Movie Movie

Return Page

福士蒼汰は初日、小松菜奈とサプライズレターに涙する!?
"時間"を巡るラブファンタジー『ぼく明日』ついに公開!!

2016年12月17日

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」初日舞台挨拶

<左から、三木孝浩監督、東出昌大さん、福士蒼汰さん、小松菜奈さん、山田裕貴さん>

150万部突破の大ベストセラーを映画化した「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」が12月17日に公開を迎え、東京・日比谷のTOHOシネマズ スカラ座にて、舞台挨拶が開催! 主演の福士蒼汰さん、小松菜奈さんに、東出昌大さん、山田裕貴さん、三木孝浩監督が登壇し、会場は大きな盛り上がりを見せました。登壇陣は、映画のタイトルにちなんで「ぼくは来年、●●と●●する!」と抱負を発表! さらに三木監督からサプライズで福士さん、小松さんに手紙が! 果たして二人の反応は...? こちらの白熱の舞台挨拶の模様をレポートいたします。


福士蒼汰さん(南山高寿役)

皆さんが、どんな感想を抱くんだろうという気持ちと、1月に撮影した作品が本日公開されるということで、感慨深く、嬉しいです。
小松菜奈さん(福寿愛美役)

大切な何かに気づいてもらえる映画に仕上っていると思います。
東出昌大さん(上山役)

台本をいただいたとき、この映画は福士さんと小松さんの映画だと思いました。私は焼き魚定食の大根おろしみたいな気持ちで演じました(笑)。
山田裕貴さん(林役)

登場するシーンが少なかったにもかかわらず、初日舞台挨拶に参加できることを嬉しく思います。福士さんとはプライベートで仲が良いです。三木監督とも今回3作目です。「友人役は山田でいいんじゃないか」って呼んでもらえたことが嬉しかったです(笑)。
三木孝浩監督

キャスト、スタッフ一同、愛情込めて作った作品を皆さまにお届けできることが嬉しいです。

MC:上映後の舞台挨拶で初めて泣いちゃった方はいますか?

東出さん:
私も台本を読みながら泣いてしまいました。

三木監督:
上映後のお客さんの反応見ることができて嬉しいです。

福士さん:
舞台挨拶に出るタイミングで、「お客様が、お化粧直ししています」と案内がありました(笑)。感動して泣いてくれたんだなと実感しました。

小松さん:
原作を読んでいない方には難しい作品かなと心配していました。でも作品を観て、感動してくださる方がたくさんいて嬉しいです。

MC:今日は一つ「お題」があります。タイトルにかけまして、「ぼくは来年、●●と●●する」と抱負を書いていただきました! それでは挙手制で早いもの勝ちです!

東出さん:
「私は来年、母と旅行する」。そろそろ親孝行したいです。親孝行は親がいるうちにしかできないので、初任給で親と一緒にこの映画を観に来て泣いてください。

MC:行きたいところはあるんですか?

東出さん:
母も仕事しているので、休みがとれたら海外に連れていってあげたいです。

三木監督:
自分が父親になると親のありがたみを実感します。

小松さん:
東出さんと一緒ですが、「私は来年母と旅行に行きます」。昨年、母と二人で竹富島と西表島と石垣島に行きました。二人で話せるいい時間だったので、また行きたいと思いました。次は違うところに行く予定で計画を練っています。母も喜んでくれました。

三木監督:
「私は来年、本気でダイエットする」。先日のイベントの写真を見て「監督ぽっちゃりされました?」と連絡がありました。自覚症状はありました(笑)。でも人に言われるとへこみます。舞台に立つことを意識して痩せたいと思います。

福士さん:
「私は来年、料理下手とおさらばする」。私は普段全く料理しないです(笑)。今回も京都で一カ月撮影で過ごしていたんですが、料理できなかったので、来年は頑張って料理に挑戦します。

東出さん:
京都滞在中に、「料理しました」って聞いたので「何を作ったの?」って聞いたら、嬉しそうに豚の生姜焼きを作ったと聞きました。

福士さん:
美味しかったです。でも、生姜焼きの素を使って作ったので、来年はそれを使わずに作ってみたいです。

山田さん:
「私は来年、たくさんの人を仲間にする」。人との縁で仕事しているんですが、私は恵まれてると思うので、さらにたくさんの人と知り合い、味方にしてお仕事していきたいと思います。

MC:福士さんと小松さん、監督からクランクイン前にお手紙をもらいましたよね? 本日は監督が二人に内緒で手紙をご用意してくださいました!

三木監督:
福士蒼汰さん、小松菜奈さん、本日無事映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の初日を迎えることを嬉しく思います。思えば撮影が始まったのは今年の1月、寒さの厳しい京都、宝ヶ池が凍るくらいの極寒の中、二人の温かい空気で楽しく撮影することができました。福士蒼汰さん、今回、本来のカッコよさを封印し、ださカワイイ南山高寿を楽しみながら演じ、見た目にも精神的にも成長していく姿を見事に表現してくれました。二人きりのシーンが多い撮影の中で、映画の中で愛美に翻弄される役どころでしたが、現場では小松さんが緊張しないようにリラックスした空気を作ってくれました。その立ち振る舞いのイケメン度もさることながら、現場で心の余裕を常に持って臨んでくれていたのが印象的でした。その裏では準備を怠らず、高い意識で作品に向き合ってくれていたように思います。役者・福士蒼汰は、本人も望むように、国内にとどまらず、海外でも活躍できるモチベーションの高さと力を持っていると感じました。これからも高みを目指していく福士蒼汰を見せてほしいと思います。
そして、小松さん。今回の福寿愛美という役はビジュアル的なかわいらしさを求められると同時に、物語のファンタジーの部分を表現しなければならないため、難しい役だと思います。企画をもらって一番不安だったのが愛美というキャラクターであり、その演出についてでした。撮影前に、リハーサルを行いましたが、現場に行かないとわからない部分がありました。マネージャーさんからもクランクイン前に小松さんが悩んでいると聞きました。小松さんは、現場では悩みを感じさせることなく明るくひたむきに物語の中で生きようとしてくれました。印象的だったのは最初の駅でのシーンです。天候や電車のタイミングもあって集中しづらい環境の中、嘘の涙で芝居することを選ばず、自分の感情が動いて涙が流れるまで絶対にあきらめませんでした。何度も粘って本気の涙が流れるのを見た瞬間、それまでの不安が全部消え去って、救われた思いがしました。ファンタジーという大きな絵空事で、人の体温を感じられたのは、自分の身を削って愛美に魂を吹き込んでくれたからであり、そんな小松さんが全身全霊で演じることができたのも、隣りでいつも福士さんが柔らかい空気で包んでくれていたからにほかなりません。二人でなければこの物語は成立しませんでした。高寿が福士さんで、愛美が小松さんでよかったです。撮影期間も物語同様に約30日でしたが、二人のおかげで私にとっても、幸せで奇跡的な時間を過ごすことができました。二人はこれからも映画に出演すると思いますが、振り返ったとき、この映画で過ごした日々が、二人にとって大切な記憶として残ってくれていたら嬉しいです。そしてまたどこかで、別の物語で巡り合えることを願っています。公開初日のよき日にこの映画で巡り合えたことを感謝して。
2016年12月17日 三木孝浩。


福士さん:
嬉しいです。監督とは京都の撮影期間中、役の話はしましたが、監督の気持ちを聞くことがなかったです。今日、監督の思いを聞けて嬉しいです。私もこの作品で三木監督が監督で、小松さんが愛美でよかったと思います。また、盛り上げてくれる二人(=東出さん&山田さん)がいて、本当に良かったです。

MC:小松さん、大丈夫ですか?

小松さん:
大丈夫じゃないです! いろいろ思い出してしまって...。しゃべれません...(泣)。

三木監督:
二人ともがんばってくれました。二人だけで進む映画ってあまりないので、それだけ二人に懸かるプレッシャーは大きかったと思います。頑張ってくれた結果が映画に出ていると思います。

MC:最後に、福士さんからメッセージをお願いいたします。

福士さん:
この作品の大きなテーマに「時間」があります。「その時間、一瞬一瞬をどう過ごすか?」「誰と過ごしていくか?」「時間にどう意味づけしていくか?」考えられる映画になっていると思います。一度のみならず2度、3度と楽しめる映画なので、ぜひ何度も劇場に足を運んで思いを感じ取っていただければ嬉しいです。

東宝website