Movie Movie

Return Page

Archives

ちょっと今から仕事やめてくる

2017年5月27日公開

(C)2017 映画「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

INTRODUCTION

すべての“働く人”が共感して泣いた。
60万部突破のベストセラー小説が待望の映画化!

その風変わりなタイトルと軽妙な語り口ながら、今の時代に即した重いテーマ「長時間労働」「パワハラ」「自殺」などを扱い、すべての“働く人”の共感の涙を誘った小説『ちょっと今から仕事やめてくる』。そのベストセラー原作の映画化にあたって最高のキャスト&スタッフが集結。
謎の男・ヤマモトを演じるのは、初の大阪弁での演技も注目の福士蒼汰。ブラック企業で働くサラリーマン・青山隆に工藤阿須加。その他、青山の憧れの先輩社員に黒木華、青山の両親役に森口瑤子と池田成志、ヤマモトの謎を知る女性に小池栄子、青山を追い詰めるパワハラ上司に吉田鋼太郎、といった実力派俳優が勢揃いした。監督は『八日目の蝉』『ソロモンの偽証』の成島出。さらに、号泣必至のエンディングに流れる主題歌「心」をコブクロが担当した。

STORY

ブラック企業で働く青山隆(工藤阿須加)は、仕事のノルマが厳しく精神的に追い詰められていた。疲労のあまり駅のホームで意識を失い、危うく電車に跳ねられそうになってしまう。すんでのところで青山を救ったのは、幼馴染みのヤマモト(福士蒼汰)と名乗る男。だが、青山には彼の記憶がまったく無かった―

大阪弁でいつでも爽やかな笑顔をみせる謎の男、ヤマモトと出会ってからというもの、青山は本来の明るさを取り戻し、仕事の成績も次第に上がってゆく。 そんなある日、青山はヤマモトが深刻な表情で墓地行きのバスに乗車するところを見かける。不審に思った青山がヤマモトについて調べてゆくと、何と3年前に自殺していたことが分かる。それではヤマモトと名乗る、あの男は一体何者なのか?
その真実が明らかとなるラストに、誰もが涙する感動の物語。

DATA
原作
北川恵海『ちょっと今から仕事やめてくる』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
監督
成島出
脚本
多和田久美 成島出
キャスト
福士蒼汰 工藤阿須加
黒木華 森口瑤子 池田成志
小池栄子 吉田鋼太郎
製作情報 クレジット
制作プロダクション:シネバザール
配給:東宝

(C)2017 映画「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会
公開日
2017年5月27日公開
CAST&STAFF
出演
福士蒼汰 工藤阿須加
黒木華 森口瑤子 池田成志
小池栄子 吉田鋼太郎
原作
北川恵海『ちょっと今から仕事やめてくる』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
主題歌
コブクロ「心」(ワーナーミュージック・ジャパン)
監督
成島出
脚本
多和田久美 成島出
音楽
安川午朗
企画プロデューサー
池田宏之
プロデューサー
甘木モリオ
撮影
藤澤順一(J.S.C)
美術
西村貴志
照明
上田なりゆき
録音
加藤大和
編集
三條知生
音楽プロデューサー
津島玄一
助監督
片島章三
プロダクションマネージャー
根津文紀
ラインプロデューサー
宿崎恵造
音響効果
岡瀬晶彦
スクリプター
赤澤環
ヘアメイク
田中マリ子
衣裳
宮本茉莉
装飾
高木理己
VFXスーパーバイザー
道木伸隆
DIプロデューサー/カラーグレーダー
齋藤精二
キャスティング
杉野剛
アソシエイトプロデューサー
藤田孝弘
製作
映画「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会
製作プロダクション
シネバザール
配給
東宝

(C)2017映画「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

PROFILE
ヤマモト役 福士蒼汰
1993年5月30日生まれ。東京都出身。
2011年俳優デビュー以降、端正なルックスと確かな演技力で人気を博す。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13年)では主人公の初恋相手・種市浩一役を演じ、2014年エランドール賞新人賞受賞。『好きっていいなよ。』(14年/日向朝子監督)、『イン・ザ・ヒーロー』(14年/武正晴監督)、『神さまの言うとおり』(14年/三池崇史監督)では第38回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。その他の映画出演作として、『図書館戦争』シリーズ(13・15年/佐藤信介監督)、『ストロボ・エッジ』(15年/廣木隆一監督)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(16年/三木孝浩監督)、『無限の住人』(17年4月29日公開/三池崇史監督)、『曇天に笑う』(18年公開予定/本広克行監督)、『ラプラスの魔女』(18年公開予定/三池崇史監督)、『BLEACH』(18年公開予定/佐藤信介監督)、『旅猫リポート』(18年公開予定/三木康一郎監督)などがある。
青山隆役 工藤阿須加
1991年8月1日生まれ。埼玉県出身。
2012年TVドラマ「理想の息子」で俳優デビューし、翌年にはNHK大河ドラマ「八重の桜」で主人公の弟役を演じる。その後「ショムニ2013」(13年)に続き、「ルーズヴェルト・ゲーム」(14年)、「アルジャーノンに花束を」(15年)、NHK連続テレビ小説「あさが来た」(15-16年)、「偽装の夫婦」(15年)、「家売るオンナ」(16年)、「就活家族~きっと、うまくいく~」(17年)などのTVドラマへ出演。近年の映画出演作として、『アゲイン28年目の甲子園』(15年/大森寿美男監督)、『夏美のホタル』(16年/廣木隆一監督)、『恋妻家宮本』(17年/遊川和彦監督)などがある。『1/11じゅういちぶんのいち』(14年/片岡翔監督)、『百瀬、こっちを向いて。』(14年/耶雲哉治監督)の2作品で第24回日本映画批評家大賞新人賞受賞。
五十嵐美紀役 黒木華
1990年3月14日生まれ。大阪府出身。
NODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」(10年)ではダブルキャストのひとりとしてヒロイン役を務める。2014年には『小さいおうち』(山田洋次監督)で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。同作と『母と暮せば』(15年/山田洋次監督)にて、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を2年連続受賞。実力派女優として高い評価を得ている。最近の映画出演作として、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』(15年/成島出監督)、『リップヴァンウィンクルの花嫁』(16年/岩井俊二監督)、『海賊とよばれた男』(16年/山崎貴監督)、『海辺のリア』(17年6月公開/小林政広監督)などがある。
大場玲子役 小池栄子
1980年11月20日生まれ。東京都出身。
1998年ドラマデビュー。テレビ・映画・舞台・CMと幅広く活躍。主なドラマ出演作に、NHK連続テレビ小説「マッサン」(15年)、「世界一難しい恋」(16年)など。舞台「グッドバイ」にて第23回読売演劇大賞最優秀女優賞受賞。近年の映画出演作として、『北のカナリアたち』(12年/阪本順治監督)、『許されざる者』(13年/李相日監督)、『彼らが本気で編むときは、』(17年/荻上直子監督)など。主演作『接吻』(08年/万田邦敏監督)で毎日映画コンクール女優主演賞、成島出監督作品『八日目の蝉』(11年)と『RAILWAYS愛を伝えられない大人たちへ』(11年/蔵方政俊監督)では、キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞を受賞。
山上守役 吉田鋼太郎
1959年1月14日生まれ。東京都出身。
1997年に劇団「AUN」を結成、演出も手掛ける。蜷川幸雄演出の舞台に数多く出演し、2016年には「彩の国シェイクスピア・シリーズ」2代目芸術監督就任が発表された。1999年に第6回読売演劇大賞優秀男優賞、2001年に第36回紀伊國屋演劇賞個人賞、2014年に第64回芸術選奨文部科学大臣賞演劇部門をそれぞれ受賞。映像作品では、NHK連続テレビ小説「花子とアン」(14年)で演じた武骨ながら心優しい石炭王の役で全国区の人気を得る。映画出演作として、『新宿スワン』シリーズ(15・17年/園子温監督)、『アンフェア the end』(15年/佐藤嗣麻子監督)、『帝一の國』(17年4月29日公開/永井聡監督)などがある。
青山容子役 森口瑤子
1966年8月5日生まれ。東京都出身。
1983年ミス松竹に選ばれ、『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』(83年/山田洋次監督)でデビュー。その後は、テレビ・映画など幅広く活躍。主演作『UNloved』(02年/万田邦敏監督)は第54回カンヌ国際映画祭「批評家週間」部門に出品され、エキュメニック新人賞とレイル・ドール賞を受賞した。その他の映画出演作として、『八日目の蝉』(11年/成島出監督)、『おかえり、はやぶさ』(12年/本木克英監督)、『鍵泥棒のメソッド』(12年/内田けんじ監督)、『ソロモンの偽証 後篇・裁判』(15年/成島出監督)、『太陽』(16年/入江悠監督)などがある。
青山晴彦役 池田成志
1962年9月27日生まれ。福岡県出身。
1982年、鴻上尚史主宰の劇団「第三舞台」に参加。同劇団以外にも、つかこうへい、三谷幸喜、デヴィッド・ルヴォ―、宮藤官九郎、いのうえひでのりなど様々な劇作家・演出家の作品にも客演する一方、演出家として舞台の演出もこなす。2013年、第48回紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞。また演劇と並行して、TVドラマや映画でも活躍。主な映画出演作として、『鍵泥棒のメソッド』(12年/内田けんじ監督)、『俺はまだ本気出してないだけ』(13年/福田雄一監督)、『HK 変態仮面』シリーズ(13・16年/福田雄一監督)などがある。
原作 北川恵海
大阪府吹田市出身。
『ちょっと今から仕事やめてくる』で第21回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》を受賞しデビュー。珈琲と紅茶、甘いものとTVと音楽をこよなく愛する。
監督・脚本 成島出
1961年4月16日生まれ。山梨県出身。
大学の映画サークルで監督を務めた『みどりの女』でぴあフィルムフェスティバルに入選。以後、助監督として相米慎二監督、平山秀幸監督らに師事。1994年には『大阪極道戦争しのいだれ』で脚本家デビュー。以来多数のヒット作の脚本を手掛ける。初監督作品『油断大敵』にて第23回藤本賞新人賞、第26回ヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞。翌年、『フライ,ダディ,フライ』で第20回高崎映画祭若手監督グランプリ受賞。2012年には『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀監督賞、第62回芸術選奨文部科学大臣賞映画部門を受賞した。2015年『ふしぎな岬の物語』では第38回日本アカデミー賞優秀監督賞、第38回モントリオール世界映画祭審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査員賞を受賞している。
主題歌 コブクロ
小渕健太郎は1977年3月13日生まれ。宮崎県出身。
黒田俊介は1977年3月18日生まれ。大阪府出身。
2人は、ストリートライブ活動を通じて出会い意気投合、1998年9月にコブクロを結成。2001年、ワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。2005年5月に発売した「ここにしか咲かない花」、同年11月の「桜」が共に大ヒットを記録。年末のNHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。2006年9月には初のベスト・アルバム「ALL SINGLES BEST」をリリースし、オリコン4週連続1位を獲得し、350万枚を突破。2007年、「蕾(つぼみ)」が第49回日本レコード大賞を受賞。2010年、初のカバーアルバム「ALL COVERS BEST」を40万枚限定で販売し、即完。2011年8月末に休養を発表。2012年7月に復活宣言。その後も数々の映画やドラマの主題歌を歌い大ヒットを記録し、現在に至る。2015~2016年にかけては、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」が大ヒット。
2017年は、5月24日(水)に映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の主題歌であるシングル「心」をリリース。7月8日(土)から、KOBUKURO LIVE TOUR 2017を実施。
NEWS

NOW SHOWING

  • 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

    打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

    ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

  • 君の膵臓をたべたい

    君の膵臓をたべたい

  • 劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

    劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

  • メアリと魔女の花

    メアリと魔女の花

  • 忍びの国

    忍びの国

  • 映画 山田孝之3D

    映画 山田孝之3D

  • 昼顔

    昼顔

COMING SOON

  • 映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー

    映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー

    2017年8月25日公開

  • 関ヶ原

    関ヶ原

    2017年8月26日公開

  • 三度目の殺人

    三度目の殺人

    2017年9月9日公開

  • 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

    奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

    2017年9月16日公開

  • 映画 あさひなぐ

    映画 あさひなぐ

    2017年9月22日公開

  • 亜人

    亜人

    2017年9月30日公開

  • ナラタージュ

    ナラタージュ

    2017年10月7日公開

  • ミックス。

    ミックス。

    2017年10月21日公開