Movie Movie

Return Page
バッテリー 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト スタッフ 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆イントロダクション

感動は、世代を超えて......
今、最も支持される大ベストセラー小説、遂に映画化!
2007年春。日本中が、友情・家族の物語に涙します。


 '96年に刊行された、あさのあつこ原作「バッテリー」は、世代・年齢を超越、あらゆる人を夢中にさせて累計380万部を突破する大ベストセラーとなりました。能力と自信をあふれさせた孤高の中学生ピッチャー・原田巧が、野球を通じて家族や友人との関係を築きあげていく様は、人々の心を強くつかみました。映画化に挑むのは『陰陽師』シリーズ・『阿修羅城の瞳』等、優れたエンタテインメント作品を送り続けるヒットメーカー・滝田洋二郎監督。主人公・原田巧に3000人のオーディションを勝ち抜いた期待のニューフェイス・林遣都(はやしけんと)。巧とバッテリーを組む永倉豪に山田健太(やまだけんた)、巧の弟・原田青波に鎗田晟裕(やりたあきひろ)。また、巧の母親にドラマや映画で活躍の目覚しい天海祐希、父親に日本を代表する演技派・岸谷五朗を迎え、祖父役を菅原文太が演じます。またヒロイン・繭は、2005年"ミス・フェニックス"オーディションにおいてグランプリを受賞した蓮佛美沙子(れんぶつみさこ)。主題歌は、資生堂CMソング「新しい私になって」が人気の実力派シンガーソングライター熊木杏里が、「春の風」を書き下ろしで楽曲提供、こちらも話題沸騰です。今、注目の中、日本映画史に残る"名作"が誕生します。

←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright