Movie Movie

Return Page

今回はジジイが主役! GWにシルバー上映会!!
木梨憲武、観客とジジイトークし、最後は華のないフォトセッション!?
「いぬやしき」ジジイ選抜上映会 in ギロッポン

2018年05月01日

「いぬやしき」ジジイ選抜上映会 in ギロッポン

<中央、木梨憲武さん>

新宿上空での大迫力のバトルなど、リアルなCG&VFXが公開前から大きな話題を集めてきた「いぬやしき」。
4月20日に全国公開を迎え、高校生から60代まで幅広い年代が劇場に訪れています。そして、その日本映画とは思えない映像技術は、全国の観客に大きな衝撃を与えています。
この度、映画の公開を記念して5月1日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにてイベントを実施。木梨憲武さん演じる主人公・犬屋敷壱郎が"ジジイ"であることにちなみ、"「いぬやしき」ジジイ選抜上映会 in ギロッポン(ルービー付き)"と銘打って、60代以上の男性を招待してのビール付きの上映会を開催しました。上映後には木梨さんも登場し、現役のジジイたちとのトークで大盛り上がり!
こちらの舞台挨拶の模様をレポートいたします。



木梨憲武さん(犬屋敷壱郎役)

先輩方、こんにちは。今日この会場には、60歳以上の方が選ばれていらっしゃっているんですよね。先輩を「ジジイ」と呼ぶのは失礼ですが...。皆さん、家では「ジジイ」なんて呼ばれたりもしているかもしれませんが、私も56歳になりまして、皆さんの年代に近づいています。申し訳ないですが、皆さん見た目は本当にジジイですね。 (観客:大笑い)
先日、高校生を招待した試写会があったのですが、そのとき、高校生たちが「ジジイ頑張れ。よかったよ!」と言ってくれました。六本木ヒルズはあまりジジイが歩いていない街なので「(劇場入口に)並んでいる姿が異様だった」とスタッフが言っていました(笑)。
よく映画を観に行くという方はいらっしゃいますか? おっ! 半分くらい! シニア料金? 1,100円で観られる? なるほど。
今日は、僕の方から皆さんにビールまで付けさせていただきました。あとイカを買ってきましたので、一本取ったら、左に回していただけますか?(※つまみのイカを観客に配布)。できれば後ほど、写真を撮るときに右手にイカを持ってください(笑)。

MC:改めて本イベントいかがですか?

木梨さん:
(観客に)ちなみに今日はどちらから?

観客:
「横浜から」「江戸川から」

木梨さん:
ちなみにこのイベントのことはどこで知ったんですか? え、ネットで? 

MC:全員、ネットで応募していただいております。

木梨さん:
嘘だぁ! ホームページで? 最新技術に対応されているんですね。
ちなみにガラケーでまだ頑張っている方? 2~3割かな? じゃあ、らくらくフォンは? ちなみに僕もらくらくフォンです。字が大きくなるんでね(笑)。


MC:「ジジイ選抜上映会 in ギロッポン(ルービー付き)」ということで、本当は「ジジイ」という言葉をアナウンサーが使っちゃいけないのですが、今日はあえて「ジジイ」と呼ばせてもらいます! 「高齢者」と言うと、老人ホームの寄り合いみたいなので。 (観客:笑)

木梨さん:
ちょっと聞きたいのですが、60代の方? 多いですね。70代に方は? あららら。80代は? いますね。どちらから? 板橋区成増から? 石橋貴明の生まれた場所ですね。 80代の方がネットに対応しているんですね。そしてスマホ!? すごいですね。
こういう映画はいかがでしたか?


観客:
ビックリしました。世間離れというか...(笑)。

木梨さん:
空飛んでいましたもんね(笑)。

MC:木梨さんのジジイぶりはいかがでしたか?

観客:
60代かと思っちゃったよ!

木梨さん:
60歳に近づいておりますので(笑)。ちなみに一番好きな映画は何ですか?

観客:
市川右太衛門が出ている「旗本退屈男」!

木梨さん:
それは観たことないなぁ...(笑)。

MC:映画公開後、木梨さんの周囲の反応はいかがでしたか?

木梨さん:
僕の湯河原の知り合いが、お母さんたちの団体十何人で映画を観てくれて「よかったわよ」と連絡してきてくれました。若い連中は公開後、早いうちから観てくれていますが、(お母さんたちの団体の)この年代の方たちは「どうしようかな」って感じで迷っているみたいです。あと、劇場に来ても「腰痛いからやめた」って(笑)。何とか劇場まで足を運んでいただき、この年代の人たちにも観ていただきたいです。

MC:中井貴一さんの反応は?

木梨さん:
この映画、中井貴一さんだけがいまだに犬の映画だと思っていて、まだ観ていないそうです(笑)。知り合いで唯一、観てくれないのが中井貴一さんなんです。犬は確かに出てきますが、"犬の屋敷の映画"だと思っていて、「木梨くん、犬やんの?」って聞くんです。めんどくさいから「そうです」って答えています。ぜひ中井貴一さんにも観ていただきたいです!

MC:それでは観客の方に、感想をいただきたいと思います。

観客1:
千葉県から参りました。

木梨さん:
おいくつですか?

観客1:
いくつに見えますか?

木梨さん:
めんどくせーな、このジジイ。 (観客:笑)
ウソウソ(笑)。60代前半ですか?


観客1:
70歳になりました。まだバイクにも乗るし、元気です! 映画を観て、一段とパワーをもらいました。まだまだ負けられないなと思いました。木梨さんも頑張ってください!

MC:ほかに感想をおっしゃっていただける方はいらっしゃいますか?

観客2:
栃木から来ました。

木梨さん:
六本木にはよく来られますか?

観客2:
六本木にはあまり来ません(笑)。映画は地元の佐野で観ています。続編をぜひ観たいなと思いましたので、頑張って作っていただきたいです。

木梨さん:
嬉しいです。後半の空を飛ぶシーンは、僕が演じているわけではないんです。アメリカに負けないCG技術を使い、スタッフ総動員で作っております。僕がいなくてもあの映像は作れますからね。続編があったら、どんどん飛んじゃいます!

MC:せっかくですので皆さんからの質問、相談を募りたいと思います! ジジイならではの質問なら何でもOKです。

木梨さん:
「あの病気、この病気にかかった」「あの薬がいい、このビタミン剤がいい」「通販でこれ買った」など何でもいいですよ。

Q:65歳です。木梨さんのアクションが素晴らしかったです。還暦までカウントダウンですが、我々と違って木梨さんの仕事は定年はないですが、老後の人生設計は?

木梨さん:
そうですね。体が資本なので、体が動く限りですね。祖師ヶ谷大蔵で親が自転車屋をやっているのですが、オヤジが85歳でよれってきているので、僕が長男ですし自転車屋は継ぐつもりです。それをベースにして、こういうお仕事もやって、絵も描いたりもしてという感じでしょうか。この間はニューヨーク、今度はロンドンで個展をやったり、日本でのツアーも五輪に向けてやっています。こういったことは体が壊れるとできなくなるので、歩いたり、ストレッチしたり、アミノ酸も飲んで健康を維持していきたいですね。身体のケアしながら、皆さんの年齢になりたいなと思っています。

Q:ジジイが歳を重ねますと大ジジイになり、夫婦の会話が全然ないんです。夫婦円満の秘訣はありますか?

木梨さん:
ウチは仲良くやっています。私がこの中で一番若いのにアドバイスなんて恐縮ですが、とにかく"ご指示をいただくこと"ですかね。あと、思ったことを一回、噛みしめることです。意外に奥さんとやりあっちゃうって方、手を挙げていただけますか? いや、少ないですね。とりあえず最近は黙るようにしているって方は? (大多数が挙手)そうなんですね(笑)。

Q:最近、この歳になると新しい友人ができないんです。テレビで拝見すると、木梨さんの周りにいつも友人が集まっていらっしゃいますが、新しい友達を作る秘訣はありますか?

木梨さん:
それはあきらめてください。ウソです(笑)。なかなか出会うこと...ないですよね。僕もそうはいっても、長い付き合いの友達しかいないです。こういう仕事なので、芸能、スポーツの方と一緒に遊んだり、「反省会」という名の集まりが週に何回か行われ、同じ話をしながら飲むのはしていますが、何でも語り合えるのは長年の友達ですよね。
後輩で近づいてくれる人には話すけれど、自分から「ねぇねぇ聞いて!」と言うと嫌われちゃうから、そんなに新しく友達を増やす活動はしないです。集まるときはテレビ以上に盛り上げ隊長として盛り上げて、酒が入ると眠くなるので、すぐ帰るということにしております。


MC:それでは最後に木梨さんからメッセージをお願いいたします。

木梨さん:
ゴールデンウィークのど真ん中に、六本木へようこそ! 「いぬやしき」を観ていただきありがとうございました。いま、順調にたくさんの方に観ていただいております。さらに皆さんの年齢の方に観ていただくと、先ほどおっしゃっていただいた続編につながるんじゃないかと思っています。今日はそこに向けてのキャンペーンでした。皆さんのおかげでした! 本当にありがとうございました!
あと、5月5日にマスコミを入れず、一人で犬屋敷の格好で、どこかの映画館にキャンペーンに行こうと思ってます。いま衣装を発注しています。それが最後のキャンペーンです。自主キャンペーン「ジジイ街に出る」。こうご期待!


東宝website