Movie Movie

Return Page

Now showing

シン・ゴジラ

7月29日公開

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

INTRODUCTION

第1作の『ゴジラ』(1954年)が公開されてから約60年、現在までに国内で計28作品が製作され、1億人に迫る累計観客動員数を記録するなど、日本を代表するシリーズ映画として君臨する「ゴジラ」。
その人気は国内に止まらず、記憶に新しい2014年にはハリウッド版『GODZILLA』が全世界で大ヒットを記録し、日本で誕生したゴジラというキャラクターは、世界の“キングオブモンスター”として今なお人気を博している。
そして今回、日本版ゴジラ復活の声が高まる中、国内シリーズ12年ぶりとなる最新作『シン・ゴジラ』が誕生した。

脚本・総監督は、人気アニメーション「エヴァンゲリオン」シリーズの生みの親にして、日本のみならず世界中にファンをもつ庵野秀明。
アニメーションで不動の地位を築いた庵野総監督が、その圧倒的な映像表現で全く新しいゴジラを生み出した。
本作のゴジラは、史上最大となる体長118.5メートルのスケールはもちろん、国内シリーズ初のフルCGで描かれ、我々の想像を遥かに超える最強の完全生物としてスクリーンに現れる。
また、庵野総監督自ら徹底的なリサーチに基づき書き下ろした脚本は、「現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?」というテーマのもと、リアリティを限界まで追求し、まるでドキュメンタリーのような迫真のストーリーに仕上がった。

そして、ゴジラに立ち向かうキャストには、長谷川博己・竹野内豊・石原さとみ、その他計328人にもおよぶ、日本を代表する豪華俳優陣が集結。
さらに日本映画では異例の三監督・四班体制、総勢1000人以上のスタッフによる超大規模撮影を敢行。
日本映画界最高峰のチームが切り拓く、“まだ誰も観たことのないゴジラ”が、この夏、ついに上陸する。

STORY

東京湾・羽田沖—。
突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻き込まれ、崩落する原因不明の事故が発生した。

首相官邸では総理大臣以下、閣僚が参集されて緊急会議が開かれ、「崩落の原因は地震や海底火山」という意見が大勢を占める中、内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)だけが、海中に棲む巨大生物による可能性を指摘。内閣総理大臣補佐官の赤坂秀樹(竹野内豊)をはじめ、周囲は矢口の意見を一笑に付すものの、直後、海上に巨大不明生物の姿が露わになった。

慌てふためく政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は鎌倉に上陸。普段と何も変わらない生活を送っていた人々の前に突然現れ、次々と街を破壊し、止まること無く進んでいく。

政府は緊急対策本部を設置し、自衛隊に防衛出動命令を発動。さらに米国国務省からは、女性エージェントのカヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)が派遣されるなど、未曽有の脅威に対し、日本のみならず世界もその行方を注視し始める。

そして、川崎市街にて、“ゴジラ”と名付けられたその巨大不明生物と、自衛隊との一大決戦の火蓋がついに切られた。
果たして、人智を遥かに凌駕する完全生物・ゴジラに対し、人間に為す術はあるのか?

DATA
脚本・総監督
庵野秀明(「エヴァンゲリオン」シリーズ)
監督・特技監督
樋口真嗣
准監督・特技統括
尾上克郎
音楽
鷺巣詩郎
キャスト
長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ
製作情報 クレジット
製作・配給:東宝株式会社

(C)2016 TOHO CO.,LTD.
公開日
7月29日公開
CAST&STAFF
出演
長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ
脚本・総監督
庵野秀明(「エヴァンゲリオン」シリーズ)
監督・特技監督
樋口真嗣
准監督・特技統括
尾上克郎
音楽
鷺巣詩郎
製作・配給
東宝株式会社

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

PROFILE
内閣官房副長官 矢口蘭堂役 長谷川博己
1977年3月7日生まれ。東京都出身。
「鈴木先生」(2011年/TX)で民放連続ドラマ初主演。以後、「家政婦のミタ」(2011年/NTV)、「八重の桜」(2013年/NHK)、「雲の階段」(2013年/NTV)、「デート~恋とはどんなものかしら~」(2015年/CX)などに出演。2012年にはエランドール賞新人賞、橋田賞新人賞、日本アカデミー賞新人賞を受賞。幅広いジャンルの作品に出演し、それぞれで全く違う顔を見せる。
【他の主な出演映画】
『映画 鈴木先生』(2013年/河合勇人監督)
『地獄でなぜ悪い』(2013年/園子温監督)
『舞妓はレディ』(2014年/周防正行監督)
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前後篇』(2015年/樋口真嗣監督)
『二重生活』(2016年/岸善幸監督)
内閣総理大臣補佐官 赤坂秀樹役 竹野内豊
1971年1月2日生まれ。東京都出身。
1994年、「ボクの就職」(TBS)でデビュー。以後、TVドラマ、映画を中心に多くの話題作、人気作に出演が続く。2001年に『冷静と情熱のあいだ』(中江功監督)で第25回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。2011年には『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』(平山秀幸監督)に主演し、第54回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞するなど、安定感のある演技力で高い評価を得ている。
【他の主な出演映画】
『あの空をおぼえてる』(2008年/冨樫森監督)
『謝罪の王様』(2013年/水田伸生監督)
『ニシノユキヒコの恋と冒険』(2014年/井口奈己監督)
『at Home アットホーム』(2015年/蝶野博監督)
『人生の約束』(2016年/石橋冠監督)
米国大統領特使 カヨコ・アン・パタースン役 石原さとみ
1986年12月24日生まれ。東京都出身。
2002年に第27回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞。2003年、主演作『わたしのグランパ』(東陽一監督)で本格的映画デビューを果たし、ブルーリボン賞、報知映画賞、日刊スポーツ映画大賞などで新人賞を受賞。同年、NHK連続テレビ小説「てるてる家族」でヒロインに抜擢された。以後は映画・TV・舞台など幅広い分野で活躍。2015年10月期CX月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」では主演を務めるなど、人気・実力を兼ね備え、今もっとも次回作が待たれる女優である。
【他の主な出演映画】
『北の零年』(2005年/行定勲監督)
『包帯クラブ』(2007年/堤幸彦監督)
『貞子3D』(2012年/英勉監督)
『風に立つライオン』(2015年/三池崇史監督)
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前後篇』(2015年/樋口真嗣監督)
内閣官房副長官秘書官 志村祐介役 高良健吾
1987年11月12日生まれ。熊本県出身。
2006年、『ハリヨの夏』(中村真夕監督)で映画デビュー。以降、多くの映画作品に出演。2012年、『軽蔑』(廣木隆一監督)で第35回日本アカデミー賞新人俳優賞。2013年には『苦役列車』(山下敦弘監督)で第56回ブルーリボン賞主演男優賞、第36回日本アカデミー賞優秀助演男優賞他を受賞。近年は、2016年1月期「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(CX)で主演を務めるなど、TVドラマ、CMなどでも目覚ましい活躍を見せる。
【他の主な出演映画】
『蛇にピアス』(2008年/蜷川幸雄監督)
『ソラニン』(2010年/三木孝浩監督)
『横道世之介』(2013年/沖田修一監督)
『悼む人』(2015年/堤幸彦監督)
『ふきげんな過去』(2016年/前田司郎監督)
保守第一党政調副会長 泉修一役 松尾 諭
1975年12月7日生まれ。兵庫県出身。
2000年、映画『忘れられぬ人々』(篠崎誠監督)で俳優デビュー。2007年に出演したTVドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」で注目を集め、以降、TVドラマ「最後から二番目の恋」(2012年・2014年/CX)、映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前後篇』(2015年/樋口真嗣監督)など、多くの作品に出演。今や映画・TVに欠かせない存在となっている。
【他の主な出演映画】
『SP THE MOTION PICTURE野望篇・革命篇』(2010年・2011年/波多野貴文監督)
『テルマエ・ロマエ』(2012年/武内英樹監督)
『県庁おもてなし課』(2013年/三宅喜重監督)
『珍遊記』(2016年/山口雄大監督)
『後妻業の女』(2016年8月27日公開予定/鶴橋康夫監督)
環境省自然環境局野生生物課課長補佐 尾頭(オガシラ)ヒロミ役 市川実日子
1978年6月13日生まれ。東京都出身。
モデルとして活動後、1998年女優デビュー。2002年、『とらばいゆ』(大谷健太郎監督)で毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。2002年には初主演映画『blue』(2003年/安藤尋監督)で第24回モスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞。映画、TVドラマ、CMなど出演した作品で唯一無二の存在感を放っている。
【他の主な出演映画】
『キューティーハニー』(2004年/庵野秀明監督)
『めがね』(2007年/荻上直子監督)
『マザーウォーター』(2010年/松本佳奈監督)
『ぼくたちの家族』(2014年/石井裕也監督)
『ミュージアム』(2016年11月12日公開予定/大友啓史監督)
防衛大臣 花森麗子役 余 貴美子
1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。
1988年、『噛む女』(神代辰巳監督)で本格的に映画デビュー。1991年、『うみ・そら・さんごのいいつたえ』(椎名誠監督)で初主演。以後、多くの話題作に出演。2008年、2009年には『おくりびと』(滝田洋二郎監督)、『ディア・ドクター』(西川美和監督)で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を2年連続受賞するなど、現在までに多数の受賞歴を持つ。
【他の主な出演映画】
『男たちの大和/YAMATO』(2005年/佐藤純彌監督)
『あなたへ』(2012年/降旗康男監督)
『寄生獣』(2014年/山崎貴監督)
『ソロモンの偽証 前後篇』(2015年/成島出監督)
『後妻業の女』(2016年8月27日公開予定/鶴橋康夫監督)
統合幕僚長 財前正夫役 國村 隼
1955年11月16日生まれ。大阪府出身。
1981年、『ガキ帝国』(井筒和幸監督)で映画デビュー。以後、映画を中心に多くの作品に出演し、1997年には『萌の朱雀』(河瀬直美監督)で映画初主演。圧倒的な存在感で高い評価を得て大作・話題作への出演が続いている。ジョン・ウ-監督作品『追捕~MANHUNT(原題)』や、本年のカンヌ国際映画祭に招待され、韓国内において800万人を超す観客動員で今年の話題作となったナ・ホンジン監督最新作『哭聲/コクソン(原題)』にもメインキャラクターとして出演している。
【他の主な出演映画】
『地獄でなぜ悪い』(2013年/園子温監督)
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前後篇』(2015年/樋口真嗣監督)
『天空の蜂』(2015年/堤幸彦監督)
『ちはやふる 上の句・下の句』(2016年/小泉徳宏監督)
『海賊とよばれた男』(2016年12月10日公開予定/山崎貴監督)
農林水産大臣 里見祐介役 平泉 成
1944年6月2日生まれ。愛知県出身。
1966年、『酔いどれ博士』(三隅研次監督)でデビュー後、数多くの映画・TVドラマに出演。その人間味溢れる演技は作品に良質感を与え、近年ではTV番組で物まねもされるなど、世代を超えて支持されている。
【他の主な出演映画】
『のぼうの城』(2012年/犬童一心監督・樋口真嗣監督)
『箱入り息子の恋』(2013年/市井昌秀監督)
『海月姫』(2014年/川村泰祐監督)
『花とアリス殺人事件』(2015年/岩井俊二監督)※声の出演
『はなちゃんのみそ汁』(2016年/阿久根知昭監督)
内閣官房長官 東(アズマ)竜太役 柄本 明
1948年11月3日生まれ。東京都出身。
舞台での活躍を経て、1998年、『カンゾー先生』(今村昌平監督)にて第22回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞他を受賞。その後も映画のみならず、舞台やテレビドラマにも多数出演し、2011年には紫綬褒章を受章した。2015年には第41回放送文化基金賞番組部門「演技賞」を受賞。
【他の主な出演映画】
『座頭市』(2003年/北野武監督)
『悪人』(2010年/李相日監督)
『許されざる者』(2013年/李相日監督)
『岸辺の旅』(2015年/黒沢清監督)
『モヒカン故郷に帰る』(2016年/沖田修一監督)
内閣総理大臣 大河内清次役 大杉 漣
1951年9月27日生まれ。徳島県出身。
演劇界での活躍の後、1993年『ソナチネ』(北野武監督)で高い評価を得、1999年には第22回日本アカデミー賞優秀助演男優賞をはじめ9つの賞を受賞するなど、映画界でも演技派俳優として地位を高める。現在も出演作では様々な役柄を演じ分け、映画・舞台・TVなど多くのメディアで活躍が続く。
【他の主な出演映画】
『一枚のハガキ』(2011年/新藤兼人監督)
『おかえり、はやぶさ』(2012年/本木克英監督)
『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』(2014年/三池崇史監督)
『大虎』(2015年/パク・フンジョン監督)
『蜜のあわれ』(2016年/石井岳龍監督)
脚本・編集・総監督 庵野秀明
1960年5月22日生まれ。山口県出身。
アニメーターとして、『風の谷のナウシカ』(1984年/宮崎駿監督)に参加し、巨神兵登場シーンの原画を担当する。その後、「トップをねらえ!」(1988年~1989年)でアニメ初監督。「新世紀エヴァンゲリオン」(1995年/TX)では、その後劇場版も製作されるなど、多くの熱狂的なファンを生み出す大ヒットを記録。社会現象となった。2006年には株式会社カラーを設立。自社製作による『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズでは、原作、脚本、総監督、エグゼクティブ・プロデューサーを担当している。2012年より開催された展覧会「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」では館長を務めるなど、エンターテインメントの第一線で活躍を続けている。
【主な監督・総監督作品】
『ラブ&ポップ』(1998年)
『式日』(2000年)
『キューティーハニー』(2004年)
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ
(『:序』2007年/『:破』2009年/『:Q』2012年)
監督・特技監督 樋口真嗣
1965年9月22日生まれ。東京都出身。
高校卒業後、『ゴジラ』(1984年/橋本幸治監督)で特殊造形に携わったことがきっかけで、映画界に入る。その後、『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995年/金子修介監督)など“平成ガメラシリーズ”で特撮監督を務めるなど、特撮作品に多く関わるほか、『日本沈没』(2006年)では興収50億円を超える大ヒットを記録。2012年『のぼうの城』(犬童一心と共同監督)では、日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞するなど、名実ともに日本を代表するヒットメーカーの一人である。
【他の主な映画監督作品】
『ガメラ2 レギオン襲来』(1996年)※特技監督
『ローレライ』(2005年)
『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』(2008年)
『巨神兵東京に現わる 劇場版』(2012年)
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前後篇』(2015年)
准監督・特技統括 尾上克郎
1960年6月4日生まれ。鹿児島県出身。
1982年、映画『爆裂都市 BURST CITY』(石井聰亙監督)で美術スタッフとしてデビュー。その後、「仮面ライダーBLACK」(1987年~1988年)など仮面ライダーシリーズ、戦隊シリーズ作品に携わり、1993年より特撮監督となる。以降、映画・TVを中心に多くの作品の特撮を手掛けている。
【他の主な担当映画作品】
『陰陽師Ⅱ』(2003年/滝田洋二郎監督)※特撮監督
『日本沈没』(2006年/樋口真嗣監督)※特技統括
『西遊記』(2007年/澤田鎌作監督)※特撮監督
『のぼうの城』(2012年/犬童一心監督・樋口真嗣監督)※特撮監督
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前後篇』(2015年/樋口真嗣監督)※特撮監督
音楽 鷺巣詩郎
1957年生まれ。東京都出身。本名も同じ。
1978年、T-スクエアのデビュー作に参加して以来、これまで約30年間もの長きにわたり第一線で活躍し続け、驚異的なキャリアを誇る、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。80年代初頭のアイドル歌謡曲時代から、インストゥルメンタル・アーティスト、近年のシンガー・アーティストに至るまで広範囲にわたり何百何千もの楽曲、アーティストを手掛け、くわえて、映画、TVなど、あらゆる映像音楽(サウンド・トラック)分野でも活躍。あわせて膨大な数のヒット作品を、絶えず世に送り出している。90年代よりヨーロッパでも活動、パリでのクラブ経営、英仏アーティストの楽曲も手掛ける。また、日本人作曲家として初めて韓国映画の音楽監督も務めた。
近年の代表作はMISIA、平井堅、CHEMISTRY、エリーシャ・ラヴァーン、SMAP、ゴスペラーズ、葉加瀬太郎、映画は『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』(1997年/庵野秀明総監督)、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』(1997年/庵野秀明総監督)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ(『:序』2007年/『:破』2009年/『:Q』2012年)、『MUSA -武士-』(2001年/キム・ソンス監督)、『CASSHERN』(2004年/紀里谷和明監督)、『劇場版BLEACH』シリーズ(2006年・2007年・2008年・2010年/阿部記之監督)、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前後篇』(2015年/樋口真嗣監督)など。 現在はロンドン、パリ、東京の3ヶ所を拠点にして国際的に活躍している。
C班監督 石田雄介
1977年4月5日生まれ。神奈川県出身。
TVドラマ、PVなどの編集・演出を務め、映画では2011年『モテキ』(大根仁監督)で第35回日本アカデミー賞優秀編集賞を受賞。2013年『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』で映画初監督。舞台やコンサートの映像演出も手掛けるなど、多方面で才能を発揮している。
【他の主な担当映画作品】
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前後篇』(2015年/樋口真嗣監督)※本編編集
A班撮影 山田康介
1976年5月21日生まれ。福岡県出身。
日本映画学校卒業後、東宝映画に入社。木村大作に師事し、『赤い月』(2004年/降旗康男監督)、『劔岳 点の記』(2009年/木村大作監督)などの撮影助手を務めた後、『神様のカルテ』(2011年/深川栄洋監督)にてカメラマンとしてデビュー。以降、様々な話題作・人気作に携わる。
【他の主な担当映画作品】
『僕等がいた 前後篇』(2012年/三木孝浩監督)
『県庁おもてなし課』(2013年/三宅喜重監督)
『青天の霹靂』(2014年/劇団ひとり監督)
『ホットロード』(2014年/三木孝浩監督)
『ストロボ・エッジ』(2015年/廣木隆一監督)
A班照明 川邉隆之
1966年3月14日生まれ。神奈川県出身。
東宝映画入社後、照明技師として『ゴジラVSモスラ』(1992年/大河原孝夫監督)、『ゴジラ2000 MILLENNIUM』(1999年/大河原孝夫監督)などゴジラシリーズに携わるほか、多数の日本映画に参加。『劔岳 点の記』(2009年/木村大作監督)で第33回日本アカデミー賞最優秀照明賞受賞。2011年『岳-ガク―』(片山修監督)にて第35回日本アカデミー賞優秀照明賞を受賞した。
【他の主な担当映画作品】
『マリと子犬の物語』(2007年/猪股隆一監督)
『僕等がいた 前後篇』(2012年/三木孝浩監督)
『県庁おもてなし課』(2013年/三宅喜重監督)
『青天の霹靂』(2014年/劇団ひとり監督)
『アオハライド』(2014年/三木孝浩監督)
美術監督 林田裕至
1961年5月20日生まれ。兵庫県出身。
1982年、『爆裂都市 BURST CITY』(1982年/石井聰亙監督)に携わり、多くの映画作品で美術監督を務める。『十三人の刺客』(2010年/三池崇史監督)では、第34回日本アカデミー賞・最優秀美術賞を受賞した。
【他の主な担当映画作品】
『式日』(2000年/庵野秀明監督)
『CASSHERN』(2004年/紀里谷和明監督)
『喰女-クイメ-』(2014年/三池崇史監督)
<第69回毎日映画コンクール美術賞受賞>
『TOKYO TRIBE』(2014年/園子温監督)
『寄生獣』『寄生獣 完結編』(2014年・2015年/山崎貴監督)
編集・VFXスーパーバイザー 佐藤敦紀
1961年5月15日生まれ。静岡県出身。
1995年、『平成ガメラシリーズ』(金子修介監督)にてCGIを担当。以降、映画制作において編集・VFXなどを手掛けるほか、予告編制作でも高い評価を得ている。
【他の主な担当映画作品】
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(2007年/庵野秀明総監督)※2Dデジタルワーク
『のだめカンタービレ 最終楽章 前後編』(2009年/武内英樹監督・2010年/川村泰祐監督)※VFXスーパーバイザー
『のぼうの城』(2012年/犬童一心監督・樋口真嗣監督)※VFXスーパーバイザー
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前後篇』(2015年/樋口真嗣監督) ※VFXスーパーバイザー
『ガルム・ウォーズ』(2016年/押井守監督)※監督補・編集・VFXスーパーバイザー
扮飾統括 柘植伊佐夫
1960年1月27日生まれ。長野県出身。
ヘアメイクアップアーティストとして活動後、1999年、『白痴』(手塚眞監督)でヘアメイク監督を担当。人物デザイナー、ビューティーディレクターとして映画・TVドラマ・舞台など幅広い分野で活躍。NHK大河ドラマでは「龍馬伝」(2010)・「平清盛」(2012)の二度にわたって人物デザイン監修を務めた。
【他の主な担当映画作品】
『おくりびと』(2008年/滝田洋二郎監督)※ビューティーディレクション
『十三人の刺客』(2010年/三池崇史監督)※人物デザイン
<第65回日本放送映画藝術大賞/映画部門 最優秀メイクアップ賞および優秀衣装デザイン賞受賞>
『寄生獣』『寄生獣 完結編』(2014年・2015年/山崎貴監督)※キャラクタービジュアルディレクター
『喰女-クイメ-』(2014年/三池崇史監督)※衣裳・ヘアメイクデザイン
<第9回アジアフィルムアワード衣装デザイン賞受賞>
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前後篇』(2015年/樋口真嗣監督)※扮装統括
ゴジライメージデザイン 前田真宏
1963年3月14日生まれ。鳥取県出身。
1982年、「超時空要塞マクロス」(1982~1983年)で原画を担当しデビュー。以後、アニメーター、デザイナー、アニメーション監督として多分野で活躍を続けるほか、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年/ジョージ・ミラー監督)にはデザイナーとして参加するなど、その才能は海外からも高く評価されている。
【他の主な担当映画作品】
『風の谷のナウシカ』(1984年/宮崎駿監督)※原画
『天空の城ラピュタ』(1986年/宮崎駿監督)※原画
『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995年/金子修介監督)※怪獣デザイン
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009年/庵野秀明総監督)※イメージボード・原画
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年/庵野秀明総監督) ※監督・画コンテ・イメージボード・脚本協力・デザインワークス・原画
ゴジラキャラクターデザイン 竹谷隆之
1963年12月10日生まれ。北海道出身。
造形家として、映画・玩具・フィギュアなど様々な領域において活躍。多数のフィギュア原型を手掛けるほか、海洋堂の「リボルテックタケヤ」シリーズでは、従来のデザインに竹谷流のアレンジを加えることによって、キャラクターの今までに無かった側面を浮き彫りにすることに成功している。2012年には『巨神兵東京に現わる』(樋口真嗣監督)において巨神兵のコンセプトモデルを制作し、話題を集めた。
【他の主な担当映画作品】
『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』(2014年/柴﨑貴行監督)※クリーチャーデザイン
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前後篇』(2015年/樋口真嗣監督)※キャラクターデザイン
TRAILER

『シン・ゴジラ』予告2

『シン・ゴジラ』予告

『シン・ゴジラ』特報2

NEWS

NOW SHOWING

  • ひるなかの流星

    ひるなかの流星

  • 3月のライオン【前編】

    3月のライオン【前編】

  • チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~

    チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~

  • しまじろうとにじのオアシス

    しまじろうとにじのオアシス

  • 映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

    映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

  • WE ARE X

    WE ARE X

  • サバイバルファミリー

    サバイバルファミリー

  • 虐殺器官

    虐殺器官

COMING SOON

  • 夜は短し歩けよ乙女

    夜は短し歩けよ乙女

    2017年4月7日公開

  • 映画 クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ

    映画 クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ

    2017年4月15日公開

  • 名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)

    名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)

    2017年4月15日公開

  • 3月のライオン【後編】

    3月のライオン【後編】

    2017年4月22日公開

  • 映画かみさまみならい ひみつのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界 ※同時上映:短編『映画たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦!』

    映画かみさまみならい ひみつのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界 ※同時上映:短編『映画たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦!』

    2017年4月28日公開

  • 帝一の國

    帝一の國

    2017年4月29日公開

  • 追憶

    追憶

    2017年5月6日(土)公開

  • 夜明け告げるルーのうた

    夜明け告げるルーのうた

    2017年5月19日公開