Movie Movie

Return Page

Archives

万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-

全国東宝系(2014年5月31日公開)

(C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会 

INTRODUCTION

歴史的傑作絵画“モナ・リザ”を巡る
本格ミステリーエンターテインメント作品誕生!

世界で最も有名な絵画“モナ・リザ”。約500年前、レオナルド・ダ・ヴィンチの手により描かれ、その微笑みで世界中の 人々を魅了し続けてきた一方で、そのミステリアスな表情や構図から様々な謎が浮かびあがり、多くの科学者や芸術家 たちが解明しようと試みてきた。そんな“モナ・リザ”に隠された謎と、贋作をめぐる陰謀に迫るミステリー作品が誕 生する。あるきっかけで驚異的な鑑定眼と記憶力を持ち、難事件に巻き込まれては、次々と解決していく“天才鑑定士” 凜田莉子役に、国民的人気女優・綾瀬はるか。ロジカル・シンキング(論理的思考)を駆使し、膨大な知識と鋭い直感を 武器に、日用品から美術品まで何でも鑑定するスーパーヒロインでありつつも、親近感の持てるチャーミングな役柄を、 綾瀬が自身そのものとも思えるキャラクターで演じきる。また、莉子と共に“モナ・リザ”の謎に迫る雑誌編集者・小笠原 悠斗役には、話題作への出演が後を絶たない若手NO.1俳優・松坂桃李。日本映画界を牽引する二人の、初共演 ながら息の合ったコンビぶりは必見。原作は累計330万部を突破している超人気ミステリー「万能鑑定士Qの事件簿」 シリーズ。その中でも“シリーズ最高傑作”と言われる「万能鑑定士Qの事件簿Ⅸ」が遂に待望の初映画化を果たす。 ルーヴル美術館で日本映画史上初の本格撮影を行うなど、日本とフランスを舞台に、邦画の枠を超えた壮大な スケールのミステリーエンターテインメント作品がスクリーンに登場する。

ダ・ヴィンチが仕掛けた衝撃の秘密を、あなたは目にする事になる!

STORY

ある日、ルーヴル美術館から莉子のもとに舞い込んだ“依頼”。
それは、驚異的な鑑定眼で、世界的名画“モナ・リザ”を守ること―――

ルーヴル美術館が所蔵する、世界でもっとも有名な絵画“モナ・リザ”は、今までに2度だけ
海を渡ったことがある。そのうちの1回が1974年に東京国立博物館で行われたモナ・リザ展である。
ミステリアスな微笑みをたたえ、世界中の人々を魅了し続けてきた名画を観ようと、
日本中が熱狂し、人々は日々長蛇の列を作った。

2014年、40年ぶりにその“モナ・リザ”が再び来日する。
“万能鑑定士Q”の店主・凜田莉子(綾瀬はるか)は、ルーヴル美術館のアジア圏代理人である
朝比奈(村上弘明)から、警備強化のための臨時学芸員として推薦される。莉子に惹かれ、
密着取材を続ける雑誌記者・小笠原悠斗(松坂桃李)と共にパリへ向かった莉子は
見事ルーヴル美術館で行われた採用テストに合格する。
“モナ・リザ”の真贋を見分け、守るための“見る目”を養うべく、もう1名の合格者となった、
流泉寺美沙(初音映莉子)と共に、真贋の権威・リシャール・ブレ(ピエール・ドゥラドンシヤン)の
講義の下“モナ・リザ”のことだけを考え、ハードな訓練を続ける莉子。
ところが、やがて莉子に異変が起き始める。“モナ・リザ”について知れば知るほど、
激しい頭痛に襲われ、今まで持っていた鑑定能力が失われていくのだ。
莉子の窮地を知り、“モナ・リザ”の謎を探るべく奔走する小笠原。しかし……。
そんな莉子と小笠原をあざ笑うように“モナ・リザ”の瞳の中の文字が怪しく光る。

莉子は、“モナ・リザ”の呪縛から逃れ、難事件を解決に導くことができるのか?
そして小笠原は、莉子を窮地から救うことができるのか?
レオナルド・ダ・ヴィンチが名画“モナ・リザ”に仕掛けた衝撃の秘密とは!?

運命の鍵はすべて、500年も昔にダ・ヴィンチが
仕掛けた“モナ・リザ”の瞳の中に……。

DATA
原作 松岡圭祐「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズ(角川文庫刊)
監督 佐藤信介
脚本 宇田 学
キャスト 綾瀬はるか  松坂桃李
初音映莉子 Pierre Deladonchamps/橋本じゅん 村杉蝉之介 児嶋一哉
角替和枝/村上弘明
製作情報
クレジット
上映時間:1時間59分/シネマスコープ

制作プロダクション:ツインズジャパン
製作:映画「万能鑑定士Q」製作委員会
配給:東宝

(C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会
関連記事
  • 2014年5月31日 初日舞台挨拶
  • 2014年5月26日 公開直前・鑑定イベント
  • 2014年4月24日 完成披露会見&ジャパンプレミア試写会
劇場 全国東宝系(2014年5月31日公開)
CAST&STAFF

〔出演〕
綾瀬はるか  松坂桃李
初音映莉子 Pierre Deladonchamps/橋本じゅん 村杉蝉之介 児嶋一哉(アンジャッシュ) 角替和枝/村上弘明

監督:佐藤信介(『GANTZ』『図書館戦争』)
原作:松岡圭祐「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズ(角川文庫刊)
企画プロデュース:平野 隆
エグゼクティブプロデューサー:濱名一哉
脚本:宇田 学
音楽:羽深由理 大間々昂
プロデューサー:下田淳行 辻本珠子
アソシエイトプロデューサー:山田昌伸 原 公男
音楽プロデューサー:志田博英
ラインプロデューサー:及川義幸
ユニットプロデューサー:大崎裕伸
撮影監督:河津太郎
美術:斎藤岩男
絵画制作:塙 雅夫
録音:横野一氏工
装飾:篠田公史 大坂和美
スクリプター:田口良子
編集:加藤ひとみ
VFXスーパーバイザー:ツジノミナミ
ガファー:中野創平
操演:関山和昭
衣装:宮本まさ江
ヘア・メイク:本田真理子
助監督:李 相國
製作担当:高瀬大樹

制作プロダクション:ツインズジャパン
製作:映画「万能鑑定士Q」製作委員会
配給:東宝

(C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会 

PROFILE
凜田莉子役綾瀬はるか

1985年3月24日生まれ。広島県出身。
【近年の主な出演映画】
『プリンセス トヨトミ』(11)、 『映画 ホタルノヒカリ』(12)、 『あなたへ』(12)、 『映画 ひみつのアッコちゃん』(12)、 『リアル~完全なる首長竜の日~』(13)

小笠原悠斗役松坂桃李

1988年10月17日生まれ。神奈川県出身。
【近年の主な出演映画】
『アントキノイノチ』(11)、 『麒麟の翼~劇場版・新参者~』(12)、 『ツナグ』(12)、 『今日、恋をはじめます』(12)、 『ガッチャマン』(13)

流泉寺美沙役初音映莉子

1982年3月24日生まれ。東京都出身。
【近年の主な出演映画】
『ノルウェイの森』(10)、 『ミツコ感覚』(11)、 『ガール』(12)、 『終戦のエンペラー』(13)、 『ガッチャマン』(13)

荻野甲陽役橋本じゅん

1964年2月25日生まれ。兵庫県出身。
【近年の主な出演映画】
『激場版 エリートヤンキー三郎』(09)、 『なくもんか』(09)、 『わが母の記』(12)、 『図書館戦争』(13)、 『くじけないで』(13)

山田 聡役村杉蝉之介

1965年9月7日生まれ。群馬県出身。
【近年の主な出演映画】
『必死剣 鳥刺し』(10)、 『逆転裁判』(12)、 『おかえり、はやぶさ』(12)、 『彼女との上手な別れ方』(14)、 『マエストロ!』(15)

喜屋武友禅役児嶋一哉 / アンジャッシュ

1972年7月16日生まれ。東京都出身。
【近年の主な出演映画】
『トウキョウソナタ』(08)、 『クヒオ大佐』(09)、 『恋の罪』(11)、 『劇場版 目を閉じてギラギラ』(11)、 『映画 謎解きはディナーのあとで』(13)

江来香織役角替和枝

1954年10月21日生まれ。静岡県出身。
【近年の主な出演映画】
『「また、必ず会おうと」誰もが言った。』(13)、 『100回泣くこと』(13)、 『抱きしめたい』(14)、 『春を背負って』(14)、 『0.5ミリ』(14)

朝比奈尚幸役村上弘明

1956年12月22日生まれ。岩手県出身。
【近年の主な出演映画】
『TANNKA 短歌』(06)、 『大地の詩―留岡幸助物語―』(11)、 『今日、恋をはじめます』(12)、 『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL』(13)、 『偉大なる、しゅららぼん』(14)

監督佐藤信介

1970年生まれ、広島県出身。
武蔵野美術大学在学中に、脚本・監督を務めた16ミリ短編映画『寮内厳粛(りょうないげんしゅく)』が「ぴあフィルムフェスティバル94」でグランプリを受賞。01年の『LOVE SONG』で監督メジャー・デビュー。その後、『修羅雪姫』(01)、『COSMIC RESCUE  -The moonlight generations-』(03)、オムニバス映画『いぬのえいが』(05/「恋するコロ」を監督)、『砂時計』(08)、09年、モントリオールファンタジア国際映画祭にて長編アニメーション部門特別賞、第14回ソウル国際カートゥーン&アニメーションフェスティバル長編部門審査委員特別賞を受賞した『ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~』(09)、2部作として映画化された『GANTZ』(11)、『GANTZ PERFECT ANSWER』(11)などを監督。また、13年に公開された岡田准一・榮倉奈々共演の『図書館戦争』はスマッシュヒットを記録した。脚本家としても『ひまわり』(00)、『春の雪』(05)、『県庁の星』(06)など数多くの作品に携わっている。また、12年には、フジテレビ連続ドラマ「ラッキーセブン」(1月~3月)のシリーズ構成・演出を担当した。

企画・プロデュース平野隆

大分県出身。
一橋大学卒業後、TBSに入社。97年から映画製作に携わる。プロデュース歴に、『虹をつかむ男 南国奮斗篇』(97/山田洋次監督)、『アンドロメディア』(98/三池崇史監督)、『陰陽師』(01/滝田洋二郎監督)、ナント三大陸映画祭審査員特別賞受賞作『害虫』(02/塩田明彦監督)、『黄泉がえり』(03/塩田明彦監督)、『MOON CHILD』(03/瀬々敬久監督)、『ドラゴンヘッド』(03/飯田譲治監督)、『陰陽師Ⅱ』(03/滝田洋二郎監督)、『ゼブラーマン』(04/三池崇史監督)、『下妻物語』(04/中島哲也監督)、『この胸いっぱいの愛を』(05/塩田明彦監督)、シッチェス・カタロニア国際映画祭Orient Express部門(全アジア映画)最優秀賞受賞作『どろろ』(07/塩田明彦監督)、『Life 天国で君に逢えたら』(07/新城毅彦監督)、『感染列島』(09/瀬々敬久監督)、『余命1ヶ月の花嫁』(09/廣木隆一監督)、モントリオール世界映画祭イノベーションアワード受賞作『アントキノイノチ』(11/瀬々敬久監督)、『今日、恋をはじめます』(12/古澤健監督)、『リアル~完全なる首長竜の日~』(13/黒沢清監督)、『抱きしめたい』(14/塩田明彦監督)、『銀の匙Silver Spoon』(14/吉田恵輔監督)など話題作、大ヒット作が並ぶ。最新作は主演・武井咲、共演に大倉忠義を迎え、恋愛オンチでピュアなOLとツンデレ上司とのオフィスラブを描いた『クローバー』(14年11月1日公開/古澤健監督)。日本映画界を牽引するトッププロデューサーの一人である。

NEWS

NOW SHOWING

  • GODZILLA 怪獣惑星

    GODZILLA 怪獣惑星

  • ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~

    ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~

  • ミックス。

    ミックス。

  • ナラタージュ

    ナラタージュ

  • 亜人

    亜人

  • 映画 あさひなぐ

    映画 あさひなぐ

  • 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

    奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

  • 三度目の殺人

    三度目の殺人

COMING SOON

  • 火花

    火花

    2017年11月23日公開

  • 劇場版総集編アニメ『刀剣乱舞-花丸-』~幕間回想録~

    劇場版総集編アニメ『刀剣乱舞-花丸-』~幕間回想録~

    2017年12月1日公開

  • DESTINY 鎌倉ものがたり

    DESTINY 鎌倉ものがたり

    2017年12月9日公開

  • 映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

    映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

    2017年12月16日公開

  • 未成年だけどコドモじゃない

    未成年だけどコドモじゃない

    2017年12月23日公開

  • 嘘を愛する女

    嘘を愛する女

    2018年1月20日公開

  • 祈りの幕が下りる時

    祈りの幕が下りる時

    2018年1月27日公開

  • 空海―KU-KAI―

    空海―KU-KAI―

    2018年2月24日公開