Movie Movie

Return Page

ニャイーン!! 公開初日だヨ! 全員集合!!
日本全国ゲラゲラポー♪
この冬の動員は"妖怪"がいただくニャン

2014年12月20日

「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」初日舞台挨拶

<後列左から、日野晃博社長、小桜エツコさん、関智一さん、
前列左から、フユニャン、島崎遥香さん、志村けんさん、ジバニャン>

2014年、ゲーム、アニメ、歌、おもちゃが次々とヒットし、世間に一大旋風を巻き起こした「妖怪ウォッチ」が、満を持して送る「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」が、12月20日、ついに公開初日を迎えました。

劇場前売券が驚異の106万枚を売り上げ、なんと公開前から映画第2弾の製作も決定するなど、勢いが衰えることのない「妖怪ウォッチ」。公開初日を迎えた東京・日本橋のTOHOシネマズ 日本橋では、ゲスト声優の志村けんさん、AKB48の島崎遥香さん、レギュラー声優の小桜エツコさん、関智一さん、そして「妖怪ウォッチ」の生みの親、レベルファイブの日野晃博社長がジバニャン、フユニャンと舞台挨拶を行いました。

さらなるヒットと、世界進出を願い、芸能界の大ベテラン、志村さんから長く活躍する秘訣が伝授された舞台挨拶の模様をレポートいたします。

ジバニャン

おお~! (お客さんが)いっぱいいるニャン! うれしいニャ~ン! ニャイーン! オレッチ、ジバニャン! みなさん、こんにちはニャン! 今日はオレッチの初主演映画の公開初日にこんなにいっぱいのお客さんが来てくれて、超超うれしいニャン! みんな、オレッチの活躍、観てくれたかニャン? おお、ありがとニャ~ン! お客さんの笑い声もたくさん聞こえてきて、とっても幸せニャン。そろそろハリウッドからオファーとか来ちゃうかもしれないニャンね~。

MC:ジバニャンも大活躍だったけれど、他の妖怪のお友達も大活躍だったよね?

ジバニャン:
ええ、そうかニャン? オレッチの活躍以外、全然頭に残っていないニャンね~。

ウィスパー:
ジバニャン! さっきから黙っていればそうやって自分のことばかり! わたくしの大活躍に、全国のお母さま方もすっかり...。

ジバニャン:
ああ、そうそう、そんなことより! 映画の公開を記念してオレッチたちの友達が遊びに来てくれているはずニャン! オレっちも早く会いたいニャン! 早く呼んでほしいニャン~。

ウィスパー:
そうでした、そうでした。わたくしとしたことがちょっと取り乱してしまいました。それでは、皆さんをお呼びしちゃってください~!

MC:それでは、ここで本日のゲストの皆さんをお呼びいたしましょう!

小桜エツコさん(ジバニャン役)

皆さん、今日はたくさんお集まりいただいてありがとうございます。とってもうれしいです。ジバニャンと一緒にステージに立つ日が来るとは思っていなかったので、夢のようです。
関智一さん(ウィスパー役)

どうもみなさ~ん、ウィスパーで~す! (普通の声に戻り...)皆さん、朝早くから劇場に足を運んでくださってありがとうございます(会場笑)。みんな、楽しかったですかー! 僕も一緒に陰から観させてもらったのですが、みんなが楽しみながら観てくれているのを感じてとてもうれしくなりました。
志村けんさん(マスターニャーダ役)

みんないろいろな声があっていいですね(笑)。私の一言の挨拶はこれしかありません。アイーン(会場笑)!
島崎遥香さん(AKB48/ユキッペ役)

島崎遥香です。よろしくお願いします。
日野晃博社長(レベルファイブ代表取締役兼クリエイティブプロデューサー)

今日から公開ということで、たくさんの方に観てもらうのが本当に楽しみです。3年前に「妖怪ウォッチ」を企画して、ジバニャンとウィスパーという名前もその時に考え出しました。そこからこつこつ作り出したものが、まさかこんなに人気になるとは...スタッフ一同驚いております。映画がついに公開されて、スタッフ一同感慨深く思っております。代表してご挨拶に伺いました。よろしくお願いいたします。


MC:今年の1月にアニメ放送が始まりました。1年経たずに大ヒットとなりましたが、この1年は長かったですか? あっという間でしたか?

小桜さん:
あっという間でした。まずは昨年の夏にゲームが発売されて、アニメが始まるまでに3カ月ぐらい間があったので、ケータくんとジバニャンとウィスパーはちょこちょこと会っていたんですけれども、実際にアニメの収録が始まったのが10月からで、放送が始まったのが1月でした。最初はこうなることを想像していなかったですね。

関さん:
アニメのオンエアが始まるまで、(ゲームも含めて)収録が半年ぐらい先行していたんです。日野さんからゲームの収録の時に、「長く続くようにやってほしい。そういうものを目指している」と言われたんですけれど、お子さんの反応が分からないので悶々としながら過ごしていましたね。

小桜さん:
だから、関くんの声も今と違って最初の頃はもっとかっこいいウィスパーだったんですよ(笑)。

関さん:
最初は渋い感じでやっていたんですよ。

日野社長:
だんだんとアニメが進むにつれて悪ノリが出てきて...(笑)。

関さん:
のびのびとやらせてもらっています(笑)。

小桜さん:
1作目のゲームなんて、今のウィスパーの声は一切出てこないですからね(笑)。

MC:となると、今回のタイトルにもある「誕生の秘密」も何かあるのでしょうか?

日野社長:
たくさんあるのですが、やっぱり一番最初にジバニャンやウィスパーが生まれる時に、キャラクターデザインの長野拓造と一緒に、「ジバニャンのしっぽは3本がいいのか、2本がいいのか」と考えたことですね。最初の原案では、ジバニャンのしっぽは3本ありまして、いろいろな紆余曲折があって今のジバニャンが生まれ、ウィスパーが生まれ、ケータくんが生まれ、物語の設定を作り、丹念に「妖怪ウォッチ」というものを作ってきました。今は完全に「妖怪ウォッチ」の世界が、いろいろなスタッフと、声優さんたちの素晴らしい演技で作られていて、本当にうれしいですね。

MC:さて、志村さんは今までいろいろな舞台に出ていらっしゃいますけれども、映画の初日舞台挨拶に立たれるというのは、また違ったご気分ではないでしょうか?

志村さん:
舞台やコントの時はしゃべることが決まっていますからね。今日は自由なので、何をしゃべったらいいのか分からないですよね(笑)。

MC:なんでもいいんです(笑)。

志村さん:
この収録の時に、監督さんが「コントでやっているおじいさんかおばあさんのような感じの声でいいですから」と言うので、「ああ、そうですか。どの声にしようかな...」と思って、「ンフンフンフ...わたし...」ってひとみ婆さんを考えたけれど合わないなと思って、おじいさんの声で「オオオオウ!」とやったらそれでOKだったんですよね(会場笑)。

MC:島崎さんは今回初めてアフレコに参加されていかがでしたか?

島崎さん:
すごく難しくて、声優さんって本当にすごいなと思いました。

MC:方言もありましたよね。すごく上手でしたよ!

島崎さん:
あ、はい...。

MC:...あ、なるほど(笑)。これがウワサの...なるほど勉強になります(会場笑)。島崎さんの周りで「妖怪ウォッチ」の人気を実感するようなことはありましたか?

島崎さん:
私、小学生の弟がいるんですけれども、弟が「妖怪ウォッチ」の大ファンです。

MC:では、弟さんも今日は全国のどこかでご覧になるんですか?

島崎さん:
前売り券がゲットできなくて、「メダルがゲットできなかった」って悔しがっていました(会場笑)。

関さん:
社長! 社長、どうか一つ(会場笑)。

日野社長:
すみませんでした!

MC:「ニャーKB with ツチノコパンダ」として、来年からのアニメのエンディングも担当されることになったんですよね?

島崎さん:
そうです。私を含め、AKB48のメンバーがリアル「ニャーKB」になって、エンディングを1月9日から担当させてもらうことになりました。

MC:どんな歌なんでしょうか?

島崎さん:
なにかのパロディ的な感じですね(笑)。歌詞とかも。

日野社長:
まだ秘密なので...(笑)。

MC:そして志村さんは芸歴42年という大ベテランですよね。この「妖怪ウォッチ」もなるべく長く続けたいという思いがあるのですが、長く続く秘訣はどういったところにあるのでしょうか?

志村さん:
まず健康ですね。あとはやっぱりお客さんが喜ぶことを一生懸命やるということですね。だから、お正月放送の「バカ殿」では、「ようかい体操第一」をやります。

小桜さん:
ええーっ! 本当ですか?! すごーい! ジバニャンも出たかったです! 今度呼んでください(笑)。ぜひコラボを。

日野社長:
勉強になりますね。30年40年と続けられるようにスタッフ一同頑張っていきたいと思います。

MC:社長、「妖怪ウォッチ」は現在、日本で大人気となっていますけれども、今後は世界へというお話もあるのでしょうか?

日野社長:
そうですね。これから世界中の子供たちが熱狂できるような仕掛けを作っていきたいと思っていまして、今もうすでに世界で展開していくプランができあがっています。

関さん:
じゃあ、僕らも英語でしゃべれるようにしないといけませんね(笑)。

日野社長:
英語の準備をしてもらえればと思います(笑)。

小桜さん:
OKニャン!

日野社長:
ジバニャンは海外でもそのままジバニャンという名前になりました。ウィスパーもウィスパーになりました。他の妖怪は結構変わるんですけれども、この二人のキャラクターはそのままになりました。これからアメリカやヨーロッパ、いろいろな国で放送も始まりますので楽しみです。

小桜さん:
うわー、楽しみ! いろいろな国の言葉を勉強しておきます。

MC:これから世界でも「NO.1を!」ということになりますね。島崎さんは2015年にNO.1を獲りたいことはありますか?

島崎さん:
私、1番が苦手なんです(会場笑)。なので、5、6番ぐらいがちょうどいいかな(笑)。

MC:誰もが憧れるものだと思いますけれど、嫌なんですか、1番は(笑)。

島崎さん:
はい。避けて通ってきました(笑)。

MC:社長、今どんなご気分ですか?

日野社長:
最高の気分です。これから大ヒットを目指して、みんなでいろいろな宣伝をしていきたいと思います。

■最後に、ジバニャンからメッセージが送られました!

ジバニャン:
みんな、今日は来てくれてありがとニャーン! オレッチとってもうれしかったニャン! これからもニャンども劇場に足を運んでほしいニャン! これからもいっぱい観に来てニャン! 応援よろしくニャン~! ありがとニャ~ン!