Movie Movie

Return Page

日本・中国共同製作
映画「空海―KU-KAI―」製作発表会見

2016年10月28日

「空海―KU-KAI―」製作発表会見

<左から、島谷能成東宝株式会社代表取締役社長、鄭永華中国駐日全権大使、松坂慶子さん、
萩生田光一内閣官房副長官、夢枕獏さん、角川歴彦株式会社KADOKAWA取締役会長>

150億円の製作費をかけて、日中合作で夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を実写化する一大プロジェクト映画「空海―KU-KAI―」の製作発表会見が、10月28日、第29回東京国際映画祭にて開催されました。株式会社KADOKAWAの角川歴彦取締役会長、配給協力の東宝株式会社・島谷能成社長、鄭永華中国駐日全権大使、萩生田光一内閣官房副長官、そして、原作者の夢枕獏さんと、本作に出演している松坂慶子さんが出席しました。陳凱歌(チェン・カイコ―)監督、空海役の主演・染谷将太さん、白楽天役の黄軒(ホアン・シュアン)さんは撮影が佳境のため、出席はかないませんでしたが、ビデオメッセージが届けられました。こちらの会見の模様をお届けいたします。


  
  
 
■陳凱歌(チェン・カイコ―)監督、染谷将太さん、黄軒(ホアン・シュアン)さんからのビデオメッセージが流されました。

陳凱歌(チェン・カイコ―)監督:
「6年かけて襄陽の沼地に広大な唐のセットを作りました。この映画が夢の唐の時代にみなさんをお連れします。皆さんの応援に感謝いたします。」

染谷将太さん:
「空海という役をやれることに幸せをかみしめております。監督をはじめ黄軒(ホアン・シュアン)や中国の素敵な役者さんたちと共演できて本当に刺激を受けています。そして素晴らしいセットで毎日ここで撮影しているだけでワクワクしています。早く皆さんの元へ届けたいです。」

黄軒(ホアン・シュアン)さん:
「この役を演じることにとても感謝しております。日本の俳優さんたちの仕事への誠実さや情熱を感じています。」


株式会社KADOKWA・角川歴彦取締役会長

本日は「空海―KU-KAI―」の製作発表会見に多くの方にご参加いただきまして、心から感謝しております。私にとっては、ずいぶん長い道のりをたどってようやくここまでたどり着いたという感じです。
監督との出会いは「始皇帝暗殺」にさかのぼります。資料では「構想5年」とありますが、8年くらい前から、「陳凱歌(チェン・カイコ―)監督と一緒に日中合作映画を作りたい」と申し入れておりました。その際に、二つほど大きな障害がございまして、一つは中国の映画マーケットでした。いまは日本の数倍、アメリカと肩を並べるほどで、合作し合うマーケットが非常に大きく成長しましたが、当時はマーケットがなく、「合作」という言葉を使えなかったんです。
もう一つはなんと言っても原作です。夢枕獏先生の原作にたどり着くまでに時間がかかりました。何千年の日中の交流の中で遣唐使船というテーマで有名な人は何人もいますが、何と言っても空海と阿倍仲麻呂が有名です。二人が活躍した時期は50年の隔たりがあっても、夢枕さんの原作では一つの物語となっており、中国語でも翻訳され中国でも大ベストセラーです。先生と旅行しますと中国ではサインを求められるほどです。こうして合作となって、私としてもこんなに嬉しいことはありません。
東宝株式会社・島谷能成代表取締役社長

この話を角川さんに伺い、スケールにびっくりするとともに、「一緒にやろうよ」と声をかけていただいて光栄に思っています。スケールもさることながら意味合い、日中・中日の映画人の距離が、この作品を通じて大きく縮まり、近づいていく本当に大きな一歩になる作品だと思います。
そんな大きな意義と同時に、最初に話を聞いて、何より中身に惹かれました。夢枕先生の原作で2001年に「陰陽師」をやらせていただき、今年は「エベレスト-神々の山嶺-」を角川さんが製作、東宝が配給しました。先生の作品には「センス・オブ・ワンダー」と申しますか、たくさんの不思議が込められています。その不思議が陳凱歌(チェン・カイコ―)という世界的マエストロの手で、中国のロケ―ションで、いったいどんな世界になるのか? 本当にワクワクする企画であります。中国では大規模公開され大成功するでしょうが、もちろん、日本でも負けないくらいの大展開をしていきたいと思います。2018年、我々の最高の力を尽くして劇場編成、興行宣伝を通じて貢献していきたいと思います。よろしくお願いいたします。
鄭永華中国駐日全権大使

映画界を代表されるみなさん、萩生田内閣官房副長官とともに発表会に出席できて、嬉しく光栄に思います。お二人がお話した通り、映画での交流は日中両国の交流として今までもたくさんありました。80年代から「未完の対局」、「敦煌」、「鑑真」、「単騎、千里を走る。」など多くの素晴らしい映画が誕生し、国民の相互理解、交流を深める大きな役割を果たしました。今回の「空海―KU-KAI―」は、遣隋使、遣唐使の時代、日中の友好文化交流の一つの物語です。空海は、代表的な人物ですが、彼以外にも阿倍仲麻呂や鑑真などが日中両国の間の困難を乗り越えて交流してきました。空海が滞在していた寺の当時の住職が空海を気に入り、彼が日本へ帰国するとき、住職の最も大切な伝家の袈裟(僧侶の衣服)を託したそうです。
私も、日本にいる間も高野山に何度も参りましたし、中国でかつて空海が学んだ寺に、80年代、自転車で探して伺ったりなどしました。私自身、尊敬し興味を持っています。二年ほど前に陳凱歌(チェン・カイコ―)監督から相談があり「日本のみなさんと『空海』という映画を協力して作りたい。」と言われ「私としても支持します」と言いました。今回、日中豪華キャストが集い、夢枕獏先生の原作を通して、両国の映画人のサポートで、必ず素晴らしい映画ができると期待しております。
萩生田光一内閣官房副長官

日中合作の会見に鄭永華大使と共にお招きいただきましたことを心から御礼申し上げます。内閣官房副長官というと、昨今、ロングランが続く「シン・ゴジラ」で長谷川博己さんが主演を務めており、取材が増えました。今日の陪席もそのおかげかもしれません(笑)。安倍内閣では映画というツールをアベノミクスの経済効果につなげていこうと、今回の「空海」も全面的に支援させていただきます。

私自身、北京に7月に出張し、映画関係者のみなさんと意見交換をしました。ビックリしたのは、中国全土で4万スクリーンを超える映画環境が整っており、2007年には年間100本の映画が作られていたのが、いまは年間700本作られているということです。この勢いを肌で感じました。中国でも人気の高い文豪・夢枕獏先生の「沙門空海唐の国で鬼と宴す」を原作に、巨匠・陳凱歌(チェン・カイコ―)が監督をする大作です。既に湖北省の襄陽の街にセットができているんですが、日本で言うセットとは違い、街が新たにもうひとつでき上がっているくらいの感じです。公開後、映画に感動した両国民が新たな観光地として襄陽市へ集うことができれば素晴らしいと思います。
また、原作、監督、俳優と、まさに両国の第一線のクリエイターが集い、協力し、映画に取り組むのはこれまでにほとんど例のないことと聞いており、まさに合作中の合作と言えるかと思います。優れたコンテンツは国境超えて伝わるだけでなく時間・世代を超えて伝わっていくものです。本作もいまの世代だけでなく、時間を超えて将来の世代の両国民に感動してもらえることを、今から楽しみにしています。時には、私たち政治家の難しい話し合いより、一本の映画が両国民を近づけることがあります。来年は日中国交正常化45周年、再来年は日中平和友好条約40周年を迎えます。この機会にぜひ日本と中国のいいコンテンツをつなぎ合わせ、両国民が楽しめる様々な展開をしていきたいと思います。一つの映画を両国民が作り、それを楽しむことで関係はより緊密なものになると確信しております。映画の成功と文化交流を記念してご挨拶とさせていただきたいと思います。
原作・夢枕獏さん

初めて空海の物語を描こうと思ったのは40年くらい前で、取材で10数年、一行目を書き始めてから書き終えるまでに17年くらいかかりました。30年ほど前、30歳そこそこの年齢の時に、たった一人でザック(登山用のリュックサック)を担ぎ、香港へ行きました。当時は交通機関も便利ではなく、筆談で長安まで行って、いろんな取材をしました。そのとき描いた作品がこういうことになるとは当時は夢にも思っていなかったです。
3日前まで撮影現場に行かせてもらい、現場の風景を見ましたが、素晴らしかったです。物語の中に出てくる清流寺、西明寺も西の市もあり、長安の街があるんです。昔、自分が頭の中に描いていた情景がそこにあって、(自分が)歩いているというのがなかなか信じられず、ドキドキする体験でした。つくづく思ったのは、今回の映画は遣唐使船そのものである気がしています。昔の遣唐使船は、日本が唐の国まで送り、唐の国からいろんなものを吸収する船でした。今回は相互通行の遣唐使船だと思います。映画ができて、昔の遣唐使船の役割を映画が果たすこと心から願っております。
松坂慶子さん(白玲役)

1980年代に日中友好映画祭で北京を訪問し、それからご縁が続き、今回、長年の憧れの陳凱歌(チェン・カイコ―)監督の作品に出演・演出を受けることができて、夢のようです。4月1日にオファーいただき、「エイプリルフールだし、夢なら覚めないで」という思いでした。その日は雲の上を歩いて家に帰ったと思ってしまうくらい嬉しかったです。
そして、9月に襄陽で大唐時代の壮大で緻密で一日がかりでは見切れないほどの本当に大きな建造物の中で撮影をしました。監督の美や映画への真摯な思いが貫かれていて、撮影現場では教わることが多かったです。私の役について、監督からは「日本の女性は控えめな美しさを持っている。白玲さんは日本の女性の伝統的な美が備わっている女性です。」というお話がされました。撮影の3日くらい前に現場に入って、二日間は衣装合わせをしました。スタッフと(衣装を)作り直す感じで進めて、「白玲は、美しく若々しくあればあるほどいいです。」ということだったので、赤いかんざしもが用意され、スタッフが徹夜で金の細工を描いたり、帯も紅色で新たに作り直したり、監督の意向で新たな白玲像を作り上げました。大唐時代を再現したロケセットもパワーがありますし、監督の描く世界もその時代に第一線で活躍した方たちの生命力やパワー、美意識があふれていて教わることが多かったです。夢枕獏先生の原作、監督が作り上げた作品の美とパワーで、ご覧になった方を酔わせてくれることと思います。

【質疑応答】

Q:松坂さんは、染谷さんとの共演はいかがでしたか?

松坂さん:
染谷さんは若いのに落ち着いていて、映画を愛していて、志高く、天才と言われた若き日の空海に本当にぴったりだなと思いました。撮影中も「スタートはこの言葉で掛かりますよ」とか細やかにアドバイスをいただき、大変頼りがいがありました。

Q:松坂さんも中国語での演技もあったかと思いますが、中国での撮影はいかがでしたか?

松坂さん:
ちょうど着いた日が中秋の名月で、十五夜と重なるときでした。45年に一度の大変おめでたい日だということで、その時期は日中は休んで、夜間の撮影からスタートしました。夕方5時から夜明けまで撮影するというサイクルでしたが、監督が「せっかくなので」と宴を催してくれて、みんなで食事を囲みながら、映画のことやいろんな話をしました。リラックスできて士気も上がったし、とてもいい日に襄陽入りができたと思います。撮影の準備から撮影中も、監督がわかりやすくアドバイスをくれて、戸惑うことはなかったです。監督が表現したいこと、そこに向かってみんなで一緒になって、和気あいあいとした雰囲気で、でも真剣に作り上げていく活気ある現場でした。(撮影シーンは)空海との会話がメインでしたが、白楽天と話すときは、中国語のセリフが二言ほどありました。中国語では抑揚をつけることも大切だったので難しかったけれど、私もどうやら普段から抑揚ある喋り方をしているようで「中国語に向いている」と言われました。現場ではなるべく中国語で話すようにしていたので、帰る際に日本の空港の税関で「謝謝」って言ってしまい、ずいぶん没頭していたんだなって思いました。

Q:角川会長と島谷社長、150億円をかけてのプロジェクトということで、これが実現した理由と今作にかける期待をお聞かせください。

角川会長:
金額を言うと麻痺すると思いますけれど、今日の映像を見たら本当にすごいと思ってもらえると思います。僕も40度の暑さの中、建築の現場に1時間ほどいました。暑かったんですが、僕の立場上いやと言えず...(笑)。この映画では大唐時代を再現していますが、そっくり再現して作ってもつまらないので、たとえば半月のように反り返った石垣を作ったりしました。これが監督の美意識です。当時は世界の美の最高峰だったのをふまえて、それを現代に映しています。正直、「三割、脚本の段階で(企画が)流れてしまうんじゃないか」と思うくらい、いろんな困難がありました。キャストの松坂さん、染谷くんは二人とも監督の指名です。染谷くんは、本当に見事な空海を演じていて「安心していいよ」と監督からメッセージをいただきました。監督の松坂さんへの思い入れも深く、今日のお話を聞いて、監督が松坂さんを大事にしているのがひしひしと伝わってきました。今期、東宝さんと組んで「がっぷりよつで行こう」と言っていただき感動しています。その熱意をそのままに公開まで走っていきたいと思います。

島谷社長:
東宝は製作には関わってないのですが、我々の側から見て、日中の映画人がキッチリ作って両国で公開していこうという最初の一歩なんじゃないかと思います。日中の映画作りの歴史は「敦煌」をはじめ、いろんな作品がありましたが、今回は角川会長と陳凱歌(チェン・カイコ―)監督が、最初の企画から手を組んで、10年近くの時間をかけて一から作ってきたという意味で初めてのことです。日本の映画界から見ても重要な作品であり、配給サイドから見ても魅力的な作品です。今日、メイキングビデオの陰影豊かな映像を見て、この夢枕獏さんの原作をなぜ監督が選ばれたのかがわかる気がしました。空海と白楽天という二人の日中のスーパースターが、どんな謎を追っていくのか? 娯楽映画として一級の可能性を秘めています。中国で大ヒットすると思いますけど、負けないように日本でも大ヒットさせて、萩生田さんにもう一度お越しいただき、鄭大使と共に大ヒットパーティができるように頑張っていきたいと思います。

東宝website

2018年、公開予定! ©New Classics Media Corporation and Kadokawa Corporation 2016