Movie Movie

Return Page

土屋×竹内の30cm身長差カップルが浴衣姿で登場!
「青空エール」青空夏祭りイベント

2016年08月16日

「青空エール」青空夏祭りイベント

<中央左から、土屋太鳳さん、竹内涼真さん>

人気女性漫画家・河原和音の代表作で累計390万部を突破した切なくも温かい"両片思い"コミックを実写化した「青空エール」。映画の公開が迫る8月16日、アニヴェルセル 東京ベイのガーデンにて、「青空夏祭り」イベントが行われ、土屋太鳳さんと竹内涼真さんが浴衣姿で登場いたしました。
本作はトランペット初心者ながらも名門の吹奏楽部に入部した土屋さんが演じるヒロイン・小野つばさと、竹内さんが演じる甲子園を目指す野球部員である山田大介が、共に応援しあいながら夢に向かって進む姿を描いています。

イベントでは、土屋さん、竹内さんが「理想の夏デート」について語るとともに、「吹けール!肺活量対決!」「投げール!浮き輪投げ対決!」「割れール!風船膨らませ対決!」の本気の3本勝負が行われました! 体育会系で負けず嫌いの二人が繰り広げた熱い勝負の行方は? 映画のヒット祈願とともに、バルーンリリースも行われた、イベントの様子をレポートします。

土屋太鳳さん(小野つばさ役)

今日は、台風が近づいていてお天気も心配だったんですけれど、青空も見えてよかったです。本当に来てくださってありがとうございます。最高の夏休みにしたいと思います。短い時間ですが、一緒に思い出作りましょう。
竹内涼真さん(山田大介役)

皆さん浴衣を着てきてくれたんですね。嬉しいです。公開前の最後のイベントなので、盛り上がって夏の思い出を作りたいと思います。


MC:お二人の浴衣姿、絵になりますね。劇中では、大介くんは制服を着ていて、二人が浴衣姿というのは初めてになります。お互いの浴衣姿はどうですか?

土屋さん:
ありがとうございます。撮影では、涼真くんはいつも野球のカバンを持って焼きそばを食べていました。浴衣男子っていいなって思います。顔もキリッとしているので、日本男児って感じがします。

竹内さん:
ありがとうございます。(土屋さんの浴衣姿を)いやー、素晴らしいですよ。言うことなしでございます。

土屋さん:
ありがとうございます。

MC:お二人が憧れる浴衣デートはどんな感じですか?

竹内さん:
なんだろう? でも、やっぱり、お祭りとか花火大会とかが多いよね。着る場所も限られるし、女の子も大変だよね。

土屋さん:
そうですね。でも、せっかく浴衣を着るのであれば、粋なデートをしたいなって思います。たとえば京都とか、神奈川とか、東京で言ったら下町の歴史を感じる場所に行きたいです。

竹内さん:
僕も鴨川に座ったり、歩いて街並みを見たいです。それで、付き合っている彼女が靴擦れをして、「ちょっと待っていろ」って絆創膏を...(笑)。

MC:何か夏らしいことはできましたか?

竹内さん:
僕は、まだ言えないんですけれど、ある旅番組で瀬戸内海のしまなみ海道を自転車で横断しました。お仕事では夏らしいことはできたかなって思います。

土屋さん:
私はこの間、涼真くんと甲子園に行くことができました。市立尼崎高校に行って、吹奏楽部にお邪魔しました。「これがつばさちゃんと大介くんが目指していた夏なんだな」って思ってすごく感動しました。

竹内さん:
あれが高校球児が絶対目指したくなる場所なんだなって思いました。

土屋さん:
本当に感動しました。パワーがすごかったです。

竹内さん:
皆さん、甲子園は見ていますか? ただ、テレビで見るのと実際に甲子園球場で見るのとでは全然違うんです。

土屋さん:
もう応援が地鳴りのようなんです。雰囲気を染めてしまうというか...。そこで踏んばってプレーをしている高校球児はすごいなって思います。

MC:この夏、やり残したことはありますか?

竹内さん:
「青空エール」のキャストのみんなでバーベキューをやりたかった。

土屋さん:
それ! 高尾山が好きでよく行くんですけれど、高尾山の頂上でビアガーデンをやっていて、夜景を見ながらビールが飲めるみたいなんです。堀井新太くんとか、葉山奨之くんもビールが好きだから、いいんじゃないかなって思っていました。行きたいなあ。

MC:本当にいいチームだったんですね。

土屋さん:
楽しかったですね。でもやっぱり大変でした。

竹内さん:
大変なこともありました。グラウンドのシーンはスタンドとグラウンドに分かれるのでカメラマンさんが行ったり来たり...。

土屋さん:
監督がちょこちょこって走ってきて、「もう一回」って言うんです。繊細な部分なのですごく難しかったですけれど、毎回、監督が走る姿を見ると癒されました。

MC:一緒にいて共感できるところはありますか?

竹内さん:
お互いスポーツをやっていたので共感できる部分も多いです。太鳳ちゃんはめっちゃ体育会系なんです。

土屋さん:
涼真くんも、体育会系なんです。

竹内さん:
そうそう。いろんなところが似ていて自然と波長が合いました。浜松で2週間撮影があったんですけれど、一緒にランニングに行ったりしました。

土屋さん:
浜松の街を1時間走りました。

竹内さん:
そうなんです。知らない街を感覚だけで走って、僕が道に迷いました。太鳳ちゃんの指示に従ったらホテルに帰れました(笑)。

MC:お二人とも、熱い体育会系ということで、本気の勝負をしてもらいたいと思います。ガチなので、負けた人には罰ゲームをやってもらいたいのですが...。

竹内さん:
やりますか? じゃあモノマネ?

土屋さん:
やります!

竹内さん:
もちろん、太鳳ちゃんに勝たせてあげたい部分はありますが...。勝負だから、ごめん、勝つ!

土屋さん:
涼真くんのこと、すごく尊敬していますが、全力で勝ちにいきたいと思います。

MC:3本勝負、1本目は「吹けール!肺活量対決!」。肺活量を競ってもらいます。成人男性の平均は3000~4000cc、女性の平均は2000~3000cc。平均のデータをみると、普通は土屋さんが不利のように思えますが...。

竹内さん:
太鳳ちゃんは普通じゃないですから(笑)。現役の時、100m、13秒ですよ。

MC:では、土屋さん、吹いてください、どうぞ。

■土屋さんの肺活量測定。


MC:結果を発表します。5210ccです。平均を軽く超えてしまいました。

竹内さん:
嘘でしょ? これ、平均とかのレベルじゃないですよ(笑)。

MC:竹内さん、男として負けていられないですよ。では、どうぞ!

■竹内さんの肺活量測定。


MC:これまた、素晴らしい数値が出てまいりました。竹内さんの肺活量は、7340cc。ということで、1本目の勝負は竹内さんの勝利です。

竹内さん:
ありがとうございます!

MC:土屋さん、どうでした?

土屋さん:
これは、負けましたが、次こそは!

MC:続きまして、2本目は「投げール!浮き輪投げ対決!」。お客様が持っている棒に向かって浮き輪を投げて、差してもらいたいと思います。3本勝負となっています。土屋さんから、どうぞ。

■1投目は土屋さんは失敗、竹内さんは成功。2投目は二人とも成功。3投目は二人とも失敗し、竹内さんの勝利。


MC:これで、2勝0敗ということで、普通だと竹内さんの勝負ということになりますが、この映画は8月20日公開ということで、最後の勝負は820点、差し上げます!

竹内さん:
よくテレビで観るやつだ(笑)!

MC:3本目は「割れール!風船膨らませ対決」。風船割りゲーム機で早く風船を割った方が勝ちとなります。では、スタート!

■浴衣の乱れも気にせず、風船を割った土屋さんの勝利。


MC:土屋さんは、1回ごとに目に見えて風船が大きくなっていましたね。負けた竹内さんには、モノマネをお願いします。

竹内さん:
考えたらモノマネをやったことがなくて...。最近好きな芸人の永野さんのモノマネをします。手拍子、いいですか(会場拍手)? (踊りながら)ピカソより、普通に太鳳ちゃんが好き! ラッセンより普通に太鳳ちゃんが好き! はーい!


土屋さん:
さすが(笑)!

MC:これだけ素晴らしいものを見たら、土屋さんとしては負けていられないんじゃないかと思いますが、どうでしょうか(会場歓声)?

土屋さん:
私も初めてですが、最近YOUさんのモノマネに挑戦しているのでちょっとやってみます!

MC:では、お願いします。

土屋さん:
(YOUさんのモノマネで)なんでかな。だから~。

竹内さん:
似ている(会場拍手)!

MC:これは初めてやりましたか?

土屋さん:
初めてです。ちょっと何かできないとダメだなと思って、自分の引き出しを増やしていこうと思いました。

竹内さん:
ストイックだな。

MC:最後に土屋さんと竹内さんによる、バルーンリリースを行います。「青空エール」は、ずっと下ばかり見ていた主人公が大切な人に出会って、青空を見上げるようになり、奇跡を起こしていく青春ラブストーリーです。この夏、たくさんの奇跡が起きました。この夏、たくさんの出会いが届きました。本作をこの空に想いを届けるために、お二人の想いを込めて空にエールを送ってもらいたいと思います。では、よろしくお願いします。

■土屋さんと竹内さんがバルーンリリースを行いました。


MC:お二人は、バルーンにどんな想いを込めましたか?

竹内さん:
すごいですね。「青空エール」が皆さんに届いて、たくさんの方に観てほしいなと思っています。短い時間でしたが皆さんと一緒に過ごせた楽しい時間の打上げとして、バルーンがきれいにあがってよかったです。

土屋さん:
私は、今日この場にいられたことへの感謝の気持ちと、空が優しく希望にあふれている場所であってほしいなと思って、バルーンをあげました。

東宝website