Movie Movie

Return Page
20世紀少年
20世紀少年 公開終了
イントロダクション ストーリー キャスト&スタッフ プロフィール 劇場一覧

←作品情報トップへ

◆ストーリー

世界が終わろうとしています。
ぼくらの"ともだち"によって――。


1969年。翌年に大阪万博開催を控え、人類が初めて月に降り立った年。日本中が輝く未来に胸をふくらませていた。
その夏、小学生のケンヂは、同級生のオッチョ、マルオ、ヨシツネ、モンチャン、ドンキー、ユキジ、フクベエといった仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。秘密の遊びのひとつ「よげんの書」には、悪の組織、世界征服、人類滅亡計画、それを阻止する正義の味方など......空想の数々が描かれ、彼らをワクワクさせるのだった。

1997年。ケンヂはロックスターになる夢を諦め、コンビニ経営をしながら、失踪した姉キリコの赤ん坊カンナの面倒を見ていた。 冴えないケンヂの日常が、お得意先一家の謎の失踪、同級生ドンキーの死をきっかけに、にわかに騒がしくなってくる。
巷では「ともだち」と呼ばれる教祖と、彼が率いる謎の教団が出現、あやしい事件が起こりだした。
そして、その事件が、かつて子供の頃作った「よげんの書」とそっくりなのがわかり、ケンヂたちは驚愕する。
事件は「ともだち」の仕業なのか? 「ともだち」は本当に世界を滅ぼそうとしているのか? 「ともだち」の正体は原っぱで一緒に遊んだ仲間の誰かなのか?

一方、未来を予見する老人・神様は、ケンヂが人類滅亡に関係すると言い放つ。
「よげんの書」に記した数々の事件が現実のものとなっていく中、ケンヂたちは計画を阻止するため立ち上がった。しかし逆に「ともだち」によって、ケンヂたちはテロリストの汚名を着せられてしまう。

そして、2000年12月31日。「よげんの書」に書かれた人類が滅亡する"その日"。

「ズーンズーンとおそろしい地なりとともに、ついにそのきょだいなかげは、東京にすがたをあらわしました。原子りょくきょだいロボット!! さいきんをばらまきながらはかいのかぎりをつくす!!
はたして21せいきはくるのでしょうか!! 東京の...、せかいのうんめいやいかに!!」
←作品情報トップへ

東宝トップページへ
        IDとパスワードが必要となります

copyright