Movie Movie

Return Page
ホーム > 映画 > モテキ

LINE UP

モテキ

公開終了

劇場一覧

プロフィール
藤本幸世役森山未來

1984年8月20日生まれ、兵庫県出身。

5歳からダンスを始め、99年「ボーイズ・タイム」で本格的に舞台デビュー。04年『世界の中心で、愛をさけぶ』の演技でブルーリボン賞新人賞および日本アカデミー賞優秀助演男優賞、新人俳優賞を獲得。以降もドラマ、映画、舞台と活動の幅をとどめない。主な出演映画に、『リボルバー 青い春』(03)、『スクールデイズ』(05)、『スマイル〜聖夜の奇跡〜』(07)、『百万円と苦虫女』(08)、『フィッシュストーリー』(09)、『20世紀少年』シリーズ(08〜09)、『その街のこども 劇場版』(10)、『セイジー陸の魚ー』『ALWAYS三丁目の夕日'64』(12年公開予定)などがある。

松尾みゆき役長澤まさみ

1987年6月3日生まれ、静岡県出身。

00年に、第5回「東宝シンデレラ」グランプリを受賞し、同年『クロスファイア』でデビュー。初主演作となった『ロボコン』(03)で日本アカデミー賞新人俳優賞を、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)で同最優秀助演女優賞、話題賞などを受賞。数多くの映画やテレビドラマでヒロインを務めている。主な出演映画に、『タッチ』(05)、『ラフ ROUGH』『涙そうそう』(06)、『そのときは彼によろしく』(07)、『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』(08)、『曲がれ! スプーン』(09)、『岳ーガクー』『コクリコ坂から』(11)などがある。 

桝元るみ子役麻生久美子

1978年6月17日生まれ、千葉県出身。

ヒロインに抜擢された『カンゾー先生』(98)で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞ほか多くの映画賞に輝き一躍注目を集める。その後も映画中心に活躍を続けており、日本映画界に欠かせない女優のひとり。主な出演映画に、『THE 有頂天ホテル』(06)、『夕凪の街 桜の国』(07)、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『純喫茶磯辺』『アキレスと亀』(08)、『おと・な・り』『インスタント沼』『ウルトラミラクルラブストーリー』(09)、『シーサイドモーテル』(10)、『ロック〜わんこの島〜』(11)、『宇宙兄弟』『ガール』(12年公開予定)などがある。

愛役仲里依紗

1989年10月18日生まれ、長崎県出身。

06年、劇場版アニメ『時をかける少女』でヒロインの声を担当し、絶賛を浴びる。実写版『時をかける少女』『ゼブラーマンーゼブラシティの逆襲ー』(10)の演技で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、今後の更なる活躍が期待される。主な出演映画に、『渋谷区円山町』(07)、『ちーちゃんは悠久の向こう』『ガチ☆ボーイ』『純喫茶磯辺』(08)、『パンドラの匣』(09)、最新主演作『ハラがコレなんで』が今秋公開予定。

唐木素子役真木よう子

1982年10月15日生まれ、千葉県出身。

01年、映画『DRUG』でデビュー後、数々の映画、舞台、ドラマに出演し、着実にキャリアを重ねる。テレビでは、オムニバスドラマ「週刊真木よう子」(08/TX)、坂本龍馬の妻・お龍を演じたNHK大河ドラマ「龍馬伝」(10)などで話題を集めた。主な出演映画に、『バトル・ロワイアルII鎮魂歌』(03)『パッチギ!』『THE JUON / 呪怨』『サマータイムマシン・ブルース』(05)、『ベロニカは死ぬことにした』『ゆれる』(06)、『鈍獣』(09)、『SP 野望篇/革命篇』(10〜11)、『指輪をはめたい』『源氏物語』(11年公開予定)などがある。

墨田卓也役リリー・フランキー

1963年、福岡県出身。

武蔵野美術大学を卒業後、イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲、俳優など、多彩な分野で活動する。初の長編小説『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』は06年本屋大賞を受賞、220万部を超すベストセラーとなった。絵本『おでんくん』はアニメ化され、性別世代を超え幅広い人気を集めている。俳優としては、映画『ぐるりのこと。』(08)、 『色即ぜねれいしょん』(09)、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(10)などに出演。今年、自身プロデュースによる音楽レーベル"RECORDZとまり木"を立ち上げ、8/17に第1弾シングルとしてジミ・シジミの『シジミの女』がリリース。映画『モテキ』は、ドラマ版(10/TX)に続く出演となる。

山下ダイスケ役金子ノブアキ

1981年6月5日生まれ、東京都出身。

97年にRIZEを結成し、00年にメジャーデビューを果たす。RIZEのドラマーとして活躍するほか、数多くのアーティストの作品、ツアーに参加。また、ソロミュージシャンとしても活動し、高い評価を得ている。俳優としては、『クローズZERO II』(09)の鳴海大我役で注目を集める。主な出演作に、テレビドラマ「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー」(09/CX)、「サムライハイスクール」(09/NTV)、「バーテンダー」(11/EX)、「おひさま」(11/NHK)、「ピースボート」(11/NTV)、映画『BANDAGE』『書道ガールズ!!わたしたちの甲子園』『大奥』(10)、『漫才ギャング』『シャッフル』『ハードロマンチッカー』(11)などがある。

島田雄一役新井浩文

1979年1月18日生まれ、青森県出身。

01年、映画『GO』でデビュー。その後も映画を中心に活動を続け、『ゲルマニウムの夜』(05)で初主演を果たした。近年の出演映画に、『松ヶ根乱射事件』(07)、『ぐるりのこと。』(08)、『クヒオ大佐』『蟹工船』『劔岳 点の記』(09)、『BOX‐袴田事件 命とは』『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』『告白』(10)、『漫才ギャング』『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』(11)など。公開待機作に『ヤクザガール』(10月公開)、『莫逆家族』、『セイジー陸の魚ー』、『宇宙兄弟』(12年公開予定)などがある。ドラマ版「モテキ」(10/TX)に続く出演となる。

監督・脚本大根 仁

1968年東京都生まれ。

堤幸彦監督のADとしてキャリアをスタートさせ、テレビ演出家・映像ディレクターとして、「TRICK」をはじめとする数々の傑作ドラマ、PVを演出。なかでも「劇団演技者。」「週刊真木よう子」「湯けむりスナイパー」など深夜ドラマでその才能をいかんなく発揮し、話題作を連発。業界内外から高い評価を受ける。テレビドラマや舞台の演出を手掛ける傍ら、ラジオパーソナリティ、コラム執筆、イベント主催など幅広く活躍する先鋭的なクリエイター。脚本・演出を 手掛けたドラマ「モテキ」(TX)が2010年7月より放送開始し大ブレイク。天才として映画監督デビューを熱望されてきた最後の大型新人が、ついに『モテキ』で映画界に参戦します。

原作久保ミツロウ

1975年長崎県生まれ。

1993年「なかよし」まんがスクール期待賞を受賞し、『しあわせごはん』(miniで連載)でデビュー。その後、週刊少年マガジンにて『3・3・7ビョーシ!!』『トッキュー!!』などを連載し、2008年よりイブニングにて「モテキ」の連載を開始。同作は180万部を超える大ヒットとなった。今回は映画『モテキ』のために、完結していた物語のその先を映画オリジナルストーリーとして書き下ろしている。現在、週刊少年マガジンにて「アゲイン!!」を連載中。

オープニングテーマフジファブリック「夜明けのBEAT」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

TVドラマ版に続き、映画版でもオープニングテーマに決定したフジファブリック節炸裂の名曲。急逝した志村正彦の残した曲をメンバー3人が完成させる形でリリースしたアルバム『MUSIC』に収録。

メインテーマ女王蜂「デスコ」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

アグレッシブかつドラマティックな楽曲とパフォーマンス、多彩な音楽ワールドを展開するステージングは観るものすべてを魅了、2011年音楽界注目度NO.1、女王蜂が華やかにメジャーデビュー!今メジャーデビュー盤『孔雀』収録の「デスコ」が『モテキ』メインテーマに大抜擢!しかも女王蜂本人役で映画初出演、と話題になること必至です!

toho-ipk.net

IDとパスワードが必要となります