Movie Movie

Return Page
ホーム > 映画 > モテキ

LINE UP

モテキ

公開終了

劇場一覧

イントロダクション

かつてない恋愛映画!
超進化系☆恋愛エンターテインメント『モテキ』誕生!!

180万部超の大人気コミック、あの『モテキ』が!
原作者自ら書き下ろしによるオリジナルストーリーでついに映画化!!

あの180万部を超える大人気コミックス「モテキ」が、原作者・久保ミツロウ書き下ろしによる完全オリジナルストーリーで映画化! 監督・脚本をつとめるのは、深夜ドラマなどで数々の傑作を作り上げてきた天才・大根仁。2010年夏にテレビ東京系で放送されて、いまだカリスマ的人気を誇るTVドラマ「モテキ」は、原作者から指名されて大根が監督をつとめたというエピソードもあり、今回の映画でもこの最強タッグでスクリーンに挑むこととなった。恋愛偏差値の低いさえない草食系男子が、ある日突然訪れた「モテキ」に翻弄されながら、女性たちとの恋愛を通して成長したり(しなかったり)する様をコメディタッチで描く、ハートがバクバクしちゃう誰も観たことのない恋愛映画が誕生する!

森山未來を悩ませるのは、
長澤まさみ・麻生久美子・仲里依紗・真木よう子!
ありえないくらいゴージャスすぎるキャストが勢揃い!!

これぞまさに夢のキャスティング!悩める草食系男子・藤本幸世を演じるのはもちろん森山未來。彼のコミカルかつリアルな演技は圧倒的な存在感を放ち、観客に鮮烈な印象を残すだろう。そして、映画『モテキ』の新たな世界を彩る、超豪華女優陣! 幸世の大本命・松尾みゆきを演じるのは、大根監督をして「かわいさ最強」と言わしめる人気女優・長澤まさみ。森山とは『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)以来、7年ぶりの共演となる。幸世にひとめぼれをする桝元るみ子を演じるのは、清涼な演技で男女問わず好感度の高い麻生久美子。幸世に逆プロポーズをする愛を演じるのは、フレッシュな魅力あふれる若手トップ女優・仲里依紗。幸世の先輩・唐木素子を演じるのは、これまでにも数々の個性的な役柄に挑み、高い人気を得ている実力派女優・真木よう子。このゴージャスな4人のヒロインが、幸世を、いや日本中の男子を虜にすることだろう。さらに男性陣も、モテモテのCEO墨田役にリリー・フランキー、恋のライバル山下役に金子ノブアキ、幸世の親友・島田役に新井浩文をはじめ、個性豊かな顔ぶれが勢揃い。ありえない超ゴージャスなキャスト陣による夢の共演が実現した。

モテキ=J-POPミュージカル!?
大根マジックが炸裂する、
ポップミュージックと映画との実験的かつ独創的融合!

映画『モテキ』の全編を彩る多数のJ-POP!途切れることなく本編を埋めつくす楽曲は、単なるBGM以上の役割を与えられ、シークエンスを表現する装置のひとつとして、時に登場人物たちの心情をセリフ以上に語ったりもする。使用される楽曲も非常に幅広く、現代のミュージックシーンを象徴するようなポップチューンやアイドルソングをはじめ、90年代メガヒット曲から、知る人ぞ知るサブカル系アーティストの隠れた名曲までをも網羅する。ポップミュージックに造詣の深い大根仁監督がその選曲センスを存分に発揮し、メイン←→サブいずれのカルチャーに属するアーティストも“同じまな板の上にのせて料理して”絶妙のバランスでミックスしているのである。実は、この大根選曲にみられる振れ幅こそが、“モテキ”はどのジャンルに位置づけられる映画なのか?…という問いへの回答にもなっている。メインカルチャーとサブカルチャー、両者の間の「壁」そのものを取り壊して、映画の中で再構築することで、新たな効果を生み出さんとする実験的な作品…それが映画『モテキ』なのだ。

映画『モテキ』は、豪華キャストを迎え、斬新な映像表現を駆使して描く抱腹絶倒のラブコメディでありながら、実は、普遍的なテーマ「恋愛は人を成長させるのか?」を描く作品である。
誰もが経験する恋の病…主人公の幸世が精一杯もがき苦しみながら、最後に辿りついた答えとは何なのか?
この恋の物語がクライマックスをむかえるとき、大きな感動があなたを待っている…はず!

 
toho-ipk.net

IDとパスワードが必要となります