Movie Movie

Return Page

Now showing

検察側の罪人

2018年8月24日公開

(C)2018 TOHO/JStorm

INTRODUCTION

木村拓哉VS二宮和也×原田眞人監督=日本映画史に名を残す、新たな傑作が誕生!

『犯人に告ぐ』の雫井脩介が2013年に発表した『検察側の罪人』。時効廃止以前の殺人事件や、捜査機関によって生み出される冤罪など、司法制度が抱える問題点に鋭く切り込みながら、登場人物の葛藤を通して「正義とは何か」という人間の根源的命題への洞察をも描き出し、社会派ミステリの最高傑作と高く評価された。その重層的で骨太な物語が、日本最高のスタッフ・キャストによって、ついに映画化!主人公のエリート検察官・最上を演じるのは、木村拓哉。そして最上と対立する若き検察官・沖野には、二宮和也。日本が誇るトップスター二人の競演が、本作で初めて実現した。さらに、沖野を支える検察事務官・橘に吉高由里子、闇社会のブローカー・諏訪部に松重豊、最上の親友である国会議員・丹野に平岳大、沖野と共に検察と闘う弁護士・小田島に八嶋智人、殺人事件の被疑者の一人・弓岡に大倉孝二、他にも、音尾琢真、芦名星、山崎紘菜といった演技派俳優陣に加え、人権派大物弁護士・白川として山﨑努が出演。本作の監督・脚本を務めるのは、日本アカデミー賞優秀監督賞受賞作品『日本のいちばん長い日』をはじめ、話題作『関ヶ原』の大ヒットも記憶に新しい、巨匠・原田眞人。キャストの鬼気迫る熱演、原田監督の集大成—— 日本映画の歴史に名を残す新たな傑作『検察側の罪人』は8月24日(金)全国東宝系公開!

STORY

都内で発生した強盗殺人。
被疑者の一人は、過去の未解決殺人事件の重要参考人だった。
捜査方針を巡って、対立する二人の検事。
法で裁けない罪人は、罰を免れ赦されるのか。
罪と罰、善と悪、そして、司法と検察官…。
正しいのは、どちらの正義か?

都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる被疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の重要参考人であった人物だ。最上を師と仰ぐ沖野は、被疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める。「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか?」・・・。互いの正義を賭けて対立する二人の検事。彼らの戦いに、待ち受けていた決着とは——。

DATA
原作
雫井脩介「検察側の罪人」(文春文庫刊)
監督・脚本
原田眞人
音楽
富貴晴美 土屋玲子
キャスト
木村拓哉 二宮和也 吉高由里子・松重豊/山﨑努
製作情報 クレジット
製作:東宝 ジェイ・ストーム
制作プロダクション:東宝映画
配給:東宝

(C)2018 TOHO/JStorm
公開日
2018年8月24日公開
CAST&STAFF
キャスト
木村拓哉 二宮和也 吉高由里子・松重豊/山﨑努
原作
雫井脩介「検察側の罪人」(文春文庫刊)
監督・脚本
原田眞人
製作
市川 南
共同製作
藤島ジュリーK.
エグゼクティブプロデューサー
山内章弘
企画・プロデュース
臼井 央
プロデューサー
佐藤善宏 西野智也
協力プロデューサー
鍋島壽夫
プロダクション統括
佐藤 毅
ラインプロデューサー
芳川 透
音楽
富貴晴美 土屋玲子
撮影
柴主高秀
照明
大坂章夫
美術
福澤勝広
録音
矢野正人 鶴巻 仁
編集
原田遊人
装飾
籠尾和人 高橋 光 岩井健志
VFXスーパーバイザー
オダイッセイ
衣裳
宮本まさ江
ヘアメイク
酒井啓介
Bカメラ撮影
堂前徹之
音響効果
柴崎憲治
スクリプター
西岡智子
キャスティング
杉野 剛
助監督
桑原昌英 谷口正行
製作担当
伊藤 栄
製作
東宝 ジェイ・ストーム
配給
東宝
製作プロダクション
東宝映画

(C)2018 TOHO/JStorm

PROFILE
最上 毅役木村拓哉
1972年11月13日生まれ。東京都出身。
【近年の映画出演作】
『武士の一分』(06)『HERO』(07)『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』(09)『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(10)『HERO』(15)『無限の住人』(17)『マスカレード・ホテル』(19予定)
沖野啓一郎役二宮和也
1983年6月17日生まれ。東京都出身。
【近年の映画出演作】
『GANTZ/GANTZ PERFECT ANSWER』(11)『プラチナデータ』(13)『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』(14)『暗殺教室』(声の出演)『母と暮せば』(15)『暗殺教室 ~卒業編~』(16)『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』(17)
橘 沙穂役吉高由里子
1988年7月22日生まれ。東京都出身。
【近年の映画出演作】
『GANTZ/GANTZ PERFECT ANSWER』(11)『ロボジー』『ヒミズ』『僕等がいた 前篇/後篇』(12)『横道世之介』『真夏の方程式』(13)『ユリゴコロ』(17)
諏訪部利成役松重 豊
1963年1月19日生まれ。福岡県出身。
【近年の映画出演作】
『ミュージアム』(16)『アウトレイジ 最終章』『探偵はBARにいる3』(17)『素敵なダイナマイトスキャンダル』『のみとり侍』『コーヒーが冷めないうちに』『生きてるだけで、愛。』『この道』(18)
丹野和樹役平岳 大
1974年7月27日生まれ。東京都出身。
【近年の映画出演作】
『のぼうの城』『悪の教典』(12)『蠢動-しゅんどう-』『永遠の0』(13)『おかさんの木』『S -最後の警官-奪還』(15)『関ヶ原』(17)
弓岡嗣郎役大倉孝二
1974年7月18日生まれ。東京都出身。
【近年の映画出演作】
『陽だまりの彼女』(13)『HERO』『ロマンス』(15)『秘密 THE TOP SECRET』(16)『リンキング・ラブ』『DESTINY 鎌倉ものがたり』(17)『君が君で君だ』(18)
小田島誠司役八嶋智人
1970年9月27日生まれ。奈良県出身。
【近年の映画出演作】
『円卓』(14)『HERO』(15)『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(16)『本能寺ホテル』『こいのわ 婚活クルージング』(17)『BLOOD-CLUB DOLLS』(18)『耳を腐らせるほどの愛』(19予定)
白川雄馬役山﨑 努
1936年12月2日生まれ。千葉県出身。
【近年の映画出演作】
『駆込み女と駆出し男』『日本のいちばん長い日』(15)『俳優 亀岡拓次』『殿、利息でござる!』(16)『無限の住人』(17)『祈りの幕が下りる時』『モリのいる場所』(18)
千鳥役音尾琢真
1976年3月21日生まれ。北海道出身。
【近年の映画出演作】
『無限の住人』『たたら侍』『関ヶ原』(17)『祈りの幕が下りる時』『ラブ×ドック』『孤狼の血』(18)『七つの会議』(19予定)
前川直之役大場泰正
1972年11月7日生まれ。東京都出身。
【近年の映画出演作】
『午後の遺言状』(95)『日本のいちばん長い日』(15)『関ヶ原』(17)
青戸公成役谷田 歩
1975年7月25日生まれ。静岡県出身。
【近年の映画出演作】
『筆子・その愛』(07)『SP 革命篇』(11)『HESOMORI-ヘソモリ-』(12)『SPEC結~爻ノ篇~』(13)『寄生獣』(14) 『闇金ドッグス2』『幸福のアリバイ Picture』(16)
松倉重生役酒向 芳
1958年11月15日生まれ。岐阜県出身。
【近年の映画出演作】
『てぃだかんかん』(10)『戦争と一人の女』『体脂肪計タニタの社員食堂』(13)『龍三と七人の子分たち』『FOUJITA』(15)『海賊とよばれた男』(16)『愚行録』(17)
高島 進役矢島健一
1956年3月1日生まれ。岐阜県出身。
【近年の映画出演作】
『日本のいちばん長い日』(15)『マンハント』『去年の冬、きみと別れ』『孤狼の血』『友罪』『空飛ぶタイヤ』『散り椿』(18)
桜子役キムラ緑子
1961年10月15日生まれ。兵庫県出身。
【近年の映画出演作】
『駆込み女と駆出し男』『日本のいちばん長い日』(15)『ぼくのおじさん』『続・深夜食堂』(16)『破門 ふたりのヤクビョーガミ』『関ヶ原』(17)『祈りの幕が下りる時』(18)
運び屋の女芦名 星
1983年11月22日生まれ。福島県出身。
【近年の映画出演作】
『シルク/SILK』(08)『鴨川ホルモー』(09)『七瀬ふたたび』(10)『源氏物語 千年の謎』(11)『サムライ・ダッシュ』(13)『映画ST 赤と白の捜査ファイル』(15)『不能犯』(18)
最上奈々子役山崎紘菜
1994年4月25日生まれ。千葉県出身。
【近年の映画出演作】
『orange-オレンジ-』(15)『MARS~ただ、君を愛してる~』『金メダル男』(16)『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』『春夏秋冬物語』『僕らのライブ大事件』『花筐/HANAGATAMI』(17)
監督・脚本原田眞人
1949年7月3日生まれ。静岡県出身。
黒澤明、ハワード・ホークスといった巨匠を師と仰ぐ。 79年、『さらば映画の友よ』で監督デビュー。『KAMIKAZE TAXI』(95)は、フランス・ヴァレンシエンヌ冒険映画祭で准グランプリ、監督賞を受賞。社会派エンタテインメントの『金融腐蝕列島[呪縛]』(99)、『クライマーズ・ハイ』(08)からモントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリ受賞の『わが母の記』(12)や、モンテカルロTV映画祭で最優秀監督賞を受賞した『初秋』(12)など、小津安二郎作品に深く影響された家族ドラマ、念願の初時代劇となった『駆込み女と駆出し男』(15)、戦後70年に合わせて公開され、第39回日本アカデミー賞優秀監督賞、優秀脚本賞などを獲得した『日本のいちばん長い日』(15)や、第41回日本アカデミー賞優秀監督賞、優秀作品賞などを獲得した『関ヶ原』(17)などの時代劇まで作品の幅は広い。 『ラストサムライ』(03)では、俳優としてハリウッドデビュー。
音楽富貴晴美
1985年生まれ。大阪府出身。
原田眞人監督作品の『わが母の記』(11)で、第36回日本アカデミー賞優秀音楽賞を最年少で受賞。「マッサン」(NHK連続テレビ小説・14)『駆込み女と駆出し男』『日本のいちばん長い日』(15)『きょうのキラ君』『関ヶ原』(17)「西郷どん」(NHK大河ドラマ)「ピアノの森」(NHKアニメ・18)など数多くの映画・テレビドラマの音楽を手掛けている。
土屋玲子
二胡、ヴァイオリン奏者として数々のアーティストのライブサポート、レコーディングに参加。宮沢和史率いる多国籍バンドGANGAZUMBAのメンバー。作曲家としては、AXIAアーティストオーディション1998インスト部門において最優秀音楽賞受賞。ユニットe-KLAYとして映画音楽、テレビドラマの音楽を担当。2008年より劇団カムカムミニキーナの作曲家として全公演に参加。
原作雫井脩介「検察側の罪人」
(文春文庫刊)
TRAILER

映画『検察側の罪人』予告2

映画『検察側の罪人』特報2

映画『検察側の罪人』予告

映画『検察側の罪人』特報

INFORMATION
MEDIA

TV・ラジオ

放送日9月23日
放送局TOKYO FM
番組名木村拓哉 FLOW supported by GYAO!
内容ゲスト(二宮和也)
NEWS

NOW SHOWING

  • Burn the Stage : the Movie

    Burn the Stage : the Movie

  • GODZILLA 星を喰う者

    GODZILLA 星を喰う者

  • スマホを落としただけなのに

    スマホを落としただけなのに

  • 億男

    億男

  • 散り椿

    散り椿

  • 劇場版「フリクリ プログレ」

    劇場版「フリクリ プログレ」

  • コーヒーが冷めないうちに

    コーヒーが冷めないうちに

  • 劇場版「フリクリ オルタナ」

    劇場版「フリクリ オルタナ」

COMING SOON

  • 来る

    来る

    2018年12月7日公開

  • 映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS

    映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS

    2018年12月14日公開

  • ニセコイ

    ニセコイ

    2018年12月21日公開

  • マスカレード・ホテル

    マスカレード・ホテル

    2019年1月18日公開

  • 七つの会議

    七つの会議

    2019年2月1日公開

  • フォルトゥナの瞳

    フォルトゥナの瞳

    2019年2月15日公開

  • 映画ドラえもん のび太の月面探査記

    映画ドラえもん のび太の月面探査記

    2019年3月1日公開

  • 君は月夜に光り輝く

    君は月夜に光り輝く

    2019年3月15日公開