Movie Movie

Return Page

山﨑賢人のもとにリーゼント女子が大集結!!
「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
キックオフイベント

2017年06月19日

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
JOJO リーゼント部結成 キックオフイベント

<中央、山﨑賢人さん>

シリーズ累計発行部数一億部を超える人気漫画を豪華キャストで実写化した「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」。8月4日の公開を前に、6月19日に東京・虎ノ門の虎ノ門ヒルズ・オーバル広場にて、"JOJO リーゼント部結成 キックオフイベント"を開催しました。主人公"ジョジョ"こと東方仗助の髪型にちなみ、"リーゼントを全国に普及させる"という名目でリーゼント部を結成し、映画を盛り上げていきます。イベントには主演の山﨑賢人さんが来場し、約300名の女子中高生を前にキックオフを宣言しました。こちらの熱狂のイベントの模様をレポートいたします。


山﨑賢人さん(東方仗助役)

不良というイメージに偏りがちなリーゼントですが、女性がやっても素敵な髪形だと思います。僕も今日は小ぶりのリーゼントです!


MC:山﨑さん自身もリーゼントにこだわりがあるんですよね?

山﨑さん:
ビシっと決まる角度があるので、その角度にヘアメイクさんにセットしてもらいます。自分でも調節して、「行くぜ」という気持ちになります。(この髪形にすると)スイッチが入りますね。

MC:仗助の髪形を鏡で見ていかがでしたか?

山﨑さん:
普通のリーゼントより、仗助のリーゼントはボリューミーなんです。それが原作でも目立っていますし、そこをけなされるとメチャクチャ怒ります。

MC:髪形だけでなく衣装やスタイリングも魅力ですよね。

山﨑さん:
こんなにスタイリッシュでカッコいい衣装を着られるのは「ジョジョ」でしかないなと思います。普通の長ランはウエスト回りが締まっていなくて、ダボっとしたボンタンなんです。でも、仗助の長ランはスタイリッシュ。こだわって作ったので、毎朝これを着られるのがうれしかったです。

MC:役作りについてお聞かせください。

山﨑さん:
本作には、スタンドという超能力というか、一心同体の精神エネルギーみたいなものが出てくるんです。「スタンドでどうやって戦うか?」「生身の人間がやってどうなるのか?」と、いろいろ考えました。あとは仗助の人柄にある優しさ、人間ができた部分を意識して演じました。

MC:共演陣も個性派ぞろいですが、いかがでしたか?

山﨑さん:
新田真剣佑の髪形の横がシルバーですごいです。岡田将生くんも髪形の高さは僕よりあります。しかも金髪で。あれが似合うのは将生くんしかいないと思います。伊勢谷さんも髪と帽子がなじんでいてかっこいいです。

MC:撮影はスペインで行われましたね?

山﨑さん:
シッチェスはスペインのバルセロナにある街なんですが、とてもいい街でした。本当は日本の杜王町という架空の町が舞台なんですが、原作漫画を見ると日本っぽくないので、シッチェスはいい感じではまっています。まさしく「ジョジョ」の世界だなと思えました。

MC:共演陣のみなさんとは、楽しい時間を過ごせましたか?

山﨑さん:
神木の隆くん(=神木隆之介さん)や真剣佑とはほとんど毎日ご飯に行きましたし、伊勢谷さんや、(山田)孝之さんも一緒に行きました。あとはFCバルセロナのスタジアムにサッカーを観に行きました。メッシやネイマールを見て影響されたので、現地でボールを買って、ビーチで神木くんと遊んでいました。最高でした。

MC:この映画ですが、海外の映画祭での上映も次々と決定していますね。

山﨑さん:
「ジョジョの奇妙な冒険」という偉大な原作があり、全力でスタッフ、キャストで作り上げた作品ですので、日本国内だけでなく世界で観てもらえることは本当に嬉しいです。

キックオフにちなんで、巨大なボールを客席に向けてキック!

山﨑さん:
これだけの人たちの前でボールを蹴るってなかなかないですよね。気持ちよかったですが、カメラ席を超えなかったのは悔しいですね(苦笑)。

MC:最後に山﨑さんからメッセージをお願いします。

山﨑さん:
女性の方で原作を読んでいる人は少ないかもしれないですが、友情や人との関わり合いなどが魅力的で、マネしたくなるセリフもいっぱいあります。スタンドが戦う映像など、見たことのないものになっているので、ジョジョワールドを体感していただきたいです。今年は(原作連載開始)30周年のジョジョイヤーです。映画と原作、どちらも盛り上げていけたらいいなと思います。「ジョジョ」を通して、僕はいろんな世界を見ることができたので、みなさんにも映像を通して新しい世界を見てほしいです。

東宝website