Movie Movie

Return Page
ホーム > 映画 > アマルフィ 女神の報酬

LINE UP

アマルフィ 女神の報酬

公開終了

劇場一覧

イントロダクション

イタリアロケによる壮大なスケールの映像と美しい音楽。豪華キャスティングと緻密なストーリー。
全てのエンターテインメントの要素が詰まったサスペンス超大作!

 2008年12月16日。イタリア・ローマで、日本映画への大きな挑戦が始まった。この日、日本のテレビ局を牽引する存在でもあるフジテレビの開局50周年記念作品「アマルフィ 女神の報酬」が日本から遠く離れた地・イタリアでクランクインしたのである。
 この50年間で、映画製作においても圧倒的な存在感を残してきたフジテレビ映画。実写映画興行収入第1位に君臨し続ける「踊る大捜査線 THE MOVIE2レインボーブリッジを封鎖せよ!」(03年 興収173.5億円)を始めとして、「南極物語」(83年 配収59.5億円)、「子猫物語」(86年 配収54億円)、「踊る大捜査線 THE MOVIE」(98年 興収101億円)、「HERO」(07年 興収81.5億円)、「LIMIT OF LOVE 海猿」(06年 興収71億円)など、実写映画興行収入トップ10(09年3月現在)の半分以上をフジテレビ製作の映画が占めている。そのフジテレビが、製作に「踊る大捜査線」シリーズの亀山千広。企画・プロデュースに「冷静と情熱のあいだ」の大多亮。そして、サスペンス界の名手・真保裕一が今作のために書き下ろしたオリジナル原作を、「容疑者Xの献身」(08年 興収49.2億円)の監督・西谷弘が演出するという、最高のスタッフを招集して開局50周年記念プロジェクトをぶち上げた!
 キャストにも、豪華な顔がずらりと並ぶ。日本映画(実写)においてはタイトルホルダーともいえる織田裕二を始めとして、天海祐希、戸田恵梨香、大塚寧々、伊藤淳史、佐野史郎、そして佐藤浩市。さらには特別出演に福山雅治という、かつてないほどの華やかなキャストが揃い、夏のスクリーンを賑わせます。

 そして、主題歌には“世界の歌姫”サラ・ブライトマンの起用が決定。全世界で1500万枚の売り上げを誇る「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」が、主題歌として壮大な世界観を後押しするだけではなく、なんとサラ・ブライトマン本人役で日本映画に初出演も果たしている。
 日本映画で初となるオールイタリアロケによる美しい映像と音楽。そして、先の読めない緻密なストーリー。全てのエンターテインメントの要素が詰まった、邦画のスケールをはるかに超えるサスペンス超大作がここに生まれます!

 
toho-ipk.net

IDとパスワードが必要となります