Movie Movie

Return Page

「バケモノの子」公開直前イベント
【熊徹】と【くまモン】が映画「バケモノの子」大ヒット&「クマモトの子」キャンペーン成功祈願!

2015年07月06日

「バケモノの子」の主人公であるクマのバケモノ【熊徹(くまてつ)】と、熊本県の営業部長として熊本をPRする、あの! 人気者のクマ【くまモン】がタイアップした、映画を観た人に熊本の名産が当たる「クマモトの子」キャンペーン(九州発)に端を発し、この度、【熊徹】と、【くまモン】が「バケモノの子」の舞台である渋谷に出現!
「バケモノの子」本編にも登場するスクランブル交差点をバックに写真撮影を行い、【熊徹】が【くまモン】に渋谷を案内しました。

【熊徹】とお揃いの衣装を纏った【くまモン】は手を振ったり、愛嬌を振りまき往来の人々と交流。また、身長2.2メートルの【熊徹】には道行く人も驚いた様子で、立ち止まって写真を撮る様子も見られました。


渋谷駅にやってきた【熊徹】。



熊徹:
くまモン、よく来たな。

くまモン:
熊徹さん、初めましてだモン! 今日はよろしくだモン!!


熊徹:
よーし、今から渋谷を案内してやるから、ついて来い!

くまモン:
ワクワクするモン! ワクワクするモン!!


熊徹:
ここが渋谷駅だ。

くまモン:
テンションあがるモン!


熊徹:
あれが有名な渋谷のスクランブル交差点だ。スクランブル交差点を見たのは初めてか?

くまモン:
初めてじゃないモン! (自慢げに)実はスクランブル交差点発祥の地は熊本なんだモン!

熊徹:
そうなのか。じゃあ今度オレが熊本に行ったときは案内してくれよな。

くまモン:
もちろんだモン!


熊徹:
渋谷はどうだった?

くまモン:
楽しそうなところがいっぱいあるモン! もっと色々案内して欲しいモン!

熊徹:
よーし、分かった。後で、バケモノの世界にも連れて行ってやる。映画「バケモノの子」はどうだった?

くまモン:
とっても面白かったモン! 細田守監督に、次は熊本が舞台の映画を作って欲しいモン!

熊徹:
そもそもだけれど、お前も俺と同じバケモノだよな?

くまモン:
バケモノじゃないモン! 熊本県の公務員だモン!!

熊徹:
ところで、お前は弟子はいるのか?

くまモン:
弟子はいないけれど、ボクは部長だから部下がたくさんいるんだモン!


さらに、【熊徹】と【くまモン】は「バケモノの子」のプロデューサー・齋藤優一郎さんとともに、渋谷の金王八幡宮(こんのうはちまんぐう)にて映画の大ヒットを祈願。



またキャンペーンの成功もあわせて祈願するため、【くまモン】が熊本の特産物のスイカを持参し奉納しました。


おなかがひっかかって台座が危うく...!?


生憎の雨模様にも関わらず、境内にて【熊徹】が得意の剣術を【くまモン】に披露。【くまモン】は熊本特産の赤ナスを刀に見立てて受け太刀し、クマ同士の友情を深めていました。

東宝website