Movie Movie

Return Page

日本映画を代表するオールスターキャストが最後の集結!
前後編2部作の超話題作が堂々の完結へ!!
「64-ロクヨン-後編」初日舞台挨拶

2016年06月11日

「64-ロクヨン-後編」初日舞台挨拶

<左から、横山秀夫さん、坂口健太郎さん、窪田正孝さん、緒形直人さん、吉岡秀隆さん、瑛太さん、榮倉奈々さん、
佐藤浩市さん、綾野剛さん、永瀬正敏さん、三浦友和さん、夏川結衣さん、滝藤賢一さん、瀬々敬久監督>

横山秀夫の累計170万部突破の大ベストセラーを豪華キャストで前後編2部作で映画化した「64-ロクヨン-」。5月7日に公開した前編に続き、完結編となる「64-ロクヨン-後編」が6月11日についに公開を迎えました。東京・有楽町のTOHOシネマズ 日劇では、主演の佐藤浩市さんをはじめ、綾野剛さん、榮倉奈々さん、夏川結衣さん、緒形直人さん、窪田正孝さん、坂口健太郎さん、滝藤賢一さん、吉岡秀隆さん、瑛太さん、永瀬正敏さん、三浦友和さん、瀬々敬久監督、そして原作者の横山秀夫さんの計14名を迎えての舞台挨拶が行われました。日本映画を代表する名優たちがそろい踏みを果たした舞台挨拶の模様をレポートいたします!

佐藤浩市さん(三上義信役)

本日はいい天気の中、映画館に足を運んでくださってありがとうございます。これだけ多くの方の前でご挨拶できるのは、「64-ロクヨン-前編」が多少はヒットしたおかげです(笑)。やっとここまで来ることができました。まだ「前編」も上映していますので続けて観てもらえたらと思います。

MC:「多少」ではなく「かなり」ヒットしています。

佐藤さん:
失礼しました(笑)。かなりヒットしているそうです!
綾野剛さん(諏訪役)

今、浩市さんの話を聞いて、改めて「後編」がスタートしたんだなという気持ちです。自分がこの「64-ロクヨン-」に参加できたことを幸せに感じています。ありがとうございます。
榮倉奈々さん(美雲役)

浩市さん、そして三上さんの大きな背中を近くで見られたことを幸せに思っています。浩市さんに向けてのうちわを持っている人がたくさんいて気になっています(笑)。
夏川結衣さん(三上美那子役)

こんなに多くの方がいらっしゃって、本当に嬉しく思います。一度キャンペーンに参加させてもらったときに何度かネタバレをしそうになって怒られたので...(苦笑)。今日はしゃべらないようにしようかなと思っています。楽しんでいってください。

MC:今日は上映後の舞台挨拶なので大丈夫です!

緒形直人さん(目崎正人役)

本日はわざわざありがとうございます。本当に難しい役でした。なかなか役の蓋が開かず、こじ開けて...こじ開けて無理やり役に入っていきました。入ったら入ったでまた大変でした...。こうして公開を迎えてようやく、役が離れていってくれるかなと思っています。
窪田正孝さん(日吉浩一郎役)

「前編」、「後編」とこの作品に参加させてもらったことをすごく光栄に思っています。14年間という時間の葛藤を短い時間で演じるのは難しかったのですが、すごく刺激になり、勉強になる日々を過ごすことができました。
坂口健太郎さん(手嶋役)

僕はこの中で唯一平成生まれで、昭和という時代を知らないんです。僕は浩市さんに盾突く役だったのですが、浩市さんのお芝居、背中を見て、役者として勉強させてもらいました。素晴らしい作品、キャストの方と共演できて自分の中ですごく糧になりました。感謝しています。

佐藤さん:
たいして、見られるような背中でもないけれど...多少背中の丸みが気になるかな...(笑)。そんなところです。
滝藤賢一さん(赤間役)

また嫌な役を演じてしまいました...(苦笑)。本当の僕は愛妻家で4人の子どもを育てるイクメンです!
吉岡秀隆さん(幸田一樹役)

こうして名作が生まれた瞬間に立ち会えて俳優として幸せです。今日はありがとうございました。
瑛太さん(秋川役)

昨日、朝早くから浩市さんと電波ジャックをさせてもらったのですが、浩市さんは200近い媒体からの取材を受けられていました。この場を借りて浩市さん、お疲れ様でした。そして本当にたくさんの方が観に来てくださり、多くの方のお力添えがあって映画を届けられるんだなと深く感じました。本当にありがとうございました。
永瀬正敏さん(雨宮芳男役)

わざわざお越しくださってありがとうございます。皆さん、また観に来てください!
三浦友和さん(松岡勝俊役)

浩市さんは何回目の舞台挨拶ですか?

佐藤さん:
地方も回ったので、13回ですかね?

三浦さん:
さっきもおっしゃっていましたが、200媒体もの取材を受けて、13回も舞台挨拶された浩市さんは本当に偉いです。今日、こうして見ると若い方がとても多いので、お父さん、お母さんをお誘いしてぜひまた観に来てください。
横山秀夫さん(原作)

後編も圧巻の仕上がりで、「64-ロクヨン-」は映画に乗っ取られてしまったような寂しい気持ちです。実は『64(ロクヨン)』の続編を書こうと思っていたんです(会場拍手)。ほとぼりが冷めた頃に、夫婦とあゆみちゃんが再会できる物語をさりげなく書こうと思っています。その時はまた読んでもらえたらと思います。
瀬々敬久監督

今日はありがとうございます。横山さんの原作とはラストが違っていますが、横山さんの魂、横山節を基盤に作っています。小説、映画それぞれの世界を楽しんもらえたらと思っています。最後には新しい年を用意しました。平成になって、そこに馴染めずに取り残されていった人たちに新しい年を用意して、映画の最後にしました。皆さんにも新しい年が来ることを願っています。ありがとうございました。


MC:監督、最後に公衆電話が着信しますが...。

瀬々監督:
まあ、皆さん、おわかりだと思います!

MC:佐藤さん、後編がようやく公開を迎え、一つの区切りと言えますが今の率直なお気持ちはいかがですか?

佐藤さん:
こういう作品ですので、キリキリしながら3カ月間、撮影をしていました。ようやく山頂にたどり着いて、「さあ、どんな景色だ?」と見たら雲海で何も見えなかったです。それが今日、「後編」の公開を迎えて、パッとお客さんの顔を見て、雲海が晴れて「あぁ、こういう景色だったんだ」とやっと見えました。ありがとうございました!

MC:最後に佐藤さん、メッセージをお願いいたします。

佐藤さん:
やっとここまで来ました。内容について四の五の言うつもりはありません。皆さんが観たものを持ち帰って、いろいろと感じてもらえたらと思います。本当に今日はありがとうございました!

東宝website