて、世界をつなぐすばらしい文化になっております。ぜひ大切な方と観ていただきたいです。


MC:今日のアフレコの模様について音響監督から感想をいただければと思います。

音響監督:
まず芦田さん。ラルゴはまだ小さい子なのですが、芯の強い役をしっかりと演じられていたと思います。そして川栄さんはJK役。何の違和感もなくやりきることができていたと思います。それと野沢さんですが......何も言うことはありません。(一同:爆笑)。中川さん、「ポケモン」12年連続ご出演ということで、毎年毎年上手になっていますね。上達していると思います。

MC:芦田さん、アフレコシーンでは、ピンチに陥っているところを、サトシがさっそうと助けてくれました。サトシは10歳の男の子なのですが、芦田さんから見てサトシはいかがでしたか?

芦田さん:
いつもラルゴが困っている時に助けに来てくれます。本当にそういうところはすごくカッコいいなと思います。サトシは相手の気持ちとか、「ポケモン」の気持ちをすごくよく分かっていて、彼らの気持ちを考えて行動できる男の子だなと思います。そういうところがカッコいいなと思いました。

MC:実は明日6月23日は、芦田さんの14歳の誕生日でございます。

一同:
(拍手とともに)おめでとうございます!

芦田さん:
ありがとうございます!

MC:14歳をどのような一年にしたいか。教えてください。

芦田さん:
今学校が毎日すごく楽しくて、お友だちと、たわいもない、くだらない話をしているだけで本当に笑いが絶えないです。特別なことをするわけじゃないけれど、一緒にいるだけで楽しい、そういうお友だちとの思い出をもっとたくさん作っていける一年になればいいなと思っています。

MC:ではお友だちと夏は映画館で?

芦田さん:
はい、「ポケモン」を観ます!

MC:川栄さん、監督からもありましたけれども、「ポケモン」の世界で女子高生という、今までになかった役への抜てきでしたが、何か女子高生役を演じるにあたって役作りだったり思い出したりしたことなどはありましたか?

川栄さん:
そもそも声優をできる機会があまりなくて、すごく緊張しました。JK役ということで、結構テンションが高かったり、口調も明るかったりするのですが、私は普段結構暗いんです...。声でお芝居をするのはすごく難しいなと、あらためて声優さんってすごいなと思いました。私自身は本当に地味な高校生だったので、何かに熱中することも特になかったので、観ていてすてきだなと思いますね。

MC:野沢さんは過去に「ポケモン」のアニメシリーズにご出演されたことがあったと思います。アニメ界のレジェンドである野沢さんがついに「ポケモン映画」に参戦するということで、だいぶザワザワしております。本日のアフレコを見て、芦田さん、川栄さん、中川さんはいかがでしたか? ぜひお言葉をいただければと思うのですが。

野沢さん:
私はだいたい、皆さんがやっている時に割と細かく見る人なのですよ。(三人の「いやー!」という驚いた声に)もちろん言いませんよ! どうのこうのなんて決して言いませんけれど...、でもこの三人はお世辞抜きでうまい!。なぜかと言えば、ちゃんと表情に合わせて、「上」と言えば、こういう風に(上を向いて)やっているんですよ。だから気持ちはものすごく向こうに乗せているんだなあと、それがすごくよく私の中に伝わってきて、素晴らしい。皆さん良いですよ。上手です。

MC:中川さん、その感想を受けていかがでしょうか?

中川さん:
本当に直ちに人間国宝に。(一同:笑い)。だって80年近く、子役の頃からされているんですよ。こんなに大ベテランでいらっしゃるのに、今年も映画に(テレビの)レギュラー出演に、そしてオーディションを受けられたりと、とてもアグレッシブなんです。こんなに大活躍し続けるのは本当に素晴らしい。しかも世界中の皆さんが野沢さんの声を待っている。こんな日本人いませんよ! 日本の宝ですね。最高にカッコいい大先輩です。

MC:川栄さんもアニメの声優はあまり経験がないとおっしゃっていましたが、今の言葉を聞いていかがでしたか?

川栄さん:
とても嬉しいですし、私の言いたいことは全部、中川さんが言ってくださいました。

MC:芦田さんは今の言葉を聞いていかがでしたか?

芦田さん:
野沢さんにそう言っていただけるなんて本当に嬉しいです。ありがとうございます。

野沢さん:
すごく良かったですよ、本当に、お世辞抜きで。

中川さん:
(感動した様子で)優しい...。

MC:では続きまして中川さん、「ポケモン映画」12年連続ご出演おめでとうございます。昨年公開された「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」以降、「ポケモン映画」は子どもだけではなく、大人も楽しめる映画として人気を誇っております。今年の「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」についてお話しいただけないでしょうか。たぶん中川さんには熱い言葉がたくさんあると思いますが、一分ぐらいでお願いします。

中川さん:
はい! 最高に早口でいきたいと思います(笑)。「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」はまさにみんなの物語です。今日ご覧の通り、全世代に「ポケモン」は刺さっております。10代から80代の皆さままで男女問わず、大切な人と観に行くと、大切な人との絆が、より特別なものになると思います。最近はレイトショーで、遅い時間でも「ポケモン映画」が観られますので、ぜひみんなでSNSに投稿したり、カップルで観に行ってほしいです。私は去年、五回観に行ったので、今年はその倍は観に行きたいなと思っています。とにかく作画が素晴らしい! 今年のサトシはグリグリ動きますし、前髪のサラサラ加減、そしてロケット団がよりイケメンになっていております。「ポケモン」たちの口元の表情もとても柔らかくなっております。監督も私と同じ、「ポケモン」のファースト世代でございますので、愛がいっぱいです。素晴らしい映画になっておりますので、ぜひこの伝説を目撃してください。映画館で生で体験してこそ永遠に心の中に残ると思います。あなたは誰と大切な絆をこの世の中に、人生に刻みますか? ぜひ皆さんと感想を語りまくりたいと思います。そして今回の私の推し「ポケモン」は"ラッキー"でございます。口元がとても...(ピカチュウにツンツンとされて)ごめんなさい。ピカチュウにツッコまれる仲になりました(笑)。もう12年ですからね。ありがとうございました。

MC:最後に皆さんに質問です。濱田岳さん、大倉孝二さん、山寺宏一さんがあいにくスケジュールの都合で参加できないということで、今日は女子メンバーでのイベントということになったのですが、夏休み直前ということで、もし「ポケモン」とデートに行くとしたらどういう計画を立てられますか? まずは芦田さんから。

芦田さん:
何ですかね...夏だから一緒にプールに行けたらいいなと思ったりしたのですが、"ゼラオラ"は電気系の、イナズマを出したりする「ポケモン」なので、プールはダメですよね(笑)。だから何ですかね...お化け屋敷に一緒に入って、私は怖がりなので、照らしてもらって怖さを防いでもらえたらいいなと思います

中川さん:
(しみじみと)いい妄想だ。すてきだ。

MC:続きまして川栄さん。

川栄さん:
"イーブイ"は本当に大人気ということなので、単純に私は"イーブイ"を抱っこして渋谷をまわりたいですね。"イーブイ"を見せびらかしたいです。

MC:野沢さんはいかがでしょうか?

野沢さん:
皆さん素晴らしい答えですね。私なんか食べるのが大好きだから、焼き肉か何かを食べながら、いろんなことを話したいなと。映画を観て、今日の映画はこうだったねとか。そういうおしゃべりがしたいなと思います。

MC:中川さんはいかがでしょうか?

中川さん:
悩みますね...。デートするなら、彼氏にするならクールな"ミュウツー"さまですね。みんなの憧れ、カリスマの"ミュウツー"さまと付き合ったけれども、全然、LINEの返事が来ないみたいな。ミュウツーさまに既読スルーされて、「でもSNSは更新しているじゃん、なんで?」と病んでみたいですね。(会場:笑い)。その病んでいる時間にインスタでは、"ゼラオラ"と"ルカリオ"が肉球とかをタッチして仲良くしていて、若いイケメンたちがワチャワチャしている様子を見ながらラーメンを一人で食べている。すると急に"ミュウツー"さまが部屋にやってきて、お家でイチャイチャ映画デートしたいですね。「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」を一緒に観て、「ここどうだったんですか?」みたいなことを聞いて、「うるさい」と、言われたりとか...。まだあるけど黙ります(笑)。

【記者の質問】

Q:川栄さんと芦田さんにお聞きしたいのですが、「ポケモン」の思い出や好きな「ポケモン」などがあったら教えてください。

川栄さん:
私は小学生の時にゲームボーイで「ポケモン」をやっていました。でも、私の家がゲームをあまりやらせてくれない家で、私が何かすごくいいことをした時にゲームをやらせてくれたんです。だから「ポケモン」って私の中ですごい存在でした。

芦田さん:
私の小さい時からまわりの男の子たちがみんな「ポケモン」グッズを持っていたりとかして、「ポケモン」はすごく身近な存在でした。

Q:川栄さんは先ほどゲームボーイでプレイされていたとおっしゃっていましたが、タイトルは覚えていますか?

川栄さん:
赤緑と...その後が金銀ですよね? それをやっていましたね。

【「おはスタ」「ポケモン部」立花ファイヤからの質問】

Q:じゃあ、李奈ちゃん、愛菜ちゃん。旅に出るならどこに行きたい?

川栄さん:
旅に出るなら...やっぱり沖縄とか、海に行きたいです。映画にも海が出てきますから。

芦田さん:
私は何ですかね...。自分が全然知らない街に行って、新しい出会いがあったら、旅って楽しいなと思います。

Q:俺、今は10歳なんだけど...野沢さん、10歳の時にハマったことはある?

野沢さん:
10歳? 何だろう...。私たちはゴム跳びとか縄跳びの世代なんですよ。だけど私はどちらかと言うとメンコでしたね。男の子とやるんですけれど、絶対勝つんですよ。今でも駄菓子屋さんに行くと売ってるのよね。

Q:しょこたん、修行するなら山と海どっち?

中川さん:
うーん、海でスクワットをする。実はダイビングの免許を持っているんです。

【記者の質問】

Q:中川さんと川栄さんに伺います。芦田さんが明日誕生日ということですが、お二方が14歳の頃を思い返していただけますか。芦田さんの今の仕事ぶりはどう見えますか?

川栄さん:
すごいですよね。発言の一言一言が大人で、しっかりしていますよね。本当に14歳なのかな? 20代後半の方のしゃべり口調だから、カッコいいなと思います。

中川さん:
めちゃくちゃカッコいいです。しかもお仕事をこんなにバリバリされているのに、プライベートでも友だちがちゃんといっぱいいて充実している文武両道。カッコよすぎます。本当に前世での行いがよかったのだろうな、すごくクレバーなのだなと思うので、敬語で接しています(笑)。自分のことを思い返すと呪いのノートに絵を描いて燃やしたりとか、穴を掘ったりとか、手の甲にのりを塗ったりとか、そんな一人で何かをしていたので、本当にまぶしいです。友だちを作る方法を聞きたいです。


東宝website