Movie Movie

Return Page

この冬、キッズのハートは妖怪が頂くでうぃっす!
長澤サンタとハッピーメリークリスマスだニャン!!
「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」初日舞台挨拶

2015年12月19日

「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」初日舞台挨拶

<後列左から、日野晃博クリエイティブプロデューサー、博多華丸さん、博多大吉さん、小桜エツコさん、
前列左から、フユニャン、堀ちえみさん、ジバニャン、長澤まさみさん、USAピョン>

昨年、空前の大ヒットを記録した「映画 妖怪ウォッチ」待望のシリーズ第2弾「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が12月19日に公開初日を迎え、東京・六本木のTOHOシネマズ 六本木ヒルズでは、ゲスト声優の長澤まさみさん、堀ちえみさん、博多華丸・大吉さん、そしてレギュラー声優の小桜エツコさん、日野晃博クリエイティブプロデューサーによる舞台挨拶が行われました!

2015年も残り2週間をきったこの日、間もなくやってくるクリスマスにまつわる思い出や、2015年を振り返っての感想、そして来年の抱負などが皆さんの口から語られました。会場に集まった子どもたちから、ジバニャンに大きな歓声が寄せられた舞台挨拶の模様をレポートいたします。

小桜エツコさん(ジバニャン役)

(ジバニャンの声で)みんな、映画館に来てくれてうれしいニャーン! オレっち、ジバニャン~! 映画、楽しんでくれてオレっちとっても満足ニャン。笑って泣けて楽しい映画ができたので、早くみんなに会いたかったニャン~!
ということで、小桜エツコです(笑)。よろしくお願いします。
長澤まさみさん(エミちゃん役)

皆さん、今日はどうでしたか? (拍手に)ありがとうございます。大人も子どもも楽しめる作品になっていると思います。たくさんの方に観てもらいたいなと思います。
堀ちえみさん(千秋先輩役)

今回は厳しい先輩役で、私が怖ければ怖いほど、まさみちゃんが演じるエミちゃんの一生懸命頑張って働いている姿が際立ったらいいなと思って、思い切り大きな声を出して演じてみました。普段は優しいお母さんで怒鳴ったりしないんですよ(笑)。いつもとはまったく違う役を演じて、とても新鮮でした。家族で映画を観たんですが、子どもたちも泣いたり笑ったりしていました。本当に親子で楽しめる映画ですので、ぜひ多くの皆さんに観てもらいたいと思っております。
博多大吉さん(犬まろ役)/博多華丸さん(猫きよ役)

華丸さん:
今日は我々の厳しい先輩、武田鉄矢さんがいないものですから、のびのびやらせてもらいたいと思います(会場笑)。

大吉さん:
ただ、映画をご覧になった皆さんはお分かりだと思いますが、我々のセリフの量...「あれだけでよくお前らそこに立っているな」と思っていると思います。その分いろいろなところで宣伝させてもらいたいと思っております(会場笑)。
日野晃博クリエイティブプロデューサー

今日はお越しくださって、本当にありがとうございました。クリエイティブプロデューサーとして、今回、企画と脚本を担当いたしました。前回の映画が大ヒットしてプレッシャーも大きかったんですが、スタッフといろいろと考えました。前回は大冒険でしたが、今回はテレビを見ている人たちが楽しめるものを作ろうと、一つ一つのエピソードがテレビの話の続きになっているという新しい試みを取り入れ、最後にはエンマ大王が出てきて大きく盛り上がるお話を作ってみました。僕らスタッフ一同、大変満足の出来になっておりますので、楽しんでもらえたのではないかなと思っております。


MC:これだけ豪華なキャストの皆さんが集まりましたが、皆さんの声優ぶりはいかがでしたか?

日野プロデューサー:
企画、脚本を担当していながら、毎回、(映像を観て)泣くというちょっと恥ずかしい状況になっておりました(笑)。皆さんの演技に助けられて、本当にいい作品になったと思っております。

MC:「妖怪ウォッチ」の大ファンの大吉さん、声優初挑戦でしたが改めて公開を迎えていかがですか?

大吉さん:
いろいろな感想を言いたいんですが、言えるだけのセリフ量が僕にはなかったので...(会場笑)。すみません、根に持っているみたいですが(笑)。全体のセリフの9割が「でろーん」なんですよ(会場笑)。なので、あまり演技のしようがなかったというのがあるんですが...。

華丸さん:
いやいや、いい「でろーん」が出ましたよ(会場笑)。

MC:小桜さん、お二人との対決はいかがでしたか?

小桜さん:
お二人に「でろーんでろーん」とされればされるほど、(ジバニャンの)ヒーロー度が増すので、「でろーんでろーん」としてもらってとても嬉しかったです(会場笑)。

MC:そして、エミちゃんとの感動の再会シーンもありました。いかがでしたか?

小桜さん:
嬉しかったです。(ジバニャンになる前の)アカマルとしてはエミちゃんに会うのが夢でした。映像を観ながらリハーサルをしましたし、試写会でも観ましたし、今日はここに来る前に朝早くから新宿で観てきたんですが、3回ともエミちゃんと会うところで泣いてしまいました。自分で演じているんですが...。やっと長澤さんご本人ともお会いできたので、感動しています。ありがとうございます。

MC:長澤さんも演じてみていかがでしたか?

長澤さん:
感動的だし、二人が一生懸命なので、観ているこっちも勇気づけられるシーンだなと思いました。

MC:さて、エピソード1では、ケータくんがいきなり妖怪になってしまいましたが、皆さんがもし妖怪になるとしたらどんな妖怪だと思いますか?

堀さん:
私は今回、CMでジバニャンになりました。

小桜さん:
あ! なっていましたよね! 観ました(笑)!!

堀さん:
そうなんですよ(笑)。なので、ジバニャンにすごく愛着が湧いてしまいました。ぜひ皆さんも紙袋でマイジバニャンを作ってお子さんを喜ばせてもらいたいと思います。

MC:長澤さんはいかがですか?

長澤さん:
大吉さんがものすごい「妖怪ウォッチ」ファンで、みんなにちょうどいい妖怪をあてはめて言ってくれるのがすごく面白かったです。だから、「妖怪ソムリエ」と私は呼んでいました(笑)。

大吉さん:
長澤まさみさんからハードルを上げられるとは思っていなかったです(会場笑)。

MC:「妖怪ソムリエ」ですか!

大吉さん:
普段の長澤さんはこう見えておとなしいというか、ちょっと暗いところがあるんですね(笑)。だから、「良かったらリビングにホノボーノなんて置いてみたらいかがでしょう?」とか、「たぶんドンヨリーヌがついているからなんじゃないですか?」とか...。皆さんのリアクションが0ですが、たぶん「妖怪ウォッチ」をやっていたらわかってもらえると思います(笑)。

MC:ホノボーノ、置いてみたいですか?

長澤さん:
置いてみたいし、なってみたいです(笑)。

MC:華丸大吉さんはいかがですか?

華丸さん:
やっぱり僕は福岡出身ですから、福岡の良さを全国に伝えるのが使命と思っているので、世の中にあるラーメンをすべてトンコツに変える、"妖怪替え玉"になりたいなと思います(会場笑)。

MC:みんなにトンコツを広めたいと...(笑)。

華丸さん:
そうです。臭いとは言わせない(笑)。嫌がられるかもしれませんが。

大吉さん:
相方がトンコツなら、僕はすべての鍋にニラを投入してもつ鍋に変えるとか、そういうのでしょうかね(笑)。

MC:ちなみに、堀さんを妖怪に例えると?

大吉さん:
今日の色合いが、わすれん帽に似ているなと思います。緑というだけなんですが(笑)。

MC:さて、間もなくクリスマスがやってきますが、クリスマスの思い出はどんなものがありますか?

堀さん:
毎年、クリスマスツリーは11月ぐらいから飾っています。あと、クリスマスといったらケーキと、チキンです。今年はそれにプラスしてトンコツラーメンを食べてみようかなと思います(会場笑)。

華丸さん:
ありがとうございます(笑)。紅ショウガを入れると、ちょっとクリスマスカラーになると思います。

大吉さん:
あとネギで緑を足すといいと思います。

堀さん:
アドバイスありがとうございます(笑)。クリスマスは家族で過ごします。

長澤さん:
私はクリスマスというと、いつも仕事のイメージがあるんですよね。でも、今年は友達とクリスマスパーティーをやろうという話があるので、パーティーの後にはトンコツラーメンを食べたいと思います(会場笑)。

華丸さん:
子どもの時はサンタクロースが来るのを楽しみにしていましたが、5年生の時に朝目が覚めたら枕元に5000円ありまして、手紙に「これで好きなもんば買いや」と書かれていた時に「おや?」と思いました(会場笑)。「たしか北欧から来ているはずなのに、なんで博多弁なんだ?」と思いましたね(笑)。

大吉さん:
事情があったんですよ(笑)。

MC:サンタさんも地元に合わせるんじゃないですか?

華丸さん:
そうですね、支社があったのかもしれないですね(笑)。そういう思い出があります。

大吉さん:
うちはサンタクロースが来る年と来ない年がありまして...父親が無職というのが非常に影響していたんですが(会場笑)。だから、来た年は良かったんですが、来なかった年はやっぱり寂しかったですね。それで次の日にお母さんに「なんで来なかったの?」と聞いたら、「来たは来たけれど、手ぶらやった」と言われたことをすごく覚えています(会場笑)。

華丸さん:
手ぶらで来ることがあるんですか(笑)。まあ、袋もいっぱい入っている時とそうじゃない時があるんでしょうね。

小桜さん:
うちも華丸さんの家庭と似ていて、ちょっとせっかちな家庭だったので、20日ぐらいになるとデパートのおもちゃ売り場に連れていかれて、5000円渡されて「これで好きなものを買ってこい」と言われていました(笑)。だから、サンタさんに会ったことがないんですよね。きっと来ていたんだと思うんですが、先に買っちゃったから...。待っていなきゃダメでしたね。

日野プロデューサー:
僕もそんなに記憶がないんですよね。ただ一つ覚えているのは、僕らの時代は靴下にプレゼントを入れることになっていたんですが、なぜか靴下に結んであったんですよね(笑)。「なんで結んであるんだろう?」と、不思議に思ったのを覚えています。

MC:そしてクリスマスが終わると、今年も終わりですね。今年2015年はどんな年でしたか? そして来年2016年はどんなことをしてみたいですか?

小桜さん:
2015年は、2014年の"妖怪フィーバー"をそのまま引き継いだ形で、毎日ジバニャンでした。いろいろなところでジバニャンの声を出していたような印象です。なので、2016年も引き続き、ジバニャンで全国を駆け抜けたいです。私の夢は、2016年に限らず、日野さんを日本のウォルト・ディズニーにすることなんですよ。なので、レベルファイブランドを福岡に作ってもらって、そこにレベルファイブのいろいろなキャラクターがいて、ジバニャンとパレードをしたりしたいです。なので、ぜひ企画頑張ってください(笑)。お願いします。

華丸さん:
福岡が盛り上がるようにお願いします。

MC:ファンの皆さんもテーマパークができたらぜひ行きたいですよね?

小桜さん:
あ、そんなでもないですかね(笑)。

華丸さん:
やっぱり福岡は遠いか(会場笑)!

日野プロデューサー:
東京じゃないとダメですかね...(笑)。

MC:日野さん、来年も「妖怪ウォッチ」の映画がありますし、どんどん盛り上げていかなきゃいけないですよね?

日野プロデューサー:
そうですね。来年もまた映画をやりますので、皆さんよろしくお願いします。先ほどちらりとヒントが出ましたが、来年は実写かもしれません...。

小桜さん:
ジバニャンも? 堀さんみたいに紙袋で実写になるとかですか?

日野プロデューサー:
もうちょっとCGとか使うんじゃないですかね...(笑)。まだ話せないので、あとで揉めるかもしれませんが、そういう面白い企画も考えていますのでぜひお楽しみに!

MC:今年はどんな年でしたか?

日野プロデューサー:
「妖怪ウォッチ」がヒットしてくれて、「妖怪ウォッチ」のスタッフのみんなといろいろな初めての体験をしました。世界にも羽ばたいて他の国でも大人気なので、2016年に向かって新しいことをしていきたいなと思います。

MC:堀さんはいかがですか?

堀さん:
私はこの一年の締めくくりに、我が家の子どもたちの大好きな「妖怪ウォッチ」に携われたということが一番嬉しいです。その関連で、25歳の長男がずっと観ていた「おはスタ」にVTRで出演できたのがすごく嬉しくて、「妖怪ウォッチ」の映画に私もたくさんの願い事を叶えてもらって、夢も持たせてもらいました。声優には初めての挑戦だったんですが、これからまた続けていけたら嬉しいなと思います。ありがとうございました。そして、いつも楽しく笑顔で過ごしているんですが、来年ももっと笑顔で過ごせたらいいなと思っています。家族みんなが元気で過ごせるように頑張っていきたいなと思います。

長澤さん:
今年は落ち着いて仕事と向き合えた年だったなと思います。充実した一年だったなと思いましたし、エミちゃんを演じたことで夢に向かって突き進んでいる人のかっこよさを改めて感じたので、エミちゃんみたいになれるように2016年も頑張りたいなと思います。

華丸さん:
自分のことになりますが、今年は初体験なこともいろいろ挑戦しました。今日は子どもたちが多いのでマージャンで例えると、多牌...(会場笑)。

大吉さん:
子どもたちには、マージャンはわからないですよ(笑)。違うのにしてください。

華丸さん:
競艇で例えると、えびす買い...(会場笑)。

大吉さん:
蛭子能収さんはそうやって買うけれども、子どもたちは全然ピンと来ていないから...(笑)。

華丸さん:
じゃあ、ビュッフェで例えると、おかず盛り過ぎでいっぱい残しちゃうみたいな(笑)。本当にいろいろやりすぎたので、来年はマージャンで例えると少牌でいきたいなと思います。

大吉さん:
あ、そこ戻るのね。

華丸さん:
あ、いや、身の丈に合った仕事をしたいなと思います。今日は武田さんがいないので、すみませんでした(会場笑)。いたら怒られるんですが。

堀さん:
今日が一番のびのびしていますよね(笑)。

大吉さん:
こんなわかりやすいやつ、いないでしょう(笑)。

MC:大吉さんはいかがですか?

大吉さん:
この前ヨロズマートに行ったのですが、犬まろと猫きよがメダルにもなっているんです。だから本当に、人生何が起きるかわからない。サンタさんが手ぶらでやってくる家に生まれた僕が、大人になったらメダルになるんですよ。夢が叶った2015年だったなと思います。そして、せっかくもらったキャラクターなので、今はメダルしかないですが、来年はフィギュアにしたりとか、クリアファイルにしたりとか、最終的には映画のスピンオフもいいんじゃないですかね?

日野プロデューサー:
聞いておきます(会場笑)。

大吉さん:
聞いておきます(笑)? 一応、実写というヒントはもらったので、とりあえず、華丸さんの目を充血させるところからやっていきたいと思います(会場笑)。

華丸さん:
海水で目を開けます(笑)。

■最後に、ジバニャンからメッセージが送られました!

ジバニャン:
笑って泣ける、とってもいい作品になったニャー! ぜひぜひ劇場に遊びに来てほしいニャン! もはやライバルは「スター・ウォーニャンちゃら」じゃなく、昨年のオレっちたちニャン! 歴史を塗り替えるニャンよ~! よろしくニャ~ン!

東宝website