Movie Movie

Return Page

指原、エレキテルらメキシカンスタイルで全員集合!
"センター"はもちろんあの人で決まり!!

2015年04月05日

「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~」完成披露試写会

<左から、こおろぎさとみさん、ならはしみきさん、矢島晶子さん、指原莉乃さん、あけみちゃん、細貝さん、藤原啓治さん>

今作でシリーズ23作目となる「映画クレヨンしんちゃん」最新作で、野原一家がお引越し先のメキシコで大暴れする「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~」が完成いたしました。

これを記念して4月5日、東京・大手町のよみうり大手町ホールにて完成披露試写会が開催され、ゲスト声優を務めた指原莉乃さん(HKT48)、日本エレキテル連合の細貝さんこと中野聡子さん、あけみちゃんこと橋本小雪さん、レギュラー声優陣の矢島晶子さん、ならはしみきさん、藤原啓治さん、こおろぎさとみさんが舞台挨拶に駆け付けました。

野原一家と指原さん、そしておなじみのあけみちゃんと細貝さんに扮したエレキテル連合の掛け合いに、会場は大盛り上がりでした。笑いに満ちた舞台挨拶の模様をレポートいたします。


■野原一家に続いて、指原さん、日本エレキテル連合の2人が登場! しかし、あけみちゃん(橋本さん)はぎこちない動きで...。細貝さんが「ちょっとあけみちゃんの調子が悪いので、油を差してきます」と舞台袖に連れ戻してから再登場。

指原莉乃さん(スマホちゃん役)

指原莉乃です。今回こうして大好きな「クレヨンしんちゃん」の映画に出演することができてとっても嬉しく思っています。

しんちゃん:
よろしくおねがいしまーす!
細貝さん(中野聡子さん/細貝さん役)

どうもみなさん! 東京都はブルーベリーでおなじみ小平市より参りました細貝と、マイ・スイート・ハニー・あけみちゃんでございます!
あけみちゃん(橋本小雪さん/あけみちゃん役)

別に...


細貝さん:
ちょっとあけみちゃんの機嫌が悪くてね。あのね、私たち今回、このキャラクターで「クレヨンしんちゃん」に出させてもらって、とっても嬉しいんだけれどね...。あけみちゃん、そんなこと言っちゃダメだよ。ちゃんとご挨拶して!

あけみちゃん:
あけみ、嬉しいーー!

細貝さん:
はい、ありがとうございます。

MC:しんちゃんから聞きたいことがあるのかな?

ひろし:
あれ聞こう、あれ。

しんちゃん:
オラちょっとさっしーにアドバイスをお願いしたいんですけれども...。

指原さん:
何?

しんちゃん:
オラ、どうしたらメキシコでイケてるボーズのセンターを取れますか?

指原さん:
イケてるボーズ? 何それ? IKB? 

しんちゃん:
イケてるボーズでIKB!

指原さん:
教えてあげたいんだけれど...。しんちゃん、今私センターじゃないんだよ。

しんちゃん:
え? そうなの?

ひろし:
そうなのか?

指原さん:
そうなんですよ。センターだったのは前の話なの!

しんちゃん:
うっかり忘れていた!

指原さん:
しっかりしてください。今年の選抜総選挙でもし1位になれたらまたセンターになれるの。

しんちゃん:
おぉ、なるほど! じゃあセンターになれるようにさっしー、頑張って! オラもメキシコで頑張るからね。

指原さん:
頑張ってね。ちゃんと投票してよ。

しんちゃん:
投票するする~。さっしーと、さっしーと...さっしーに投票する!

指原さん:
ホント? まゆゆ(渡辺麻友さん)には入れない?

しんちゃん:
え...? い、入れない、入れない。入れないよー!

指原さん:
信じているよ。

しんちゃん:
信じて! もう一つ、また失礼な質問かもしれないけれど、やっぱりセンターから見える風景と上手寄りから見える風景と、下手寄りからの風景では見える未来は違うものですかね?

指原さん:
全然違います!

しんちゃん:
おぉー。

指原さん:
だってセンターだと前に誰もいないけれど、ここ(端の方)にいたらいっぱい人がいて、自分のことなんか見えないし、48人くらいいて何が何だか分かんないから...。

しんちゃん:
大変な現場で生きているんですねぇ。なるほど。今日は少人数だからやりやすいでしょ?

指原さん:
常に真ん中のところにいられるから嬉しいです。

しんちゃん:
真ん中にいてください! あとは?

細貝さん:
私たちには、なんかないの?

ひろし:
おい、あれを聞かないと!

みさえ:
大人AKBってないのかな?

指原さん:
確かに、大人AKBってちょっと前にいました。だからぜひ、みさえさんに入ってほしいです!

しんちゃん:
見たくない!

指原さん:
お腹を出したりして踊ったりしなきゃいけないけれど...。

ひろし:
お、おれは見たいからね!

細貝さん:
私たちも質問したいんだけれど...。

しんちゃん:
どうぞ! お願いします。

細貝さん:
みさえさんとひろしさんに質問したいんだけれど、ひまわりはどうやって生まれたの?

しんちゃん:
おぉー。

みさえ:
コウノトリが連れてきてくれたの!

ひろし:
そうそう!

細貝さん:
そうなんだ。

しんちゃん:
ヤバい、母ちゃんがおかしくなり始めた。この話はこれでおしまいってことに...。

細貝さん:
分かりました。謎が解けて良かった。

MC:すっかり野原ファミリーと仲良しのみなさんですが、完成した映画を観てどうでしたか?

指原さん:
日本エレキテル連合さんの2人のシーンがかなり印象的でした。衝撃的過ぎてあれは小さいお子さんビックリしちゃうかもしれないですよね。

細貝さん:
あれは衝撃的だよ。あれはアニメ映画史に残る衝撃シーンになりました!

MC:アフレコで気を付けたことはありますか?

細貝さん:
臨場感たっぷりに演じました。いろんなパターンを録らせてもらいました。いろいろあったんだけれど、一番無難なやつを使ってもらいました。

しんちゃん:
それはそうでしょう。

細貝さん:
でもさっしー上手だったよ。

指原さん:
しんちゃんの家族の中に入ると自分の下手さがより目立って恥ずかしかったんですけれど...。

しんちゃん:
そんなことないよ。超かわいかったよ!

指原さん:
完成した映画を観て最初のときよりうまくなっていたのでホッとしました。

細貝さん:
最初は、14歳役なのに声がババア過ぎるって言われたんでしょ?

しんちゃん:
ババア?

指原さん:
ババアとは言われていないけれど...。

細貝さん:
言われていないの?

指原さん:
14歳の役なのに声が全然14歳じゃないって言われて苦戦したのでそこに注目してもらいたいと思います。

MC:14歳らしい声を出すって具体的にはどんなことを工夫されたんですか?

指原さん:
気持ちをピュアに戻して...。

細貝さん:
今は汚れているの?

指原さん:
汚れています! いやいや、汚れていないけれど、もっともっとピュアな声を出せるように純真無垢をイメージして臨みました。

しんちゃん:
できていた! できていた!

■ここでレギュラー声優陣の矢島晶子さん、ならはしみきさん、藤原啓治さん、こおろぎさとみさんも登場!

矢島晶子さん(しんのすけ役)

しんのすけの声を担当している矢島晶子おばさんですよ! 今日はちょっと雨も降っていたり、昨日までと違って寒いのに、こんなにたくさん来てくださって、みなさん本当にありがとうございます。映画は観どころ満載です。この超豪華ゲストの方のシーンも見逃せませんので楽しんでいってくださいね!
ならはしみきさん(みさえ役)

しんのすけを怒鳴り続けて二十ウン年。みさえ役の"赤いおばさん"ならはしみきです。
藤原啓治さん(ひろし役)

「クレヨンしんちゃん」野原ひろし役で超人気若手アイドル声優の仲間入りをしました。この映画には非常に感謝しております。昨年の映画も大ヒットしたということで今年もぜひ大ヒット目指して頑張りたいと思います。
こおろぎさとみさん(ひまわり役)

ひまわり役の"紫のおばさん"こおろぎさとみです。昨夜はちょっと寒くて電気毛布を入れました。電気毛布がないと眠れないので...。


藤原さん:
電気毛布?

こおろぎさん:
電気毛布って知らない?

藤原さん:
わりと懐かしくない? 知っていますけれど...。

しんちゃん:
昭和の匂いがする!

こおろぎさん:
今は何て言うの?

細貝さん:
使っているよ、細貝も。冷え症だからね。

藤原さん:
昭和の匂いじゃないですか。

こおろぎさん:
藤原さん酔っぱらっているのでこの辺にしましょう。楽しんでください!

細貝さん:
チャラいよ、ひろし。

MC:今作ではしんちゃんが春日部からお引越しをするということで、最初に聞いたときはいかがでしたか?

矢島さん:
そうですね。まあテレビシリーズでお家がガス爆発したこともあったりと、いろいろあったんですけれど、海外にお引越しするというのは初めてだったので、正直、一言でいうと(しんちゃんの声で)「マジか?」っていう感じですね。でも、何となくすぐ馴染むのではないかな? 野原一家は...という安心感もありました。

ならはしさん:
テレビのニュースで「しんちゃん一家お引越し」っていうのをやっていまして、市役所まで行って住民票をどうのこうの...って「マジ?」「私たちもう(春日部に)帰って来られないの?」とちょっと不安です。

藤原さん:
僕はなんとも思いませんでした。

矢島さん:
いやいや。盛り上げようよ!

藤原さん:
いや、ほんとにビックリしました。

矢島さん:
嘘くさいよ!

藤原さん:
まさかですよ。メキシコですよね、中米ですよね? これはもう一言でいうと...ビックリですか?

矢島さん:
ビックリだけかよ!

藤原さん:
もう戻って来られないんじゃないかと思いました。

矢島さん:
誰かが言ったやつをもう1回言っているよ!

ならはしさん:
1回捨てた話をもう1回自分で拾うな!

MC:みなさん、何か引越しのエピソードはありますか?

矢島さん:
私は引越し王です!

藤原さん:
矢島さんはものすごく引越しするんです。(街を)離れるんじゃないんでしょ? だいたい同じような場所をあちこち転々とする。何回くらい引っ越しました?

矢島さん:
20軒以上?

一同:
えー?

矢島さん:
その街は好きなんですけれど、仕事柄、騒音とかいわゆるノイズに過敏になっていまして、ちょっと音がすると「ここにはいられない...」と思ってしまうんです。

細貝さん:
東村山はいいよ、東村山市。

藤原さん:
東京なんですか?

細貝さん:
ギリギリ東京。何もないから静かでいいよ!

藤原さん:
東村山音頭で有名なんですよね。

MC:最後に矢島さんから映画をご覧になる方に一言お願いできますでしょうか?

矢島さん:
今日はみなさん、本当にありがとうございます。春日部から世界へ羽ばたく野原一家、そして個性的なご近所さん、変なキャラクターがいっぱい出てきます。それを存分に楽しんでくださいね。今日は本当にありがとうございました!