Movie Movie

Return Page

嵐・大野智 忍者さながらに、勢いよくポップアップで舞台に登場!
「忍びの国」ジャパンプレミア舞台挨拶

2017年05月31日

「忍びの国」ジャパンプレミア舞台挨拶

<後列左から、マキタスポーツさん、満島真之介さん、立川談春さん、中村義洋監督、
前列左から、伊勢谷友介さん、石原さとみさん、鈴木亮平さん>

和田竜のベストセラー『忍びの国』を実写映画化した、戦国エンターテインメント超大作「忍びの国」。その完成を記念し、ジャパンプレミア舞台挨拶が5月31日、TOKYO DOME CITY HALLにて行われ、主役の無門を演じた大野智さん、妻役の石原さとみさん、そして、伊勢谷友介さん、鈴木亮平さん、知念侑李さん、立川談春さんと、豪華俳優陣が登壇いたしました。
舞台挨拶では、大野さんがステージ上にポップアップで勢いよく登場! 会場はわれんばかりの歓声に包まれました。本作品への想いや撮影中の秘話、カットされてしまったシーンなど、ネタバレぎりぎりのトークが炸裂! これまでにないほどの盛り上がりを見せたイベントの様子をご紹介します。

■スクリーンが落ちて登壇者の登場後、大野さんがステージ下からジャンプして現れると、会場に大歓声が響きました。

大野智さん(無門役)
今回、「忍びの国」という映画で中村監督と6年ぶりにご一緒し、撮影中は懐かしい気持ちでいっぱいでした。ここにいる豪華なキャストの方々と約2カ月半、過ごしました。非常に楽しかったです。本作は、史実に基づいていた話です。侍VS忍びの大逆転劇、今まで観たことがないようなアクションシーンも観られると思います。
真夏に汗だくになりながら撮影をしたのですが、撮影の合間には、スタッフさんがかき氷の差し入れをしてくれました。僕はそれにマンゴーと練乳をかけて2杯、いただきました。非常に美味しくて、それが一番の思い出です(笑)。ありがとうございました。
石原さとみさん(お国役)

こんな舞台挨拶は、人生で初めてです! すごいですね。戸惑っています(笑)。撮影は数日でしたが、すごく楽しかったです。忍びの人でなし集団が、かっこよかったり、怖かったり、残酷だったり、ちょっとおもしろく見えたり、かわいかったり、さげすんでいたり...。この映画を通して忍者という人たちに対してさまざまな感情を抱きました。そのなかで、無門が変化するための要素となるお国を演じられたのは、すごく嬉しかったです。
伊勢谷友介さん(日置大膳役)

今日は、皆さんにこの映画を観てもらうのが楽しみです。僕の演じた日置大膳という役は、この映画の中では、意外とちゃんとしている役だと思います。この映画の忍者は、本当に酷いんです(笑)。今まで観たことのない忍者が観られると思います。あとは僕の堅物ぶりも確認してください!
鈴木亮平さん(下山平兵衛役)

誰も観たことがない忍者の映画になっていると思います! このジャパンプレミアで、幕が開いただけで「キャー」っていう歓声が起こる。それだけ皆さんが楽しみにしていた、主役の大野くん演じる無門は、かっこいいと思うかもしれないですけれど、最低の人間です(笑)。そんな最低の人間の活躍を描いた忍者ドラマです。ただ、これが本当におもしろいです。僕は、大野くんと3日間ずっとアクションをやるというシーンがありましたが、疲れすぎてほぼ無言でした(笑)。でもおこがましいんですけれど、戦友になれた気がしています。皆さん、そのシーンを観たら、「これか!」と、感動してもらえると思います。そのシーンも含めて映画を楽しみにしてもらえたら嬉しいです。
知念侑李さん(織田信雄役)
大野くんの登場、めちゃめちゃかっこよかったですね。 後ろ姿だけでもかっこよかったです。相変わらず僕は、(大野さんに)惚れていますね(笑)。

大野さん:
自分の話をしなさい(笑)!

知念さん:
この映画に、出演できると聞いた時に、「やっと僕の運動神経をかわれて忍者の役を演じることができるんだろうな」と脚本を開いたら、この映画で一番動かない役でした(笑)。最初はビックリしましたが、織田信雄という、とても魅力的な役を演じることができて嬉しいです。皆さんにはそんなところを楽しんでもらえたらと思います。
立川談春さん(百地三太夫役)

皆さん、ようこそ、おいでくださいました。僕らも、今日のこの日を待っていましたけれど、一番待っていたのは皆さんですよね。本当にありがとうございます。いろいろ漏れ伝わってきているかもしれませんが、百地三太夫という名の殺陣が非常に素晴らしいとか...。申し遅れました、私が人でなしの親分、百地三太夫です。とてもひどい役でした...(笑)。 キャストやスタッフが、一生懸命に映画を撮っているだけじゃなく、作品に対する熱い想いも伝わってくるんです。私は落語家でおしゃべりなものですから、「忍びの国」についてしゃべりたくなるんですよ。それを映画のスタッフの皆さんに止められて...。しょうがないから「僕には一切何も教えないでくれ、教えなきゃ、しゃべれないから」って言ったんです。そしたら、正直なスタッフさんで、本当に教えてくれませんでした。大人としての責任感がない男という意味では私が一番、百地三太夫が似合っていたなと(笑)。 暑い夏になると思います!(大野さんの様子をみて)あっ、長かった...?

大野さん:
校長先生みたいになっています(笑)。
マキタスポーツさん(長野左京亮役)

この役をもらって、私にできるものだろうかと不安だったんです。運動神経には自信があったんですが、無門の役が演じることができるかどうか不安だったんです...。でも「安心せよ、無門ではない」ということで、左京亮を演じました...(笑)。本作で初めて役作りというものにチャレンジしました。歯を抜いたり、痩せたり、髪の毛を抜いたりとか...。そしたら、こんな姿になってしまいました。

鈴木さん:
抜いたきり、生えてこない...?

マキタスポーツさん:
いいお薬をもらっていますので来年にはなんとかします(笑)。ネタバレをしますと、私とお国の濡れ場がございます(会場笑)。そういうわけで、素晴らしい娯楽作品になっています。大野くんや、他のキャストの皆さんも、いろんなことにチャレンジしています。楽しみにしていてください。

MC:ここで訂正させてもらいますが、濡れ場はございません。

マキタスポーツさん:
妄想でしたか(笑)。
満島真之介さん(下山次郎兵衛役)

兄じゃ(鈴木さん)が大野さんと戦友になったと言いましたが、僕は大野さんと親友なんです。夏の撮影で、とにかく暑い中、僕も大野さんと戦っています。たくさんの装備をつけて、殺陣をしました。沖縄出身で暑さには強いはずなのに、熱中症になりそうでした。本番で大野くんを一回切れば、休めるんじゃないかって思って本気で大野さんを切りにいったんです。でもさすがですね。一切、僕の剣は当たりませんでした(笑)オープニングから本気で戦わせてもらっています。皆さん楽しんでください。
中村義洋監督

今日は本当にありがとうございます。こういう完成披露試写会の前には上映チェックというのがあって、僕とカメラマンと録音技術と、いろんな席に座って本編を観るんです。今回は三人で固まって、席を移動しないでずっと観ちゃって...(笑)。「いやーおもしろいね」と話をしました。本当におもしろい映画をつくった時の完成披露や、初日って、ニヤニヤしてしまうんです。何も考えないで、構えずに、早く映画を観てください。本当におもしろい映画になりました。


MC:まずは大野さん、本日の登場いかがでしたか?

大野さん:
恥ずかしいですよね。ポップアップはコンサートではやるんですけれど、久しぶりにやりました。

知念さん:
タイミングが難しいんですよね。

大野さん:
ライブだったら、嵐は5人で登場するので、紛れるじゃないですか。今回もみんなで飛びたかったですね(会場笑)。

MC:今回6年ぶりの映画主演ですが、いかがでしょうか?

大野さん:
6年前にも中村監督とご一緒させてらったのですが、会うのも6年ぶりくらいだったんです。久しぶりに会っても、6年前の雰囲気と変わっていなかったですね。撮影中もずっと中村監督のいい雰囲気が流れていました。

MC:無門という役をどのように感じていますか?

大野さん:
普段は、何もしない怠け者で、いざとなるとやるのが無門です。監督には、最初に「(無門)ぽいじゃん!」と言われました。

鈴木さん:
そんな感じでキャスティングされているの?

大野さん:
「役作りもしなくていいから、そのままやってくれ」って言われましたね。

マキタスポーツさん:
芝居じゃないじゃん(笑)!

大野さん:
だから逆にどうしていいかわからなくて...。たぶん監督のなかでは、無門が僕っぽいから、変に役作りをしない方がいいんだろうなと思いました。普段猫背なんですけれど、歩くシーンとかも猫背のままでいいのかなって思っていました。

伊勢谷さん:
忍者っぽいというよりも大野っぽかったよね。刀も仰々しく抜くところを、あっさり「ハイっ」という感じで...(笑)。

マキタスポーツさん:
これ、大野じゃんって(笑)。

大野さん:
でも、あれが無門だね。

MC:監督、大野さんを無門に起用された理由は?

中村監督:
佇まいですね。「リラックスしている、怠け者だ」という説明を芝居でしなくていいからね(会場笑)。

立川さん:
そのままで無門になれるって一番すごいことじゃない?

中村監督:
虎やオオカミじゃないけれど、行くときは行くというか、映画「怪物くん」の時もそうだったんです。本番でスイッチが入ると人が変わる瞬間があるんです。虎やオオカミが、獲物を襲う瞬間だけ動く姿とかにしびれちゃうんですよ。それが無門かなというイメージがあったんです。僕は、大野くんは本当に怠け者じゃないとわかっているので(笑)。

立川さん:
最後の戦うシーンの目は怖かったよ。無門もそういう目ができるんだと思いました。

MC:無門の妻を演じたお国。女性から観た「忍びの国」はいかがでしたか?

石原さん:
すごく観やすかったです。殺陣って聞いた瞬間、すごく男くさい感じを想像するじゃないですか。でも、これだけポップに描いているアクション映画はなかなかないなと思いました。アクションシーンの大野さんが常にとんでもない動きをするんです。普段からダンスをしているからというのもあると思うのですが、すごくしなやかなんです。普段の無門はぐたっとしているのに、ものすごく跳躍力があるんです!女性でも、歴史を知らなくても、全部わかります。ラブストーリー要素もあり、大切な人がいる、帰る場所があるというだけで、人間って心がきれいになって、強くなれるんだと映画を観ていて思いました。

MC:大野さんと石原さんは初共演でしたがいかがでしたか?

大野さん:
さとみちゃんとは、バラエティーでは何回か共演していましたが、お芝居では初めてでした。お国の目力がすごかったです。

石原さん:
大野さんは「すごいね」と言わせてくれないすごい人なんです。努力をしている姿を見せない方というか。がんばっている方は、そのがんばりが伝わってくると「すごいですね」って言えるんですけれど、それを超えてできることが当たり前という感じで現場にいらっしゃるんです。だからひょうひょうとしていて、常に変わらずフラットでいてくださるので、ハラハラせずに、安心していられました。余裕を持って現場に来られる人ってすごい人なんですよね。

伊勢谷さん:
やっぱりリーダーってことなんだよね。

常にブレないというか、どんなに大変なところでも一切動じないんです。本当に、「リーダーだな」って思って見ていましたよ。

大野さん:
変えられないんですよ。

マキタスポーツさん:
自然体すぎて、エキストラに紛れて見えなくなった瞬間があったんですよ(笑)。エキストラの方がたくさんいたからね。「大野くん、今日いないのかな」と思ったらいるということが、結構あったんですよね。

大野さん:
ちゃんと忍んでいたんですよ(笑)

MC:伊勢谷さん、日置大膳という強い男を演じられていかがでしたか?

伊勢谷さん:
誰かがちゃんとしなきゃいけないという空気感の中での、僕の役だったので、まともな人を踏ん張って演じました。

MC:無門と戦うことになったのが、鈴木さん。激しい一騎打ちがありました。

鈴木さん:
あのシーンは3日間かけて、朝から晩までずっと撮影していましたね。ずっと1メートルないぐらいの距離にいて、皆さん、大野くんとこの距離なのはうらやましいと思うかもしれませんが、さすがに疲れるんですよ(笑)。

伊勢谷さん:
その3日間、僕らも、ずっと現場にいたんだけどね。

マキタスポーツさん:
端の方で、ずっと見ていました。

知念さん:
3日間、位置変わりませんでしたね(笑)。

鈴木さん:
全く視界に入っていなかったです(笑)。

あのシーンは至近距離でずっとやりあうんです。なるべく怪我をしないように、何カ月も前から練習しました。でも練習通りにやっても監督はOKをださないんですよ。たぶん、予定調和じゃないものを見たかったんだと思います。

大野さん:
ちょっとバランスをくずしたりするんですよ。でも、カットがかからないから、二人で続けるんです。ようやくカットになって、僕らが「ダメだったな」って顔をしていたら、監督が「はい、OK!」と(笑)。

MC:知念さん、織田信雄役を演じていかがでしたでしょうか?

知念さん:
殿なので、目立たなくちゃいけないなと思いました。すごく大きい鎧ををつけていたんですよ。それがとにかく重くて、さらに暑くて。文句みたいになっちゃいました(笑)。

中村監督:
エイリアンみたいだったんだよね。

MC:立川さん、演じられてみてどうでしたか?

立川さん:
映画になんて普段出ないので緊張しました。迷惑をかけないためにはどうしたらいいか、そればっかり考えていました。覚えるだけのことは覚えていこうと思っていました。

MC:マキタスポーツさんは、現場の雰囲気は、どうでしたか?

マキタスポーツさん:
緊張しました。いきなり、國村さんと殺陣をするところから始まるんです。あの顔で殺陣をやられたら、僕は、ビビるしかないじゃないですか。

あと僕、信じられないくらい短いセリフを噛んでいるんですよ(会場笑)。こんなに本番弱かったんだとびっくりするくらいでした。こんなに緊張したことはないというくらい緊張しました。

MC:満島さん、炎天下の撮影、大変だったんですよね?

満島さん:
僕と大野さんが戦うシーンは本当に大変でした!注目してみてほしいです。

MC:監督、改めて原作の魅力を伝えてください。

中村監督:
僕は子どものころから忍者好きだったので、僕の中の忍者映画がつまっています。海賊も好きなんですけれど、日本人はやっぱり忍者だと思うんです(笑)。原作の本を読み終わって、その場ですぐ「映画化したい」と出版社に電話しました。そんな魅力も観てもらえるかなと思います。

MC:最後に大野さんよりメッセージをお願いします。

大野さん:
本当にいろんな要素がつまっていて、盛りだくさんな内容になっています。観ればわかります。映画を観た後に、友達や知り合いに「あれ良かったから観とけ」と伝えてください(笑)。そこは、みんなで助け合っていきましょう。ありがとうございます。映画、楽しんでいってください。

東宝website