Movie Movie

Return Page

本田翼&新川優愛がアオハル"学園祭"開催! 150人の"アオハライダー女子"が、東出昌大のハグをかけてクイズバトル!?

2014年11月30日

「アオハライド」ファンミーティング

<左から、東出昌大さん、本田翼さん、新川優愛さん>

累計発行部数800万部突破の大ベストセラー少女コミックを実写映画化した青春ラブストーリー「アオハライド」。制服完成披露試写会、お台場イルミネーション点灯式イベント、女子力診断イベントに続く第4弾イベント、"学園祭"と称したファンミーティングが11月30日、都内で開催され、映画のヒロイン・本田翼さんをはじめ、クールビューティーな村尾修子役を演じた新川優愛さん、三木孝浩監督が出席しました。

イベントでは、原作コミックにちなんだクイズバトルも開催。栄えある優勝者には、サプライズで駆けつけた馬渕洸役の東出昌大さんから熱いハグがプレゼントされ、会場の熱気は最高潮に! 「non-no」「Seventeen」「別冊マーガレット」読者の"アオハライダー女子"約150人が集結した、学園祭さながらのにぎやかなイベントの模様をレポートいたします。



本田翼さん(吉岡双葉役)

こんにちは! 今日はたくさん楽しんでいってください。
新川優愛さん(村尾修子役)

お越しいただきありがとうございます。短い時間ですが、たくさん楽しんでいきましょう! よろしくお願いします。
三木孝浩監督

この熱気の中入っていくのは恥ずかしいです(笑)。よろしくお願いします。


MC:さっそく盛り上がって参りましょう!

三木監督:
さっき二人が「盛り上がらなかったらどうしよう」ってすごく心配していたんですけれど、すごく盛り上がっているみたいですね。今日はアオハルのお祭りなので、皆さん参加型でぜひぜひ楽しんでもらえればと思います。

新川さん:
元気ですかー? 大丈夫ですかー?(会場から「元気ー!」の声)

本田さん:
ていうか、なんで皆さん制服なんですか?

新川さん:
制服がドレスコードなのですか?

三木監督:
ありがとうございます!

MC:ということで皆さん、原作は読んでいらっしゃいますか? はい、ほぼ読んでいますね! 今日は青春真っ只中のアオハライダーの皆さん150名の方に、この中の誰が一番アオハル愛にあふれたNO.1"アオハライダー"なのか決定する、題して「アオハルクイズ選手権」を開催したいと思います!

一同:
おー(会場拍手!)!

MC:150名の頂点、つまりNO.1"アオハライダー"になった方には、ゲストの方々のサイン入りポスターや、パンフレットや原作本、豪華映画グッズをプレゼントします(会場歓喜!)!

本田さん:
これはすごいねー! 私がほしい!

MC:そんな本田さんや新川さんにも参加してもらいます。そして三木監督には審判になってもらいます。

三木監督:
(本田さんは)主役をやっているからね。あんまり間違えると...プレッシャーだよ。

本田さん:
すっごく読んでいるので!

■ここで「アオハルクイズ選手権」を開催!

Q1:双葉が数年ぶりに再会した洸を思い出すきっかけになったセリフは「急に降ってきたよね」である
 → ◯

Q2:そこで洸が言ったセリフは「再会のキスでもしとく?」である
 → × (再会のハグ)

■ここで本田さんがまさかの脱落!

Q3:冬馬(千葉雄大さん)はバンドでの担当はボーカルである
 → × (ベース)

Q4:双葉たちが文化祭で出したのは、"男女逆転メイド執事喫茶"である
 → ◯

Q5:「いきものがかり」が歌う主題歌は「ふわり」である
 → × (キラリ)

Q6:修子が双葉や悠里に、田中先生が好きなことを伝えたのは学校の屋上である
 → × (カフェ)

Q7:学園祭のライブでの事故的なキス"事故チュー"は、咲坂先生の実体験である
 → ◯

■ここで新川さんも脱落!

Q8:双葉たちのクラスは2年3組である
 → × (2年2組)

Q9:原作一巻の表紙の双葉のマフラーの色はピンクである
 → × (青)

■ここで、優勝者を決めるべく本田さんとのじゃんけん勝負に突入! そしてついに、NO.1"アオハライダー"にチカノさんが決定!

MC:さて、チカノさんの祝福にはこの方が駆けつけてくれました!

■サプライズゲストとして、馬渕洸役の東出昌大さんが登場&チカノさんにハグのプレゼント! 会場は黄色い悲鳴に包まれました!

MC:さて、ここからは質問コーナーに移ります! まずはアキヤマユキさんからの質問で、「いつも仲の良い男女グループの中のひとりの男の子が好きです。本当に仲が良すぎて友達としてしか見られていません。どうやったら振り向いてもらえると思いますか?」とのことです。

本田さん:
難しいねー。男の子はさ、どんな時に「あ、この子、女の子だな」って思うの?

東出さん:
(男は)鈍感だからね。そろそろクリスマスも近いですし、バレンタインとか、「あれ、これもしかして本命?」みたいなプレゼントをもらうと、気づきやすいかも。

新川さん:
いつも男女何人かで行動しているの? そしたらさ、「クリスマスにふたりで『アオハライド』観に行かない?」って誘うのはどう? よくない?

本田さん:
それいいね。あとは、手をつないでみちゃうとか?

三木監督:
え、いきなり?

本田さん:
今ちょっと調子乗りました。すみません(笑)。

三木監督:
本田さんはそういう時どうするの?

本田さん:
その人の横に常にいるようにするとか?

新川さん:
それで気づいてもらえる?

本田さん:
「わかりづらい」って言われるー(笑)。でも、できるだけそばにいたらさ、「こいつ、いつでも横にいるな」って思ってくれるかもしれないじゃん?

アキヤマユキさん:
じゃあ、頑張って誘います!

新川さん:
ばっさーの言っていたこと、全部聞いていなかったね(笑)。

MC:24日まで日々、その方の横にいて、「アオハライド」に誘うという感じですね! 続いての質問です。これは三木監督と東出さんも、ちょっと女子の気分で聞いてもらいたいんです。こちらはフジサキサワさんからいただきました。「馬渕くん、小湊くん、菊池くんの3人の中なら誰と付き合いたいですか?」と。

三木監督:
洸はここにいますけど、それは抜きにしてね。

本田さん:
東出ちゃんは誰と付き合いたいの?

東出さん:
(菊池)冬馬かなあ? 洸は大変だからなあ。

三木監督:
演じたからわかる大変さがね。

本田さん:
とぅーま(冬馬)かあ。私もとぅーまですね。とぅーまは気持ちをストレートに伝えてくれるからね。

東出さん:
うまいよね。「吉岡さんが見ている方が前向き」とかさ。

本田さん:
言う言う!

新川さん:
あの、ここだけで盛り上がるのやめてもらっていいですか(笑)?

本田さん:
え、新ちゃんは?

新川さん:
私はこみー(小湊)。うちらは呼び方がいろいろあるんです。愛情あっての呼び方なんですけれど。

本田さん:
こみーのどんなところ?

新川さん:
何だかんだ、ぶつかってくれるじゃないですか。

本田さん:
熱いよね。会場の皆さんは、とぅーま派? こみー派? 洸派? やだー、(洸が)一番多いじゃん! よかったじゃん。あ、監督は?

三木監督:
洸ですね。不器用さがね、ちょっと母性本能をくすぐられる(笑)。

東出さん:
母性ないでしょ?(笑)

■ここで会場の"アオハライダー女子"たちと記念撮影を行いました。



■第2部では、今回のファンミーティングでしか見られない貴重な秘蔵メイキング映像の上映を行いました。

MC:監督、ご覧になってみていかがでしたか?

三木監督:
クランクアップが5月かな? でも、もうすごく懐かしい感じがする。

東出さん:
思い出しますね、すごく良い時間だったなって思います。

MC:実はですね、三木監督とゆかりのある方々からも映像コメントが届いています。

■主題歌「キラリ」を歌う「いきものがかり」からのビデオメッセージ

いきものがかり:
どうも「いきものがかり」です!

水野良樹さん(ギター&リーダー):
今回、「キラリ」という曲で「アオハライド」の主題歌をやらせてもらいました。ファンミーティングに集まってくれている皆さんですから、作品や主人公たちに思い入れが強い方が多いと思うので、僕らの曲も何とかそのイメージを崩さないでくれているといいなと思います。

吉岡聖恵さん(ボーカル):
結構甘酸っぱい爽やかさのある曲になったと思うので、ちょっと口ずさんでもらえたり、映画に合えばいいなと思っています。

水野さん:
三十路を超えているので(笑)、なかなか青春というのがすごく遠いように思えたんです。けれど、僕も原作を最初読ませてもらいまして、主人公たちの爽やかな姿を見て、なかなか真っ直ぐなメロディが作れたと思います。実は三木監督と「いきものががり」は縁があって、(三木監督に)何度もミュージックビデオを作ってもらっているのです!

山下穂尊さん(ギター&ハーモニカ):
お世話になっております!

水野さん:
こうして映画で関われたことを光栄に思っています。今回、三木監督が特別に編集してくれた「アオハライド」の映像を使った「キラリ」のミュージックビデオがありますので、どうぞご覧ください!

■三木監督による「キラリ」ミュージックビデオ特別編集版がお披露目されました。

MC:東出さん、いかがでした?

東出さん:
いいなーっと思って。もう1回見たいなー。

本田さん:
何度見てもジーンときますね。

三木監督:
やっぱり、この「アオハライド」っていう物語は、双葉と洸の中学時代の思い出からスタートしている作品なので、このミュージックビデオではそこを大事に、観たらさらに本編を楽しめる感じになればいいなと思って作りました。

■ここで、会場の皆さんがキャスト一同を撮影できる「フォトセッション」タイムが設けられました。

MC:最後に、皆さんにメッセージをお願いします。

三木監督:
本当に皆さん、今日は来てもらってありがとうございます。もう試写会でご覧になっている方も多いかと思いますが、今日またファンミーティングで観たいなと思ってもらえた方は、ぜひお友達や大切な人を誘って劇場に足を運んでもらえたらなと思っています。「アオハル」はみんなで"乗って"楽しむ映画なので、とりあえず全員乗っけて、この"アオハル祭り"をみんなで楽しんでいきましょう!

新川さん:
すごく、あっという間な時間でした。皆さんのキラキラした笑顔を見ることができて、私はすごく幸せです。こうやってファンミーティングができたことが、皆さんのハッピーな思い出になってくれればと思います。ぜひ劇場に足を運んで、「アオハライド」観てください。今日はありがとうございました!

東出さん:
ふだん、ラブスートーリーは観ますが、気恥ずかしくてなかなか劇場には観に行かないんです。でも今回の完成品を観て、また観たいと思いました。たぶん自分が出ているからということだけではなく、本当に観たいと思える良い作品に仕上がっています。ぜひ、また友達を引き連れて観に行ってください。

本田さん:
映画、PVもそうだけど、本当にすごく素敵にできているのでぜひ観に来てもらいたいです。今はインフルエンザとか流行っているので、風邪には特に気をつけてください。クリスマスとかね! でないと観に来られないからね! ちゃんと帰りはマスクとかして帰ってね! 今日はありがとうございました。

■最後は、本田さん&新川さん&東出さん&三木監督が、ハイタッチで来場者の皆さんを元気に送り出しました。