Movie Movie

Return Page

みんなで歌ってポケモン映画20周年をお祝い!
名曲「めざせポケモンマスター」を登壇者全員で熱唱!
「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」初日舞台挨拶

2017年07月15日

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」初日舞台挨拶

<中央後列左から、山寺宏一さん、古田新太さん、林明日香さん、湯山邦彦監督、
中央前列左から、ピカチュウ、中川翔子さん、本郷奏多さん、松本梨香さん>

記念すべき20作目のポケモン映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」が7月15日に公開を迎え、東京・有楽町のTOHOシネマズ 日劇にて舞台挨拶を開催! 主人公・サトシを20年にわたって演じ続けてきた松本梨香さんをはじめ、ゲスト声優の本郷奏多さん、古田新太さん、中川翔子さん、山寺宏一さん、そして湯山邦彦監督が登壇! 登壇陣全員でのオープニング主題歌「めざせポケモンマスター -20th Anniversary-」熱唱に続き、松本さんらにも秘密で、エンディング主題歌「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」を歌う林明日香さんもサプライズ登壇し、松本さんは...涙!
感動の舞台挨拶の模様をレポートいたします!


湯山邦彦監督

20周年ということで、いつもと違うことをやろうと、今回の映画を作りました。思い返すとアニメのポケモンはサトシとピカチュウが出会ったところから始まったんですね。ゼロに戻って、もう一度ポケモンを見つめ直し、作ってみたかったんです。観る方もゼロに戻って新しく観ていただけると思います。20年間、続けてこられたのは劇場に足を運んでくださったみなさんのおかげだと思っています。夏の思い出として、この映画が残ってくれると嬉しいです。
本郷奏多さん(ソウジ役)

(ゲーム機を取り出しながら)みなさん、マーシャドー(入場者特典のポケモン)は受け取りましたか? どうしても初日にマーシャドーが欲しくてゲーム機を持ってきたんですが、やっと受け取れました! まだ受け取っていない方は、舞台挨拶が終わった後にぜひ! 壇上でゲットした人は僕しかいないです(笑)。
20年前からずっとゲームもやってきた大好きな作品だったので、今年出演できてよかったです! 素晴らしい映画だと感じてもらえたと思うので、ぜひ周りの方にすすめてください。たくさんの方に観ていただけると嬉しいです。
古田新太さん(ボンジイ役)

20年前に友達の犬山イヌコがニャースをやると聞いて「ほぉ、そうなのか?」と言っていたら、20年も続く作品になっていて「くそっ」と思いました(笑)。ようやくファミリーになれて喜んでいます。(自身が演じた)ボンジイは、もうアニメに出ないかもしれないですが、また出たいと思って頑張りますのでよろしくお願いします。
中川翔子さん(ジョーイ役)

小さなお友達も、心の中では少年少女の私と同じ世代の大きなお友達も、ポケんちは! "20年目のポケモンの夏"という、この歴史的瞬間をみなさんと生きることができました。みなさんは、この歴史の最初の目撃者です。きっと、目からハイドロポンプ、心からハイドロポンプが止まらなかっただろうと思います。ポケモンが大好きなみなさんへのご褒美ともなったこの素晴らしい映画を、久しぶりにポケモンを観る方にも、初めて観る方にも全力で届けていきましょう! サトシとピカチュウの絆によって、「自分以外の大切な誰かを心から守れる存在になりたい!」「強くなりたい!」と、いろんな気持ちにさせてもらえる映画です。
山寺宏一さん(マーシャドー役)

もう、おはスタは卒業したので、やらないと決めていたんですが、20周年ということで、久しぶりにやってもいいですか? せーの「おっはー!」。ありがとうございます。元祖「おっはー!」でございます。
今回、ポケモンと人間の絆、サトシとピカチュウの絆が描かれていますが、ここにいる松本梨香さんとは(声優の)養成所同期で古い友達なんです。こうやって20年ずっとこの舞台に立ち、お互い元気に仕事を続けることができ、いま感動しております。(自身が演じた)マーシャドーは特殊な声の出し方をしているので、ぜひ真似してみて、「マーシャドーやってみた」って動画をアップしてください! 拡散していただきたいと思います。
松本梨香さん(サトシ役)

みなさん、もう(映画を)観られたんですよね? どうでしたかー? よかったですか?
(観客の拍手に)ピカチュウ、みんな「よかった」って! 嬉しいね。

ピカチュウ:
ピカピカ!!

松本さん:
第一作「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」から始まって20作目。これも素敵なキャスト、スタッフ、そしてポケモンを愛してくださるみなさんがいてこその20年目だと思っています。本当に、「みんなと一緒に一歩一歩、20年間歩いてきたな」って感じがしています。監督も言われていましたが、20歳の成人式を迎えて、ゼロに戻った気持ちで、これからももっと笑顔を伝えられるように頑張っていきますので、末長く応援してください。よろしくお願いします!

MC:それでは今日、この場で「めざせポケモンマスター」を歌っていただきます!

松本さん:
今日はせっかくなのでみんなで歌いたいと思います。みなさん、歌ってもらえますか?

山寺さん:
え? まじで? 古田さんも?

古田さん:
うろ覚えでよければ(笑)。

中川さん:
せっかくだから、「スカートの中、キャー!」とか盛り上がってほしい!

松本さん:
お客さんもみんなでいいですか? みんなで「ゲットだぜ」って言いたいです。「ポケモン」と言ったら「ゲットだぜ!」でお願いします。

みんなでオープニング主題歌を熱唱!

中川さん:
奇跡を目にしてしまった! 世界中の人が、あの頃の思い出と手を繋いで...

山寺さん:
落ち着け(笑)!

中川さん:
みんなが大興奮ですね...。

松本さん:
感動しますね。20年前と違う重み、歴史を感じます。嬉しいです。ありがとうございました!

MC:本郷さん、こんなふうに(登壇者と観客全員で)歌うのも珍しいと思いますが...。

本郷さん:
私は(曲の歌詞のように)先ほど(入場者特典の)マーシャドーをゲットできたんでテンションが上がっていますね!

中川さん:
出演している人ですよね? 普通に初日に駆け付けたポケモンのガチファンのお兄さんみたい(笑)。

MC:古田さんはいかがでしたか?

古田さん:
うろ覚えですが...なんとか(笑)。

山寺さん:
嬉しいですね。松本梨香が20年、歌い続けてきた曲ですが僕も初めて歌いました! 今度カラオケ行こう!

MC:主題歌と言えば、オープニングに加え、エンディング主題歌として「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」も話題です。

松本さん:
素敵な歌! 涙が止まらなかったです。

MC:この曲を歌うのは、2003年に公開された「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の主題歌「小さきもの」を当時14歳で歌っていた林明日香さんです。今日は林明日香さんに、サプライズで駆けつけていただきました!

林明日香さん

この曲は、出演者のみなさん、20年間関わってきたスタッフ、プロデューサー、監督さん、多くの方の思いを受け渡すという、本当に幸せな気持ちで歌いました。

MC:今日は歌っていただけますか?

林さん:
もちろんです!

山寺さん:
前回、主題歌を聴いて「14歳でこの歌声!」って驚いたけど、今回、この曲を聴いて「これ誰だろう? このすごい歌手は...」って思っていたら、明日香ちゃんでした...。我々もビックリしています!

中川さん:
本当に歴史的な日ですね。歌詞がピカチュウのことを歌っていて...すごく切ない! 素晴らしいですね。言葉を超えた絆を感じさせてくれます。長生きするもんですね。

林さん、「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」を熱唱!

横で聴いていた松本さん、曲の途中から大泣き!

松本さん:
もう涙が出ちゃって...。ありがとう...。やばい。

山寺さん:
こんなに泣いている松本梨香を見たのは初めてです。

中川さん:
20年間、サトシとピカチュウはいろんなことがあったんですもんね。私たちの知らないところでもいろんな冒険がありました。嬉しいことも悲しいことも分かち合って...。すごいことです。

松本さん:
代わりに言ってくれてありがとう...。

MC:松本さん、いかがでしたか?

松本さん:
私と同じ思い、同じように感じてくださる方がいると思います。サトシを演じるとき、いつも観てくださるみなさんの目線で演じています。ここにいるよりもそっち(客席)にいたいくらいの気持ちなんです。この歌を聴いて、20年間のいろんなことを走馬灯のように思い出しました。みなさん、いろんなことを感じて大切な人を思い出したんじゃないかと思います。本当にありがとうございます。

山寺さん:
ピカチュウはどうだった? いまの歌声。

ピカチュウ:
ピーカ、ピカチュウ......(涙)。

松本さんとピカチュウ、抱き合う。

山寺さん:
ピカチュウも泣いています!

松本さん:
共同体だもんね!

MC:林さんはいかがでしたか?

林さん:
当時、14歳で主題歌を歌って、それから14年経つんですが、もう一度ポケモンに関わることが私の夢でもあったんです。でもポケモン映画は一度も同じアーティストさんを使っていなくて、「それは難しいだろうな...」と思っていたんです。でも、夢が叶って本当に嬉しいです!

MC:最後に湯山監督からメッセージをお願いします。

湯山監督:
僕も今歌を聴きながら涙腺が危なかったです(笑)。「共に歩こう」という言葉に、僕は一緒に作品を作ってきたスタッフを思い浮かべました。みなさんも共に歩いてきた人たちのことを思い出したんじゃないかと思います。ポケモンは一人じゃなく、誰かと繋がっていることを描いた映画だと思います。20年間、共に歩いてきたので、またこの先も誰かと一緒に歩いていきたいと思います。今日は本当にありがとうございました。

東宝website