Movie Movie

Return Page
ホーム > 映画 > 奇跡のリンゴ

LINE UP

奇跡のリンゴ

公開終了

劇場一覧

プロフィール
木村秋則役阿部サダヲ

1970年4月23日、千葉県出身。
1992年より「大人計画」に参加。看板役者として同劇団の公演に出演する他、多く の外部公演にも客演する。映画、ドラマ、音楽と幅広く活躍し、2005年にはパンクコントバンド「グループ魂」のボーカル“破壊”としてNHK紅白歌合戦出場、『舞妓Haaaan!!!』(2007年、水田伸生監督)で第31回日本アカデミー賞優秀主演男優賞受賞。他の主な出演作は映画『なくもんか』(2009年、水田伸生監督)、 『ぱいかじ南海作戦』(2012年、細川徹監督)、『夢売るふたり』(2012年、西川美和監督)、 ドラマ「マルモのおきて」(2011年、CX系)、「平清盛」(2012年、NHK)ほか多数。

木村美栄子役菅野美穂

1977年8月22日、埼玉県出身。
1993年、テレビドラマ「ツインズ教師」で女優デビュー。その後、映画、ドラマ、舞台で 数多くのヒット作に出演、高い演技力と女性からの圧倒的な好感度で確固たる地位を築く。主な出演作にドラマでは「働きマン」(2007年、NTV系)、「ギルティ悪魔と契約した女」(2010年、CX系)、「結婚しない」(2012年、 CX系)ほか。映画では『Dolls』(2002年、北野武監督)、『さくらん』(2007年、蜷川実花監督)、『パーマネント野ばら』(2010年、吉田大八監督)、『大奥〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇]』(2012年、金 子文紀監督)ほか多数。

もっちゃん役池内博之

1976年11月24日、茨城県出身。
1998年『BLUES HARP』 (三池崇史監督)で主演を務め、本格的に俳優業に進出する。 数々の映画、テレビ、舞台を経て、2008年『チーム・バチスタの栄光』では中村義洋監督作品への出演を果たす。他の主な出演作は『桜田門外ノ変』(2010年、佐藤純彌監督)、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(2010年、山崎貴監督)、舞台「るつぼ」(2012年、宮田慶子演出)、大河ドラマ「八重の桜」(放送中、NHK)ほか多数。 また、香港映画『イップ・マン序章』(2008年、ウィルソン・イップ監督)、日中合作『スイートハート・チョコレート』(2013年、篠原哲雄監督)に出演するなど、海外にも活躍の場を広げている。

深津役笹野高史

1948年6月22日、兵庫県出身。
1968年、自由劇場入団、舞台デビュー。『男はつらいよ』シリーズ、『学校』シリーズなど山田洋次監督作品の常連であるにとどまらず、現在の映画、テレビに欠かすことができない当代きっての名バイプレイヤー。2007年には『武士の一分』(山田洋次監督)にて第30回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など各映画賞を受賞。他の主な出演作は『おくりびと』(2008年、滝田洋二郎監督)、『ディア・ドクター』(2009 年、西川美和監督)、『テルマエ・ロマエ』(2012年、武内英樹監督)、『天地明察』(2012年、滝田洋二郎監督)ほか多数。

三上幸造役伊武雅刀

1949年3月28日、東京都出身。
1976年「スネークマンショー」に参加し、一世を風靡する。その後、活躍の場を映画、テレビに広げ、1988年、スティーブン・スピルバーグ監督『太陽の帝国』に出演、世界中に強い印象を残す。他の主な出演作は『カンゾー先生』 (1998年、今村昌平監督)、『御法度』(1999年、大島渚監督)、『ゆれる』(2006年、西川美和監督)、『ヴィヨンの妻〜桜桃 とタンポポ〜』(2009年、根岸吉太郎監督)、『聯合艦 隊司令長官 山本五十六』(2011年、成島出監督)、『藁の楯』(2013年、三池崇史監督)、ハリウッ ド映画『終戦のエンペラー』(2013年、ピーター・ウェーバー監督)ほか多数。

三上葺子役原田美枝子

東京都出身。
1974年、家城巳代治監督『恋は緑の風の中』で主演デビュー。1976年『大地の子守歌』( 増村保造 監督)、『青春の殺人者』(長谷川和彦監督)でキネマ旬報主演女優賞獲得など弱冠18歳にして主要映画賞を席巻。その後も『火宅の人』(1986年、深作欣二監督)、『雨あがる』(2000年、小泉堯史監督)で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞、『愛 を乞うひと』(1998年、平山秀幸監督)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞をはじめ、国内の主要映画賞を総なめにする。近年の主な出演作は、『あなたへ』(2012年、降旗康男監督)、『ふがいない僕は空を見た』(2012年、タナダユキ監督)ほか多数。

木村征治役山﨑 努

1936年12月2日、千葉県出身。
俳優座養成所を経て、1959年、文学座入団。1960年『大学の山賊たち』( 岡本喜八監督)で映画デ ビュー。『天国と地獄』(1963年、黒澤明監督)で一世を風靡してからも『八つ墓村』(1977年、野村芳太郎監督)、『影武者』(1980年、 黒澤明監督)、『マルサの女』(1987年、伊丹十三監督)と日本を代 表する映画に続々出演。近年も『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004 年、行定勲監督)、『おくりびと』(2008年、滝田洋二郎監督)、『SPACE BATTLESHIPヤマト』(2010年、山崎貴監督)ほか精力的に出演。映画賞受賞多数。2000年に紫綬褒章、2007年に旭日小綬章を受章。

監督・脚本中村義洋

1970年8月25日、茨城県出身。
成城大学在学中に8ミリで撮った短編『五月雨厨房』がぴあフィルムフェスティバルで準グランプリを受賞。大学卒業後、崔洋一、伊丹十三、平山秀幸らの助監督を経て、1999年、自主製作映画『ローカルニュース』で監督デビュー。『仄暗い水の底から』(2002年、 中田秀夫監督)、『クイール』(2004年、崔洋一監督)などに脚本参加する一方、2007年、映像化不可能と言われた伊坂幸太郎の小説『アヒルと鴨のコインロッ カー』を監督、大ヒットに導き、一躍注目される。
その後も2008年に『チーム・バチスタの栄光』、『ジャージの二人』、2009年に『フィッシュストーリー』、 『ジェネラル・ルージュの凱旋』、2010年に『ゴールデンスランバー』、『ちょんまげぷりん』、2011年に『映画 怪物くん』、2012年に『ポテチ』とコンスタン トに作品を製作、発表。力強い演出で心温まる人間ドラマを描き、高く評価されている。2013年も『みなさん、さようなら』を発表。

音楽久石 譲

国立音楽大学在学中よりミニマルミュージックに興味を持ち、現代音 楽の作曲家として出発。映画音楽では宮崎駿監督『風の谷のナウシカ』 (1984)以降、『崖の上のポニョ』(2008)など9 作品を担当。そのほか北野武監督『HANA-BI』、滝田洋二郎監督『おくりびと』、李相日監督『悪人』、山田洋次監督『東京家族』など国内外の映画音楽を手掛け、日本アカデミー賞最優秀音楽賞、紫綬褒章ほか各国で数々の賞を受賞している。演奏活動においても国内外を問わず精力的に行っており、ピアノソロ、オー ケストラや室内楽など様々なスタイルで活動を行う。2004年、新日本フィルハーモニー交響楽団が新たに結成した新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラの初代音楽監督に就任。同年のカンヌ国際映画祭ではバスター・キートンの無声映画「The General」(邦題「キートンの大列車強盗」)の映像に合わせてオーケストラを指揮。また、「MKWAJU」(1981)から「Melodyphony」(2010)まで多数のオリジナルソロアルバムをリリースするなど、ジャンルにとらわれない独自のスタイルを確立する日本を代表とする作曲家である。

木村秋則

1949年、青森県中津軽郡岩木町(現・弘前市)出身。1968年、弘前実業高等学校商業科を卒業。集団就職で川崎市の電機メーカーに就職するも、1年半で退職し弘前に戻る。1972年、美千子さんと結婚。無農薬リンゴの栽培を始める。その壮絶な苦労は2006年、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で紹介され、大反響となる。現在、独自の栽培方法はリンゴだけでなく、稲など他の作物にも拡大。国内はもとより、世界各国の注目を集めている。

 
プレスセンター

IDとパスワードが必要となります