Movie Movie

Return Page

北川景子さん×錦戸亮さんウェディング姿を披露!!
雪をイメージした純白ドレスで登場し、恋人達とトークショーを開催!!

2014年01月15日

「抱きしめたい ―真実の物語―」ウェディングイベント

<北川景子さん>

さまざまな障害を乗り越えて、強い絆で結ばれたつかささんと雅己さんの実話を基にしたラブストーリー「抱きしめたい ―真実の物語―」。1月15日、東京・竹芝ルミアモーレにて、結婚を考える10組のカップルを招いたウェディングイベントが行われ、主演の北川景子さんと錦戸亮さんがウェディング姿で登場しました。

映画でも着た純白のウェディングドレスとタキシードに身を包んだ北川さんと錦戸さんがチャペルに登場すると、参列したカップルたちからは思わずため息。イベントでは、結婚を考えるカップルたちからの質問に対し、北川さんたちがアドバイスを送る場面もあり、思わぬ結婚観が明らかになりました。本物の結婚式さながらにファースト・バイトも行われたウェディングイベントの模様をレポートいたします。

【トークショー(挨拶順)】


北川景子さん(つかさ役)

新年早々、こんなに晴れやかな衣装を着られて、本当に嬉しいです。

錦戸亮さん(小柳雅己役)
あけましておめでとうございます。「こんなところで何やっているんだろう?」という感じですが...、映画のシーンを再現ということで、撮影風景を思い出します。本作品は2月1日から公開となり、公開日が迫り嬉しいです。

MC:北川さんのウェディングドレス姿、いかがでしょうか?

錦戸さん:
素敵ですね。素敵としか言いようがないです。

北川さん:
ありがとうございます。

MC:今日お召しになっているのは、実際に撮影で着られたドレスですよね? 結婚式の撮影で印象に残っていることはありますか?

北川さん:
1年ぐらい前の撮影でした。撮影中、寒かったです(笑)。つかささんの結婚式の時みたいに、雪が降りそうな気候でした。つかささんのご家族の方も撮影現場に応援しに来ていただいたので、すごくにぎやかで温かい現場でした。

MC:寒いというお話があがりましたが、今日の網走の気温は-11℃だそうです。

北川さん:
うわ(笑)。でも、-17℃の日もありました。

MC:撮影は、車椅子でのバージンロードですよね。押したのは...?

北川さん:
母親役の風吹ジュンさんに押していただきました。

MC:つかささんのご家族の方とは、何かお話されましたか?

錦戸さん:
チャペルの前で、一緒に写真を撮りました。

北川さん:
私はつかささんの写真を持って、撮影しました。

MC:当初は周囲から反対されていたつかささんと雅己さんの結婚ですが、お二人はどう思いますか?

北川さん:
やっぱり運命だと思います。

錦戸さん:
体に障害を抱えつつ、目に見えない障害も一緒に乗り越えていったということに対しては、憧れという気持ちもありますし、それぐらい強い自分たちでいたいなと思います。

MC:お二人は結婚願望はありますか?

北川さん:
私は、今まで思ったことはないです。

MC:この役を演じてみて心境の変化は?

北川さん:
運命の出会いというか、つかささんと雅己さんのような強い絆で結ばれているからこそ、結婚ってしたくなるものなんだなと思いました。そういう方に出会った時が結婚したくなる時だと思いました。

MC:そういう方に出会えるといいですね。

北川さん:
そうですね。今年こそ...(笑)。

錦戸さん:
僕も結婚願望はなかったんですが、撮影の時に新婦がバージンロードを歩いてくるじゃないですか。あの視界は初めて体験したので、いつか自分の結婚式も見てみたいなと思いました。そういう理想はありますが、いつになるのかは全然見当もつかないので、いつか見られたらいいなと思います。

MC:さて、今日は、結婚を考えている10組のカップルの皆さんに、会場にお越しいただいております。皆様から事前に質問を頂戴しておりますので、ここでいくつか質問します。

Q1:北川さんの理想のプロポーズは何ですか?

北川さん:
それはシチュエーションということですか? 今回の役を演じていて感じたことですが、つかささんにとっての雅己さんのように、好きだったらどんな形であっても嬉しいと思います。でも、劇中でのプロポーズは、私に直接言ってくれるんじゃなくて、ご両親の前に連れていかれて「俺、この人と結婚するから」と言われるので、できれば一番最初に自分に言ってほしいという理想はあります(会場笑)。相手のご両親の前で「え、そうなの?」となりたくないから、最初に言ってほしいなとは思います。ロマンチックな場所がいいとかもないし、たぶん相手が好きな人だったら何でもいいんじゃないかなと思います。

MC:これを質問していただいた方、もうプロポーズはしていますか?

女性Aさん:私はドッキリが好きです。今までサプライズ経験がないので、プロポーズは不意打ち的な感じでドッキリさせてほしいなと思っています。

MC:サプライズ的な演出、何かアドバイスできますか?

北川さん:
私が...? 女の人はされる側ですよね(笑)。

錦戸さん:
昨日、最近結婚した友達とご飯を食べに行って、「お前、どうやってプロポーズした?」と聞いたら、「エレベーターの中」って。それってすごいと思いました。エレベーターがそんな幸せな空間になることないじゃないですか。でも自分でいっぱい考えて考えて用意したサプライズは、気持ちが何よりサプライズじゃないですか。頑張ってください!

Q2:映画ではつかささんがグイグイ引っ張っていき、それを雅己さんが受け入れるシーンが多々見られましたが、北川さんはかかあ天下タイプになりそうですか? 錦戸さんは亭主関白タイプになりそうですか?

北川さん:
どうでしょうね。任せちゃいそうですね。でも、「何食べたい?」と聞かれても、「なんでもいい」と言いながら、「じゃあ中華は?」と言われたら「嫌だ」と言っちゃうタイプです(会場笑)。「任せる」と言いながらも文句を言ってしまいそうな気がします。つかささんにそういう意味では似ているのかもしれないです。奔放になりそうな気がしますが、どうでしょうね(笑)。結婚すると変わるというから分からないですけど...。

錦戸さん:
どうなんですかね(笑)。してみないと分からないです...。亭主関白にしてもらえていたらいいですよね。手のひらの上で転がされて亭主関白を演じさせてもらえていたら(笑)。本当の主導権は僕じゃなくていいです。

MC:意外と尻に敷かれたいタイプでもある?

錦戸さん:
尻に敷かれたいと言うと、また書かれるので、尻には敷かれたくないです(笑)! とりあえず、尻には敷かれたくないですが、一緒に歩めればいいですね。

MC:今の質問をしていただいた方は、どういった結婚生活を計画しているんですか?

男性Bさん:具体的には考えていませんが、普段尻に敷かれているので質問したいと思いました。

錦戸さん:
どんな風に尻に敷かれているんですか?

男性Bさん:結構わがままなので...。

錦戸さん:
結婚しようと思っているんですよね?

男性Bさん:はい...。

錦戸さん:
「わがまま」と言ったら、(隣で彼女が)「わがままじゃない」とか言っていますけど、大丈夫ですか(笑)?

男性Bさん:大丈夫です(笑)。

女性Cさん:つかささんと同じタイプです。本当は私の方がわがままだと思われているんですが、実はちゃんと立てるところは立てているつもりです(会場笑)。

錦戸さん:
そっか(笑)。そうなんですって(笑)。

Q3:お互いに褒めあってください。

MC:これはどういうことでしょうか(笑)?

女性Dさん:撮影で長い間一緒に過ごして、お互いのいいところを教えてほしいです。

北川さん:
いっぱいありますよね。

錦戸さん:
褒めあうのを待っているんですか(笑)?

北川さん:
楽なことです(笑)。

錦戸さん:
それ、この間、妻夫木くんにも言っていませんでした(会場笑)?

北川さん:
言いました(笑)。昨年は、共演の方に恵まれていました。

錦戸さん:
あ、本当ですか! 良かった、良かった(笑)。

北川さん:
どうでした?

錦戸さん:
僕が人見知りというのを知っていたみたいで、本当は(北川さんも)人見知りらしいんですが、すごく話しかけてくれたんです。だから、そこの部分に関しては、すぐに打ち解けました。テレビで見ると綺麗なお姉さんじゃないですか。でも、大阪のお姉ちゃんの部分もあるし、そういうギャップがいいですね。めっちゃ関西弁でしゃべってくれました。

北川さん:
一緒にいると、移ってしまうんですよ。

錦戸さん:
スタッフさんにも関西弁の方が多かったですね。

北川さん:
國村さんもそうだし、関西出身のキャストが多かったですね。現場が楽しかったのは、錦戸さんのおかげなのかな(笑)。

■ここで、ウェディングケーキが登場! ケーキを食べさせる「ファースト・バイト」が行われ、北川さんがスプーンに山盛りのケーキを錦戸さんに食べさせました!

MC:お味はいかがでしょうか?

錦戸さん:
おいしいです(笑)。

■そして、最後に北川さん、錦戸さんからメッセージが送られました!

錦戸さん:
結婚を考えているカップルや、好きだけど一歩を踏み出せないカップルの方もたくさんいると思いますが、そういう方々がいろいろな困難を乗り越えていく二人をこの映画で観てもらえれば、すごく勇気にもなると思います。この作品をきっかけに、終わってから告白してくれてもいいです。「結婚しよう」とプロポーズしてくれてもいいです。そんな風にすごくハッピーな気持ちになれる映画です。ぜひぜひ観てもらいたいと思います。

北川さん:
この映画はつかささんと雅己さんという、他人から見たら少し難しいかなと思われているカップルのお話ですが、私はありふれた、愛し合った絆が強い一組のカップルだと思っています。「このまま突き進んでいいのかな?」と不安に思っている方は、観ていただけたら励まされたり、背中を押してもらえるような映画になっていると思います。愛し合って、絆をもって二人で生きていくことの素晴らしさだったり、温かさというものを感じてもらえるような作品になっていると思うので、ぜひこの映画を観ていただきながら、つかささん、雅己さんのように末永くお幸せに過ごしていってほしいなと思います。

東宝website