Movie Movie

Return Page

Archives

S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE

2015年8月29日公開

(C)2015「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」製作委員会
(C)小森陽一、藤堂 裕/小学館

INTRODUCTION

2009年より「ビッグコミック」(小学館刊)にて連載中の人気漫画『Sエス-最後の警官-』。「海猿」の原案を手掛けた小森陽一が原作、作画を藤堂裕が担当。現代の日本社会が抱える問題点を描いた重厚かつ超骨太なストーリーと主人公をはじめ魅力的なキャラクターたちが織り成す人間ドラマが話題を呼び、2013年、連続ドラマ化と映画化を連続して実現する一大プロジェクトが始動しました。
“人を守る手”を持つ主人公・神御蔵一號役に向井理。天才スナイパーであり一號のライバル・蘇我伊織役に綾野 剛、一號の幼馴染の看護師・棟方ゆづる役に吹石一恵、第3の「S」ことNPSの隊長・香椎秀樹役に大森南朋、NPS唯一の狙撃手であり女性隊員・林イルマ役に新垣結衣のほか、日本俳優界を代表する豪華出演者が集結。2014年1月期よりTBSにて連続ドラマがスタートし、平均視聴率14.2%、最高視聴率18.9%を記録する大ヒットとなりました。

プロジェクトの最終章―実写映画化、始動
メガホンをとるのは、ドラマシリーズから引き続きとなり、「ブラッディ・マンデイ」(TBS)や「新参者」(TBS)など数々の作品でその演出力を高く評価された平野俊一。映画化でスケールアップした大迫力の映像、物語のカタルシスをより深く綿密に描き「Sエス-最後の警官-」を新たなステージへ導きます。
もちろん、一號、蘇我、NPSチームをはじめドラマシリーズのメンバーが引き続きスクリーンで躍動!
日本壊滅という未曾有の事態を回避するために奮闘する「S」、そして、其々の“正義”。
『未来』を取り戻す、最後にして最大の作戦が、この夏、幕を開けます!

STORY

「第3のS」として新設された警察庁特殊急襲捜査班「NPS」(National Police Safetyrescue)。既にある「SAT」の機動力と「SIT」の捜査力を併せ持ち、犯人の生死を問わない「制圧」ではなく、生かしたまま捕らえる「確保」を目的とした彼らは、発足以降数々のテロ事件や捜査で実績を積みあげ、日本の治安を守る新たな砦として注目を集めていた。
普段と変わらない生活をおくる人々。揺らぐことのない平穏。 その日常を切り裂くかのように、突如、バスジャック事件が発生。 出動要請を受けて現場に急行する神御蔵一號をはじめとしたNPS。だが、犯人からの要求は未だになく、メンバーは現場の状況に違和感を覚えるのであった。
そんな中、太平洋沖で巨大な輸送船も何者かによって乗っ取られる緊急事態が! 積載した貨物は日本全土を燃やし尽くすほどの核燃料。一体、誰が何のために?!未曾有の事態に備え、緊急招集された首相はじめ閣僚が集まる官邸へ犯人と名乗る男から電話が入る。
「裸で私はこの世に来た。裸で私はこの世から出ていかなければならない」
スピーカーから響きわたるのは、あの因縁の男の声だった……
進み始めた日本壊滅へのカウントダウン。
第4の「S」、海神(ポセイドン)こと海上保安庁所属特殊警備隊「SST」との共闘!
この国の、そして、愛する人との未来を取り戻すため、「S」最後の作戦が、いま始まる。

DATA
監督 平野俊一
原作 小森陽一(原作)
藤堂 裕(作画)
『Sエス-最後の警官-』(小学館「ビッグコミック」連載)
脚本 古家和尚
主題歌 MISIA「流れ星」(アリオラジャパン)
キャスト 向井 理
綾野 剛
新垣結衣
吹石一恵
青木崇高
オダギリジョー
大森南朋
ほか
製作情報
クレジット
上映時間:2時間/シネマスコープ

製作:「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」製作委員会
配給:東宝

(C)2015「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」製作委員会
(C)小森陽一、藤堂 裕/小学館
劇場 全国東宝系(2015年8月29日公開)
CAST&STAFF

〔出演〕
向井 理 綾野 剛
新垣結衣
吹石一恵 青木崇高
池内博之 平山浩行 高橋努 平山祐介 本宮泰風
淵上泰史

本田博太郎 朝加真由美 菅原大吉 土屋アンナ
辰巳琢郎 髙嶋政宏 近藤正臣(特別出演)

オダギリジョー 大森南朋

監督:平野俊一
原作:小森陽一(原作) 藤堂 裕(作画)『Sエス-最後の警官-』(小学館「ビッグコミック」連載)
主題歌:MISIA「流れ星」(アリオラジャパン)

エグゼクティブプロデューサー:渡辺正一
企画:那須田 淳
プロデューサー:韓 哲 大原真人 下田淳行 青木真樹
脚本:古家和尚
音楽:髙見 優 木村秀彬
音楽プロデューサー:志田博英

撮影監督:山本英夫
撮影:小林純一
照明:小野 晃
美術:永田周太郎
装飾:上原一晃
録音:小高康太郎
編集:松尾 浩
VFXスーパーバイザー:宮崎浩和
スクリプター:田村寿美
制作担当:田中敏雄 馬渕敦史
制作統括:阿久根裕行

協力プロデューサー:大澤祐樹
技術プロデューサー:淺野太郎
宣伝プロデューサー:豊澤康弘
撮影協力:海上保安庁 防衛省 航空自衛隊
制作プロダクション:ツインズジャパン
製作:「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」製作委員会
配給:東宝

(C)2015「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」製作委員会
(C)小森陽一、藤堂 裕/小学館

PROFILE
神御蔵一號役向井 理

1982年2月7日生まれ、神奈川県出身。
06年、俳優デビュー。11年、『僕たちは世界を変えることができない。』で映画初主演を務める。同年、エランドール新人賞など、多数受賞。2015年にはドラマ「永遠の0」(テレビ東京)で悲運の主人公を演じ、幅広い世代から支持を得た。映画、ドラマ、舞台、CMなど様々なメディアでマルチな才能を見せる、まさに実力派俳優。
主な出演映画:『きいろいゾウ』(13年)、『百瀬、こっちを向いて。』(14年)、『小野寺の弟・小野寺の姉』(14年)、『娚の一生』(15年)、『天空の蜂』(15年9月12日公開)、『信長協奏曲』(16年公開)

蘇我伊織役綾野 剛

1982年1月26日生まれ、岐阜県出身。
役者として多才な面を見せる、今もっとも注目されている俳優のひとり。数々の映画、ドラマで活躍。『横道世之介』(13年)『夏の終り』(13年)にて第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。翌年には主演映画『そこのみにて光輝く』(14年)で第88回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞など数々の主演男優賞に輝く。
主な出演映画:『クローズZERO II』(09年)、『ヘルタースケルター』(12年)、『白ゆき姫殺人事件』(14年)、『ルパン三世』(14年)、『新宿スワン』(15年)、『ピース オブ ケイク』(15年9月5日公開)、『天空の蜂』(15年9月12日公開)、『64-ロクヨン- 前編/後編』(16年公開)

林イルマ役新垣結衣

1988年6月11日生まれ、沖縄県出身。
ティーン雑誌「ニコラ」のモデルとして活躍し、05年、女優としてデビュー。07年の主演映画『恋空』で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞、第50回ブルーリボン賞新人賞など数々の映画賞を総なめにした。最近では『トワイライト ささらさや』で初の母親役を演じるなど演技の幅を広げ、注目を集めている。
主な出演映画:『恋するマドリ』(07年)、『フレフレ少女』(08年)、『BALLAD 名もなき恋のうた』(09年)、『ハナミズキ』(10年)、『麒麟の翼~劇場版・新参者~』(12年)、『くちびるに歌を』(15年)

香椎秀樹役大森南朋

1972年2月19日生まれ、東京都出身。
日本映画界を代表する演技派俳優。01年、『殺し屋1』で映画初主演。03年の『ヴァイブレータ』、『赤目四十八瀧心中未遂』でキネマ旬報ベスト・テン助演男優賞、ヨコハマ映画祭最優秀助演男優賞を受賞。10年には『ハゲタカ』(09年)で第33回日本アカデミー賞優秀主演男優賞をそれぞれ受賞。
主な出演映画:『捨てがたき人々』(14年)、『まほろ駅前狂騒曲』(14年)、『小野寺の弟・小野寺の姉』(14年)、『寄生獣/寄生獣 完結編』(14、15年)、『さよなら歌舞伎町』(15年)、『秘密 THE TOP SECRET』(16年公開)

棟方ゆづる役吹石一恵

1982年9月28日生まれ/奈良県出身
主な出演映画:『紀子の食卓』(06年)、『ゲゲゲの女房』(10年)、『THE LAST MESSAGE 海猿』(10年)、『永遠の0』(13年)、『六月燈の三姉妹』(14年)、『王妃の館』(15年)

倉田勝一郎役青木崇高

1980年3月14日生まれ/大阪府出身
主な出演映画:『海猿』シリーズ(04、06、10年)、『るろうに剣心』シリーズ(12年、14年)、『渇き。』(14年)、『蜩ノ記』(14年)、『王妃の館』(15年)、『ストレイヤーズ・クロニクル』(15年)、『雨にゆれる女』(16年公開)

正木圭吾役オダギリジョー

1976年2月16日生まれ/岡山県出身
主な出演映画:『ゆれる』(06年)、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07年)、『舟を編む』(13年)、『渇き。』(14年)、『映画 深夜食堂』(15年)、『合葬』(15年9月26日公開)、『FOUJITA』(15年11月14日公開)

古橋誠二朗役池内博之

1976年11月24日生まれ/茨城県出身
主な出演映画:『全身と小指』(06年)、『キング・オブ・ヴァジュラ 金剛王』(13年)、『スイートハート・チョコレート』(13年)、『奇跡のリンゴ』(13年)、『キッズ・リターン再会の時』(13年)

速田 仁役平山浩行

1977年10月17日生まれ/岐阜県出身
主な出演映画:『ROOKIES-卒業-』(09年)、『それでも花は咲いていく』(11年)、『パラダイス・キス』(11年)、『BRAVE HEARTS 海猿』(12年)、『天心』(13年)

梶尾竜一役高橋 努

1978年8月23日生まれ/東京都出身
主な出演映画:『クローズZERO』(07年)、『クローズZERO II』(09年)、『SP THE MOTION PICTURE 野望篇』(10年)、『想いのこし』(14年)、『エイプリルフールズ』(15年)

横川 秋役土屋アンナ

1984年3月11日生まれ/東京都出身
主な出演映画:『茶の味』(04年)、『下妻物語』(04年)、『さくらん』(07年)、『RETURN(ハードバージョン)』(13年)、『GONIN サーガ』(15年9月26日公開)

中丸文夫役髙嶋政宏

1965年10月29日生まれ/東京都出身
主な出演映画:『ガンヘッド』(89年)、『スマグラー おまえの未来を運べ』(11年)、『ストロベリーナイト』(13年)、『舞妓はレディ』(14年)、『柘榴坂の仇討』(14年)

霧山六郎役近藤正臣

1942年2月15日生まれ/京都府出身
主な出演映画:『超高層ホテル殺人事件』(76年)、『夏服のイヴ』(84年)、『もんしぇん』(06年)、『TAJOMARU』(09年)、『龍三と七人の子分たち』(15年)

監督平野俊一

1972年生まれ、島根県出身。
99年に深夜ドラマ「コワイ童話」で初演出を手掛け、03年の「ブラックジャックによろしく」でチーフ演出を務める。04年、『怪談新耳袋 劇場版』内の『ヒサオ』で劇場映画初監督。08年、『東京少年』で劇場長編デビューを果たす。
主な作品:「いま、会いにゆきます」(05年)、「輪舞曲-ロンド-」(06年)、「ブラッディ・マンデイ」(08年・10年)、「官僚たちの夏」(09年)、「新参者」(10年)、「LADY~最後の犯罪プロファイル~」(11年)、「美男ですね」(11年)、「アリスの棘」(14年)

原作小森陽一

1967年生まれ。
大阪芸術大学芸術学部映像学科を卒業後、東映で映画作りに携わる。退社後は小説やマンガ原作などの執筆活動に入り、漫画『我が名は海師』原作、映画『DOG×POLICE 純白の絆』原案を担当。中でも原案・取材を手がけた漫画『海猿』はドラマ&映画化で大ヒット。大のウルトラマン&ガレージキット好きでもある。

作画藤堂 裕

1979年生まれ。
’03年のデビュー後、複数のコミック誌で読切を執筆。’09年『ヤングキング』誌上で故郷の淡路島を舞台にした初連載『由良 COLORS』を手がける。’09年より始まった『S エス-最後の警官-』は初めての長期連載。人の内面をえぐり出すかのような筆致、リアリティーある描写には目を見張るものがある。

主題歌MISIA「流れ星」(アリオラジャパン)

長崎県出身。
その小さな体から発する5オクターブの音域を誇る圧倒的な歌唱力を持ち、「Queen of Soul」と呼ばれる日本を代表する女性歌手。名前の由来にもなった“ASIAの方々にも音楽を届けたい”との想いの通り、日本国内にとどまらず、その歌声はASIAを越え世界でも賞賛の声を浴びる。デビュー17周年を迎え今後の更なる精力的な活動が期待される。

NEWS

NOW SHOWING

  • TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

    TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

  • 64-ロクヨン-後編

    64-ロクヨン-後編

  • 高台家の人々

    高台家の人々

  • ガルム・ウォーズ

    ガルム・ウォーズ

  • 世界から猫が消えたなら

    世界から猫が消えたなら

  • 64-ロクヨン-前編

    64-ロクヨン-前編

  • ちはやふる -下の句-

    ちはやふる -下の句-

  • アイアムアヒーロー

    アイアムアヒーロー

COMING SOON

  • DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO “POSTSCRIPT“

    DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO “POSTSCRIPT“

    2016年7月1日~7月14日公開

  • ポケモン・ザ・ムービーXY&Z<br>「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」

    ポケモン・ザ・ムービーXY&Z
    「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」

    2016年7月16日公開

  • シン・ゴジラ

    シン・ゴジラ

    7月29日公開

  • ルドルフとイッパイアッテナ

    ルドルフとイッパイアッテナ

    2016年8月6日公開 3D/2D同時上映

  • 青空エール

    青空エール

    2016年8月20日公開

  • 君の名は。

    君の名は。

    2016年8月26日公開

  • 後妻業の女

    後妻業の女

    2016年8月27日公開

  • 弱虫ペダル SPARE BIKE(スペアバイク)

    弱虫ペダル SPARE BIKE(スペアバイク)

    2016年9月公開