Movie Movie

Return Page

「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」女性限定試写会トークショー

2014年11月10日

「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」女性限定試写会トークショー

<左から、塚地武雅さん、鈴木奈々さん>

嵐の相葉雅紀さんが恋に鈍感な男子の光を演じ、映画初主演を飾った「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」。本作の特別試写会が11月10日、都内試写室にて行われ、本作に出演する塚地武雅さんが、恋愛指南役に鈴木奈々さんを迎えてトークショーを行いました。

主人公の光の友人で、光と同じく恋に鈍感な男子を演じた塚地さん。実生活でも恋には消極的だそうで、「鈍感を超えて、超敏感すぎて何もできない」と嘆き、先日、結婚式を挙げて幸せオーラ全開の鈴木さんから、「もっと素直にアピールできるようになって!」と、今流行りの壁ドンを伝授されました! その光景に大爆笑が巻き起こったトークショーの模様をレポートいたします。

【トークショー(挨拶順)】

塚地武雅さん(夢野 森役)

僕出ていたでしょ? 相葉くんと近い距離にいたでしょ(笑)? そんなに頻繁にではないですが出させてもらっています。台本を読んだ時も、撮影している時も、完成した作品を観た時も思ったことなんですが、相葉くんのキャスティングがドハマりしているなと思うんですよね。あの感じは相葉くんしか出せないんじゃないかなと思います。鈍感でありながら優しくて、好きになる感じ、真っ直ぐな様子、全部が相葉くんにハマっているから、相葉ファンは「待っていました」という感じですよね。(光役には)もう相葉くんしか浮かんでこないです。それぐらいすごかったです。

裏話になるのですが、最後に渋滞に巻き込まれて車が進まないシーンあるじゃないですか。あのシーンは一般の方がそれぞれの車に乗ってエキストラとして参加してくれたんです。それで、撮影が終わった相葉くんは、一つ一つの車に行って「ありがとうございました」って挨拶していたんです! 嵐やのに、ですよ! あんなに忙しくて、むしろみんな(相葉くんを)見られるだけで幸せなのに、一人一人に対して「ありがとうございました!」と言う姿を見て、やっぱりこの子はすごいなと思いましたね。なかなかできないよ。もう、僕もすごく好きな作品になりました。

鈴木奈々さん

MC:鈴木奈々さんは映画には出演されていませんけれども、先日、11月2日に結婚式を挙げられたということで、恋のプロフェッショナルとして女性がときめいてしまうような仕草などを指南してもらえればと思います。ご結婚、おめでとうございます!

鈴木さん:
ありがとうございます。分かりました。よろしくお願いします!


MC:まずは映画、どうでしたか?

鈴木さん:
すごく胸キュンしました。ドキドキが止まらなくて、改めて旦那さんの大切さにきずつけた...。

塚地さん:
傷つけた(会場笑)!?

鈴木さん:
違う(笑)! 気付けた! 気付けた映画です(笑)。だから、見終わってすぐに、旦那さんに電話して気持ちを改めて伝えました。「大好きが止まらないから、これからもずっと一緒にいてね!」って。胸キュンもしたし、最高の映画です。次は旦那さんと一緒に観に行きたいなと思います。クリスマスにぴったりの映画だなと感じました。

MC:ちなみに、その時の旦那さんのリアクションはどんな感じだったんですか?

鈴木さん:
ちょっと引いていました(笑)。だから、旦那さんも観たら、私への愛に気付けるかなと思うんですよね。最高でした!

MC:相葉さんの演じる光の鈍感ぶりはなかなかのものでしたが、いかがでしたか?

鈴木さん:
鈍感でしたね!

塚地さん:
(あんなにアプローチされたら)僕でも分かるもん!

鈴木さん:
ウッソ、本当に?

塚地さん:
絶対「好きやな」って分かるよ。なのに(光は)全然気付いていないからね。

鈴木さん:
そこにめちゃくちゃイライラしましたね。「早く気付いてよ!」って。でも、旦那さんも、私がすごくアピールしたのにまったく気付いてくれなかったですね。自分からバレンタインチョコを渡して気付かせました。

塚地さん:
それは気付かせる行為やもんね。そこまでしないとダメだったんだ。

鈴木さん:
そうなんですよ。だから、旦那さんに似ているキャラだなと思いました。でも、その鈍感なところもかわいいなと思っちゃう部分もあるんですよね。

MC:ちなみに、お二人は片想いの経験はありますか?

鈴木さん:
私はあります。中学2年生の時に、3年生のサッカー部の先輩を好きになって、ずっと恋していたんですけれど、バレンタインにチョコを渡して告白したんですよ。そうしたら、「ごめん。好きな人がいるんだ」とフラれてしまいました。でも、辛かったけれど、「気持ちを伝えられた!」という思いが強くて、後悔しなかった自分がいたんですよね。で、高校生になって改めてその人から告白されたんですよ!

塚地さん:
え! 逆に?

鈴木さん:
そう、逆に。高校生になって「あの時フッたことにすごく後悔した」って言われて、お付き合いしました。こういうこともありましたね。

塚地さん:
言ってみることだね。それがなきゃ確実にその結果はないもんね。

鈴木さん:
そう。絶対にもう付き合えないだろうなと思ったんですけれどね。

塚地さん:
バレンタインにチョコを渡すんだね。

鈴木さん:
気持ちを素直に伝えた方がいいと思います。いくらフラれても、絶対に後悔しないと思います。告白しないで後悔するより、その方がいいと思う。恋している皆さん、素直になってください。

MC:塚地さんはいかがですか?

塚地さん:
僕なんて片想いの経験しかないですよ。両想いになることなんてなかなかない。臆病ですし、ほんまに好きやと思っていても言えない...。高校1年生の時に、別のクラスに友達がいたので入っていったら、そのクラスの女の子に「はあっ!」ってひとめぼれしたんです。ただ、言えないし...。「よし、2年になって同じクラスになったら告白しよう!」と思ったんですけれど、案の定、別々のクラスになる訳ですよ。でも、その子の親友と同じクラスになったんです。僕は当時からルックスも良くなければ、頭も良くない、運動神経も良くないので、面白さに特化しなきゃ立ち向かう術がないという状況でした。だからその親友の女の子を必死で笑わせました。「(好きな子に)伝えてくれ! このクラスにこういう面白いヤツがいることを、帰り道で伝えてくれ!」と思って。それで「3年生になって同じクラスになったら絶対に言おう!」と思ったんですけれど、またバラバラで。文化祭でその子がプラネタリウムをやっていたので、友達何人かと見に行ったのですが、そのとき僕が暗闇で光る時計をしていたんですよ。自分でも光ると思っていないぐらいのものだったんですけれど。それでプラネタリウムに入っていったら、その子が「あ、時計光っている!」と言ってくれたんです。僕は「ありがとうございます~」って言って、そのまま何もせず終わりました。

MC:え!

鈴木さん:
えー!

塚地さん:
それだけで嬉しかったんです(笑)。「声かけてもらった」というのだけで。(告白する)勇気はないですわ(笑)。

鈴木さん:
絶対に気持ち伝えた方が良かったですよ。

塚地さん:
怖いよ~!

鈴木さん:
後悔していないですか?

塚地さん:
後悔はしてる。

鈴木さん:
ですよね!

塚地さん:
しているけれど、フラれて二度と会えない。通学路とかで(その子が通りかかって)「あ、やべ」って避ける人生も嫌だ。そう思ったらね...。超ビビリやから。

鈴木さん:
今も素直になれないタイプなんですか?

塚地さん:
今もそうかもしれないですね。怖がりではありますね。

MC:そんな塚地さんが演じられた夢野は二次元の女の子しか好きになれないという役どころでしたが、夢野さんの鈍感ぶりはいかがでしたか?

鈴木さん:
役にハマりまくっていましたね(笑)。ビックリしました。塚地さんも鈍感だし、夢野さんも鈍感だし...だからこそ素直になってほしいなと思いました。やっぱり女の人って素直にアピールしてほしいんですよ。もっと来てほしいんです。だから、女性に胸キュンされるシチュエーションを今日は塚地さんにやってもらいたいなと思うんです。

MC:せっかく鈴木奈々さんにそう言ってもらっているので、実践してもらいたいなと思うのですが、何をすれば女子は胸キュンするのでしょうか?

鈴木さん:
やっぱり今は壁ドンじゃないですか?

塚地さん:
壁ドンはさ、イケメンしか手を出しちゃいけない領域なんですって。僕なんかがドンってしたら、みんな「ああっ!」ってなるんだから(会場笑)。僕の壁ドンは、丼(どんぶり)のドンになりますよ(会場笑)。だってほら、始まる前から笑っているで(笑)。

MC:という訳で、壁が出てまいりました! 鈴木奈々さんには壁ドンされる役をやってもらいたいと思います。

鈴木さん:
ヤダ~!

塚地さん:
ヤダじゃない! 言い出しっぺじゃないか(会場笑)! 見て、僕のこの汗の感じ。

鈴木さん:
ヤダ~! 怖い~! なんでそんな汗かいているんですか! ちょっと待って、私、ここ?

塚地さん:
そうや。自分で言い出したんだから。僕に壁ドン教えてくれるんやろ?

鈴木さん:
ヤダ~、初めてされるんですけれど(笑)!

塚地さん:
初体験は僕やからね(会場笑)。

鈴木さん:
ヤダ~! 言わなければ良かった(会場笑)!

塚地さん:
やる前からこの状況おかしいからね(会場笑)!

MC:塚地さんにはキザなセリフもバシッと言ってもらいますからね! しかもカメラ目線で!

塚地さん:
えっ! 難易度高っ(会場笑)! 最高潮に難しいやんか! 何十にも壁がある! 壁壁ドンドンや! まあ、でも、やってみましょうか。僕だってワイルドにもなりたいし、強くもなりたい、敏感男子にもなりたいから。

鈴木さん:
ちょっと緊張しますね。旦那さん以外の人とこんなに接近することないから。だって、(塚地さんは)腕も短いから、すごく近くなりそうだなと思って(会場笑)。

塚地さん:
近いよ! 短いもん(笑)。

■ここで、塚地さんが鈴木さんに壁ドンをしました!


塚地さん:
僕の苗字になれよ!

鈴木さん:
キャッ! ヤダ~ッ!

MC:ありがとうございました!

塚地さん:
強くなれたかな、少しは(笑)。

鈴木さん:
でも、ドキッとしますね(笑)。

塚地さん:
ほんま?

鈴木さん:
ドンってされると、塚地さんのことは全くタイプじゃないんですけれど、ちょっとドキッとしました。やっぱり壁ドンはいいですね!

塚地さん:
そうなんや。ちょっとプラスになるんですね。

鈴木さん:
あの感じでプロポーズしたらいいと思う。

■最後に、塚地さん、鈴木さんからメッセージが送られました!

鈴木さん:
本当にこの映画を観て、私は旦那さんの大切さに気付けて、すっごく胸キュンしました。私、号泣したんですよ! 最高の映画なので、ぜひ大切な人、好きな人と観てもらいたいと思います。私も旦那さんとデートで観に行きたいと思います。今日はありがとうございました。

塚地さん:
本当に切ない片想いが最後にどうなっていくのかというお話です。音楽もそうですが、セットや照明も、本当にクリスマスの時期にピッタリで、デートがてらというのはもちろんのこと、僕みたいな独り身の男子にもぜひ観てほしいと思います。勇気をもらえると思います。本当にミラクルを起こしたいと思っている人は、これを観て、勇気をもらって告白しにいくといいと思います。あと、壁ドンは使えるというのも伝えてもらいたいなと思います。ありがとうございました。

【マスコミによる質疑応答】


Q:号泣されたそうですが、改めて、映画はどうでしたか?

鈴木さん:
すっごい号泣しました。すごく感動して、改めて旦那さんの大切さに気付けた映画でした。もっと旦那さんのことが好きになる映画です。最高でした。すごく感動しました。すごく感動しました。すごく感動しました。

塚地さん:
分かったよ(笑)。何回言うのよ。

鈴木さん:
本当に感動したんです。今の時期にピッタリの映画でした。

Q:鈍感男子が好きですか?

鈴木さん:
うーん、旦那さんも昔は鈍感だったので、私が攻めていったんですよ。それで旦那さんが告白してくれたんですけれど、男の人って結構、鈍感な人が多いですよね。好きってアピールしても、男の人がなかなか気付かないという恋愛は、私、結構してきました。でも、鈍感男子も純粋でかわいいなと思います。

Q:塚地さんは映画に出演されていますけれど、どうでしたか?

塚地さん:
本当に相葉くんにピッタリの主人公のキャラクターで、(光役には)相葉くんしか考えられないです。このクリスマスの時期に公開ですし、山下達郎さんの歌ですし、他に流れる曲や、照明、景色とかも、全部クリスマスにピッタリだからデートにはもってこいだと思います。僕みたいな独り身の人間もクリスマスっていいなと思えるぐらい、本当に感動のミラクルが起きる映画だと思います。

Q:ご自身が演じられた役はどうでしたか?

塚地さん:
頻繁に出てくる訳じゃないんですけれど、相葉くんのコミケ(コミックマーケット)仲間で、マンガを描いてアニメ好きでという男なんですよね。まあ、恋愛は苦手でしょうね。鈍感男子と言われるものに分類されるんじゃないですかね。

Q:先ほど壁ドンしていましたが、恋愛には積極的になれそうですか?

塚地さん:
本当に丼(どんぶり)のドンじゃないですか(笑)。あんなにもっさりした壁ドンだとイヤだと思うんですけれどね。あれはやっぱりイケメンがやってこそのものみたいなところもあると思うので。でも、それでも奈々ちゃんも「ちょっとはドキッとした」と思ってくれたということは、ある程度ワイルドにいってもいいのかなという気持ちにはなりましたね。

鈴木さん:
うん、ちょっとドキッとした。

塚地さん:
基本、僕は鈍感男子ではないと思うんですよ。一周してそうなるのかな。超敏感男子だと思うんです(一同笑)。メールが1時間後になっても返信がない...、「あ、僕は嫌われているんだ。二度とメールできないな」とか、「おはようございます」と目を合わさずに言われた...、「あ、僕のこと嫌いなんだな。この子とはもうあんまり話さない方がいいんだな」って深読みするタイプの人間なんです。そういう意味では、まだ鈍感な方がマシなぐらい。敏感だけれどよく分からないし、ただの男子ですよね。丼男子(一同笑)。

Q:最近、お二人の身に起きたミラクルなことは何かありますか?

鈴木さん:
私、最近結婚式をしたんですけれど、誓いのキスで1年ぶりに旦那さんからキスをしてもらいました。いつも自分からだったので、すごく嬉しかったです。ほっぺだったんですけれど、1年ぶりに旦那さんから求められたので(一同笑)。

塚地さん:
僕は太っているのもあって、無呼吸症候群なんですね。それでお医者さんに相談したところ、機械を貸してもらいました。それは鼻に器具をつけて酸素ボンベみたいなものでずっと酸素を送り続けてくれるものなんですけれど、それのおかげで快適というものを手に入れられました。自分の中で「あ、眠りってこんなに寝られるんだ」と。それまでは、1分ぐらい息が止まって、カハーッとなって起きていたので。だいたい溺れる夢を見るんです。(目が覚めて)「ああ、良かった!」というのがなくなりました。体調もすこぶる良くなって良かったというのはあります。

Q:もうすぐクリスマスですが、予定は決まっていますか?

鈴木さん:
塚地さん、彼女はいるんですか?

塚地さん:
いないんですよ。気配もないです。

鈴木さん:
気配もないって(笑)。そうなんだ。

塚地さん:
そうなんです。だから、基本的に(クリスマスは)仕事なんです。もし万が一、その仕事がなくなったら、ももクロ(ももいろクローバーZ)のコンサートに行こうかなと。それも当たらないと分からないですけれど、毎年のようにそうしてクリスマス時期は過ごしてますね、はい。

鈴木さん:
え、何年ぐらいいないんですか?

塚地さん:
もう何年かな。それも忘れたぐらい。

鈴木さん:
それも忘れたぐらい? 鈍感なのかなあ。

塚地さん:
いや、超敏感だからいないんじゃないのかな。

鈴木さん:
告白とかしないんですね?

塚地さん:
しないね。怖い(一同笑)。

鈴木さん:
えー、頑張って素直になってほしいですよ。

塚地さん:
そうなりたいね。

鈴木さん:
絶対そうした方がいい。だって、意外とモテそう!

塚地さん:
全然だよ。そう言ってくださる方もいるんです。たとえば、「私の友達が塚地さんの大ファンなんです」とか、「私のお姉ちゃんが」「私の妹が」とか...その本人に会ったこと、一度もない(一同笑)! みんな身の回りの誰かを薦めてくるけれど、その本人を見たことないから! 「紹介してください」と言うと、「いや、それは...」ってなるしね(笑)。なんなんだろう、これ。

鈴木さん:
悲しい!

Q:鈴木さんから紹介してもらうというのは?

鈴木さん:
そうですね。紹介したい! 今、何歳なんでしたっけ?

塚地さん:
今、42歳よ。

鈴木さん:
42歳なんですね。じゃあ、結婚も考えているんじゃないですか?

塚地さん:
もちろんしたいですよ。

鈴木さん:
私ぐらいの歳でも大丈夫ですか? 26歳なんですけれど。

塚地さん:
全然大丈夫です。年齢なんて問わないです。

鈴木さん:
じゃあ、私の地元の茨城県のギャル友達とか。

塚地さん:
ええ、ギャル、大丈夫(一同笑)? 「塚地ぢゃねえ?」とかなっちゃうんじゃない(笑)? 「ウケんだけど、マジ何、その鼻の穴」とか。

鈴木さん:
やると思う(笑)。

塚地さん:
でも、いらっしゃるならぜひお願いしますよ(笑)。

鈴木さん:
でも、(塚地さんのことが好きと)言っている人がいないんですよね(一同笑)。

塚地さん:
それはここで言わなくていいから。隠しておけばいい(笑)!

鈴木さん:
じゃあ、もし見つけたらすぐに紹介しますね!

塚地さん:
お願いね。懸賞金出すからね(一同笑)。

Q:鈴木さんのクリスマスの予定は?

鈴木さん:
まだ予定は決まっていないんですけれど、旦那さんと何かしたいなと思っています。おうちでサンタさんのコスプレをして、パーティーをしたい。求められたいので、旦那さんに(一同笑)。夫婦なので、アツアツなクリスマスを過ごしたいです。サンタさんのコスプレ、もう買ってあるんです。ミニスカートで。

塚地さん:
大丈夫かな、その発言(笑)。

鈴木さん:
映画とか観に行きたい! 「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」、本当に旦那さんと観に行きたいです。

塚地さん:
最後にここに着地するなんて、機転が利くね(笑)! 素晴らしい!

鈴木さん:
「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」を観て、夜もミラクルを起こしたい(一同笑)。

塚地さん:
大丈夫かな、それ(笑)。オッサンの発言だからね、それ。

鈴木さん:
でも、本当に旦那さんと観てアツアツになりたい。そうなれる映画なので。もっと大好きになりましたもん! この映画を観て、大好きが止まらなくなりました。


東宝website